« 某SNS内のプロフ写真加工の個人的見解 | トップページ | 新型ロードスター試乗 »

スバル インプレッサ セダン コンセプト、初公開…次期 G4

もし、このままのスタイリングで市場に出てきたら、鼻からカルボナー(ry

・・・と、βακα..._〆(゚▽゚*)なことを書いてないで、きちんと理由を書くとですね。これでは潜水艦と同じで、視界は殆ど確保できないですし、このルーフの高さでは北米では乗れない人が出てくるからです。

良くも悪くも、スタイリングより「機能性を重視」するスバルのクルマ作りは、このスタイリングでは出せないと見るのが、スバリスト的な視点です。どこまでコンセプトを守れるのか、乞うご期待ですね。

-----転載開始-----
【ロサンゼルスモーターショー15】スバル インプレッサ セダン コンセプト、初公開…次期 G4

20151119

スバル(富士重工)は11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、『インプレッサ セダン コンセプト』を初公開した。

同車は、次期『インプレッサ セダン』(日本名:『インプレッサG4』)を示唆したコンセプトカー。スバルは10月末、東京モーターショー15において、『インプレッサ 5ドア コンセプト』をワールドプレミア。5ドアハッチバックに続いて、ロサンゼルスでは、次期型の4ドアセダンを示唆した1台がデビューした。

外観は、フロント、サイド、リアの各デザインをダイナミックかつソリッドな面構成に。スバルデザインの特徴の立体的で塊感のあるボディを構築した。また、コンパクトなセダンスタイルの要所に躍動感あふれるキャラクターラインを配し、スバルが顧客に提供する価値「安心と愉しさ」のデザイン表現を、Cセグメントのボディサイズの中で追求。スバル車にとって不可欠な機能性についても、優れた空力性能を確保することで、スタイリングとの融合を実現する。

ボディサイズは、全長4555mm、全幅1880mm、全高 145 mm、ホイールベース2670mm。ボディカラーは、スポーティでエネルギッシュな印象を放つ「ルビーレッドメタリック」。高い質感を持つグロスブラックと組み合わせた。

スバルは、「コンパクトなボディサイズ感の中でダイナミックかつソリッドなスバルらしいデザイン要素を大胆に表現しつつ、クラスを超えた質感を融合させることで、インプレッサのみならず、今後のスバルデザイン全体の方向性を提示した」と説明している。

http://response.jp/article/2015/11/19/264555.html
-----転載終了-----


|

« 某SNS内のプロフ写真加工の個人的見解 | トップページ | 新型ロードスター試乗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/62712385

この記事へのトラックバック一覧です: スバル インプレッサ セダン コンセプト、初公開…次期 G4:

« 某SNS内のプロフ写真加工の個人的見解 | トップページ | 新型ロードスター試乗 »