【悲報】某社、顧客のメールアドレスを流出させる【小生分も含む】

なんだか、この会社みたいだお。

もれなく小生のメインのアドレスも混ざってたでござるヽ(´ー`)ノ
プロダクトがあぶねーって記事を書いたら、小生が危なかった件。

多くが生きてるアドレスでオマケに付帯情報もあるから、結構、いい値段になるんじゃまいか? 20円/1件とかとか(ノ∀`) アチャー

零細企業の弊社で、顧客情報の流出なんてやらかしてしまったら、本部長クラスのエロい人の首がポーンっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fujin (レンズ型カメラ掃除機) の危険性

提灯記事、もしくはポジティブな側面しか全くネット上に書かれていないので、敢えてこの危険性について書かせて頂きます。どんな製品かというのは、以下の動画でご確認ください。

次世代カメラクリーナー「Fujin」

https://www.youtube.com/watch?v=d-wyYOX83UM

もちろん、断定はできませんが、私は以下の出来事を目の当たりにしています。これは、高い可能性としてカメラ内に負圧を掛けたことで、本来、外気の流れから離れた所にあるはずの場所ににゴミを吸い込んでしまったのではないかという仮定です。

IPP製 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 「Fujin」の罠

そして、先日、こんなパーツが出ていることに気が付きました。

Fujinレンズ専用マウント (ニコンFマウントレンズ専用)

簡単に解説すると、このFujinを使って「レンズの中の埃を吸い出そう」というパーツとなります。

確かに全長が変化するズームレンズは全長が伸びた時に内圧が下がると思われますが、この辺りはメーカー側も設計条件として必ず押さえているはずで、それ以上の「現実的ではない」負圧を掛けた場合、本来、くっついているだけの埃まで、吸い込む可能性も否定できないわけです。

SNS内の小さな写真系グループでは、「流石に危険だ」とほぼ全員の意見が一致しました。ニコンからは「サービスセンター御用達の清掃キット」が出ておりますし、イメージセンサーに特化するなら、ペンタックスからは「ペンタ棒」という便利な道具も発売されています。これらのアナクロなキットが、なぜ販売されているのかという辺りを考えると、この世界には革新は不要ということなんでしょう。昨今なら、ちっちゃなゴミならレタッチしてしまえば無問題という話もあります(笑)

こういうガジェットは確かに便利ではありますが、逆に「同じだけのリスク」もあるということを理解頂いた上で、上手に使われることをお勧めしておきます。

【参考リンク】
世界初!レンズ型カメラの掃除機「Fujin」
http://www.ippjapan.com


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちまったモノ

前のモデルを持っていたので、使っていなかったレンズと一緒に下取りに出して購入してしまいました( ̄^ ̄)ゞ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

某オクのCFカード

先週、某オクでCFカードを競り落とそうと考えていました。ブランドは安心のSunDisk。

安いスタート価格、即決価格でも市場価格に届きません。出品者の同等品の過去の落札価格を調べ、ここを見切り金額として考えていました。

結果はオークション終了直前で、私と競っていた入札者が、私より少しだけ高い金額を入札、負けてしまいました・・・・が!

本日、密林を徘徊していて、ふと気になって調べてみたのですが、どうやらパチモンやら、性能の出ていないモノが同じような価格で販売されていることを知って、なるほど、これは熱くならなかったのは正解だったかもと思った次第。

弐號機で使おうと考えていたので、性能が出てない「アレな出品物」だったら、目も当てられない状況になっていたでござるよ(´・ω・`)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「弟子入り」

言葉にしておかないと、実現しないので(笑)

この度、ちょっとしたご縁あ有りまして、ある写真家の先生に師事することになりました。

写真なんて、数撮れば上手くなるなんて話もまんざら笑い飛ばせる訳ではありませんので、当然、そういうアプローチも否定しません。ただ、これには時間と手間が掛かり過ぎます。

私の頭の中には、この到達点とは少し違う目標が有りまして、ここに到達するには、やはり写真家の先生のお力が必要と判断しました。

そんな事情もあって、しっかりと学んで行きたいと考えています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPP製 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 「Fujin」の罠

最初にキヤノン用が発売され、ニコンFマウント用がいつ発売になるかと楽しみにしておりました。

http://www.ippjapan.com

やっとFマウント用が発売され、直後に購入。しばらくは特に使う必要も無く、放置状態にしておりました。

「一眼レフというのは〜」って、私が説明するまでも無くカメラ内にホコリが入り込むのは宿命で、このFujinという機器は、この「ホコリ」を吸い出す画期的な製品だと思っていました。

先日、私の使っている通称「弐號機」の中にゴミが入っていることが解り、意を決して「取扱説明書」をしっかり読んだ上で使ってみました。・・・まあ、ここまでは良かったです。

その後、再び撮影に出かけて、ファインダースクリーンにゴミが乗っている事に気がつきました。また、イメージセンサー上にもかなり大きめのゴミが乗っていることもわかりました。再び「Fujinの出番」と思い「取扱説明書」通りに使ってみたのですが・・・ゴミが取れない(´・ω・`)

よく見てみると、ファインダースクリーンとペンタプリズムの隙間にゴミが入り込んでいます。また、センサー上のゴミは視認できるほどとても大きく・・・・いや、ちょっと待てよと。

ファインダースクリーンとペンタプリズムの隙間にゴミが入り込む、また、あの大きさのゴミがシャッターとイメージセンサーの間に入り込むって、経験上「よほどの使い方」をしない限り起こりにくいです。

そこで、この「Fujin」によるものではと疑い始めました。この機器を使うまでは、こんな所にゴミは無く、全て動くゴミだった・・・と。

これは仮説に過ぎませんが、この掃除機の「負圧」で、「通常では入り込むことが少ない場所に、ゴミを押し込んでしまった」のではないか・・・と。

こんな風に考えてみると、いろいろと合点が行くこともあり、この機器を使ってカメラ内の清掃をするのは危険と思うようになりました。

これからこの製品の購入を考えている方の為に、「こんな事例が有るかもよ」という、注意喚起の為に本記事を投稿させて頂きました。念のために書いておくと、この機器が悪いという訳では無く、全ては自己責任ですからね。

・・・という訳で、やっぱり伝統的なブロアーによる清掃が一番ですねってことで(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D5、キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

いやー、ついに来ちゃいましたね。
すんごいスペックです。

Nikon D5
20160106
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5/

え? 買うのかって?・・・こんなすんごいの、どこで使うの? (≧∇≦)

てか、小生としては、こっちが気になるでござるよ。

Nikon D500
http://imaging.nikon.com/lineup/microsite/d500/ja/

いや、買えませんけどね(笑)
ここに書くだけなら、タダですから( ´ ▽ ` )ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦写真展中止 ニコンに賠償命令 東京地裁

そもそも、歴史的に見ても誉れある「「ニコン」という伝統的な光学機器メーカーが、なぜ「イアンフ」なる荒唐無稽なテーマの写真展を認めたのか。これに関しては、在特会なる酷使様たちに絡まれたことも含め、「あの国のあの法則」の第一法則が即刻発動ですわ。

上告しないと、自らの不法性を認めたことになり、朝鮮人の食い物にされます。また、賠償を払っても朝鮮人にとってニコンは金になると認知されるでしょうから、永久にたかれ続けることにもなりますね。

私はニコンが無いと仕事になりませんので、応援はしたいと思ってますが。

-----転載開始-----
慰安婦写真展中止
ニコンに賠償命令 東京地裁

 ニコンが従軍慰安婦をテーマにした写真展を一方的に中止したのは違法だとして、韓国人写真家の安世鴻(アン・セホン)さん(44)が約1400万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、ニコンに110万円の支払いを命じた。谷口園恵裁判長は「一方的な中止は表現活動の機会を失わせることになり、回避できない重大な危険がある場合のみ認められる」との判断を示した。

 判決によると、安さんは慰安婦がテーマの写真展をニコンに応募。ニコンは2012年5月までに、東京と大阪の「ニコンサロン」での展示を認めた。新聞に告知記事が載ると批判の電話があり、インターネット掲示板に不買運動の呼び掛けが書き込まれた。

 このためニコンは役員が対応を協議。「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の別企業への抗議行動の動画を見て写真展の中止を決めた。

 安さんは会場使用を求める仮処分を東京地裁に申請して認められ、同年6月に東京のみ写真展が実現した。

 判決はニコンの対応を「在特会の抗議や不買運動を理由にしているが、損失を被る現実的な危険性は生じていなかった」と指摘。安さんとの話し合いや警察への支援要請をせずに中止を決めた点からも、違法と判断した。

 判決後に記者会見した安さんは「裁判所が表現の場を守る判断をしてくれたことに満足している」と話した。弁護団は「公の施設の使用拒否を巡る判例はあるが、私企業の施設については明確な基準がなく、表現の自由を重視した重要な判決だ」と述べた。【島田信幸】

 ニコン広報・IR部の話 控訴は慎重に検討する。

http://mainichi.jp/articles/20151226/k00/00m/040/085000c
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon×Crumpler ワイド コンフォート ストラップ

今までのストラップだと、ちょっと首が辛くなってきたので(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の事実!iPhone 6sの4K動画はデジイチに勝る

あー('A`)

私もポン6sのオーナーなので、ポン6sの動画撮影性能も気になるところですが、この動画を見て思ったことは、どっちが上とかって問題ではなくて、単純に絵作りの違いを良し悪しの基準にしてしまってるところが素人目線って感じですな。ざっくりと言ってしまうと、ニコンとキヤノンの撮って出しの違いみたいなもんです。

一個だけ、ツッコミを忘れていましたが、動画の兄貴はもっと良いレンズは持って無かったのかぬ⁈

-----転載開始-----
衝撃の事実!iPhone 6sの4K動画はデジイチに勝る

そんな馬鹿な! iPhone 6sそしてiPhone 6s Plus話題の機能である4K動画撮影機能が、なんとデジイチにも勝るというのだ!

人によっては複雑な勝負の行方
iPhone 6s/6s Plusのユーザーや購入を考えている人にとっては、非常に喜ばしい話だ。

その逆、これらのiPhoneを持っておらず、デジイチ愛好家にとっては、なんとも言えない気持ちになるかもしれないが……。

こちらの動画『The iPhone 6S Takes Better Video Than My Pro DSLR - YouTube』は、Nikon D750で撮影したビデオと、iPhone 6sで撮影した4K解像度ビデオを、比較したものだ。

それぞれ同時に同一対象を撮影することで比較している。

iPhone 6sを買う動機としては充分
そのままだと、素人目にはわかりづらい部分もあるが、200%拡大しての比較となるともはや一目瞭然だ。

もちろん、この条件での勝負でiPhone 6sがNikon D750の性能を上回ったというだけの話で、全てのカメラ機能や条件、環境を考慮すると、トータルで見ればNikon D750に軍配が上がるだろう。

しかし、たった14cm、143gのデバイスが、上質なデジイチにも局地戦で見事勝利するというのは、iPhone 6sや6s Plusを購入するには、充分な理由となるはずだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10698092/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧