« スバル FAN MEETING イベントムービー | トップページ | プロドライブがSTIとタッグを組み、マン島TTコースに挑むスバルの新型マシンを製作 »

富士重、販売店と顧客をつなぐ「マイスバル」開設へ

これは古参のスバリストとしての「勘」なんですが、パンドラの匣を開けてしまった感じ・・・と言ったらいいのかな。

いろいろと「後が無い」のは解るんですが、オーナー、セールス、サービス、ディーラー、メーカーのリアルな「人の繋がり」が、現状を形成してきたことに気づいてないのか、敢えてそれを無視したのか。

ネット上で、「影響力のあるスバリスト」に最初に聞いてみるといいでしょうね。事を急ぎすぎると、必ず仕損じますよ。
「スバルネクストストーリー推進室とやら」は、「何も解ってない」と言っても言い過ぎでは無いですぜ。

-----転載開始-----
富士重、販売店と顧客をつなぐ「マイスバル」開設へ

ウェブでの交流深める
 富士重工業は7月下旬―8月に、ウェブ上で販売店や顧客とのコミュニケーションを深めるためマイページ「My SUBARU(マイスバル)」を立ち上げる。2020年までに60万件超の加入を目指す。車検を予約できるなど利便性を高めるのに加え、富士重などが行うイベントやドライブスポットを案内し、車両購入後のコミュニケーションを深める。

 マイページはスマートフォン向けに新たに制作するアプリケーションを中心としたサービスで、ウェブ上からも直接アクセスできるよう設計。システムを全スバル車販売店と接続し、車検予約や保険の連絡、事故時のコールセンターへの連絡がまとめてできる。また新車など最新情報、イベント開催なども案内する。

 現在、同社のフェイスブック(FB)とツイッターの加入者は合わせて約29万件、ファンコミュニティーは約6万件。これらからも誘導し、マイスバルを最大のウェブ上のコミュニケーション基盤に育てる。

 足元で富士重の新車販売の約半数は、初めてスバル車に乗るユーザーが占める。今後100万台レベルの世界販売を維持するには、いかにスバル車を継続してもらうかがカギ。そこでファンイベントやスキーやスポーツ自転車といった車オーナーが好むイベントで接点の拡大を試みており、この一環でマイページも開始する。

 マイページ関連の取り組みは国内同業に比べ後発。「これまでは車づくり一辺倒。今回他社と肩を並べられるようになった」(小笠原巧スバル国内営業本部マーケティング推進部長兼スバルネクストストーリー推進室担当部長)。FBやファンコミュニティーとの連動も検討し、長年のファンと新しいファンの交流なども促す考え。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00010008-newswitch-ind
-----転載終了-----


|

« スバル FAN MEETING イベントムービー | トップページ | プロドライブがSTIとタッグを組み、マン島TTコースに挑むスバルの新型マシンを製作 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 なるほど、栃木スバルの名物コラムTamさんのFrom Editorsが終了したのもあまりにも濃いスバル乗りを相手にしていたからなのですね。SNS推進室はスバル初心者をターゲットにいかに乗り継いでもらうかがミッションなので、放っておいても乗ってくれる古参スバリストはひとまず置いておくということでしょうかね。(苦笑
 でも、アプリよりもまずはディーラーの対応かと。昔に比べるとかなり良くなりましたが、トヨタに比べると(ry

投稿: 夢の助 | 2016/04/10 19:25

夢さん
新しいことを始めるのに抵抗はないのですが、おっしゃられる通り、まずは店頭の対応ですね。私の「顧客情報」には「凶状持ち」と記録されているのを知っているので、粗末な扱いを受けたことはありませんが(爆)

まあ、「若者の自動車離れ」は確実に進んでいますし、私のような煩いぢぢいが居なくなるまでに、SNS推進室はどれくらいスバリストを育成できるでしょうか。全部自分たちでやる気にならなくても、それなりのコミュニティをピンポイントに突いて行く方が効率がいい感じはしますけどね。

投稿: あるぢゃ | 2016/04/11 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/63462352

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重、販売店と顧客をつなぐ「マイスバル」開設へ:

« スバル FAN MEETING イベントムービー | トップページ | プロドライブがSTIとタッグを組み、マン島TTコースに挑むスバルの新型マシンを製作 »