« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた

えーと、当Blogの政治的スタンスは「中道」ですのd`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた

https://www.youtube.com/watch?v=L9WjGyo9AU8

脇が甘いってーか、左巻きはこういう屁理屈には長けてるので、少しは見習わないといかんですな(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重工、SUV「XV」にPHV設定−17年から群馬で生産へ

きたか…!!
201507282

トヨタのPHVを流用して開発というのは、なかなか期待できそうですね。彩雲號は壊れるまで乗りますけどねww。

でもこの調子で、彩雲號がぶっ壊れたら、現実的に考えて一番転げる可能性が高いのが「XV PHV」かも知れぬ。

-----転載開始-----
富士重工、SUV「XV」にPHV設定−17年から群馬で生産へ

20150728

富士重工業は小型SUV「XV」にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2017年秋をめどに群馬製作所(群馬県太田市)で生産を始める。米国の環境規制に対応するため、18年モデル車から販売を始める。米カリフォルニア州のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制をはじめ、環境規制の厳格化に対応する。

 同社は13年から「XV(北米名・XVクロストレック)」にハイブリッド車(HV、写真)を設定。日本に加え、北米でも販売している。14年の北米での販売台数はXVクロストレック7万7878台のうちHVは8231台で、約1割強にあたる。日本でのHV比率に比べると低いが、XVは電動車としての認知も広がりつつあるようだ。
 XVのPHVはトヨタ自動車のシステムをベースに開発する。世界各国で環境規制が厳しくなる中、特にPHV設定を後押しするのは米カリフォルニアのZEV規制だ。18年モデルから同社を含む中規模メーカーも一定の割合でZEVを販売する必要があり、HVはZEVの定義から除外されることになる。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420150728beaf.html
-----転載終了-----


| | コメント (4) | トラックバック (0)

【サヨク速報】「#志位るず川柳」が大人気!

うーむ、どの川柳も秀逸wwww

20150724

-----転載開始-----
国会前 寿命の短さ 蝉のよう
おい志位よ 暴動まだかと 習が言い
お仲間は 民青労連 しばき隊
あっ、キミは・・・ 企業の面接 参加ばれ
サンモニや 報ステ見すぎて アカになり
安倍来れば アカが湧く湧く 遊説時
SEALDsの 理想のせいで 人が死ぬ
プラカード 投票できない 奴があげ
6千人 フィルター通すと 10万人
ちゃんと消せ ハングル文字と 簡体字
17時 ノボリを片付け 帰宅する
中国の 侵略行為は 見えません
七千人 多めに言っとけ 十万人
国会前 だだをこねてる 赤子たち
活動費、赤旗、労組にナマポ詐欺
アカ紙で 召集されて 志位るずへ

http://www.honmotakeshi.com/archives/45668620.html
-----転載終了-----



| | コメント (0) | トラックバック (0)

人民解放軍駐留がいいいというサヨク

え?! 人民解放ぐ・・・・(  Д ) ゚ ゚

20150723

うーむ。ネタなのか、マジなのか判別つかない。あまりにアレ過ぎて(´・ω・`)ショボーン

清水谷あけみ @akimilk100
https://twitter.com/akimilk100


| | コメント (3) | トラックバック (0)

【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 発表】開発主査・高津益夫氏に聞く「スバルが考えるHVとは」

私はまだインプレッサ スポーツ ハイブリッドの試乗はできていないのですが、とても良い記事ですね。

友人がXV HVを所有しているのですが、きちんと試乗させてもらったら、まさにマイルドチャージのターボ車の様でした。私の感じていた「FB20」の不満点がしっかりとフォローされた作りになっていましたっけ。

今回のインプレッサ・スポーツのHVは、事実上の「第二世代」ですので、どの辺りがどんなフィーリングで改良されているのかとても興味があります。

-----転載開始-----
【スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 発表】開発主査・高津益夫氏に聞く「スバルが考えるHVとは」

20150721

スバル『XV』で初のハイブリッド車を上梓してから2年。今度は『インプレッサスポーツ』にハイブリッドを設定した。

ハイブリッドと聞いて多くのユーザーがイメージするのは省燃費車。しかし今、例えばBMWなどは高性能のためのアクティブハイブリッドなどを投入し、ハイブリッドが単なる省燃費のためだけの技術ではないことが鮮明になっている。今回のインプレッサスポーツも、そもそも「sport」を名乗るモデルにハイブリッドを設定したのだから、単に省燃費を追い求めたものでないことは明白だ。

そこで改めてスバル商品企画本部プロジェクトジェネラルマネージャー、高津益夫氏にスバルの考えるハイブリッドについて尋ねてみた。試乗会場に設けられた説明ボードには、「スポーティー&ファントゥドライブ」というこのハイブリッド車のキーワードが掲げられていた。では、今回のインプレッサスポーツハイブリッドはそうした立ち位置で開発がすすめられたのだろうか。この点について高津さんは次のように述べる。

「スポーティーとは単に速さを求めるのではなくて、乗り易さを追求したものに仕上げました。具体的な部分では、走りはじめにCVTの弱点でもあるアクセルの付きの悪さを、電気モーターがアシストすることでスムーズな立ち上がり感を実現しています。一方でファントゥドライブという部分は、ハンドルの遅れを極力小さくして運動性能を向上させ、専用の足回りチューニングを施し、さらにタイヤサイズをワンサイズ引き上げて215/50R17とすることで踏ん張りを出して、乗り易くて同時に運転して愉しいを実現しています」

仰る通りで、確かにステアリングの正確さやわざわざタイヤサイズを大きくしてまで手に入れた運動性能は優れモノだった。しかし、一方でハイブリッドにはやはり省燃費が求められる。今回の場合JC08モードで20.4km/リットルを達成し、XV時代の20km/リットルを僅かだが上回った。しかし、これはあくまでもシミュレーションモードであって、実走行に即したものではない。つまりは省燃費のためのハイブリッドではないということなのだろうか。この点について高津さんは、

「安心と楽しさというのがスバルブランドとしてのキーワードになっています。ですからそこをスポイルしてまで燃費に振るということはしていません。ハイブリッドというと、どうしても燃費重視でそれ以外の性能を割り切るという開発をしているところもあると思いますが、それをやるとスバルじゃなくなると思うのです。勿論、より燃費重視のクルマを作れないわけではありません。例えば転がり抵抗の小さなタイヤを使うなどすれば燃費は向上しますが、それはスバルのクルマ作りではありませんので」

というわけでスバルの今考えているハイブリッド車というのは、まず前提として運転して愉しくかつ乗り易い。その上で省燃費、ローエミッションがついて来るというクルマのようである。実際、発進は常に電気で行っていてモーターのアシストがあるからアクセルを急激に開けた時もCVTの悪癖である加速とエンジン音がリニアに上昇しないという欠点は克服している。

http://response.jp/article/2015/07/20/255995.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相「安保法案、参院で分かりやすく」「支持率だけのために政治やっていない」 フジテレビ番組で強調

初めて第三次安部内閣の支持が不支持を下回ったとか。

普通に法案を読んでいれば、アレな野党が貼ったレッテルの「戦争法案」だとか「徴兵制復活」とか、まるで的外れなことくらい解るはずなんですけどね。

自分の子供が、友達の家に遊びに行っている時に友達と一緒に行方不明になったら、そこの家の親と一緒に探すだろうと。この程度のことすら想像ができない「平和ボケの国民」にはウンザリしてんだよ、コンチクショウ。

-----転載開始-----
首相「安保法案、参院で分かりやすく」「支持率だけのために政治やっていない」 フジテレビ番組で強調

 安倍晋三首相は20日のフジテレビ番組で、衆院を通過した安全保障関連法案について「戦争法案といわれるが、戦争を未然に防ぐための法案だ。参院審議を通じて分かりやすく説明していきたい」と強調した。

 各種世論調査で内閣支持率が下落していることに関し「残念ながら安保法制への支持が低く、理解が進んでいないことがこういう結果になっているのかなと思う」と分析した。1960年の日米安保条約改定に触れ「厳しい批判があった。支持率だけのために政治をやっているわけではない」とも訴えた。

 憲法学者から安保法案は違憲との指摘が相次いでいることには「憲法学者は自衛隊も憲法違反だと言っている」と反論。59年の最高裁砂川事件判決が国の存立を全うするための必要な自衛の措置を合憲としているのを踏まえ、正当性を主張した。

http://www.sankei.com/politics/news/150720/plt1507200022-n1.html
-----転載終了-----

20150720


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨドバシ・ドット・コム、快進撃

どこの記事で読んだか忘れましたが、なんでも密林を猛追しているとか。

「トイレットペーパーからミサイル」まで有ると言われる品揃え豊富な密林ですが、価格はヨドバシさんも同等、追加で10%のポイントも付加されます。そしてなんと言っても「konozama」が無い!
家電やパソコン関連部品は夜に発注すると翌日中には届きます。これはかなり凄いことですよ。

最近のBD、CDの新譜は密林を止めてヨドバシさんに発注する様になってしまいました(笑)

こういう努力をしている日本企業は応援したくなりますねヽ(´ー`)ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

far on the water / Kalafina

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !


| | コメント (0) | トラックバック (0)

や・り・な・お・し

・・・と言うわけで、悪夢の民主党政権時代の負の遺産はゴミ箱にポイッとな(≧∇≦)
仕事柄、書くべき事もありますがもう面倒なのでいいわ。
結果的には「転がるべき方向に転がった」という事ですね。

20150718


| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍にも負けず

思わず吹き出してしまいました。ハイボール返せ(笑)

-----転載開始-----
安倍にも負けず
米(アメリカ)にも負けず
公安にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
定職はなく
決して静まらず
いつも大声で怒鳴っている
一日に日当二万円と
某政党が用意してくれた生活保護で
あらゆることを
自分を勘定に入れて
よく見聞きせず
そしてよく忘れ
東京の国会議事堂前の陰の
小さなテントの小屋にいて
南に基地問題があれば
行って恫喝してやり
西に新たな原発あれば
行ってその工事を邪魔をし
東で不利な法律が出来れば
行って強行採決だといい
東北の福島第一があれば
大勢の子供がガンになるとデマをいい
デモの時は大音量の音楽を流し
新たなデマでおろおろし
みんなに過激派と呼ばれ
褒められもせず
就職もできず
そういうものに
わたしはなっているニダ

【追記】
作者様がコメントを残して下さいました。
健作して元ツイートにリンクさせて頂きました(≧∇≦)
https://twitter.com/nodokaoyaji/status/621490797699960832
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

因果応報

いやはや本当にあるもんですね。ホントにそのまんま帰って来ました。
これは他山の石としませう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

安保法案に全ての野党が賛成し全会一致で可決される! 強行採決なし!

なんだよ、折角、安倍総理が国会を延長してまでガッチリと説明したってのに、全会一致で可決かよ(゚▽゚*)
野党の藻前らは、つくづくツンデレだなぁ(爆)

20150715
(画像は拡大します)

あ、そうそう「強行採決だ!」なんて空気が嫁無い野党議員も居たそうですけど、あの悪夢の民主党政権だった時の方が、強行採決は多かったんですが( ゚д゚)ポカーン

201507152

・・・もうね、國民のことなんてそっちのけで、政局にしか興味のないアレな野党はタヒんでいいよ。

【追記】
そいえば、産経さんのカメラマンがすごく良い仕事をされてました。今日の報道写真の中で最も気に入った一枚。中谷元防衛大臣の目線ががが(笑)お気持ち、よ〜く解る気がします。
20150715_2
(写真は拡大します)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

会社の女の子がスバル車買ったんだが、みんなに叩かれて落ち込んでてワロタ

うむ、当Blog的な価値観で書かせていただくと「将来有望」 てか、ウチのBlogで取り上げられた時点で、「こっち側の人確定」でございます(爆)

冗談はさておき、今、最も賢い選択だと思いますが、一般的な世間様の視点ってのはまだまだこの程度ということなんでしょうな。

私の古い友人のお嬢様は、でっかい羽を装備したWRブルー・パールのWRX S4をご購入されたとか(爆)

-----転載開始-----
会社の女の子がスバル車買ったんだが、みんなに叩かれて落ち込んでてワロタ

1:名無しさん@おーぷん2015/07/13(月)22:13:41ID:FJF
背が高くてすごい美人でさ、まだ若いのに300まんのくるまかったんだけど
それが
レヴォーグ
で、周りから否定されまくって落ち込んでてワロタ
ほめたのは課長だけwww

http://alfalfalfa.com/articles/124641.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここはこっちが折れるしかないか

ブチ切れてみたのはいいのですが、相手の思考はレベルの低い俺より更に低レベル。
表向きはこっちが折れるしか解決する方法は無さそうです。

こっちは心が折れた分、被害は大きいですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひでえヤツだ。

ここが一番、毒を吐いても問題が無さそうですな。

なるほど、するとおまえは「玉砕するまで戦え」と、言いたい訳ですな。何のために、アッチコッチがズタボロになってると思ってるんだ。

「金も出さないし、手も出さない」

あんまりにも都合のいい事、言ってんじゃねーぞ。
このクソッタレめ。

20150713


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【悲報】俺氏、気管支炎になる

金曜日に産業医で処方してもらった咳止め薬にほとんど効果がなく、土日は咳で脳の血管が切れるかと思うほど苦しみました。ヴェポラッブの咳止めは確かに効くんですが、やはり対処療法です。限界はありました。

昨晩の咳の様子だと、仕事にならん&周囲に迷惑がかかると判断して、本日は休みをもらい、かかりつけの医者を受診。先生曰く「あららって感じになってます(´・ω・`)」

・・・という訳で、気管支炎の薬を処方して頂き帰って来ました。普通じゃ出てこない強烈な薬が処方されたので、かなりヤラれていたみたいです。

やはり、かかりつけのお医者様というのはとても頼りになりますね。とても有り難かったです。・゚・(ノД`)・゚・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

咳にヴィックスヴェポラッブ?!

こなさん、みんばんわ。
夏風邪を真っ先にひいた「アレの見本」あるぢゃです(´・ω・`)ショボーン

3日くらい前から、酷い咳に見舞われ、昨日、こりゃたまらんという事で、医者にかかって最も強烈な咳止めと抗生物質を処方して戴いたのですが、咳が一向に止まりませんでした。

あんまり辛いので「咳にはヴィックスヴァポラッブ」と覚えていて、こりゃお世話にならないと寝付けないと思い、昨日の深夜に24時間営業の薬局に出かけたのですが、何故かみんな閉店しており、仕方なく胸に湿布をしてやっと2時間寝付けました。

で、朝になってヴェポラッブの効能を調べてみる咳止めじゃないんですよね。鼻ずまりやくしゃみを止めるのがこの薬の効能だと知りました。いや、でも昔、気管支喘息になった時に母に使ってもらった事があるぢゃんよと思い健作をかけてみると、イギリス式の咳止めの方法だという事が分かりました。しかも塗る場所は、胸ではなく足の裏。

こんなの本当に効くの?とは思いつつ、とにかく咳が辛いので藁をも掴む思いで、朝一に薬局で一瓶購入。騙された気分で足の裏に塗って靴下を履いてゆっくりしていたら、嘘のように咳が止まったじゃないですか! もう、咳のしすぎで横隔膜周辺の筋肉が痛くなっていたので、これにはものすごく助かりました。・゚・(ノД`)・゚・。’

この情報のお陰で、今夜はゆっくり眠れそうです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビ質問状:「伝説のカーエンジニア 64歳の挑戦」 SUBARU/STIチーム辰己英治総監督を追う

辰巳監督の特集クル━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

思い起こせば、何度かお会い出来るチャンスが有ったかもしれませんが、未だにお会いした事は御座いません。辰巳さんチューンの足回りのモデルは所有しておりましたが(笑)

でも、我が家はWOWOWが映らないでござるよ(´・ω・`)ショボーン

-----転載開始-----
テレビ質問状:「伝説のカーエンジニア 64歳の挑戦」 SUBARU/STIチーム辰己英治総監督を追う

20140707

 WOWOWは毎週土曜午後1時に「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、「ノンフィクションW」と「国際共同制作プロジェクト」の2番組を両輪に、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組を放送している。7月11日に放送される「ノンフィクションW 伝説のカーエンジニア 64歳の挑戦~密着!ニュルブルクリンク24時間レース~」のプロデューサーを務めたWOWOWの制作局スポーツ部の加賀爪充穂子さんに、番組の魅力を聞いた。

 --番組の概要と魅力は?

 スバルの車両開発において次々と人気車・モデルを輩出した後、モータースポーツの世界に転身し、そこでも成功を収めたカーエンジニアの辰己英治さんが、特別な思いを抱いているドイツ開催の24時間耐久レースに参戦する舞台裏に密着したドキュメンタリーです。クラス優勝から遠ざかっているチーム「SUBARU/STI」が勝利を奪還できるのか、また64歳になった辰己総監督のもう一つの課題、自身の技術、ノウハウ、クルマ作りの哲学の継承は果たせるのかを追っていきます。

 --今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は?

 日本の自動車産業は世界市場を相手に、商品を開発し販売していますが、その一般市場でのクルマの開発で大きな成果を上げ、モータースポーツのチームを率いて活躍されている個性的な方がいる、と知ったのが最初のきっかけです。モータースポーツチームの監督としては、エンジニア出身という異色の経歴を持つ辰己さんは、レース界でも知らない人はいない存在ですが、知れば知るほど、そのバックグラウンドも、車両開発における独自の視点が面白く、すっかり心を奪われてしまいました。

 --制作中、一番に心掛けたことは?

 車両開発とモータースポーツ界の両方で成功した辰己さんは、どういう人物なのか、なぜそれほどの結果を生み出すことができたのかを感じてもらえたら、と思います。あえて私自身の感想や推測はここでは言いません。そこは番組を見ていただければ、と思います。

 --番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

 辰己さんという方は、人生経験も豊富。クルマやレースに対する知識や洞察力も抜きん出ている上、話が面白かったところが逆に大変でした。さまざまなことを話してくださるのですが、番組の主旨とはずれることも楽しく面白いため、ついつい聞いてしまって、あとで整理をするのが大変でした!

 また、本番前に悪いニュースが入ってきて、番組が制作できなくなるかも、という思いがよぎったこともありました。そのエピソードは番組でも紹介しておりますが、一時はかなり心配しました……。

 --番組の見どころを教えてください。

 今回の舞台となるニュルブルクリンク24時間レースは、世界のトップメーカーが自社の商品の良さを証明するために競う場所。そこで世界を相手に、辰己総監督とSUBARU/STIチームが、準備からゴールまで奮闘する姿をぜひ見てほしいです。

 --視聴者へ一言お願いします。

 クルマに興味がない方でも楽しんでもらえるよう番組に仕上げました。私自身、モータースポーツファンとは言い難いので、そこはかなり自信があります。ぜひご覧ください。

 なお、SUBARU/STIのチームには、毎年6人のディーラーメカニックが参加します。普段は全国各地の販売会社、ディーラーで車の整備に当たっているメカニックから選ばれた6人の活躍ぶりも紹介していますので、ここにもぜひ注目してください。

 WOWOW 制作局スポーツ部 プロデューサー 加賀爪充穂子

http://mantan-web.jp/2015/07/07/20150707dog00m200020000c.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録決定について

いやね、たかが「観光資源」のために國の威信に傷をつけたユネスコ関係者は、帰ってきたら自分のヘソでも噛んで氏ねと思ってます。役立たずの外務大臣も更迭だコンチクショウめ。

南朝鮮の言う「強制連行」なんて無かった事を「有ったことにしちまった」のですから、どんな価値観で会議に出席してんだこのスカポンタン。昨日の夜はそんなやり切れない怒りを感じつつ、布団に潜ったもんですからお陰で今朝はバッチリ寝過ごしましたですべらんめぇ凸(゚Д゚#)プンスコ!!

しかしながら、SNSの中を流れてきた話題では、実は今回の史跡が世界遺産に認定された事そのものが南朝鮮は気に入らないらしく、ああ、やっぱり彼奴らは俺たちの考えてる斜め上を行ってんなと思った次第。
確かに世界遺産に認定されてなかったら、「南朝鮮のロビー活動の勝利」であるわけですし、もし奴らの言いがかりで、バカヤロー辞退でもしてたら、他国からは「日本にはやましい気持ちが有った」なんて思われることも想定されます。少なくともそういう事を吹聴する連中です。

以下、今回の日本の史跡の世界遺産認定に関しての朝鮮人の反応らしいです。

これは屈辱外交以外の何者でもない!!! ⇒ 日本の近代産業施設が「強制徴用」を反映して世界遺産登録!!! by 韓国の反応
http://horukan.com/blog-entry-3024.html

裏の裏をかいて「検証はこれからするよん♪」ってな口調で、ある意味「ウヤムヤの状態で登録させた」ってのは、視点を変えれば我が國のほうが「策士」であるわけで、「なるほど、安倍さんらしいや」と思えてきました。

これで観光客がワンサカと増えて、國に金が落ちれば関係の地域経済は好転。体裁より実利を取った結果ってのもまんざら悪くないです。

29150706
(画像は拡大します)

上記の通り、強制労働なんて無かったものは無かった訳ですから有りようが無い。ほぼ無効化されてしまった「追軍売春婦(従軍慰安婦ともいう)」と同じ図式、日本は「既に解決済」の姿勢は崩しておりませんので、南朝鮮は振り上げた拳を下ろす場所が無いと(笑)

あ、でもね、本当は「非韓三原則」が大原則ですよん。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル「アルシオーネ」生誕30周年、9月に記念行事…当時の開発者も登場

詳細をご存知の方は、コメントをおながいしまつ。
つか、碇さんにお聞きするかぬ(≧∇≦)

-----転載開始-----
スバル「アルシオーネ」生誕30周年、9月に記念行事…当時の開発者も登場

20150750

スバル車の歴史の中でもひときわ個性的だった『アルシオーネ』。今年はその生誕30周年を迎えるにあたり、オーナーズクラブが記念行事を開催することになった。

スバル・アルシオーネを覚えているだろうか。日本車で初めてCD(空気抵抗係数)値=0.30の壁を突破(CD値=0.29)した、特徴的なウェッジシェイプのパーソナル・スポーツクーペである。「4WDアヴァンギャルド」のキャッチコピーで鮮烈にデビューしたのが1985年。急加速、急制動、雨天の時に、それぞれアクセル、ブレーキ、ワイパーが連動して自動的に4輪駆動に切り替わる「AUTO-4WD」システムを搭載するなど、先進的なメカニズムを満載していた。

ただし、こうした意欲的な車が商業的に成功するとは限らない。主要なマーケットであった北米市場、国内市場とも発売当初を除けば販売は振るわず、1991年に生産終了となる。後継の『アルシオーネSVX』へとバトンタッチされたが、それを含めても約10年の寿命でしかなかった。

しかしというか当然、現代となっても前衛的なアルシオーネを愛する人達がいる。アルシオーネ・オーナーズクラブ「XAVI(クサビ)」のメンバーだ。会員数は141人。北海道から九州までの全国に海外も含め、30歳代から70歳代と幅広い年齢層が集う。普段からメーリングリストを利用しての情報交換や、年に数回の地域ごとのミーティング、5年ごとの記念行事(全国規模)を行ってきた。

そして今年、アルシオーネが生誕30周年を迎えるにあたり、9月20日と21日の両日に記念行事を行うこととなった。当時の開発担当部長だった高橋三雄氏と、デザインを担当した碇穹一氏をゲストとして迎えるという。

同クラブによれば、アルシオーネの現存台数は250台程度。国内販売台数は約8000台だったから、現存率は3%。その内、クラブに入会して稼動状態でいるオーナーは53名だという希少さである。メンバーの1人によれば「他の200名の方々にも記念行事に参加していただきたく、アルシオーネを見つけては置手紙などでご案内しています。しかしながら、大多数のオーナー様には接触の手段もなく、ネットで目撃情報をチェックしてみるものの、それ以上進展がないのが実情」という。

そしてまだ見ぬ、隠れたアルシオーネオーナーに訴える。「パーツが入手困難になり、ディーラーで車検整備を断られるようになっています。だからこうしてメンバーが集まれば誰かが部品提供できることもたくさんあります。今回の行事のことを知らないオーナーさんが出ぬよう、こちらも精一杯アピールしていきます。興味のある方は是非オーナーズクラブまで連絡ください!」

http://response.jp/article/2015/07/03/254892.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

New SUBARU SAFETY 予防安全 娘の想い篇

ちょっとシチュエーションが解りにくいのですけど、小田和正さんの爽やかな曲がとても印象的です。

「クルマは人生を乗せる」

先日、まさにそんな投稿をしてますので、小生の琴線に触れました(笑)

New SUBARU SAFETY 予防安全 娘の想い篇

https://www.youtube.com/watch?v=j5ij-jI6zSo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えて!ヒゲの隊長

ウチのBlogにお越しになってる皆様には釈迦に説法ですが( ´ ▽ ` )ノ

教えて!ヒゲの隊長

https://www.youtube.com/watch?v=0YzSHNlSs9g


| | コメント (0) | トラックバック (0)

想定外の新幹線火災。事後3時間で運転再開したJRに賞賛の声があつまる 8選

先日の焼身自殺@新幹線で、メディアは鬼の首を取った様に、「安全神話の崩壊」とか言ってますが、いやいやいや、そうぢゃないだろ・・・って事で、以下をクリップっと(≧∇≦)

想定外の新幹線火災。事後3時間で運転再開したJRに賞賛の声があつまる 8選
http://buzzmag.jp/archives/30704

鉄道で働いている古い友人がおりますが、鉄道を守り、乗客を守る彼らの使命感ってのは、自衛官にも引けをとりませんよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

響け!ユーフォニアム、終わった━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

「いろいろキラキラ♪」でヲサーンの目には眩しすぎる作品なので、毎週楽しみにしていたのですが、最終回のコンクールのシーンを観てびっくりしました。あの臨場感は半端ないです。経験した事がある人にしか分からない舞台袖や演奏中の緊張感まで、見事に表現して来やがりました━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !  

今期は撮り溜めていて、まだ観ていない作品もあるのですが、オンタイムで観た中では文句なく「金賞」です( ´ ▽ ` )ノ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »