« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT World Premiere Video

OUTBACKは大きすぎる。
Foresterはちょっとイカつ過ぎると思っている小生には、このくらいのスタイリングが向いているかもしれないです。

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT World Premiere Video

https://www.youtube.com/watch?v=inb_lsErTOc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

発注しました。

S207がどう転んでも入手できない事がわかり、その反動がこんなところに(≧∇≦)
ちなみに、納期は未定。出てくるのは何時になるでしょうか(笑)

後悔は無い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX STI S207、即日完売!

・・・という情報ががが(´・ω・`)ショボーン

しまった、この週末を待ってたら買いそびれた(爆) < その資金、どこから出るんだい?



| | コメント (4) | トラックバック (0)

WRX STIをベースとしたSTIコンプリートカー「S207」発売

これは、大変失礼しました。

WRX S4ベースではなく、WRX STIベースでしたね。装備品については、これでもかというほどの満艦飾でありますが、全て走りにインテグレートされてるって所は安心しました。

それにしても、いい価格です。私は妥当だと思っている辺りで、感覚が完全に鈍っておりますが(爆)

しかしながら、最大の難点ががが。

「買える、買えない」ということはあっちに置いといて、こんなモデルを手にしたら、次に乗り換えるモデルは「S208」しかないじゃまいかというヽ(´▽`)/

-----転載開始-----
WRX STIをベースとしたSTIコンプリートカー「S207」発売

20151029

スバルテクニカインターナショナルは、WRX STIをベースとした「S207」を10月28日発表し、限定400台で、2015年10月29日より受注を開始する。発売日は12月1日。

「S207」はWRX STIをベースに、エンジンや足回りを専用チューンし、外装・内装にも専用装備を追加したSTIコンプリートカー。

エンジンは専用チューニングすることで、最高出力328PSを発揮。足回りは、11:1のクイックなステアリングギア比、フレキシブルタワーバーはじめSTI独自のパーツ類に加え、フロントに国内メーカー初採用となる可変減衰力サスペンションDampMatic IIとフロント+リヤのアクティブトルクベクタリングの効果により強靭でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現。またbrembo製フロント6ポット、リヤ4ポットのモノブロック対向ブレーキキャリパー+ドリルドローター(フロントは2ピースタイプ)、専用設計の255/35R19タイヤ、専用大型フロントスポイラーの採用により走行性能も向上。エクステリアには、リヤバンパーエアアウトレット、インテリアにも専用STI製「RECAROバケットタイプフロントシート」や専用スポーツメーターを採用するなど、随所に特別な仕様を施している。

また、専用ドライカーボン製リヤスポイラーや2015年ニュルブルクリンク24時間レースクラス優勝記念オーナメントを採用した、「NBR CHALLENGE PACKAGE」(限定200台)を設定した。

ボディ外装色は、WRブルー・パール、クリスタルホワイト・パール、クリスタルブラック・シリカの3色を採用。さらに限定色として鮮やかなサンライズイエローを採用した「NBR CHALLENGE PACKAGEYELLOW EDITION」(限定100台)を設定した。

価格は599万4000円~637万2000円(税込)となっている。

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20151028-10232843-carview/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地雷、踏んだ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━━!!

・・・でっかい地雷を踏んでしまったでござる (´・ω・`)ショボーン

この修正、容易ではないぞ(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいか、みんな。

「レヴォーグ」は「レボーグ」と書かないのに、「レガシィ」を「レガシー」と書くのは間違いだ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル車用「ウヨウヨしい中島飛行機ステッカー」制作計画、途中報告(予定スペック追記)

途中報告も何も、進んでねーぢゃまいか? ・・・という、ツッコミも御座いますが・・・(=゚ω゚)ノ < 開き直るなよ

えーと、著作権の問題は、富士重工様にはご迷惑がかからない事が判りました。
それと、デザインの方も完成しております。
(更にウヨウヨしいぞ( ´ ▽ ` )ノ)

20151025

で、只今、制作会社の選定中でございます。本物趣向の小生としては、ラッピングで使われている3Mの素材で作ろうと思っているのですが、いやはや、見積もりを取ってみたら結構な価格になりました。

多く作れば、一枚あたりの単価は下げられるのですが、さてさて、そんなに捌けるものかと。

某オクを見てみると、小生がデザインしたもの並に怪しいモノも販売されているので、多めに作ってオクで売っぱらうという作戦もアリかとも思いますが・・・、このウヨウヨしい中島飛行機のステッカーに、フツーのスバルファンの需要があるのかって辺りが、かなりの綱渡りであります(爆)

ジョークで作るので、素材を安くして単価を下げるという方向の方が、現実的かもしれません(笑)

【追記】
完成予定の大きさは、STIの転写タイプのステッカーと同じ・・・

 143mm × 70mm

・・・です。

明るいグレーは呉海軍工廠標準色を使用。
ダークグレーは呉海軍工廠標準色の明度を落としたものに変更してあります。

タイピングしている文字は、

上:NAKAJIMA AEROSPACE INDUSTIES
下:THE EMPIRE OF JAPAN

としてあります。「大日本帝国 中島航空宇宙工業」という感じですん(≧∇≦)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

マフラー欲しい病発症中w

事の発端は、SNSの中のアップガレージ・スバル館さんの投稿。

中古で入手すれば、音が大き過ぎてヤバイことになっても、傷口は小さくて済むと考え始めたらもう止まらない(爆)
なんだか、毎日、某オークションで良い出物が無いかを物色してしまっている。

さてさて、この病はモノをゲットしたら治るのか、それとも別の何かに昇華すれば治るのか。

いい歳こいた大ヲヤヂが困ったものである(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の君たちに、Dr,エメット・ブラウンからのメッセージw

20世紀が生んだ「最高のマッド・サイエンティスト」である、「Dr, エメット・ブラウン」を「ドク」と呼び捨てにする風潮は、小生的には許せないのであります(≧∇≦)


https://www.youtube.com/watch?v=kE_eyLjp-xA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple Magic Track Padが調子悪い

最近、なんだかApple Magic Track Padの調子が良くありません。

クリックしていないのに、クリックになったり、二本指で操作しているのに三本指のジェスチャーになったり。先ごろ、Magic Track Pad2が発売されたので、今は亡きジョブス尊師がお布施しなさいと言われているのかもしれませんが、いやいや、ちょっと待てよと。

表面を界面活性剤入りのクリーナーで清掃し、バッテリーを新しいものに交換して、PRAMクリアを実施して様子を見ています。

新しいトラックパッドも魅力ではあるのですが、バッテリーが充電式になったというところが、個人的には不満なんですよね。感圧になってるので、ちょっと興味は引くところはありますが。今、使っているものが完全にダメということにならない限りは、買い換える理由も無しです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちゃったな、日産(爆)

20年前の自社の「アレなモデル」を持ってきて名前を隠してSPORTS CAR。かたや「航続距離が隣街」までの線香花火自動車のリーフ(爆)

LEAF vs SPORTS CAR | 日産リーフ技術篇 30秒

https://www.youtube.com/watch?v=6_Bx_B_v5og

いやね、このSPORTS CARとやらは、当時、日産の屋台骨を支えてたモデルですよ。おまけに未だに人気のあるモデルです。少しは敬意とやらは払えないのでしょうかねぇ。「やっちゃえ、やっちゃえ」と言ってるんなら、本物のスポーツカー(爆)の「GT-R」でやっちゃえばよかったのに(≧∇≦)

・・・っと対照的なのは、こちらのAD。
流石はマツダさん、よく解っていらっしゃいます。
「クルマは単なる道具ではない。」
スバリストを自称する者としても、とても心に響くフレーズです。
MAZDA TVCM 「Be a driver. 2015 Roadster」篇 30秒 2015年10月~

https://www.youtube.com/watch?v=1bPKmwN034Q

・・・でも、ひとつだけお願いがあります。
ロータリーエンジンファンの事... 時々でいいから、思い出してください(≧∇≦)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

メガネ屋さんの心意気

お気に入りのメガネのフレームをOHに出しました。
半年で表面がやられて、再塗装を依頼しました。

仕上がってきたので、引き取り行ったのですが、同じフレームのハズなのにレンズがはまらない。

お店が取った判断は

「新しいレンズを一式ご用意します」

・・・って、私のメガネのレンズってこう言っちゃアレですが、半端なく高いのですが!(◎_◎;)

「それでは、私が使えるメガネが二本になってしまいます。私にも代金を負担させてください」

と申し出たのですが、

「いえいえ、それには及びません(`・ω・´)キリッ」

これはイケメンすぐる・・・商売人の誇りを見た気がしました。

20151015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の事実!iPhone 6sの4K動画はデジイチに勝る

あー('A`)

私もポン6sのオーナーなので、ポン6sの動画撮影性能も気になるところですが、この動画を見て思ったことは、どっちが上とかって問題ではなくて、単純に絵作りの違いを良し悪しの基準にしてしまってるところが素人目線って感じですな。ざっくりと言ってしまうと、ニコンとキヤノンの撮って出しの違いみたいなもんです。

一個だけ、ツッコミを忘れていましたが、動画の兄貴はもっと良いレンズは持って無かったのかぬ⁈

-----転載開始-----
衝撃の事実!iPhone 6sの4K動画はデジイチに勝る

そんな馬鹿な! iPhone 6sそしてiPhone 6s Plus話題の機能である4K動画撮影機能が、なんとデジイチにも勝るというのだ!

人によっては複雑な勝負の行方
iPhone 6s/6s Plusのユーザーや購入を考えている人にとっては、非常に喜ばしい話だ。

その逆、これらのiPhoneを持っておらず、デジイチ愛好家にとっては、なんとも言えない気持ちになるかもしれないが……。

こちらの動画『The iPhone 6S Takes Better Video Than My Pro DSLR - YouTube』は、Nikon D750で撮影したビデオと、iPhone 6sで撮影した4K解像度ビデオを、比較したものだ。

それぞれ同時に同一対象を撮影することで比較している。

iPhone 6sを買う動機としては充分
そのままだと、素人目にはわかりづらい部分もあるが、200%拡大しての比較となるともはや一目瞭然だ。

もちろん、この条件での勝負でiPhone 6sがNikon D750の性能を上回ったというだけの話で、全てのカメラ機能や条件、環境を考慮すると、トータルで見ればNikon D750に軍配が上がるだろう。

しかし、たった14cm、143gのデバイスが、上質なデジイチにも局地戦で見事勝利するというのは、iPhone 6sや6s Plusを購入するには、充分な理由となるはずだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10698092/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

(何かがキタらしい)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルが公認の「痛車」!WRX S4の放課後プレアデス公式痛車は限定1台,価格555万円!!

「放課後のプレアデス」に関しては、いくらスバルと「出涸らしガイナックス」のコラボと言っても特別な思い入れはないのですが、この痛車の完成度は本気過ぎます。

以前参加した、痛Gフェスタでラッピング業者さんに価格聞いたのですが、当時、マーチクラスのコンパクトカーのフルラッピングで最低ラインで30万。WRX S4クラスだと50万は超えるのではないかと。車両本体価格がざっくりで乗り出し400万ですから、この車両で555万円という価格も納得はいきます。

そんなことより、難しいのは「維持」。

ラッピング車の洗車機での洗車はご法度。太陽光や風雨でラッピングは劣化していきますから、ある意味、SVXやらのヒストリックカーを維持していくより、費用がかさむのではないかと(`・ω・´)

このヲサーンにはとてもじゃないけど、維持できませんなぁ。(それ以前にお前には買えないだろJK)

-----転載開始-----
スバルが公認の「痛車」!WRX S4の放課後プレアデス公式痛車は限定1台,価格555万円!!

20151011

スバリスト&痛車乗りに衝撃的な発表がスバルから発信されました。

SUBARU×GAINAXという強力コラボで製作されたアニメ「放課後のプレアデス」の公式痛車が、なんと限定1台で発売されることとなりました。

そして、その痛車WRX S4がなんと、「痛Gふぇすた in お台場 2015」に展示されていたのです。

この販売される公式痛車は販売目的で製作されたものではなく、本来は「放課後プレアデス」のイベント用に製作され、それこそ日本全国を駆け巡った、「放課後プレアデス」ファンにはお馴染みの痛車です。

そんなわけですから、当然新車ではなく中古車としての販売となります。販売方法は事前応募による購入権の取得から始まり、その後商談を経て晴れてオーナーとなることが出来ます。

気になる価格は、諸費用、税金込みの総額で555万円。スバリストには馴染みの深い数字ですね。

実際に同程度の中古車を購入して、ホイールカラーリングやフルラッピングまでを行ったとしてもこの金額では購入することは難しいのではないかと考えます。その上、版権許諾のついた公式痛車ですから、個人がホンキでやっても不可能に近いプレミアムがついてくるのです。

そこまで考えればお買い得としか言いようの無い公式痛車。詳しくは下記のサイトからチェックしてください。

SUBARUオンラインショップ「放課後のプレアデス公式ラッピングカー販売決定!!」
http://www.subaruonline.jp/special/wrappingcar/

http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20151009-10231541-carview/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【吉報】Mac OS X 10.11 El Capitan、始動!

先日のトピックで「リカバリー中」とご報告した、Mac OS X 10.11 El Capitanですが、その後、外部ディスクにインストールしたら全く問題無く使えることが分かったので、意を決して内臓ディスクのフォーマットを敢行。クリーンインストールをしてみました。内臓ディスクが死んでるかもとも思っていたのですが、どうやら思い過ごしだったようです。

2011年に変なテンションで買ったiMacですが、それからずっとOSをアップグレードしてきたので、中にゴミが一杯溜まっていたのでしょう。実に快適な環境になりました( ´ ▽ ` )ノ

バックアップを取ってるのだから、最初からこれで行けばよかったのですが、面倒くさがりなので安易な方に転がったんですよね。

しかしながら、来年のOSのアップグレードはヤバイかもしれません。JAVA6がサポートされなくなるので、アドビ製品をCCに上げる必要が出てきそうなんですよね。

来年の事は、来年悩むことにいたしましょう(≧∇≦)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年海上自衛隊観艦式乗艦券転売品で乗艦可能?

・・・えーと、この検索ワードでいらした方がいる様なので。

確か、一般募集のチケットでも身分証明書が必要なので、限りなく黒に近いグレーですね。

私の持ってるチケットは、防衛省で完全に管理されていまして、どの様な経緯で入手したのか、乗艦受付で聞かれてるそうです( ̄▽ ̄)

そりゃそうですよ。日本海軍の軍艦、護衛艦と言えば國を守る為の兵器ですから。ヤバイ人は乗せららないってのは常識です。< お前は違う意味でヤバイ(爆)

転売厨が居る様ですが、乗艦できない場合も多分にありますので、手を出さない方が安全と言えましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルの注目はセダンの新提案スポルヴィータシリーズとコンプリートカーS207の市販車!【東京モーターショー2015】

今年はもう東京モーターショーの年なのだと、先日先輩に聞いてちょっとびっくりしていますΣ(・ω・ノ)ノ!

いよいよVISIVが現実路線に落ちてきましたね。私はこのモデルは完全にヴェイパーモデルだと思っていたのですが、いろいろと追いかけていると本気で開発が進んでいるようです。本格始動するのは、SGPのリリース待ちといったところでしょうか。(画像はCGですねw)

来年はインプレッサのモデルチェンジの話が流れてますが、このコンセプトモデルは注目です。WRXのコンセプトモデルのようにがっかりさせられないことを望むだけです(笑)

・・・で、S207には、一言あります(爆)

えーと、この「限定車」はSTIが、そのモデルの末期に投入する「高額テコ入れモデル」ですが、以前のSシリーズに比べて、随分と「安く」なりましたね。ランナバウトなモデルを期待したいところですが、WRX S4がベースになるのでは自ずと「どこまで進化させられるのか」、発表前から全てが透けて見えてしまっています(苦笑)

車が売れてくれないことには、会社として成り立たないので、ここは理解しているとしても、以前のスバルはたった4年ですっぱりと色褪せてしまうような「消耗品としての車」を作るメーカーでは無かったはず。特にSシリーズは最後の砦だと思っていただけに、これで本当にいいの?と思ってしまいました。

これは、スバリストの視点なので、極めて偏狭なもの(多分、偏狂が正しい(≧∇≦))になっていますが、「あの時代にはこのモデルが有った」というような、地に足の付いたモデルのリリースを期待したいところです。

-----転載開始-----
スバルの注目はセダンの新提案スポルヴィータシリーズとコンプリートカーS207の市販車!【東京モーターショー2015】

20151008

スバルは第44回東京モーターショー2015において、世界初の2種類のコンセプトカーと10月28日発表予定の市販モデル4車種を含む10台を展示します。

出展車両の中で世界初公開となるのが、SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバルヴィジヴフューチャーコンセプト)とIMPREZA 5-DOOR CONCEPT(インプレッサファイブドアコンセプト)の2モデルです。

ダウンサイジングターボとハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレイン採用し、シンメトリカルAWDはシングルモーターをリアアクスル同軸上にコンパクトに配置することにより、プロペラシャフトを廃止しました。

その結果、AWDでありながらフラットなフロアを実現し、広々とした室内空間を実現しました。

また、スバルのAWD性能を継承し、さらに前後駆動力配分を積極的な生業を行うベクタリング作用によって運動性能を向上しました。そしてアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせに加えて、高精度GPS、高精度地図データによって自車位置特定し走行経路に応じた最適な制御を行ってくれます。

もう一つのコンセプトモデルはIMPREZA 5-DOOR CONCEPTです。

その名前の通り、次期インプレッサのデザインをイメージした5ドアスタイルのコンセプトモデルです。

201510082

スバルらしいデザインとして、次世代モデルへ本格採用していく「DYNAMIC(躍動感)×SOLID(塊感)」を核として、スバル車に欠かせないドライビングへの期待感を高めるスポーティさや先進性、安心感を高める機能価値を凝縮し、クラスを超えた価値を表現したデザインとなっています。

スバルの注見どころはコンセプトカーだけではありません。発売が予定されている市販車も注目です。

WRXS4に設定されるのがSporVita(スポルヴィータ)シリーズです。イタリア語のスポーツと人生を組み合わせた造語で、スポーツ性能とこだわり抜いた上質な室内を併せもつモデルでスバルの新しい提案です。

201510083

日本のメーカーとしては国内初採用となるイタリアの老舗革メーカーのマリオレヴィ社とのコラボによる専用本革シートを採用。そしてトリム・インパネ加飾なども変更しトータルコーディネートによって上質でエモーショナルな室内空間を実現しています。

さらに、WRX S4にはSTIが手掛けたコンプリートモデルS207を出展します。これまでのSシリーズ同様に走りに磨きを掛けたモデルで、その人気の高さから即完売が予想されるモデルです。

スバルブースはスバルの未来を感じさせるコンセプトモデルだけでなく、スポルヴィータシリーズやS207。そして大幅改良を行うフォレスター、XVなど市販車も見逃せません。

http://clicccar.com/2015/10/07/330753/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成27年度 自衛隊観艦式に参加できることになりました

2年に1度のこの自衛隊のイベント。しかも陸・海・空の自衛隊で順番に回ってくるので、好きな観艦式が回ってくるのは最悪6年に一度。今年は海上自衛隊ということで、最も大きな規模の式典になります。

大変お世話になっている国会議員の先生と、政府関係者の友人のご尽力のお陰でチケットが入手できました。最初はイージス艦を狙ってくれていた様ですが、希望者多数でキャンセルになることを避ける為にそれに準じた新鋭艦に乗艦する予定です。

今年は練習艦 かしまのクルーズも体験していますので、2回目の乗艦になります。さぞかし壮観な風景が眼の前に広がることになるでしょう。今からとても楽しみにしています。国会議員の先生と友人のご厚意に心から感謝です。

ただし、問題が一つ。
横須賀での受付開始が早朝なので、どうやってそこまで行くか(爆)

まあ、なんとでもなるでしょう( ´ ▽ ` )ノ <- 腹案wはあるらしw

平成27年度自衛隊観艦式:海上自衛隊 - 防衛省
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/kankan/2015/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【悲報】Mac OS X 10.11 El Capitan、使えず。

人柱気質の私は、リリースの翌日にiMac mid 2011にインストールを敢行しした。

インストールそのものはうまくいって、新しいViewと日本語入力に感嘆していたのですが、どこか様子がおかしい。

Mac OS Xは処理待ちに「虹色の」ボール」がグルグルするのですが、なんの前触れも無くこれが頻繁に発生して、作業どころではありません。強制終了もままならないので、おそらくアプリとか、Finderとかそんな上っ面なところではなく、もっとOSの深いところで処理中が頻発していることが予想されています。

これではまったく何もできないので、致し方なくバックアップから「10.10」をリカバリー中です。昨晩から初めて、残り2時間ほど。

考えてみれば、今の環境って、iMacを購入してからずっとアップデートで、OSを上げてきているので、いろいろと尾問題はありそうです。まずは外部ディスクにクリーンインストールしてみて、同じ現象が発生するかどうかから、試してみたいと思っています。

ある目的の為に特化して用意した窓機が無かったら即死でした(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »