親父の一番長い日

・・・予想はしていたんだけど、今日だったんだな。

 「頑張れ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございますヽ(´ー`)ノ

・・・今頃、何言ってるんだかww

色々ありまして、更新が滞っておりますが、生きておりますwwww

個人的な最新のニュースは、先週の金曜の夜の死んだ、Macbook Proがさっき修理から帰ってきたとか、入ってて良かったApple Careとか、ついにタブレットとやらを買っちまったとか、いろいろあります。

MBPの復元が終わったら、なんか書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの更新になります

・・・死んでいる訳ではないんですが、生きてる訳でも有りませんっとww


| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選、折り返し

投票まであと一週間です。

大手メディアは政権与党勢力が圧倒的な勝利を予想していますが、実際のところはかなり厳しいようです。単独過半数も割ってしまうだろうとの予想が出てます。(某信頼筋)

左巻きの組織票が強く、そして、なんだか「ふわっとした感覚」を持ってる有権者が、「候補者の希望のフンダララ」に流れているとか、残りの一週間での巻き返しはかなり厳しいとか。

・・・誠に残念な事ですが、この國の有権者は、自分たちの頭の上にミサイルの1発でも落ちないと目が覚めないようです。次の合言葉は「がんばろう、東京」になるんですね解ります。

知らんがな (´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東名高速の追い越し車線で停車させ、そこにトラック…夫婦死亡で福岡の25歳男を逮捕

最初に事故で亡くなられたお二人に、心から哀悼の意を表します。

・・・これは、普通であれば発生し得なかった事故です。相手が「真性のアレ」だった為に、起きなくてもいい事故が引き起こされたと思っています。

個人的な経験で書かせて頂くと、高速道路では普段は出会うことの無い「想像を遥かに超えたアレ」が走っています。ここで正義感とか常識だとかを根拠にして、アレに関わることは大きなリスクを背負うことになります。絶対に関わることはやめましょう。

アレの行動を予測することは不可能です。

-----転載開始-----
東名高速の追い越し車線で停車させ、そこにトラック…夫婦死亡で福岡の25歳男を逮捕

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡し、娘2人がけがをした事故があり、県警は10日、ワゴン車を無理やり停車させたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月5日午後9時35分ごろ、静岡市清水区の自動車整備、萩山嘉久さん(45)のワゴン車の進路をふさいで追い越し車線に無理やり停車させ、トラックが追突する事故を引き起こしたなどとしている。この事故で、嘉久さんと妻の友香さん(39)が死亡、高校1年と小学6年の姉妹がけがをした。

 嘉久さんは手前のパーキングエリアで、ワゴン車の進路をふさぐように駐車していた石橋容疑者を注意したという。

 怒った石橋容疑者が高速道路上を約1キロにわたって追跡。後ろから接近した上、前に割り込んで減速し、一家の車を追い越し車線上に停止させた。車から降りて嘉久さんの胸ぐらをつかむなどした直後に、後ろから来たトラックがワゴン車に突っ込んだという。

http://www.sankei.com/affairs/news/171010/afr1710100015-n1.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっちまった日産w

さあ、みんなでご唱和をおながいしまつヽ(´ー`)ノ

「やっちゃえ、日産!」

隣の不幸は蜜の味的なヌースは取り上げるべきではないとは思ってますが、鼻息が荒いわりには脇が甘いというか。自動運転で行き先があの世なんていうオチも付けたくなりますwww

実際には「無検査」という訳ではないので、直接的にどうってことではありませんが、この決まりの「心」を考えると、人の命を乗せて走るプロダクトに対しての姿勢というものが、透けて見えてあまり気持ちのいいものではありません。

-----転載開始-----
日産、有資格者印を複数用意…組織的偽装工作か

 日産自動車が無資格の社員に完成した車両の検査をさせていた問題で、検査結果を記載する書類の多くに、実際には検査に関わっていない有資格者の社員の名前が記載され、判子も押されていたことが関係者の話でわかった。

 多くの工場には、偽装用の判子が複数用意されていたといい、国土交通省は、組織的な偽装工作が常態化していたとみている。

 関係者によると、偽装が行われていたのは、車両が完成した際、ブレーキの利き具合など車両の安全面などの最終的なチェックを行う「完成検査」の結果を記載する書類。同省は、これまで同社の国内工場への立ち入り検査を複数回行っているが、その過程で実際には検査に関わっていない社員の名前が書類に記載され、判子も押されていたことが判明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00050054-yom-soci
-----転載終了-----


| | コメント (3) | トラックバック (0)

あるぢゃ、またぶっ壊れる(≧∇≦)

更新が滞っております。

5月ごろからの体調不良が、未だに戻らない件。
死者を三途の川の向こう岸から呼び戻す荒技を持つ大学病院での検査でも、どうにも原因が判明してません (´・ω・`)

なんだかなぁ。工場祭まで生きてるかなぁwwwww

頂いたご連絡は、とりあえずは全部読んでおります。お返事までお時間を頂く事がありますが、ご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ビデオ】ニュルブルクリンクでセダン最速ラップを記録した、スバル「WRX STIタイプRA NBRスペシャル」の車載映像!

横に2Gも掛かるとか(  Д ) ゚ ゚

【ビデオ】ニュルブルクリンクでセダン最速ラップを記録した、スバル「WRX STIタイプRA NBRスペシャル」の車載映像!
http://jp.autoblog.com/2017/09/17/subaru-wtx-sti-nurburgring-record-run-video/

https://youtu.be/ZPWSfzCfGJg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「俺を誰だと思ってやがる!」ヽ(´ー`)ノ

・・・この「天元突破グレンラガン」のシモンのセリフなんですが(≧∇≦)

この4月に、私の社で大規模な人事異動がありました。この煽りをモロに食らって、私の担当していた仕事が丸っと先輩の担当になりました。二つの大きめの山を抱えてた私は、肩の荷が半分おりたので少しだけ楽になったのですが、反面、何年もその仕事をやってきていたこともあって、少し複雑な心境に(≧∇≦)

その仕事は、企画力と技術的な知識、それとある種の勘が必要な仕事のだったために、そんなモノを押し付けられた先輩は相当に苦労をしています。先輩自身も愛着のあった仕事が、他の同僚に移動したことを残念に思っていたようで、色々と懇意に面倒を見てくれていた先輩の力になりたくて、私の持ってる知識や技術を使って、バックアップをしてやろうと考えていました。

先輩の所に移動した仕事には、隣の部門からやってきた幹部社員がマネジメントをすることになって、先日、その幹部社員を含めた打ち合わせがありました。

・・・その席上で、私のやってきた仕事について「素人」と抜かしやがりました。こういっちゃアレですが、今の知識や技術は以前の部門に居た時から研鑽に励み、現在でもしっかりと勉強をしています。ええ、第一線で活躍されている講師にも、一目置いて頂いております。いつも、波風を立てないように、おとなしくしている私ではございますが、本件だけは流石にプッツリとキレましたヽ(´ー`)ノ

 「俺を誰だと思ってやがる!」ヽ(´ー`)ノ

その打ち合わせで、こう言い放って席を立って帰って・・・来れれば若かりし頃の私の復活なんですが(爆笑)

私も丸くなったものです(≧∇≦) < お腹の出っ張りもなwww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

こだわりのキーバインド

前々回のトピックで、オーバースペックのマシンを導入したことを書きましたが、本日、ちと困ったことに気づきました。

自室のiMacをThunderboltで外部ディスプレイとして、キーボードをHHKBで使っていたので気づくのが遅れたのですが、マシンのキーボードから日本語を入力するときに、どうにも具合が悪い。そうです。US配列でBTOしても、左の小指の横にあるキーが「Caps lock」なんですよ。つまり、UNIX配列と異なっているんです。MacOSの場合、全角/半角の切り替えのショートカットはControl+Space。UNIX配列のつもりで入力すると、大文字になるだけという・・・。まあ、これは簡単に解決したんですが。

問題はBootcampで動かしているWindows 10。こちらはAlt+~を押さなければ、全角/半角の切り替えができない。最初にCaps lockをControlに変更、そしてIMEの全角/半角の切り替えをControl+Spaceに変更するという流れで、違和感を解消致しました (´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧