« 宇宙戦艦ヤマト2202 | トップページ | 某オクのCFカード »

SUBARU ALCYONE SVX 25th anniversary world meeting @ 信州安曇野

昨日、参加してきました。

天候に恵まれず大雨でしたが、なんと77台ものSVXが信州は安曇野に集結しました。

201609181

まさに圧巻。
これだけ集まると、視覚的におかしくなって、彩雲號ですら「ワンボックス」に見える始末ヽ(´ー`)ノ

201609182

SVXは色ごとにきちんと整列され、オーナーさんごとの「愛車へのこだわり」が分かりやすくなってました。

201609183

SVXといえば「尻」。もう、これはたまりませんヽ(´ー`)ノ 

201609184

雨が強かったので、あまり良い写真が撮れなかったのですが、これは埼玉のK-STAFFさんの展示車両。SVXの白、好きなんですよね(笑)

201609185

当時の純正リアウイング(High ver.)を敢えて白に塗装した車両。航空機のような美しさが際立ちます。

201609186

私の記憶が確かなら、このBBSはかなりお高いはず。SVXならこんなエレガントなホイールも履きこなせますね。

201609187

すごく美しい状態の一台。この他にもびっくりするほど綺麗なモデルが山ほど集結していました。

201609188

オーナーさんがガンダムファンなのか「百式改」。諸般の事情でナンバーは隠しておりますが・・・(察してください)

201609189

当時、国内仕様には「青」はラインナップされていなかったので全塗装です。スバル車には何故か青が似合います。

2016091810

ここで懐かしいモデルを発見。
これは私の所属しているスバル車のオーナーズクラブで、SVXのオリジナルリアスポイラーを数本限定で製造したことが有りまして、後にこのスポイラーがSTIに流れて、瞬間的に商品として販売されていた幻の一品。多分、替えはもう有りませんぜ( ̄▽ ̄)

2016091811

古い友人のぶらっと氏が会場展示として持ち込んだ「SUBARU ALCYONE SVX @ チョロQ」。講演会会場で限定一台でジャンケン大会の賞品に(爆)

実際にこれだけの台数が集まってる様を見て思ったのは、このSVXというモデルは、もちろん時代背景もあるのですが、そもそも存在していることすら「奇跡のモデル」だということを、改めて実感して帰ってきました。スタイリングに関して言えば、「不要な線は存在しない」、「不要な面も存在しない」という、極めてミニマルな要素でこれだけの完成度を作り上げ、25年過ぎた今でさえ、圧倒的な存在感を主張し続けるモデルです。もちろん、技術的にも現行スバル車のコアテクノロジーとなってる部分も、出し惜しみ無しで注ぎ込まれております。

そんなモデルに囲まれて過ごせた「特別な1日」でした。素敵な時間を作ってくださった、実行委員会の皆様には心からの敬意と感謝の気持ちを送らせていただきます。


|

« 宇宙戦艦ヤマト2202 | トップページ | 某オクのCFカード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 別のところでも書きましたが、SVXはスバルの永久欠番モデルですね。スペシャリティクーペ市場が日本ではほぼ絶滅しているので(レクサスではラインナップがありますが)、今後このようなモデルがスバルから出ることはほぼないでしょう。そういう意味でも永久欠番です。
 SVXの青は実はS3という限定車でブルーマイカがありました。もっとも販売台数が約50台だったのでほぼ幻です。

投稿: 夢の助 | 2016/09/19 22:24

美しい車ですね〜。
25年というと、私のスバル人生は始まっていて、レオーネに乗っていたはず。
でも私にとっては高嶺の花というような相手ですね。
だんだんと年を重ねるにつれて、却って新しく感じるようになった車です。いまでもきれいに乗られていると嬉しいですね。

投稿: MICCHAN | 2016/09/19 22:55

ロングドライブ、お疲れ様でした。
ご一緒できて楽しかったです。

夢の助さんが「永久欠番」とコメントされていますが、私も常々「永遠のフラッグシップ」と考えていました。
もちろんSVX以降もフラッグシップと位置付けられた車種・グレードは存在しますが、スタイルも含めて象徴的なのはSVXだと思ってます。

SVXオーナーは我々スバリストとはスタンスが異なるところもありますが、名車を大切にすることに関しては頭が下がります。次の5年も頑張っていただきたいものです。

投稿: ぶらっと | 2016/09/20 00:20

夢さん
こういう、本当の意味での「贅沢なモデル」は、残念ながら現在のスバルの土壌からは絶対に生まれてこないというのは同感です。
当時の英国だったかの記事で「SVXがジャグワーに負けているのは『価格』だけだ。」というのが、ここに来て大いに頷けるようになってきました。正に奇跡の一台ですね。
ブルーマイカのご指摘、有難うございます。S3でたった50台の限定で販売されていたのは、勉強不足で今の今まで知りませんでした。

投稿: あるぢゃ | 2016/09/20 21:12

みっちゃん
私はBD5を買うか、S4を買うかでカミさんの口車に乗せられてBD5を買ってしまったクチでございます。
「SVXなんて買ったら、次に乗る車が無くなっちゃうよ」
・・・・肝心の車が無くなってしまいました(´・ω・`) < 出すモノも無いぞ
発表から25年が過ぎても、全く色あせていない。これは本当に驚きです。

投稿: あるぢゃ | 2016/09/20 21:17

ぶらっとさん
お疲れ様でした。
ぶらっとさんに背中を押して頂いたおかげで、楽しい1日を過ごすことができました。有難うございました。

SVXを見ると、近年のスバルは「フラッグシップの定義」を間違えてるんじゃまいかと言いたくなります。20年目の時も確信しましたが、25年目にしてさらに強く思うようになりました。

こうした「文化財」を大切に乗り続けている、オーナー諸兄は本当に尊敬に値します。30年目も出会うことができますように。

投稿: あるぢゃ | 2016/09/20 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/64226132

この記事へのトラックバック一覧です: SUBARU ALCYONE SVX 25th anniversary world meeting @ 信州安曇野:

« 宇宙戦艦ヤマト2202 | トップページ | 某オクのCFカード »