« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

【Nikon D850】ニコン、プロ・ハイアマチュアモデルの本年投入を予告

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

実は無茶苦茶待っていたのですヽ(´ー`)ノ

-----転載開始-----
ニコン、プロ・ハイアマチュアモデルの本年投入を予告

株式会社ニコン常務執行役員・映像事業部長の御給伸好氏は7月24日、翌25日にオープンする「THE GALLERY」のオープニングレセプションにおいて、新しいプロ・ハイアマチュア機の投入を示唆する内容のスピーチを行った。

「(前略)先日投入したD7500に続き、今年2つ目の新製品を投入いたします。プロ・ハイアマチュアの方に十分にご納得いただけるモデルを投入致しますので、ぜひご期待ください」

加えて御給氏は、100周年を記念する大規模なイベントの実施を告知。本誌ですでにお伝えした「NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-」に関するもので、「ニコンを愛するすべての方に、感謝を込めてお届けする大切なイベントです。ぜひご期待ください」との思いを披露した。

正式発表前の製品ということもあり、御給氏のスピーチ以外の情報は得られなかったが、イベントとあわせて、プロ・ハイアマチュアモデルの発表を楽しみに待ちたい。
-----転載終了-----

Nikon D850: Teaser Video

https://www.youtube.com/watch?v=epaRJ3eqKzk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリキン土屋圭市、トヨタC-HR、マツダCX-3、日産ジュークニスモRSをバッサリw

土屋圭市って、あまり好きでは無いんです。

でも、スバルXVと、巷で「ライバル視」されている「トヨタC-HR」、「マツダCX-3」、「日産ジュークニスモRS」の比較は見てみたかった(≧∇≦)

特に「マツダCX-3」に関しては、もう少し「出来る子」だと思っていたのは、完全な「過大評価」でした。

ドリキン土屋圭市が筑波サーキットコース1000で人気SUVを斬る! drift king tsuchiya keiichi Japanese SUV car test

https://www.youtube.com/watch?v=byBfvZrblgY

えーと、土屋氏は敢えて触れなかったのでしょうけど、この4モデルの中では「AWD」はスバルだけ。あとは大雑把にいうところの「スタンバイ式4WD」。

ウチのBlogを読みに来る様な方々には、説明は不要ですけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼちぼち復帰します

局地ちほーの皆様、いかがお過ごしでしょうか(≧∇≦)

老骨のオーバーホールに時間がかかり、更新が滞っておりました。まだ、十分に戻っている訳ではありませんが、ぼちぼちと復帰しようと思っています。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX STI、ニュル最速4ドアセダンに…6分57秒

また、お前らか!

-----転載開始-----
スバル WRX STI、ニュル最速4ドアセダンに…6分57秒

20170723

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月21日、『WRX STI』の「タイプRA NBRスペシャル」が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、6分57秒5と4ドアセダンの最速記録を打ち立てた、と発表した。

WRX STIのタイプRA NBRスペシャルは、プロドライブがチューニングしたタイムアタック仕様。ラリースペックの2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、専用の吸気システムとターボチャージャーのブーストアップにより、最大出力600hp以上を引き出す。

トランスミッションはWRC仕様のパドルシフトで、瞬時のシフトチェンジが可能。エアロダイナミクス性能も引き上げられており、リアウイングにはF1技術のアクティブエアロ、「ドラッグ・リダクション・システム」を採用。最高速到達時に強力なダウンフォースを生む。なお、室内にはロールケージが組み込まれ、タイヤはスリックを装着。

このWRX STIのタイプRA NBRスペシャルが、ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、7分を切る6分57秒5を計測。スバルオブアメリカによると、このタイムは4ドアセダンの最速記録になるという。

https://response.jp/article/2017/07/23/297729.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »