« 彩雲號の新しい担当は「新人セールス君」 | トップページ | HHKB Professional、専用カラーキートップセット導入 »

富士重工、スバル水平対向エンジンが発売50周年

8機/1600万機。
私が接した発動機の数です(笑)

あれ? 免許を取ってから5台目の車の筈なのに、数字が合わないのは何故? (≧∇≦)

スバルの水平対向エンジンというと、「オイル漏れ」が「持病」であるような言われ方をされることが多いですが、私の車暦の中では、オイル漏れに遭遇したことは一度もございません(笑)

-----転載開始-----
富士重工、スバル水平対向エンジンが発売50周年
富士重工業 水平対向エンジン発売50周年を迎えて

20160510

 富士重工業がスバル車のコアテクノロジーとして採用し続けてきた水平対向エンジンが、このたび発売50周年を迎えます。

 スバル水平対向エンジンは、1966年5月14日に発売した小型乗用車「スバル1000」への初搭載以来、50年に渡り改良を重ねてきました。現在、富士重工業が生産する全てのスバル車が水平対向エンジンを搭載しており、その累計生産台数は1,600万台にのぼります。

 水平対向エンジンは、ピストンが左右に向き合う形で配置され、対向するピストンが互いに慣性力を打ち消し合うため、低振動で回転バランスに優れ、高回転域まで滑らかに吹き上がるフィーリングを得ることができます。またエンジン全高が低く、車体の低重心化にも貢献しており、高い走行安定性やハンドリング性能にも寄与しています。

 水平対向エンジンにAWD(All Wheel Drive)を組み合わせたシンメトリカルAWDは、AWDが本来持つ優れた走行安定性や走破性に加え、左右対称のパワートレーンがもたらす重量バランスの良さとの相乗効果によって、安定した高速走行と俊敏なコーナリングを実現し、スバルの安全思想と走る愉しさを支える中核の技術となっています。

 富士重工業は、これからもブランドステートメント“Confidence in Motion”を通じ、スバルならではの魅力ある「確かなクルマづくり」を貫き、世界中のお客様へ「安心と愉しさ」を提供していきます。

http://www.fhi.co.jp/press/file/uploads/news/2016_0510_01.pdf
-----転載終了-----


|

« 彩雲號の新しい担当は「新人セールス君」 | トップページ | HHKB Professional、専用カラーキートップセット導入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

うちのEA81はジンワリと漏ってましたね。
ガレージの床には常にオイルの染みが。(≧∇≦)

サッシュレスの風切り音といい、「そういうもの」と受け入れていたおおらかさが懐かしいです。

投稿: ぶらっと | 2016/05/11 08:41

ぶらっとさん
「てやんでぇ、べらんめぃ。オイルの滲みが怖くてBOXER回せるかってんでぃ、こんちくしょー!」ですね。

解ります(≧∇≦)

投稿: あるぢゃ | 2016/05/11 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/63609996

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重工、スバル水平対向エンジンが発売50周年:

« 彩雲號の新しい担当は「新人セールス君」 | トップページ | HHKB Professional、専用カラーキートップセット導入 »