« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

STI 「BRZ tS(2015 Spec.)」

AWDではないので、今の私の生活スタイルに合った車では無いのですが、ビルシュタイン装備のBRZってのは、是非、乗ってみたいモデルですね(笑) ブレンボのブレーキだけ移植できないかしら(≧∇≦)

-----転載開始-----
STI 「BRZ tS(2015 Spec.)」

20150630

 これまでもSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけたコンプリートカーには乗るたびに感心させられてきた。約2年前に発売された、「(STIとして)当時できることはやり切った」と開発関係者が語ってくれた初代「BRZ tS(2013 Spec.)」も素晴らしい完成度だった。

 そしてこのほど、国内各メーカーから相次いでスポーツカーが送り出されている2015年に、いま一度BRZの存在感をアピールすべく、BRZ tSの2代目(2015 Spec.)が300台限定で発売された。ご参考まで、300台というのは2013 Spec.よりも200台少ない。2013 Spec.に対する2年分の進化はいかなるものか興味深いところだ。

 まず気になったのは、試乗用として用意された中に2013 Spec.では「GT PACKAGE」として設定されていた、GTウイングを装備するレーシーなルックスのモデルがないことだ。代わりにリップタイプのトランクスポイラーが装着されていた。確認したところこれもオプションで、ツルシでは何も付かず、さらにオプションでは2013 Spec.と同じカーボン製の価格30万円超のGTウイングも好みで選べるそうだ。

 事情を聞くと、2013 Spec.は比較的年齢層の高いユーザーが多く、派手な外観が敬遠される傾向にあったので、2015 Spec.では任意で選べるようにしたのだという。一方で、ボディーカラーに鮮烈な「サンライズイエロー」の設定があり、そちらは限定100台の販売となる。こちらが好みの人はとにかく急ぐべし。

(抜粋)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/20150630_709044.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D'AZUR / 藍井エイル

これで、3rdアルバムですね(笑)
藍井エイルの力強いヴォーカルにハマり、今ではすっかりファンになってしまっています。現在、ヘビロテ中(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情

こういう話は、チラシの裏と一緒でワロスワロスが基本なんですが、ちょっと面白いので引っ張ってきました(笑) 1年半前の記事なので、当たっていそうなところとか、それはちゃうぢゃん的な所とかいろいろと面白いです。

-----転載開始-----
元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情。

 元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情。
 全文はこちら。
 新春放談会 靖国神社参拝の影響

 以下、簡単にまとめますた。

 1)安倍内閣では、
   民主党傀儡の防衛省運用企画局(文官組)を廃して、
   自衛官だけからなる統合幕僚監部にすべての権限を一元化した。

 2)民主党政権時の
   国家機密たれ流しは政権内だけでも3万件

 3)安倍政権誕生がなく
   民主党政権が続いていればクーデターの可能性大だった。

 4)野田政権はクーデター可能性の高まりの中、
   政権を放り出したのが真相。

 5)最大の国家機密である日本の基本軍事戦略と
   その作戦についてはすべて漏洩していることが確認済み。
   日本人の知らない情報が中国や韓国には100%把握されている。
   民主党幹部の亡命騒ぎの原点はこれ。

 6)この情報漏洩については、
   民主党関係者全員が糾弾されるべき問題であって
   外患罪の適用は免れない。

 7)漏洩事案の最大重要案件である対中国作戦要項は、
   中国を驚愕させた。
   艦船データーから、水中探知、航空探知等のレベルが桁違いで、
   現行では日本と戦うことは、
   中国の破綻必至ということが明らかとなり、
   中国共産党の対日本戦略の見直しが必要となった。

 8)中国は一昨年から水中監視網と
   衛星監視網に注意を向け始た。

 9)青島海軍基地から出航の中国原潜は、
   その行動の一部始終を海自により監視されている。

 10)こういう状態は中国海軍として容認できるものではない。

 11)日本の『引いて封鎖』という戦略に対し、
   現在の中韓は打つ手がない。
   対抗策は吠えることしかないというのが実情。

 12)機雷の増発注が日本の開戦決意のシグナル。

 13)民主党政権発足後、公安情報、自衛隊情報がたれ流しとなり、
   それまで極秘であった対中国、対韓国戦略が筒抜けになった。

 14)韓国情報の中にはいくつかのシナリオがあった。
   在日朝鮮人対策や暴力団対策は極秘中の極秘だったが、
   民主党政権によってすべてがたれ流しとなった。

 15)このことをマスコミは完全に沈黙して黙殺。

 16)韓国籍の在日朝鮮人が他国で武装するわけにもいかないため、
   裏で横流しの武器調達という対策を選択。
   結果、暴力団の勢力争いに使われていた武器が、
   この時期から集団戦闘用に重武装化。
   この動きへの対応に自衛隊再編は必要不可欠だった。

 17)2008年に人権保護のもとに住民票閲覧が制限された。

 18)民主党政権発足後、生活保護をはじめ
   税金の優遇や社会保障の在日特権の拡大が進められ
   従軍慰安婦の問題では基金まで設立というところまで至った。

 19)外国人参政権の推進等、
   民主党内部での利権抗争がなかったら
   日本はまさに韓国に乗っ取られてしまう可能性が高い状態だった。

 20)李明博は日本乗っ取り完了宣言をしていた。

 21)東日本大震災を経て、ネットの普及もあって、
  徐々に民主党が朝鮮傀儡政党であることが
  一般日本国民に認識されるようになた。

 22)自衛隊内部でも穏健派が嫌韓に変化し、
   憎悪感を持った反韓に様変わりしてきた。

 23)2015年、アメリカが挑戦半島から撤退して
   防御ラインを日本と綿密に検討し連携している状況は
   もはや変えられないところまできている。

 24)現実に日本に住んでいる在日朝鮮人が
   韓国で住民登録され戦時動員されるという事態は
   日本としては看過できるものではない。

 25)外国人参政権付与についてはまさに売国法。

 26)在日特権の温床である行政改革はともかく、
   喫緊の課題は戦時国内法である外患罪や関連司法改革。

 27)そのいずれも親韓メディアや在日朝鮮人の命運に関わる。
   そのため強い抵抗があるのは不可避。
   安倍政権としては普通の国作りでも
   在日にとっては右翼国家作りと映る。

 28)今回、特定秘密保護法案審議過程で
   反対派なるものの正体があぶり出された。
   左翼、在日朝鮮人はもとより学者、知識人、
   弁護士等がごちゃ混ぜで
   反日勢力を作っていたことが明らかとなった。

 29)自民党の中にも日韓議員連盟会長を務める
   額賀福志郎元財務相のような売国もどきが存在する。

 30)尖閣問題の対決姿勢とは全く異なって
   経済面では日本の中国離れが加速し貿易額減少、投資の半減、
   民間交流、特に観光旅行関係の縮小。
   シフトASEANが鮮明となり経済界は悲鳴

 31)現実に中国との貿易は輸入に関してはすべてASEANで代替可能

 32)中国進出企業については
   国はリスクを負わないという姿勢をとっているため、
   現状以上に伸びる要素はない。

 33)IMFスタイルによる韓国借金実態は、すでに末期症状。
   そういう中での慰安婦問題とか
   戦時企業の賠償問題とかの騒ぎは、単純に日本の金目当て。

 34)額賀を会長とする日韓友好議員連盟会員の国会議員も
   ようやく韓国と距離をおきはじて、総会は踏み絵となった。
   約半数の国会議員がキャンセル。
   その後の韓国の工作を、安倍総理の靖国参拝により潰すことができた。

 35)現実に対外的備えとしては海自、空自の充実で対応可能。
   有事には機雷の2000発もばらまいて、
   列島線通過潜水艦を撃沈すれば中韓は干からびる。

 36)陸自は対馬防衛戦くらいの対応で
   国内戦車戦を考慮する必要はない。
   にもかかわらず74式戦車のタイヤ版ともいうべき、
   機動戦闘車の配備を進めているのは、
   国内唯一の反日反社会的暴力組織が武装を重武装化しているから。

 37)もし日韓開戦となれば、
   在日朝鮮人はもとより迎合する勢力は
   自衛隊にとって殲滅すべき対象となるのは当然のこと。
   それは国会議員であろうと新聞やTVであろうと関係ない。

 38)原発廃止、スパイ防止法、差別問題などは、
   平時の問題であり、
   有事に備える自衛隊には関係のない話。

 39)現在、関係機関が反日勢力の特定作業を強化加速させている。

 40)自衛隊制服組は国体護持の精神を堅持している。


 いやー、やはり元自衛官とはいえ、
 幹部連中の情報は凄まじいですね。
 しかし、ミンス党政権、本当に首の皮一枚だったんすね。
 くわばら、くわばら。

http://blog.livedoor.jp/ascension_coaching/archives/36370602.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父から娘へ贈られるスバル「フォレスター」の心温まる米国版AD

小生の最初の車は、父が通勤で使っていた二代目のレオーネです。私が就職した時の職場が車でないととても通勤できない場所だったので、その為に父が「自分の通勤は近いのでバイクで十分」と言い、譲ってくれた車でした。

でも、物の価値が判らん「クソ生意気な小僧」だった小生は、この餃子のようなスタイリングの二代目レオーネ(1.6L、FF)が大嫌いで、この車で通勤するのは嫌だと言いながら乗ってました。

カローラ・レビン(ハチロク)が欲しくて、仕事で稼いだお金とこのレオーネを下取りに出して頭金として、ローンを組んで買う計画を立ててました。そんな小生に何も言わず、冬の日のバイク通勤で大風邪をひいても、父は笑ってあのレオーネを私に譲ってくれたのです。

転機は就職したての夏にやってきました。友人達と連れ立って、東北に旅行に出かけてきた時です。免許取りたての初心者マークということもあり、電車での移動、現地でレンタカーを借りた時です。車種は当時、大ブレイクしていたマツダ・ファミリアの5ドアでした。
ところがこの車、アクセルを開けても思った通りに前に進まず、スタビリティもストッピングパワーもプア。ドライビング自体は全く面白くなかったのです。

旅行から帰ってから、直ぐにレオーネに乗り出し、この車の凄さに気が付きました。決して速い車ではなかったのですが、気持ちの通りに走り、曲がる、止まる・・・いや、「曲げる」のには少しコツが要りましたが(笑)
初めて乗ったガソリン車がレオーネだったので、本当の凄さが全く理解できてなかったのですね。

貯金がある程度貯まって、レオーネを下取りに出し、小生が「アルシオーネ」を買った時、父は一体どんな気持ちでいたのでしょう。今ならなんとなく判る気がします。父はその後もずっとスバルに乗り続け、傷一つ付けずに、いつも大切に乗っていました。父の仕事の関係も有って父なりの強い価値観を持ってスバルを選んでいたのでしょう。父のインプレッサワゴンに乗った時に、「この車、凄くいい音がするね」と言ったら、ニコニコ笑ってましたから(笑)

小生が最近、彩雲號改弐が「潰れるまで乗る」覚悟を決めたのには、貴重な3.0L BOXER6を載せている事と、実はもう一つ理由があったりしています。群馬への里帰りで、道路の混雑と娘の車酔いで半日掛かってしまったことや、「海が見たい!」と言った小学生だった娘を、ここいらで有名な景勝地まで連れ出したことも、思い出の一つです。あれは娘と初デートだったかもしれません(笑) この車にはそんな楽しい思い出が沢山詰まっています。そして父が他界し、今では群馬で一人暮らしをしている母に会いに行く為の頼れる相棒になってしまっている彩雲號改弐は、既に降りることができない車になってしまっていたことに気がついたという訳です(笑)

そんな事情も有って、以下のADの父親の気持ちは、とてもよく解るんですな(笑)

2016 Subaru Forester: Making Memories (Extended)

https://www.youtube.com/watch?v=UkX4aOQ_u2I

| | コメント (7) | トラックバック (0)

花の写真の違和感

SNS内の友人が奮発して良いレンズを買って、試し撮りで何枚か撮影した写真を公開していたのですが、どうも何かが違う・・・確かにヌケは良いし、描写力も申し分ない。でも、なんだろう? 車の部品の素材感をしっかりと表現している割には、花の写真には奇妙な違和感ががが。

何が違和感になっているのかがすごく気になって、写真をダウソロードしてLightroomに食わせてみて、最初に触ったスライダーで原因が解りました。

「WBが微妙にずれてる!」

撮影データのカメラのメーカーを観て納得。新しいモデルなのに、相変わらず変な絵作りしてんなぁと。いくら撮って出しだって、キヤノンやニコンなら、絶対にこんなスカポンタンな事は起きませんです、ハイ。

これじゃ、折角の良いレンズも台無しじゃまいか(´・ω・`)ショボーン

・・・と言う訳で、小生の目もまだまだ捨てたもんじゃないって事でwww
歳相応にガンズは進んでいますが(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このアウトバックは初めて見ました(  Д ) ゚ ゚

ここでは書くまでもないこどですが、長年、スバル車に乗っていますが、これほどまでに毛並みの違うアウトバックは初めて見ました(  Д ) ゚ ゚

https://ucar.subaru.jp/car_detail.php?id=170707























いや、単なるミスならいいんです。このインターネットの世界って物騒ですから、攻撃対象だったりしたら大変ですから。

・・・というわけで、このトピックをご覧になったご関係の方は、連絡してあげてくださいな。
それと、くれぐれも本件に関係した方を責めない様にしてあげてください。

とても「癒されるアウトバック」だったので、取り上げさせて頂いただけですから(≧∇≦)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっちまっただよ。

まあ、これも運命と言うべきか(*゚▽゚)ノ
初めからヤバかったんですよねwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「戦争したくない」国会前で若者たちが猛抗議

ええっと、私の通っている政経塾の塾長も言ってましたが、国会での議論ってのは今、正にこんな感じだそうです(笑)

259: 名無しさん@1周年 2015/06/20(土) 13:22:27.70 ID:U6BmtmM80.net

民主「セコムの導入反対!セコムを入れたら金持ち認定されて余計強盗に入られるようになる!」
自民「泥棒に入られなくするのが目的だ!」
社民「泥棒さんは入らないって言ってるから入りません!泥棒を刺激してはダメだ!」
自民「あー会話が成立しねー。もうセコム入れっから!」
野党「独裁だ!」

今回のやり取りってこんなイメージ

-----転載開始-----
■「戦争したくない」国会前で若者たちが猛抗議

20156023

国会で安全保障関連法案を巡る論戦が続くなか、19日夜、国会前に多くの若者が集まり、抗議の声を上げました。

参加者(19):「デモなんて怖いって言っても、やはり行動せずにはいられないのです。私たちの目指す平和は“平和安全法制”なんて名前が付いたもののなかにはありません」

参加者(23):「自ら進んで戦場に自国の国民を送り込むような愚かな政治は、少なくとも戦後70年、この国には存在してこなかった。それを許さなかったのは何か。それは、僕たち国民とこの国の日本国憲法の存在があったから」

参加者(21):「単純に戦争がしたくない。私は誰も殺したくないし、死んでほしくない」

参加者の多くは10代から20代の高校生や大学生で、インターネットや口コミなどの呼び掛けで集まったということです。

[tv朝日 2015.6.20]
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_politics/articles/000053043.html

★1 2015/06/20(土) 10:20:05.54
-----転載終了-----

簡体字、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本の集団的自衛権行使容認に対するアジア太平洋諸国の反応

あなたの言う周辺国とはどこ国の事かしら? (爆)
あ、あと日本のサヨクも忘れずにね♪
(画像はクリックで拡大します)

20150622

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デカいのが好きな美女にビッグなスバル車は効くと専門家分析

そしてこんな風に「鈍感」な評論家も居る。
これで飯が食えるんだから、楽な商売である(爆)

-----転載開始-----
デカいのが好きな美女にビッグなスバル車は効くと専門家分析

 オッサンの究極の夢“美女と温泉ドライブ”を目指すにあたり、最近業績が絶好調なスバル、すなわち富士重工業のクルマは購入の価値があるだろうか。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、スバル車の魅力について分析する。

 * * *
 スバルの業績が、最近絶好調である。2015年3月期の決算は売り上げ・営業利益とも過去最高。我々の周囲でスバル車のブームが起きているわけではないし、美女が「きゃーっ、スバル、カッコイイ!」と駆け寄ってくる気配もないが、なぜそんなに好調なのか?

 ひとえに北米市場である。いまやスバル車の3台に2台近くはアメリカで売れている。と言っても、アメリカに行ったらスバル車だらけなんてことはまるでなく、ニッチメーカーだけにシェアはせいぜい3%だが、それでも前年比2割増と伸びが凄い。アメリカ向けのクルマは作るそばから売れてうれしい悲鳴だという。我々も温泉でうれしい悲鳴を上げさせたいものである。

 なぜこれほどまでにスバルがアメリカで好調かというと、アメリカ人が好むクルマ作りを始めたから。ずばり、サイズをデカくした。その代表がレガシィ・アウトバック(313万円~)だ。

 かつてレガシィ・ツーリングワゴンは5ナンバー車で、日本で大いに売れたが、現在はビッグで車高を高めたクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)になっている。それとともに日本での販売は急減。一方パイが3倍のアメリカ市場でバカ売れするようになり、みごと勝ち組になった。

 ところでスバル車には「スバリスト」という熱狂的マニアが多いが、いったい何がそんなにいいのだろう。

 正直なところ、私にはよくわからない。今のスバル車に乗っても、それほど武骨でもハードボイルドでもなく、ごく真っ当に快適に走るのみである。スバル伝統の4WD技術は確かに凄いが、雪道や悪路ならともかく、そこらをフツーに走っても特に違いは感じない。

 それより我々オッサンにありがたいのは、自動ブレーキの「アイサイト」だ。スバルは「ぶつからないクルマ」の先駆者。その技術は掛け値なしにすばらしい。アイサイトには全車速追従クルーズコントロール機能も付いているので、高速道路では前のクルマを感知して正確に車間距離を保ち、渋滞でもほぼ自動運転感覚。実にラクチンだ。もちろん、うっかりわき見の時は自動ブレーキが守ってくれる。さすが技術のスバル。オッサンの強い味方である。

 レガシィ・アウトバックは乗り味もインテリアも実にビッグでゆったりしていて、きっと美女も気に入るはず。美女は基本的にデカいクルマを好む。これは間違いない。

 あまりにもデカすぎて不安という方は、日本向けに小ぶりに作ったレヴォーグ(277万円~)がおすすめだ。そしてレガシィ・アウトバックよりもヨンクっぽい形をしているのが、フォレスター(214万円~)。見た目がいかにも頼もしそうで、サイズや値段もそこそこ手頃。美女は基本的に頼もしそうなクルマを好む。これも間違いない。

 結局美女の好みを追ってしまい、面目ない限りである。

■清水草一:編集者を経て、フリーライターに。「自動車を明るく楽しく論じる」がモットーの53歳。現在、フェラーリ・458イタリア、BMW・335iカブリオレ、トヨタ・アクアを所有。日本文藝家協会会員。

http://www.news-postseven.com/archives/20150621_329646.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍政権にレッドカード 母親「執念の戦いだ」

………国防にも「負ける」「あきらめる」って選択肢は無いんだけどね。

真っ赤なあんたらとその子供達も含めた、日本の全てを守るために、関係省庁は日夜働き続けているってことが理解できていないのですね。

てか、反安倍政権勢力の論点ずらしに見事に引っかかりやがって、「平時に見えてる日本」の中で「平和ボケ」して、現政権のやろうとしていることの足を引っ張る。本当の敵はお前らの後ろの連中だってことが、βακα..._〆(゚▽゚*)過ぎて理解できていない。

集団的自衛権は国際法に則った各国が保有する権利であり、世界中でこの程度のことまで放棄してしまってるのは、日本國だけなんだよ。少しは法案を勉強しろよ、まったくo(`ω´*)o

-----転載開始-----
安倍政権にレッドカード 母親「執念の戦いだ」

20150621

これほど女性を蔑(ないがし)ろにした政権があっただろうか。

 赤シャツ、赤い帽子、赤いスカーフの女性たちが、きょう、国会議事堂を包囲した。赤は怒りと退場を表す。

 怒れる女たちが安倍政権にレッドカードを突きつけたのである。(主催:女の平和6・20ヒューマンチェーン実行委員会)

 「殺すな、殺されるな」のプラカードを掲げた女性に、安倍首相のどこが嫌いかを聞いた。

 「(安倍首相は)自分が一番と思っていて主権在民を忘れている。自分は右翼だと思っているのだろうが、あの外交は何だ? 天皇陛下は慰霊の旅をしているのに、(安倍首相は)戦争の反省がない」。彼女は淀みなく語った。

 「明日の自由を守る若手弁護士の会」の黒澤いつき共同代表はステージに立ってマイクを握った―

 「私には3歳と7歳の子供がいます。子供たちの平和な人生を守りたい一心でここに立っています。負けるという選択肢、あきらめるという選択肢はありません。安倍首相の執念と私たちの執念の戦いなんです」。

 「働く女性の全国センター」副代表の伊藤みどり氏は、安倍政権への憎しみをぶつけた―

 「戦争法制と労働法制の緩和は表裏一体。格差は広がるばかり。なんでこんな世の中になってしまったのか。安倍内閣は『女性の活躍』と言っているが、派遣で働く女性が多いのに、派遣法を改悪した」。

 子を持つ母親からも働く女性からも嫌われる安倍首相。国会議事堂を包囲した参加者の背後には何百万、何千万の怒れる女性たちがいる。

  ◇     ◇

『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。

  ◇
『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費当日払。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

http://blogos.com/article/117968/
-----転載終了-----

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アルシオーネ開発秘話が今明かされる! 〜driver誌 2015年8月号〜

20150620

正直、自動車雑誌の提灯記事なんて、まったく興味が無いので、ここ何年もこの手の雑誌には全く買ったことがなかったんですどね。アルシオーネの開発秘話ときちゃぁ買わざるを得ないと、先ほどコンビニでゲットしてきました。

このタイトルもスバリストの視点から言えば、「最近、スバルは守りに入ったな」という逆の視点で見ているので、違和感が半端ないのですが。まあ、中身を読んでみて、一般誌にしてはなかなか濃厚な記事だったので、ちょっとびっくりしていたりしています。

アルシオーネが発売された時、当時の自動車雑誌には、アルシオーネのコンセプトが全く理解されず「三角定規でデザインされた車」などと酷評ばかりが書かれていましたね。スバルはいつでも「出る杭」でしたから。とりわけアルシオーネシリーズとなれば、突出しすぎていた為に、ボコボコに叩かれていましたっけ。

このモデルの凄さを理解していたのは、スバルとスバリスト諸兄、アルシオーネのオーナーになった人だけだったという自動車雑誌業界的には黒歴史です。┐(゚〜゚)┌

それにも関わらず、快進撃を認めざるを得なくなって、今更こんな記事とは、「へそで茶が湧く」とはまさにこのこと。

てめーら、スバルを理解するのに30年もかかったのかよと(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありとあらゆる災厄が南朝鮮(韓国)に降り注ぐ。これは天誅?

みなさんのご飯の友にお届けいたします(爆)

お隣さんは、いろいろとファビョーンな様です。

以下をどぞ〜(爆)

-----転載開始-----
20140619

リンゴや梨等の果樹に伝染する「火傷病」が韓国で発生。

日本を含め、多くの国で輸入禁止措置が取られました。

ちなみに、地味に口蹄疫もまだありますので豚肉の流通が不足中

中国による乱獲と水温上昇の為、サバ(韓国人は結構サバ食べます)の漁獲高が激減。

農業地帯の干ばつにより、とりあえず葉物野菜も無くなりました。干ばつにかんしては今後1ヶ月は改善されないと予想され(韓国は梅雨が7月以降なので)、コメ等の穀物にも重大な影響が出ると予想されております。

MERSによる観光業の業績悪化と内需不信

ウォン高に起因する工業製品の没落

いやー、オンパレードになって来ましたなぁ...

-----転載終了-----

うん、私は間違いなく「天誅」だと思っているんですが・・・( ̄ー ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

群馬・太田市、ふるさと納税の返礼品にスバル車

太田市のふるさと納税の返礼品にスバルキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
これはこんなところに納税するよか、太田に納税しようじゃまいか!





・・・・・っと、勢いで書いたものの、スバルが貰えるほど納税できない、ウヒョー! (°∀°)

てか、太田って街は地元企業をすごく大事にしているし、スバルも街をすごく大事にしているので、素晴らしいなぁと。清水市長はやり手ですしおすし。

ウチの街も市長はいいんですけどね・・・(以下、身元バレするので自粛w)

-----転載開始-----
群馬・太田市、ふるさと納税の返礼品にスバル車

 群馬県太田市は、ふるさと納税の返礼品として市内に製造拠点がある富士重工業のスバルブランドの乗用車を贈る。清水聖義市長は17日の記者会見で、「子供に車を買ってあげようという人は、太田市にふるさと納税をしてほしい」と話した。

 スバル車が返礼品になるのは、寄付額が数百万円以上の場合となる見通し。ふるさと納税に関しては限られた財源を自治体間で取り合っているとの批判があるため、財政基盤が厚く、富裕層も多い東京都や政令指定都市の住民に限って受け入れる方針だ。今年10月をめどに開始する。

 このほか、寄付額に応じて地元メーカー製の携帯型発電機や、太田市内で生産した農畜産物を贈ることを検討している。寄付は市が開設を計画している図書館と美術館の複合施設に展示する、世界各国の絵本を収集する資金として使う。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO88192680X10C15A6L60000/
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みのりんにハマったかもww

甘く可愛らしい声に、独特の音が混じる声がなんとも・・・・「はふ〜ん(*´Д`*)」

・・・っと、「響け!ユーフォニアム」の「中世古先輩回」を見てて気がついたでござるよww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つうかさ、趣味の品物なんだから

先日、ふと、カメラ弐號機の異音に気がつきました。

最初はストラップの金具がカラカラ言ってると思っていたのですが、どうやら内臓ストロボの中から聴こえてくることが判明。

サポートに問い合わせてみたところ「検証機でも異音は出てる。問題はないとの認識だ」と、ただし、気になる様なら対策してくれるということで、本日、黒猫さんに預けてサービスに送りつけました。

てかさ、カメラってのは写真を撮る道具でもあるけれど、ある程度の価格はする訳で、それを持っていることの所有感も問われる趣味のプロダクトの訳でして。

そんな品物から、「カラカラ」と音がしたら、感性品質的に失格なんじゃまいかと。それともオタクは、そんなことも判らんでカメラ作ってるのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲號改弐、何かが宿る?!

昨日の定例グンマー遠征の出撃時、発動機始動で理論上、事実上共に完全バランスである、発動機EZ30Rが異常振動をしてました。

グンマー基地に着いてもアイドル時に小さく振動していましたので、スロットルバルブでも渋ったかと緊急点検をしようと思い、地元の太田店にするか、大変お世話になっていた某店にしようかと悩み、某店のサービスに乗り入れました。

体調を壊してお休みをとられていた、昔馴染みのセールス氏が出勤してるといいなと思い、お店に着いて聞いてみると、今日から出勤してるとのこと(  Д ) ゚ ゚

早速、彩雲號を工場にいれて調査を依頼。待ち時間にセールス氏と馬鹿話をしていたら、なんと偶然にも古い親友が現れるwww

発動機の調査の結果は、全く問題無し。
お店を出るときや、母と食事に出かけたときにも異常振動は確認されず。

どうやら彩雲號改弐が「セールス氏と親友に会えるから、某店に行こう!」と私を連れ出してくれた様に思えました。

「自己再生もできるのか」
「オマケに知恵もついた様だ」

・・・としか思えない、彩雲號改弐の不思議な駄々コネ事件でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【痛い】殺すくらいなら、殺されよう。【サヨク】

現政権の安保法制の整備の関係で、左巻きがバカなことを抜かしておる昨今(以下、当Blogの品位を欠く罵詈雑言が続く)

20150609

お花畑とは良く言ったもの。思考停止している上に、今の日本が国際的に置かれている状況を自分たちの意思で「理解しない」。頃されるなら好きに頃されてください。

その方が國の為ですo(`ω´*)o

2015060892

・・・っと、これを貼っちゃ品位もなにもないですな(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画】 スバル・レガシィ新型、カナダで大事故 空を飛び壁に激突

ドライバーは重症を負ったということですが、注目すべきはキャビンがほとんど潰れていないこと。これだけの衝撃でドライバーを生還させたってのは、さすが・・・という所ですね。

-----転載開始-----
【動画】 スバル・レガシィ新型、カナダで大事故 空を飛び壁に激突

スバルの主力セダン、『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)。同車の新型が、カナダで大きな事故を起こした。

この事故は5月31日、カナダ・オンタリオ州ノースヨークで発生。1台のレガシィが、自動車修理工場の塀を飛び越えて、敷地に侵入し、修理工場の壁に激突した。

レガシィが飛んだ距離は、実に10メートル以上。現地警察によると、ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いという。

なお、この事故で、ドライバーは車内に閉じ込められた。レスキュー隊が、レガシィの屋根を切断。ドライバーは救出されたが、重傷とのこと。

5月31日、事故の様子を収めた監視カメラの映像が、カナダのニュースチャンネル、『CTV』で公開され、再生回数は76万回を超えている。
http://response.jp/article/2015/06/06/252866.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本太郎参議「ミサイルが原発施設内に着弾すれば、核ミサイルに」

20150608
大事なことなので3回書きます。

「ミサイルが原発施設内に着弾すれば、核ミサイルに」なりません。
「ミサイルが原発施設内に着弾すれば、核ミサイルに」なりません。
「ミサイルが原発施設内に着弾すれば、核ミサイルに」なりません。

全く、物事を理解していない。そして馬鹿。
議員辞職しろや、この税金ドロボー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、「エクシーガ CROSSOVER7」がJNCAP「ASV+」を獲得

タダでは復活させなかったという事ですね。こういう所は実にスバルらしい堅実さですね。

スバルのアイサイトは、表向きには「Ver.2」、「Ver.3」の2種類が販売されているように見えていますが、いろいろな情報を集めてみると、この間を埋める様な性能を持ったアイサイト搭載モデルも存在する様です。

-----転載開始-----
スバル、「エクシーガ クロスオーバーセブン」がJNCAP「ASV+」を獲得

20150602

 スバル(富士重工業)は6月1日、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する「予防安全性能アセスメント」において、4月16日に発売した新型クロスオーバー「エクシーガ クロスオーバーセブン」が46点満点の評価点で45.9点を獲得。最高ランクとなるJNCAP「ASV+(先進安全車プラス)」を獲得したと発表した。

 2015年度の予防安全性能アセスメントでは、2014年度までに評価が行われてきた「衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」[対車両]と「車線逸脱警報装置(LDWS)」の2つに加え、ドライバーが直接確認しにくい車両後方の視界情報を車内のモニターに映し出す「バックビューモニタ」を評価する「後方視界情報提供装置」についても試験を実施。

 この結果、エクシーガ クロスオーバーセブンは46点満点で45.9点という評価点を獲得。評価点が12点以上の場合に与えられる最高ランク評価の「ASV+(先進安全車プラス)」(2点以上の場合は「ASV[先進安全車]」)として選定されている。

 これにより、スバル車でアイサイトを搭載するすべての車種が「ASV+」を獲得し、「アイサイトが持つ予防安全性能の高さが実証された」としている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150601_704883.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »