« 花の写真の違和感 | トップページ | 元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情 »

父から娘へ贈られるスバル「フォレスター」の心温まる米国版AD

小生の最初の車は、父が通勤で使っていた二代目のレオーネです。私が就職した時の職場が車でないととても通勤できない場所だったので、その為に父が「自分の通勤は近いのでバイクで十分」と言い、譲ってくれた車でした。

でも、物の価値が判らん「クソ生意気な小僧」だった小生は、この餃子のようなスタイリングの二代目レオーネ(1.6L、FF)が大嫌いで、この車で通勤するのは嫌だと言いながら乗ってました。

カローラ・レビン(ハチロク)が欲しくて、仕事で稼いだお金とこのレオーネを下取りに出して頭金として、ローンを組んで買う計画を立ててました。そんな小生に何も言わず、冬の日のバイク通勤で大風邪をひいても、父は笑ってあのレオーネを私に譲ってくれたのです。

転機は就職したての夏にやってきました。友人達と連れ立って、東北に旅行に出かけてきた時です。免許取りたての初心者マークということもあり、電車での移動、現地でレンタカーを借りた時です。車種は当時、大ブレイクしていたマツダ・ファミリアの5ドアでした。
ところがこの車、アクセルを開けても思った通りに前に進まず、スタビリティもストッピングパワーもプア。ドライビング自体は全く面白くなかったのです。

旅行から帰ってから、直ぐにレオーネに乗り出し、この車の凄さに気が付きました。決して速い車ではなかったのですが、気持ちの通りに走り、曲がる、止まる・・・いや、「曲げる」のには少しコツが要りましたが(笑)
初めて乗ったガソリン車がレオーネだったので、本当の凄さが全く理解できてなかったのですね。

貯金がある程度貯まって、レオーネを下取りに出し、小生が「アルシオーネ」を買った時、父は一体どんな気持ちでいたのでしょう。今ならなんとなく判る気がします。父はその後もずっとスバルに乗り続け、傷一つ付けずに、いつも大切に乗っていました。父の仕事の関係も有って父なりの強い価値観を持ってスバルを選んでいたのでしょう。父のインプレッサワゴンに乗った時に、「この車、凄くいい音がするね」と言ったら、ニコニコ笑ってましたから(笑)

小生が最近、彩雲號改弐が「潰れるまで乗る」覚悟を決めたのには、貴重な3.0L BOXER6を載せている事と、実はもう一つ理由があったりしています。群馬への里帰りで、道路の混雑と娘の車酔いで半日掛かってしまったことや、「海が見たい!」と言った小学生だった娘を、ここいらで有名な景勝地まで連れ出したことも、思い出の一つです。あれは娘と初デートだったかもしれません(笑) この車にはそんな楽しい思い出が沢山詰まっています。そして父が他界し、今では群馬で一人暮らしをしている母に会いに行く為の頼れる相棒になってしまっている彩雲號改弐は、既に降りることができない車になってしまっていたことに気がついたという訳です(笑)

そんな事情も有って、以下のADの父親の気持ちは、とてもよく解るんですな(笑)

2016 Subaru Forester: Making Memories (Extended)

https://www.youtube.com/watch?v=UkX4aOQ_u2I

|

« 花の写真の違和感 | トップページ | 元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

その気持ちよくわかります
まだ 娘に車を渡すことはないですが
以前 乗っていたダンガンは娘たちの中で思い出があるみたいで ハンドルとシフトノブをいまだに記念で持っています もう15年以上前の車のですが まだ 覚えているみたいです

引き継いであげられるくらい 長持ちする車は今は少ないですよね

投稿: ねこ | 2015/06/28 21:42

ねこさん
コメントをありがとうございます。
ブリジストンのコピーに「タイヤは命を載せている」ってのがありますが、それなら「車は思い出を載せてる」んですよね。

「最新のスバルは最高のスバル」ではありますが、こういったことを考えると、私にとっての「最良のスバル」は、苦楽を共にしたコイツだと思っています。

娘の彼氏が我が家に来た時に、「お、レガシィだ!」と驚いていた様です。そこに賺さず娘は「車を買う時はスバルじゃないと許されないかもよ」と言ったらしいですが(笑)

投稿: Algernon | 2015/06/28 22:09

わかる・・・わかる~。

うちも、娘や息子がクルマを買い替える時、やっぱりスバルを選んだか~と内心ニヤニヤしてました。
あっ、顔に出ていたかも・・・(≧∇≦)

投稿: スバリストZN6 | 2015/06/29 06:56

スバリストZN6さん
ウチの娘ははたしてスバルを選ぶでしょうか・・・ちょっと不安が残りますが、私がスバルが大好きなことは伝わっていると思いますので、候補ぐらいにはなるでしょう(笑)

投稿: Algernon | 2015/06/29 22:04

上の娘
いつか フォレスターとB4を買ってくれる旦那と結婚したい・・・・
(結局 そうはならず 1300のマーチMTに乗って結婚しました)
下の娘
にこっとかわいいーーー ほしーーー
(物が無いぞー ぶつけるとかかるぞぉ・・・)
R2かわいい R2欲しい
現在ヴィヴィオ君に乗ってます(^^ゞ

スバル好きの血は引き継がれるでしょうか?

投稿: ねこ | 2015/06/30 08:38

 おおっ、SFじゃないですか。しかも鉄ホイール(笑
 我が家も子供達は生まれた時からクルマはスバルですので、おそらくスバル乗りになると確信しております。息子はSVXが印象に残っているらしく未だに「黒いスバル(SVXは黒=黒鯨でした)は。。。」と言っております。

投稿: 夢の助 | 2015/07/01 09:05

ねこさん
ウチの娘はねこさんのお嬢様の様な思い入れはなさそうです(´・ω・`)
住んでる場所が場所だけに、車の重要度の温度差があるんですよね。

夢さん
ウチもずっとスバルだったんですけどね。やはり男の子とはモノの見方が違う様です。林檎党に育ったのですが(爆)

投稿: Algernon | 2015/07/01 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/61808664

この記事へのトラックバック一覧です: 父から娘へ贈られるスバル「フォレスター」の心温まる米国版AD:

« 花の写真の違和感 | トップページ | 元自衛官幹部3人が語ったマスコミに乗らない裏事情 »