« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

日産 新型ノートの受注が3週間で2万台超 約8割が新HVのe-POWERを選択

他社の車をディスると必ず「厨」が湧くので普段は控えているのだけど、みんな、中学で習った「エネルギー保存の法則」を忘れてるんぢゃまいか?

確かにインフラの整っていないEVの現状では、こういう方法は「アリ」。でもね、これで燃費がどうのこうのっていうのは、そもそもの考え方が大きくまちがっていr(以下、ggrks)

そんなに「エコ」が良いなら、いっそゼンマイで発電機廻せよってな。エコでヘルシーだかさっ(≧∇≦)

高速で、法定速度以上でぶっ飛ばしているプリウス乗りも同じ類だ(爆)

-----転載開始-----
日産 新型ノートの受注が3週間で2万台超 約8割が新HVのe-POWERを選択

日産は、11月2日に発売した新型ノートの受注が、発売後約3週間(11月23日時点)で月間販売目標の2倍となる20,348台を受注したと発表した。

新型ノートは、新電動パワートレインのe-POWERが好評で、購入者の約8割がe-POWERを選択している。

ノート e-POWERは、100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性を実現。走行に必要な電力はガソリンエンジンで発電するため、外部電力からの充電無しで走行することができる。

特に、走行モードのe-POWER Driveでは、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことが出来るワンペダルの運転は新感覚で多くのユーザーから好評を得ている。

グレード別では、e-POWER Xが47%、次いでe-POWER MEDALISTが31%を占めており、静粛性や上質感を追求したグレードに人気が集まった。

一方、最も燃費が良くかつ最廉価グレードのe-POWER Sは、エアコンが非装着(後日オプションとして販売予定)ということもあってか、今のところ受注はないようだ。

また、オプションは、アラウンドビューモニターや踏み間違い衝突防止アシスト、スマートルームミラーなどの先進安全装備セットの装着が約70%となっている。


http://autoc-one.jp/news/3022442/

-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【おくやみ】スバル アルシオーネのデザイナー、碇 穹一さんが他界

碇さんとは、富士重工の工場祭をきっかけに、3年ほど前に知り合いになりました。とても温厚な方で、もっといろいろなお話をお聞きしたかったです。

私が若かりしころ、初めて自分で購入した車がアルシオーネ。同時に私がスバリストの道を歩む事を決定付けたモデルでした。父から譲ってもらったレオーネと同じくらい、個人的には思い入れの強い車です。
今でもこのモデルを維持し続けているオーナーの方々ももちろんいらっしゃいますが、思い入れだけは引けを取らないと自負しています。
ウェッジシェイブの他には無い個性を、産まれながらに持っていたこのモデルは、若かりし頃の私の沢山の想い出と冒険と常に一緒に記憶されています。

一人の元アルシオーネオーナーとして、スバリストを目指す者として、心よりご冥福をお祈り致します。

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶対に「孔明の罠」だと知りつつ。

・・・やっちまっただよ(≧∇≦)

使ってないモノも整理できてよかったか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

よし、決めた!

・・・困ってるってーんじゃ、モノを買ってやろうぢゃまいか。
「下取り」に出せば射程圏内だ(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング・ムーン

完成度も何も、なんだよ、我が家の近辺は曇りぢゃまいか(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【2016スバル感謝祭】歴代スバル車が聖地に大集結…ブラットなどのミーティングも

あらら、一昨日のイベントはcarviewが取材に来てたのね(≧∇≦)

【2016スバル感謝祭】歴代スバル車が聖地に大集結…ブラットなどのミーティングも
http://carview.yahoo.co.jp/news/event/20161108-10254813-carview/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年、スバル感謝祭

・・・つーか、サクッと矢島工場の感謝祭に行ってきて、大部分の時間を駐車場で過ごしていた小生でありますヽ(´ー`)ノ

何をやっていたかの詳しくはぶらっとさんちでご紹介。< おまけについに丸投げかよ('A`)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »