« PaintsChainer | トップページ | 三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波 »

【スバル インプレッサ 試乗】安全性と利便性を天秤にかけないでください…岩貞るみこ

「ジドーシャヒョーロンカ」って家業は、本当に気楽な商売ですねぇ(≧∇≦)

・ハンドル? え? ステアリングでしょ?
・デザインというのは、造形だけでなく材質も含めて「デザイン」と呼ぶんですが?
・「ビール腹のオヤヂの腹に合わせたシートベルトのバックル位置」だと? 多くのドライバーの安全性を考えてセッティングされてるので、シートポジションが後ろ過ぎるんじゃないか?

どうやらこの業界でのお偉方の様だが、知見の低さに呆れかえったでござるよ。ぐぐる先生のリコメンドだとやっぱりなぁという感じ(笑)

-----転載開始-----
【スバル インプレッサ 試乗】安全性と利便性を天秤にかけないでください…岩貞るみこ

あいかわらず、しみじみいい『インプレッサ』の走りである。正常進化、磨きがかかるとは、こういうときに使う言葉だと改めて思う。

ハンドルを動かすと、しなやかにクルマが向きを変えていく。そのままアクセルを踏み込むと、後輪からぐっと蹴り出すようにコーナーの出口へとクルマを向かわせる。乗るたびに、スピードスケートの選手がコーナーの入り口で、氷をコーナーのアウト側に向かって強く蹴るシーンが思い浮かぶ。繊細に氷をつかみ、しっかりとトレースをしながらも力強く的確に。惚れ惚れとする。

でもクルマは走りだけでは選べない。一番、長い時間、視界に入るインテリアの雰囲気が、自分の好みであるかどうかは重要なポイントだ。デザインは好き嫌いの世界なので、それはいい。問題は質感。そういう視点でいくと、インプレッサの質感は、どうにも物足りない。同じ価格帯のクルマに比べると、違和感ない仕上がりなのだが、走りがよすぎるだけに、どうしてももっと上を期待してしまう。贅沢な悩みと言われても、人間の欲には限りがないのである。

欲ついでに書かせてもらうと、シートベルトのバックルが気に入らない。いままでのスバル車に比べて、バックルが長く伸びるように生えているのだ。私(身長170cm、体重50kgというユ◯クロのLサイズぴったりな体型)が座ると、腹部のあたりでシートベルトが浮く。隙間があるのだ。

安全性を押し出すインプレッサ。日本カーオブザイヤーも獲得したインプレッサ。でも、救命救急センターの取材をして、シートベルトが腹部にダメージを与える症例を見てきた身としては、この隙間が気になってしかたがない。ほとんどの体型では隙間は出ない。だから問題はないのかも。でも、私の場合は出る。その立場で敢えて書く。長く伸びているほうが、大柄で、腹部回りのゆたかな男性はかけやすいんでしょうが、利便性と安全性を天秤にかけて、利便性をとるのはやめてほしい。

http://response.jp/article/2017/02/07/290224.html
-----転載終了-----


|

« PaintsChainer | トップページ | 三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/64868661

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル インプレッサ 試乗】安全性と利便性を天秤にかけないでください…岩貞るみこ:

« PaintsChainer | トップページ | 三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波 »