スバルWRX STI、NBR24で炎上、リタイア。

バカ野郎め。

長い間スバリストをやってきてるが、これまでで最低、最悪の醜態だ。

何やってやがる。

追記:出火がどんな原因であれ、ドライバーの命を削るような「穴」があったことは、明白な事実です。原因を徹底的に究明して、二度とこんなことが無いように関係者は猛省してください。

這ってでもゴールする。ドライバーを無事にゴールまで送り届ける。これがスバルのモータースポーツの美学です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルの水平対向エンジンは燃費が悪い?

 ・・・未だに、こんなことをまことしやかに言われていて、しかも「元がトヨタ」だとかって、何でも都合のいい事は自分の所が起源と主張するどこの南朝鮮だよってな話が流れてきたので、反論記事を書いたでござるよ(≧∇≦)

 事実として第二世代の水平対向エンジンは、ビッグボア・ショートストロークだった為に、リリース当初、ピストンの中心温度が上がらず、燃焼効率が悪く、また高回転型だった為に燃費が悪かったです。低回転でのパワーが出なかったのでドライバーが踏んでしまって、状態を更に悪化させてました。ここは長い時間をかけて改良が行われました。

 愛機 彩雲號の3.0L 水平対向6気筒エンジン(EZ30R)は第二世代の終盤に、完全な新設計エンジンとして開発されました。14年前のエンジンですが、平均的な乗り方でリッターあたり8〜9km、高速巡航では瞬間的に21kmという数字も出るエンジンです。未だにカタログ燃費を叩き出すこともできます。逆に街乗りでは5キロなんて数字も出ます。(ソースは小生)

 現在は第三世代のエンジンに完全にシフトしています。燃費は他のエンジンと全く遜色のないものとなっています。

 元はトヨタとかとも言われているようですが、富士重工が水平対向エンジンの採用を決定した時は、トヨタとの関係は公式に記録に残っていません。このエンジンをスバル1000に採用することを決定したのは、中島飛行機のエンジニアだった、富士重工の偉人 百瀬 晋六氏のモノづくりの哲学によるところが大きいです。直列エンジンの縦置きより全長が短くなること、重心が低くなること、振動が少ないことが採用された理由となっています。同時に部品点数が増えることで重くなるので、この時に全てアルミで生産することを決定しており、今でもこの伝統は受け継がれております。

 元がトヨタというのなら、富士重工の正史として、どこに文献があるのか、ソースを開示して頂きたいと思う、原理主義者の小生でありますヽ(´ー`)ノ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

実写版『攻殻機動隊』に初代アルシオーネがヽ(´ー`)ノ

小生的な視点では、攻殻機動隊は原作以外は認めないスタンスなんですが、こんな事になってるなら、見に行かないといけない気分になってきたでござるよ(≧∇≦)

XAVIさんでは話題になってるかしらん?

-----転載開始-----
実写版『攻殻機動隊』に80年代の名車が出てるゾ!

あの姿は間違いない、アイツだ!

(以上、略)

そんな中、街をいく一般車にあの、1980年代の名車がほとんどモディファイなしにそのままの姿で出ているではありませんか。それはなにかというと・・・

じゃーん、初代スバル・アルシオーネ!

どうですかこの直線的デザイン、まさしく攻殻機動隊の世界にピッタリじゃないですか。1980年代の考える最高の未来感を具現化した結果のデジタルメーター装備のインテリアも前衛的(映画では出てきませんが)。

ハンドルなんて逆L型の左右非対称ですからね、どうしてこうなった? だが、そこがいい!

海外のCMでもその未来性を前面的にアピール。一方でスバル得意の4WDシステムによる高い悪路走破性も披露しています。以下はCARJAM TVがアップロードした動画です。

このアルシーネが劇中で映るのは私が確認した限り2回。1回は街中、もう1回はビートたけし演じる荒巻課長が襲撃されるシーンで、結構目立っていますよ。もしかしたら他にも出ているかもしれません。(以下、略)

http://www.gizmodo.jp/2017/04/honda-mn4-ghost-in-the-shell.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【SUBARU創業100周年】 「中島飛行機 21cステッカー」、ご案内開始

全国1億5千マソの富士重工業原理主義者の皆様、大変長らくお待たせいたしました。

SUBARU業創業100周年の今年、今やらなきゃいつやるの?的な本企画、いよいよご案内を開始いたします。

20160203

ステッカーの名称は「ウヨウヨしい中島飛行機エンブレム」から「中島飛行機 21cステッカー」に変更いたしました。
「もし中島飛行機が21世紀の今、存在していたら」というコンセプトの元に、不肖あるぢゃが魂を込めて、ウヨウヨしくリファインさせていただいております。(やっぱりウヨウヨしいんじゃないか)

【ステッカーの仕様】
ロゴ上:NAKAJIMA AEROSPACE INDUSTRIES(中島航空宇宙工業)
ロゴ下:THE EMPIRE OF JAPAN(大日本帝国)
グレー:大日本帝国海軍 呉海軍工廠色を基調。
(車体色:ブラックマイカ、レッドマイカ、ダークグリーン、ライトグリーンメタリック、オレンジで色調確認済み)
大きさ:80mm円形
材質:耐候性の高い塩ビ製、トップコート(光沢)付き。
(中島飛行機の社章の著作権については、スバルお客様センター様から関係部門に確認済み。)

本投降にコメントを頂ければ、こちらからご案内させて頂きます。既に前記事でコメントを頂いている方は、今週中に順次、ご案内させて頂きます。

なお、誠に勝手ながらプロバイダ発行のメールアドレスか、Gmailのアドレスにてコメントをお願いします。
悪用が多いYahoo!、Outlook、Hotmail、Excite等、並びにdocomo、ezweb、softbankのキャリア系のメールアドレスには、ご案内をいたしませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

「株式会社SUBARU」の社歌を披露

よかった、最小限の変更だヽ(´ー`)ノ

工場祭の時に斉唱するので、みんな予習するように(爆)

「株式会社SUBARU」の社歌を披露

https://www.youtube.com/watch?v=AL_5ocsiRM0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来派クーペ「アルシオーネ」 スバルのこだわりが失敗を招いた

若かりし頃にオーナーだったこともあり、ツッコミどころが満艦飾なんですが、敢えて基本的なところを。

ABSとVDCの区別がついてない時点で、このライターの底が丸見え。記事を書く前に少しは調べるくらいしろと。

未来派クーペ「アルシオーネ」 スバルのこだわりが失敗を招いた
http://www.sankei.com/west/news/170318/wst1703180024-n1.html

小生としては、碇さんの「入魂のスタイリング」への中傷は許さん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【吉報】彩雲號、区間最高燃費記録を更新【これは軽四ではない】

本日叩き出した新記録、20.8km/L。
これが14年落ちの富士重工製 3.0L BOXER6の実力ヽ(´ー`)ノ

20170311

条件が揃えば、「エコカー」じゃなくても、これくらいの数字は「出せる」と(≧∇≦)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

新型SUBARU XV コンセプトムービー

いや、これは正に小生の予想通りのスタイリングなんだけど、実際の映像で見てしまうと、ケチを付ける隙がどこにも無い件(≧∇≦)

これは彩雲號からの乗り換えを真剣に考えるレベル(爆)

新型SUBARU XV コンセプトムービー

https://www.youtube.com/watch?v=6mM0-l5Z9pI


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOYOTA C-HRカスタムネームプレート

実はこんなサービス、ずっと待ってたんです。

C-HRカスタムネームプレート
http://toyota.jp/c-hr/cp/cnp/

10文字までの自分の好きな文字列のネームプレートを、「TOYOTAクオリティ」で製作してくださるサービスです。それも、たった3530円!!

なんと太っ腹なサービスなんでしょうかヽ(´ー`)ノ

好きな書体だったので、小生も一個、オーダーいたしました。仕上がってきたら、しっかりと愛機に貼らせて頂きますよ!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波

20170213

いや、記事はかなり「前のめりな内容」ではあるんですが・・・。私はん十年、スバルに乗り続けていますが、トヨタさんに追いつくとか日産さんに迫るとか、ましてや三菱さんを追い抜くとか、そんなこぁ本当にどうでもいい話なんですなぁ。

ランエボと戦ってた頃は、「三菱さん、頑張ってるなぁ」と思ってましたが、ただの一度もスバルの「ライバル」などと思ったことは無いんです。< 本当

(※当記事は、「富士重工業原理主義者」の頭の構造を説明しているらしい)

-----転載開始-----
三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波

日本の乗用車メーカー8社の2016年の世界生産台数が発表になった。マスコミ各社は、4年連続で販売台数が世界一だったトヨタ自動車(グループのダイハツ工業と日野自動車を含む)がフォルクスワーゲンに抜かれたことを大きく報じたが、業績好調な富士重工業(スバル)が世界生産で102万台と、初めて100万台の大台を突破し、業績低迷の三菱自動車工業の107万台に迫ったことが隠れたニュースだ。2017年はスバルが三菱自を逆転する可能性が出てきた。
スバルの世界生産台数は2000年代後半から2011年まで60万台前後で推移し、120万台前後の三菱自とは2倍近くの差があった。リーマン・ショックの影響で、近年では最も生産台数が落ち込んだ2009年で比較しても、79万台の三菱自に対してスバルは49万台と、格差は歴然としていた。

レガシィなど北米で人気

ところが、足元のスバルと三菱自の世界生産台数は逆転する勢いだ。スバルの2016年の世界生産台数は前年比9.2%増の102万4604台で、5年連続で過去最高を更新した。これに対して、三菱自は同11.9%減の107万3514台で2年連続のマイナスとなり、明暗を分けた。三菱自は2016年4月に発覚した軽自動車の燃費不正問題で国内販売が同16%減少したほか、海外市場も振るわなかった。

スバルは世界販売の6割を米国が占め、米国市場の販売台数ではトヨタ、日産、ホンダに次ぐ4位の日本車メーカーとなっている。レガシィは北米市場をメインターゲットに開発され、インプレッサ、フォレスターとも生産が販売に追いつかない人気が続いている。このため、米国インディアナ州の現地工場では、トヨタからカムリを受注生産していた製造ラインをスバル専用に改めるなど、日米で生産拡大を急ピッチで進め、初の100万台を達成した。

スバルは2017年、前年比8%増の111万台を生産する計画で、6年連続で過去最高、2年連続の100万台超えを目指している。三菱自は2017年の目標を明らかにしていないが、このまま低迷が続けば世界生産台数がスバルに抜かれる可能性がある。

トランプ政権の影響

日本メーカーの2016年の世界生産はトヨタ897万台、日産555万台、ホンダ499万台、スズキ294万台、マツダ158万台、ダイハツ127万台の順になる。軽が主力のスズキやダイハツと単純比較はできないが、現在、生産台数では最下位のスバルが三菱自を抜き、国内7位に浮上するのか。スバルは輸出比率が6割と、マツダと並んで輸出が多いメーカーだ。とりわけ米国依存が大きいスバルは、米トランプ政権の行方しだいでは、日本車の輸出に何らかの規制が設けられる可能性があり、予断を許さない。

スバルと三菱自は、それぞれ戦前の中島飛行機と三菱重工業が前身で、当時は日本を代表する戦闘機メーカーとして覇を争った。戦後は販売、企業規模とも三菱自が勝ったが、1992年以降はスバルインプレッサWRXと三菱ランサーエボリューションが好敵手となるなど、モータースポーツや商品開発でライバルと目されることが多かった。2017年は世界生産台数でも両社はライバル争いを演じることになる。

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0211/jc_170211_5689169769.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧