« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

スバ女

なんでも最近、スバ女(じょ)なる女性が増えているとのこと。

ググル先生の検索結果の上位、仕掛け人はどうやら「SUBARU MAGAZINE」なる雑誌らしい。そして#スバコミも、一口かんでいるっぽい(爆)

世の中には車好きの女性が居るのだから、その中にスバルファンの女性がいてもおかしくはないし、そんな女性がいるならカミさんに欲しかった的なモノ言いもできるのだけれどここは大人の対応で。でも、どうにも引っかかるものがあるんだなぁ、小生的には(≧∇≦)

いや、何に引っかかってるかっていうと、こんな風に今更持ち上げないでも、私も周りにはごく当たり前に「女性のスバリスト」が居るんですわ。特にそのスジで極めて有名な「女性のスバリスト」が華麗にスルーされている所に強い違和感を感じてしまっているのであります。

(・ω・。≡。・ω・)キョロキョロ.

・・・最近、うちには来てないな・・・よし、書いちゃおう(爆)

話は、私が今から約25年前にスバル車のオーナーズクラブを立ち上げた時に遡ります。クラブ名を明記すると、小生が身バレするのはここではスルー。えーと、規模的には最盛期の1/10位にはなってしまってますが、今でもクラブは現存しています。ウチのクラブも日本国内でも歴史の古い部類のクラブになっているのではないかと自負しておりますヽ(´ー`)ノ

設立当初は、@niftyの前身である「Nifty-Serve」というパソコン通信でメンバー同士の交流を図っていました。集まるメンバーは予め分かっていたので、会場で「ああ、誰々が来たな」と続々と集まる車の中に、白いレオーネRXが颯爽と現れた時にメンバーに「どよめき」が走りました。

ええっと、若い人とか最近スバル車のファンになった人に説明させて頂くと(親切あるぢゃ)、このレオーネRXというモデルは、今で言う所のWRXに匹敵する最もスパルタンなモデル。スバルがレオーネでラリーに勝つために用意された言わば「戦闘機」です。

専用のハードサス、そして副変速機付きの10MTなんていう装備ですから、こんなモデルは野郎でも好き者しか買いません。そんなモデルを女性が運転しているというのですから、これだけでも驚きです。しかも、その走りっぷりは女性にありがちな「そんな雰囲気」ではなく、完全に乗りこなされておりました。車を駐車場に止めて、現れた小柄な彼女の姿に再びどよめき、そして談笑していると知識の豊富さにその場に居たメンバー全員が腰を抜かしました(爆)

昨年の富士重工の工場祭で「会おうねーっ!」と約束をしていて、3年ぶりくらいに再会しましたが、初めて会った時の印象のまま。今の愛車であるWRX S4の写真を使って、オリジナルのチロルチョコを「WRX S4納車1周年 & 誕生日記念」で、友人たちに配り回ってたお茶目な彼女は今でも大切な友人の一人ですヽ(´ー`)ノ

そうそう、何が書きたかったかというと・・・・うーん、まあ、何だ、スバ女の火付け役の皆様に「彼女を知らないとモグリだよ」って書いておきたかったのだろうと(爆)

あれ? どこかにタレコミするメルアドが有ったように記憶してましたが、どこ行っちゃったかな?

この辺りはきっと古い友人が補完してくれると思われますヽ(´ー`)ノ < また投げっぱかよ!


| | コメント (3) | トラックバック (0)

【リコール】スバル レガシィ 11万台、フロントストラット取付けボルトが緩む

新年早々、こりゃ、ついてるぜヽ(´ー`)ノ
また当選してしまったぢゃまいか(爆)

http://www.fhi.co.jp/press/recall/2017_01_19_3547/

このくじ運の強さ、宝くじに活かせないだろうか(´・ω・`)

-----転載開始-----
【リコール】スバル レガシィ 11万台、フロントストラット取付けボルトが緩む

富士重工業は1月19日、スバル『レガシィ』のフロントストラットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『レガシィ』1車種で、2003年4月24日~2009年4月15日に製造された11万6396台。

フロントストラット上端取付け部の締結緩み評価が不充分なため、縁石乗り上げなどの衝撃で取付けナットが弛むことがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該取付け部にガタが生じて損傷し、異音が発生するおそれがある。

改善措置として、全車両、当該部のナットを対策品に交換し、再締付けを行う。また、当該締結部に異常が認められたものは、フロントストラットを新品に交換する。

不具合は334件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

http://response.jp/article/2017/01/19/288751.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、17年のスーパーGT参戦体制発表。BRZ駆動方式を”スバル独自のもの”に変更へ

なん・・・だ、と? (  Д ) ゚ ゚

詳しいことは開幕まで判りませんが、確かにGT300のライバルと比較すると、他のマシンは「パワーダウン」でレギュレーションに合わせていますが、BRZは全く逆にパワーを捻り出してますね。まあ、これはスバルとしては現在のところ、競技に使えるエンジンは伝統のEJ20、最近やっとFA20DITがモノになって来たという感じ。

とは言え、出力特性的には大排気量のライバルと比較すると厳しいというのは勘のいい人なら誰でも気が付きますね。そんな事情もあって、コーナーで攻める戦い方をしてきたわけですが。直線で頑張れるということならEJ20の特性を弄ってAWDで蹴るという方法もあろうかと思います。

でも、このエンジンの搭載位置を見ると、市販車と同じ構成のAWDの搭載はかなり厳しいのではないかなぁ。含みを持たせてる辺りも気になるところでございますヽ(´ー`)ノ


-----転載開始-----
スバル、17年のスーパーGT参戦体制発表。BRZ駆動方式を”スバル独自のもの”に変更へ

20170115

 スバル/STIは13日、千葉県・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2017のなかで2017年シーズンのモータースポーツ活動体制を発表した。スーパーGT300クラスでは昨年に引き続きスバルBRZを投入するが、駆動方式の刷新を示唆した。

 12年からGT300クラスにBRZを投入しているスバル。昨年は井口卓人/山内英輝というふたりを起用したほか、装着するダンロップタイヤのフロントサイズ径を拡大して臨んだ。

 そんな16年シーズンは第4戦SUGO、第5戦富士で3位表彰台、第6戦鈴鹿1000kmで優勝を飾ったものの、ノーポイントに終わったレースも多く、ランキング6位と苦しんだ。

 17年シーズンは体勢に変更はなく、引き続きR&D SPORTとタッグを組んでスバルBRZ GT300を投入。引き続き、辰己英治STIチーム総監督の指揮下で井口/山内のコンビがタイトル獲得に挑む。タイヤも3年連続でダンロップを装着する。

 なお、マシンに関してはウィークポイントとなっていたストレートスピードの向上を念頭に、搭載する2リッター水平対向ターボエンジンの熱効率、出力効率の改善が図られているほか、軽量化、空力性能の改善、慣性モーメントの改良などを施しているという。

 また、会見に登場した富士重工業株式会社/スバルテクニカインターナショナル株式会社の平川良夫社長は「この場では詳しくは申し上げられない」と前置きした上で、「スバルが持つ独自の駆動システムを新たに、このクルマ(BRZ GT300)に投入します」とコメント。これまでの後輪駆動から駆動方式を変更して挑むと明かした。

 スバル独自の駆動方式と言えば、『シンメトリカルAWD』といった四輪駆動方式が思い浮かぶが、これがBRZ GT300に投入されることになるのか、気になるところだ。

 今年でスーパーGT参戦4年目を迎える井口は「今年は3つの目標を掲げている」と今季への抱負を明かした。

「ひとつ目はスーパーGTでのシリーズチャンピオン獲得、ふたつ目は昨年開催されなかった地元九州のオートポリス戦での優勝です」

「最後は、昨年ランキング2位で終えたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceでのシリーズチャンピオン獲得。この3つの目標を掲げて、2017年シーズンに挑みます」

 井口のパートナーを務める山内も「チャンピオンを獲らなければ歴史に名を刻むことはできません。今年は必ずチャンピオンを穫れるように頑張っていきます」と意気込んだ。

 最後に、今年もチームを率いる辰己総監督は「去年はチャンピオンも獲れず、目標としていたシーズン3勝を達成することができませんでした」と2016年を振り返り、「今年はなんとしても、ふたりの抱負を達成できるよう、マシンを改良しています」と語った。

「BRZはストレートで抜かれてしまうことが多かったので、井口と山内はコーナリングで頑張ってくれていました。しかし、それがクラッシュなどにもつながってしまっていたのです」

「今年はもう少し、直線で楽ができるクルマをドライバーに用意したいと考えました。そういったマシンを与えることができれば、記憶にも記録にも残るシリーズチャンピオンという結果が得られると思っています」

http://www.as-web.jp/supergt/82376?all
-----転載終了-----

【追記】
本件、トバシだったようです。
http://www.as-web.jp/supergt/82956?all


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティの個人事業買収へ=250億円、富士通と調整―ノジマ

まあねぇ、富士通がニフティを金に変えるのは仕方ないとは思うのだけど、ノジマ風情にこうした「インフラの維持」ができるかどうかって辺りをもう少し考えてもらいたいものです。古いバックボーンではありますが、こうしたモノの重要性を日本で最も知り尽くしていると思える富士通の後ろ盾があったから、お付合いを続けてきてたって辺りもあります。

まあ、ノジマ的には零細プロパイダーがやっていけてるという事実から、「やれる」という判断の元に買い取るつもりなんでしょうけど、結果的に様々な環境が悪化するようなら、Nifty-Serve時代からのご縁も考えないといけませんな。どうにも悪い予感しかしません。

-----転載開始-----
ニフティの個人事業買収へ=250億円、富士通と調整―ノジマ

 家電量販店のノジマが、富士通子会社のニフティが手掛ける個人向けのインターネット接続事業の買収に向け調整していることが14日、分かった。ネット接続サービスの顧客を取り込み、家電販売のほか製品サポートなど課金サービスを拡大するのが狙い。買収額は250億円程度とみられ、ノジマと富士通は2016年度中の最終合意を目指している。

 富士通は16年7月、ニフティを完全子会社化。同社の企業向けクラウドサービス事業を残し、約134万人(16年3月末)の契約を持つ個人向けネット接続サービスに関しては売却を検討していた。買収にはKDDIなども名乗りを上げていたが、ノジマは価格面で好条件を示し、富士通と協議を進めている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000028-jij-bus_all
-----転載終了-----


| | コメント (4) | トラックバック (0)

F1レーサー サー・ジャッキー・スチュワートのハイネケンのAD

サー・ジャッキー・スチュワートは、グランプリ27勝、ワールドチャンピオン3回獲得、エリザベス女王から「ナイトの勲位」を与えられた伝説のF1ドライバー。

Heineken l When You Drive, Never Drink.

https://www.youtube.com/watch?v=tV6gygNPetU

最後の言葉がイカしてますね。
「いや、結構。私はまだ運転するので。」 (あるぢゃのぶっ壊れ訳)

私もお酒は嫌いではないですが、天地神明に誓って、アルコールが入った状態では、一度もステアリングを握ったことはございません(笑)

「スバリストのダンディズムに反します」

・・・ということでヽ(´ー`)ノ < 至極当たり前のことなので、偉そうに書かないやふにwwwww


| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党、蓮舫代表、1993年3月16日付の新聞で自身が中国籍であることを語る

面白いので、ネットの辺境にある当Blogでも画像を保管ヽ(´ー`)ノ
そう、ストライサンド効果って奴(爆)

民進党、かかってコォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!!

-----転載開始-----

百田尚樹さんがリツイート
Joe Mong Jin ‏@JoeMongJin 14時間14時間前
【大至急拡散希望】
蓮舫がこの画像を必死になって削除しまくってるそうです。拡散よろしくお願いします。
#蓮舫 #二重国籍

20170109

-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南朝鮮(韓国)への対抗措置

年始の最初のトピックがこれかよ(≧∇≦)

政治ネタはウチのお客様は読まないんだよねー(爆)
管理人の妄言暴走サイト(自覚しているらし)なので、書いちゃいますけどねヽ(´ー`)ノ

酷使様系の人たちは、この合意が決まった時に、10億円を南朝鮮(韓国)にくれてやるだけで、絶対に連中は何もしない。あまちゃんの日本外交の大失態だとか大騒ぎしてましたが、今、息してる?

いやね、酷使様たちは、この合意の理解が根本的に間違っていたので、こういう論調になるのは当然の結果。日本は「南朝鮮(韓国)政府に10億円くれてやるから、あとは藻前らで何とか汁。今回は「不可逆的」にということで、もう蒸し返しはすんなよ」と、「同盟国のアメリカさん」を仲介に入れて国際社会に発信させた。つまり、10億円ぽっちをくれてやったお陰で、全ては南朝鮮(韓国)の「国内問題」だぞとハメ飲んだ訳ですわ。慰安婦像が撤去されなくても、彼らがこの約束を反故にするだけで、「いつも被害者ヅラしてた南朝鮮」は、あら不思議。一転して「国家間の約束を守らない非常識な加害者」になるように仕組んでいた訳です(≧∇≦) 連中が約束を守れないってのは、この時点ですでに織り込み済み。

で、案の定、約束を守らない状態が続いてきて、さらに釜山とやらに追加の木偶人形をぶっ立てた。
日本が怒るキッカケなんてなんでも良かったんです。肝心の大統領は弾劾裁判で職務執行ができない、日韓合意の内容を公開するなんて判決を南朝鮮(韓国)の司法が下した。(国際社会の常識では、国と国の約束事は国内法を優越します) って、このタイミングで4項目の対抗措置を発表すれば、南朝鮮は万事休すですヽ(´ー`)ノ 実に絶妙なタイミングで怒ったことが理解できますね。オマケにウィーン条約違反までしっかりと踏み込んでますから、木偶人形を日本大使館の前に撤去できない南朝鮮(韓国)は、ぐうの音も出ません。

南朝鮮(韓国)は、「遺憾だ」とか呑気なことを言ってますが、自分で日本を怒らせておいて、何言ってんのお前?状態です。国際的な信用で言えば、我が國と南朝鮮(韓国)の何方が高いとお思いで? (笑)

そんな訳で、昨晩の飯が旨かったこと。年末年始でタダでさえ体重が増えてるってのに、小生的には南朝鮮(韓国)に謝罪と賠償を求めたいくらいでござるよヽ(´ー`)ノ

南朝鮮(韓国)の国内では、3月あたりにとっても面白い事が動き始めるので「終わりの始まり」を、茶でも啜りながら、少しだけ前のめりに見物したいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »