« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

テントウムシ乗り続け40年 にじむ「昭和」修理も楽しみに [福岡県]

徳の高いスバリストキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

いやー、これはかっこいいですなぁ。
福岡ではお会いできる機会は殆ど無いでしょうが、スバルはこんなユーザーも大切に考えないと。

-----転載開始-----
テントウムシ乗り続け40年 にじむ「昭和」修理も楽しみに [福岡県]

 現代の軽自動車よりも一回り小さく、丸みを帯びたボディーはテントウムシを連想させる。そんな「スバル360」(富士重工業製)を、約40年にわたって乗り続けているのが小倉北区小文字の窪(くぼ)光男さん(74)だ。1969年製の愛車はメンテナンスが行き届き、エンジンは一発でかかる。買い物など日常で、時には県外への遠出にも利用。愛嬌(あいきょう)ある赤いシルエットは見た人を魅了する。

 車を友人から購入したのは75年ごろ。今では走行距離が19万キロを超えた。

 冷房なし。4人乗りだが、車内はめっぽう狭い。車高も低く「地面をなめるように走り、湯船につかっている感じ」。排気量約360CCのエンジンは非力で、加速するのに時間がかかる。坂道発進にもコツがいるという。

 なぜ、そこまでして乗るのか。「この車には現行車にはない、個性があるから」と強調した。運転席には速度計など最低限の計器だけ。デジタル表示器はもちろんない。ボディーのさびも含め、車全体がアナログな昭和時代の“味”をにじみ出している。

 2001年から年に数回、昭和期の車が集う九州の「旧車ミーティング」に妻すみ子さん(66)と参加してきた。愛好家がさまざまな自慢の車を持ち寄るもので、門司港レトロ(門司区)で毎年開かれるイベントには欠かさず参加している。「皆が物珍しがったり、懐かしんだりして集まってくれるので有頂天になっちゃいます」と笑う。

 会場で話が弾み、交友関係も広がった。日ごろからインターネット上で情報交換をする仲間が40人ほどいるという。「修理方法とか、古くて手に入らない部品の調達などには横のつながりが大切」と説明する。

 本業は歯科技工士。手先の器用さを生かし、週末は作業着に着替えて車のメンテナンスにいそしむ。もともとメカニックの知識や技術はなかったが、故障のたびに独学した。集めた専用部品や工具類は、自宅の倉庫にあふれんばかりになった。「旧車は構造が簡単でいじりやすい。故障時は、車の止まり方でどこが悪いか分かる」と言う。

 そんな父親の背中を見て育ったからか、息子もスバル360に乗っている。すみ子さんも「エンジン音はうるさいけど、ボディーがかわいくて大好き」と理解を示す。窪さんは「使い捨ての時代と言われる現代だからこそ、車を楽しみ、長く乗る人が増えてほしい」と語った。

=2016/04/09付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/236820
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【SUBARU CM曲】 wonderful life / 小田和正

きたか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /

最近の傾向として、マキシシングルにはならないだろうなと思っていましたが、やはり予想通りベストアルバムに乗っかってきました。

久々に、スバリスト必携の一曲でございます。お見逃しなく(≧∇≦)

【追記】
iTMSにも来てます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱自動車の燃費不正問題

エコって「それおいしいの?」的な小生がツッコむ必要もないのですが。

法令違反をしていた「菱」は責められて当然。

エコカー減税とやらで、國民の脱税を幇助していたり、このモデルを「エコ」で決めたユーザーに対しての背任行為もあるので、事は簡単ではありませんな。

ただねぇ、この話、私はそんな事より「技術の日産とやら」もいろいろアレだなぁと思っていたりしています。そりゃ、確かに不正を見つけてしまったからには、告発しないと同じ穴のムジナになるのは分かるのですが、実際には止まれもしない「自動ブレーキとやら」とか、菱の5%〜10%上げ底なんて可愛く思える、カタログ値とは程遠い航続距離を誇る「リーフとやら」の虚偽表示は、全てスルーでいいですかい? (≧∇≦)

三菱自動車の燃費不正問題の影響は業界再編にまで及ぶ?
http://clicccar.com/2016/04/23/367698/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、マン島の最速記録更新に向けて製作された「WRX STI」を公開

遅きに失した感はありますが、カラーリングが決定しましたね。
ここ数年、記録を更新し続けておりますし、プロドライブの参加の参加のおかげで大幅なタイム短縮も期待できると(笑)

-----転載開始-----
スバル、マン島の最速記録更新に向けて製作された「WRX STI」を公開

20160419

先日、英国のレーシング・コンストラクターであるプロドライブが、マン島TTスネーフェル・マウンテン・コースにおける記録更新のために製作したスバル「WRX STI」を発表したとお伝えしたが、4月15日にはスバル オブ アメリカが公式TwitterとFacebookで、そのマン島タイムアタック用車両の画像を公開した。そのステアリングを握り、37.7マイル(約60km)のコース・レコード更新に挑むドライバーは、今回も英国の元ラリー・チャンピオン、マーク・ヒギンズ。彼は2011年と2014年にも記録を更新しており、最新の記録では19分15秒9というタイムを達成している。

プロドライブが手掛けた新しいWRX STIは、「以前のクルマよりもかなり速くなるだろう」とスバル オブ アメリカの広報担当マネージャーであるドミニク・インファンテ氏は語る。というのも、これまでの記録挑戦で使われたクルマは、市販されているWRX STIのダンパーとスプリングを変更し、安全装備を追加しただけだったが、今回使用するのは完全にリビルドされた専用の競技車両だ。エンジンやエアロダイナミクスに施された改良などのスペックについては、後ほど公式発表で明らかにされるだろう。

マン島ツーリスト・トロフィ(TT)は、英国グレート・ブリテン島とアイルランドの間に浮かぶマン島で毎年開催されるオートバイのタイムアタック・レースで、今年は5月28日~6月10日に開催される。マン島では公認の4輪のレースは開催されないため、スバルは本質的にファンを楽しませるためにこのコースを走ってくれる。下にご紹介する2014年の車載映像のように、今回も素晴らしい走りが期待できるだろう。果たして、新しいWRX STIは19分の壁を破れるだろうか。大いに注目しよう。

http://jp.autoblog.com/2016/04/18/prodrive-subaru-impreza-isle-of-man-official/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新が滞っておりますが・・・

問題ない。
ただ、こういう状況の中で、更新する気分になれないだけだ。

20160418


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お世話になってたセールス氏が移動になってしまた

今日、彩雲號の整備の為に入渠。

ディーラーに行って、大変お世話になっているセールス氏の名前を告げたら、エンジニアが対応してくれて、セールス氏が移動になったと知らされた。

ここの販社のセールス担当者の移動は、いつもこうだ。数少ない会う回数の間に、いろいろと話をしながらお互いの距離感を詰めていく。そしてやっと双方の意思の疎通ができるようになってきたなぁと思っていると、移動が掛かる。

いやね、会社組織だから、組織変更での全体最適化っていう意味合いは間違いじゃない。でもね、その事で顧客に人間関係の構築を最初からやり直させるってのは、どういう了見だ?

確かに車が売れなければ、営業的には成り立たない。そこは十分に分かっている。でもね、信頼関係ってのはそんな簡単に構築できるもんじゃないんだよ。

富士スバルには、とても信頼の置けるセールス氏がいるので、彩雲號のバックアップはそっちにお願いするか、販社の社長をやってる友人の会社にお願いするか。それとも星野モータースさんに転がり込むタイミングか。技術的な問題は無いにしても、いざという時のスピードが落ちるので、出来れば最寄りの営業所と仲良くしておきたい。

次の担当が決まったら考えることにしよう。

一言、毒を吐かせてもらいます。

「○○スバルの人事担当はクソッタレだ!」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロドライブがSTIとタッグを組み、マン島TTコースに挑むスバルの新型マシンを製作

鬼が金棒持ってキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

-----転載開始-----
プロドライブがSTIとタッグを組み、マン島TTコースに挑むスバルの新型マシンを製作

20160410

プロドライブが、マン島TTコースに挑む新型マシンの写真を公開した。今回はこの英国のレーシング・コンストラクターと、スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)、そしてマーク・ヒギンズがタッグを組み、さらなるコース・レコードの更新を狙う。

英国ラリー選手権で3度のチャンピオンに輝いたこともあるヒギンズは、これまでもスバルの「WRX STI」に乗り、あの名高いマン島TTマウンテン・コースで何度も記録を樹立してきた。一方のプロドライブはといえば、1990~2008年までスバルのラリーカーを製作していたことで有名だ。今回はその3者が力を合わせ、マン島TTに挑戦するマシンにモータースポーツのマジックを注ぎ込むはずだ。昨今ではMINIのラリーカーやアストンマーティンのレーシングカーの製作を手掛けているプロドライブだが、英国の市販車をよりパワフルにする役割を担うだけでなく、スバル車をベースとするワンオフのスポーツカー、プロドライブ「P2」を製作し、自社のエンジニアリング・スキルと日本メーカーとの密接な関係を示してきた。

全長約60kmの危険を伴うコースでオートバイが競うマン島TTレースは、今年は5月28日~6月10日に開催される。ここ数年の記録はとりわけ印象的で、2011年にヒギンズが4輪のドライバーとして19分56.7秒を記録し、初めて20分台を切った。これは、1990年にトニー・ポンドがマークした最速ラップタイムより2分以上も縮まったことになる。以来ヒギンズが更新を続け、最新の記録では19分15秒というタイムを達成している。今回の新たなマシンでついに19分の壁が破られるのだろうか? 実に楽しみだ。

http://jp.autoblog.com/2016/04/06/prodrive-isle-of-man-subaru-mark-higgins-video/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重、販売店と顧客をつなぐ「マイスバル」開設へ

これは古参のスバリストとしての「勘」なんですが、パンドラの匣を開けてしまった感じ・・・と言ったらいいのかな。

いろいろと「後が無い」のは解るんですが、オーナー、セールス、サービス、ディーラー、メーカーのリアルな「人の繋がり」が、現状を形成してきたことに気づいてないのか、敢えてそれを無視したのか。

ネット上で、「影響力のあるスバリスト」に最初に聞いてみるといいでしょうね。事を急ぎすぎると、必ず仕損じますよ。
「スバルネクストストーリー推進室とやら」は、「何も解ってない」と言っても言い過ぎでは無いですぜ。

-----転載開始-----
富士重、販売店と顧客をつなぐ「マイスバル」開設へ

ウェブでの交流深める
 富士重工業は7月下旬―8月に、ウェブ上で販売店や顧客とのコミュニケーションを深めるためマイページ「My SUBARU(マイスバル)」を立ち上げる。2020年までに60万件超の加入を目指す。車検を予約できるなど利便性を高めるのに加え、富士重などが行うイベントやドライブスポットを案内し、車両購入後のコミュニケーションを深める。

 マイページはスマートフォン向けに新たに制作するアプリケーションを中心としたサービスで、ウェブ上からも直接アクセスできるよう設計。システムを全スバル車販売店と接続し、車検予約や保険の連絡、事故時のコールセンターへの連絡がまとめてできる。また新車など最新情報、イベント開催なども案内する。

 現在、同社のフェイスブック(FB)とツイッターの加入者は合わせて約29万件、ファンコミュニティーは約6万件。これらからも誘導し、マイスバルを最大のウェブ上のコミュニケーション基盤に育てる。

 足元で富士重の新車販売の約半数は、初めてスバル車に乗るユーザーが占める。今後100万台レベルの世界販売を維持するには、いかにスバル車を継続してもらうかがカギ。そこでファンイベントやスキーやスポーツ自転車といった車オーナーが好むイベントで接点の拡大を試みており、この一環でマイページも開始する。

 マイページ関連の取り組みは国内同業に比べ後発。「これまでは車づくり一辺倒。今回他社と肩を並べられるようになった」(小笠原巧スバル国内営業本部マーケティング推進部長兼スバルネクストストーリー推進室担当部長)。FBやファンコミュニティーとの連動も検討し、長年のファンと新しいファンの交流なども促す考え。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00010008-newswitch-ind
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル FAN MEETING イベントムービー

公式ムービー、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

スバル FAN MEETING イベントムービー

https://www.youtube.com/watch?v=rjgnFESqQ2U

あるルートからのお話だと、次回開催は・・・おっと、これは内緒にしておいた方がいいですね。

でも、このスバルの歴史上初の一大イベントで、「運営側のお手伝い」をできたことはとても名誉なことだと思っています。はい、これについては「二回目じゃダメ」なんです(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

現時刻を持って「変人レヴォーガー」と呼称

某SNS内のコミュニティに投下された動画。

午前3時の357号線を80km/h以上、しかも片手にスマートフォンを持って動画を撮ってる。

20160406

当Blogでは、現時刻を持って、このような人間をのことを、最大限の軽蔑を込めて「変人レヴォーガー」と呼称することといたします。

スバルは「紳士の乗り物」であることは、言うまでもありません。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバルファンミーティング パレードラン 参加車全部見せます!

おお、彩雲號が写っている(≧∇≦)

スバルファンミーティング パレードラン 参加車全部見せます!

https://www.youtube.com/watch?v=oBG5yawknxw

モータマガジンさん、有難うございます!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲號のフロントグリルを発注(笑)

経年変化でグリルが錆びたのを発見。クリーナーを使ってみたけど、メッキ面が完全にやられている。

六連星が付かないと、MAX POWERが20%ほどダウン(※当社比)するので社外品は論外。あのデザインはエンリコ・フミヤ先生に、とても重要な意味が与えられているので、お世話になっているディーラーさんに発注しました。想像していた以上に高価なので、また意地費が発生。・゚・(ノД`)・゚・。 メッキのコート剤も購入したので、これで少しは保つでしょう。

メッキがダメになったグリルは、引き取ってきて、今後、ホイールと同じ色でメッキ部を塗装してもらおうかと画策しております。見積もりだけはもらっておこうかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »