« スバル、走りに磨きをかけた特別仕様車「SUBARU XV HYBRID tS」の先行予約を開始 | トップページ | 【スバル インプレッサ 新型】クラスを超えたデザインを目指して »

シン・ゴジラを観てきました (ポロリが有るかも)

私は、あの「エヴァQ」でやらかしている、庵野君には「餌を与えてはいけません」というスタンスを取り続けておりますが、ツッコミを入れるならまず観ておかないとと思い、「ハズレ上等」で斜めに構えて鑑賞してきました。

えーと、結論から書きますと、想像以上に良い仕上がり。「ゴジラは国産に限る」という快作でした。うんうん、庵野君はもう「エヴァ」なんて作らないで、こういう映画を連発した方がいいよという・・・ヽ(´ー`)ノ

ここから少し、ネタバレします(笑)


まず、一番驚いたのは、近年の作品は「ゴジラ VS へったくれ」が王道でしたが、この「へったくれ」に「日本國」を持ってきた所は、非常に面白いと感じました。日本が未知のある種の「天災」に遭遇し、それにあーでもないこーでもないと言いながら、法的根拠を抑えつつ対峙していく様は、極めてリアル。おまけに庵野君らしく、ものすごい情報量を詰め込んで、目にも留まらぬスピードのカット割りで押し込んできてますから、政治の話が完全にアクションドラマ作り変えられていました。ここは、おそらく、あの東日本大震災をリアルタイムで知っているからこそ作ることができた演出でしょうね。ゴジラ登場〜政府の対応〜自衛隊の初動〜迎撃など、こういう映画では疎かになりがちな切り口なので、とても新鮮で楽しかったです。

映画も半ばくらいになってくると、米国政府が絡んでくるのですが、ここからの動きの「おかしさ」とか、その後に続くゴジラの撃退までの「トンデモ」を序盤の乗りと勢いだけで押し切ってしまっています。ああ、庵野君はやっぱりこうでなくっちゃと思う小生でありました(爆)

まあ、そんな映画ですから上映時間はあっという間。もっと突き詰めて「観たい!」と思わせる後引きの強さは、正に庵野節でありましょうね。ああ、でも行きませんよ、それが庵野節ですから、正に思う壺ヽ(´ー`)ノ

今まで、見たことのなかった「ゴジラ」という意味では、正に「シン・ゴジラ」を表するのに相応しい仕上がりと言っても言い過ぎではないでしょう。こんなにスピード感のある「ゴジラ」は観たことがありませんでした、はい(笑)

|

« スバル、走りに磨きをかけた特別仕様車「SUBARU XV HYBRID tS」の先行予約を開始 | トップページ | 【スバル インプレッサ 新型】クラスを超えたデザインを目指して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

私も昨日観に行ってきました。
オタクさん達の評判を聞いてからゆっくり行こうかと思ってたのですが、初日だけであまりにも評判が良かったので。

ゴジラにはまったく思い入れを持っていませんが、この映画はとても良かったです。
実家のそばから上陸し、祖母の家の近所に至るルートを通ったのは楽しかったですよ。タバ作戦の指揮所が置かれた神社とか、昨年行ったばかりでしたし。

もう一度劇場に行くか、DVDが出たら買うか(両方かも?)。いづれにしても押し寄せる情報を整理して、もう一度見たい映画です。

投稿: ぶらっと | 2016/07/31 09:42

ぶらっとさん
私もヤフーの評判を見て、「仕方ねぇ、レイトショーの1300エソくらいは投げ銭してやるか」くらいの気持ちで行ってきました。

先ほど、ぶらっとさんの感想を拝読してきました。
私は、全く予備知識無しで行ってきましたが、まんまと庵野節に踊らされて帰ってきた感じです(≧∇≦)

一晩、明けて思ったことは、この「シン・ゴジラ」という映画に込められたメッセージって、実は「日本、がんばれ!」なんだなぁと。
良い意味でもそうじゃない意味でも、観客を出し抜くのに長けた庵野君には、また、してやられた感じです(笑)


投稿: あるぢゃ | 2016/07/31 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/63989555

この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラを観てきました (ポロリが有るかも):

« スバル、走りに磨きをかけた特別仕様車「SUBARU XV HYBRID tS」の先行予約を開始 | トップページ | 【スバル インプレッサ 新型】クラスを超えたデザインを目指して »