« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

『希望の同盟へ』米国連邦議会上下両院合同会議 安倍総理演説-平成27年4月29日

一見の価値が有りますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
あー? 謝罪が足りない? 米国議会で誰に謝る必要がある?

『希望の同盟へ』米国連邦議会上下両院合同会議 安倍総理演説-平成27年4月29日

https://www.youtube.com/watch?t=1400&v=HpLDJ_J-V88

20150430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい政府専用機のカラーリング決定

これはカコイイ!

車や飛行機のカラーリングって、どうしても派手になりがちですが、この政府専用機のカラーリングを担当したデザイナーは、デザインの本質を掴んでいらっしゃる方だなと思いました。
( ̄▽ ̄)

http://www.cas.go.jp/jp/houdou/pdf/150428senyouki_design.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【SUBARU On-Tube】 MINICAR GO ROUND

おお、これはCoolだ! (≧∇≦)

MINICAR GO ROUND

https://www.youtube.com/watch?v=OidJ-wHgmHM'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleアカウントがクラックされた━━━━(°Д°)━━━━!!!!

今朝、大阪民国大阪府大阪市から、私のGoogleアカウントにクラックが行われたとメールが届きました。
幸い、ログインには失敗したようですが、このアカウント、外にはほとんど知らせていないアカウントなので気味が悪くなりました。

早速、パスワードを変更、二段階認証を導入して再発防止対策を行いましたが、本当に有るもんなんですなぁ(# ゚Д゚) ムッカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパールM7.8地震 政府、自衛隊を国際緊急援助隊として派遣へ

本件、実にサラッと報道してますが、よーく考えてみるともの凄く意味深い事なんですよね。

まず、第一に「地震災害」という国家の一大事の時に、外国の軍隊を、自国に入れるという事は相手国に対して絶大なる信頼があるからこそできる事です。ネパールと我が國の関係が確固たるものでないと、実現できません。東日本大震災の時の米軍の「トモダチ作戦」と同じ意味ですね。

第二に周辺国への「自衛隊の在るべき姿」を見せるには、絶好のチャンスであるという事。戦犯国がフンダララとか寝言を言ってる特亜に対し、日本の国際社会における「正当なスタンス」を広く知らしめる事ができます。さてと、支那と南朝鮮がどんな言い掛かりを付けてくるかが楽しみですね。

-----転載開始-----
ネパールM7.8地震 政府、自衛隊を国際緊急援助隊として派遣へ

ネパールでマグニチュード7.8の大地震が発生してから、まもなく3度目の朝を迎える。日本政府は、ネパール政府の要請を受け、自衛隊を国際緊急援助隊として派遣することを決めた。
28日夜、第1陣として、およそ20人を派遣することにしている。
また、政府は、ネパールに対し、10億円規模の緊急無償資金協力を実施すると発表した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00291246.html
-----転載終了-----

自衛隊がネパールに入る事で、ネパールで被災された皆様の助けになること。そして、自衛隊員の皆様が、無事に任務を遂行して、帰国されることを心から祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこの行軍訓練?

長期休暇をいただいたので、撮影旅行にいこうと計画しているのですが。

バックパックに機材を詰めて、三脚を括り付けたら予想以上に重くなってワロタwwww
普段はマウスより重いモノを持ったことのないお坊っちゃま育ちの小生が、この荷物を担いで移動するなんてできるのだろうか?

いや、やるしかないんだけどね(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオク!

まあねぇ、競り合って負けたのが悔しいのか、落札できなかったモノが本当に欲しかったのか、時々、訳が分からなくなりますな(爆)

今日の所は頭を冷やすことにケテーイwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上自衛隊 × 蒼き鋼のアルペジオ、クリアケースもろた━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

あるご縁があって、一枚分けて頂きました( ̄ー ̄)デュフフッ

20150422

同梱されていたのは、冊子「自衛隊応援クラブ」。これも濃ゆい! 表紙は「大日本サムライガール」、裏表紙がガルパンですよ。盆と正月とクリスマスが一緒にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!って感じですん。

今夜はこのへんで勘弁してやる! < 自慢して満足したらしい(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅れて来た「シドニアの騎士」

前から気になっていて、撮り溜めをしていたのですが、本日やっと2本観てみました。

切っ掛けは一昨日、絵描きの古い友人がベタ褒めしていたこと、それともう一人、とても古い友人がとにかく「黙って観ろ!」と言っていた事。

2本を観てみた感想ですが、いやはや、まさしく友人達がベタ褒めしていた通りの面白さです。というか、なんとも言えない世界観の作り込みがすごいです。乗り遅れたと思ってた電車が、実は遅れていてまだ居た的な運の良さです(爆)

この調子だと、今期の半端なモノを後回しにして消化しそうです(≧∇≦)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日産ってメーカーじゃ無かったんですね(爆)

ウチのBlogではちょっと珍しいお客様(≧∇≦)

20150420

なるほど「金融・商社」ってカテゴライズされてるなんて、不思議と納得してたり(爆)
またのお越しをお待ちしておりますヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『5分でわかる!』沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?

え? ウチはいろいろなヲタク向けのBlogじゃなくて、政治・経済・国際問題のBlogですよ( ̄▽ ̄)

『5分でわかる!』沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?

https://www.youtube.com/watch?v=MSZTm7irs4s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【スバル エクシーガ クロスオーバー7 試乗】“なんちゃってSUV”じゃない、快適7シーター…

うーん、こういう時はハッキリ書きましょう。

「止めておいた方がよかったです」

だいたい、ミニバンにしても、7人乗りワゴンとしても、スポーツワゴンとしても中途半端だったところが「エクシーガ」の不振の一因だったことに気がついて無いとは言わせませんよ(ーー;)

それをSUVテイストにして、どこをどう評価せよというのでしょう。そもそもエクシーガって2008年で生産終了してましたですし。こういういかにも新型車を出した様に演出して、ユーザーの目くらましをするようなやり方って、以前のスバルでは絶対に考えられなかったですが・・・全く、進化していないって事はないでしょうけどね。

スバリストとしては、スバルの歴史の中の1ページとしておいた方が良かった様に思えてなりません。

さてさて、今週からお客様感謝デーなので、ディーラーにでも行って、いぢめてきますかね(爆)

-----転載開始-----
【スバル エクシーガ クロスオーバー7 試乗】“なんちゃってSUV”じゃない、快適7シーター…島崎七生人

20150417

これまでの『エクシーガ』から発展した“新型”だが、3列/7名乗りのパッケージングは踏襲、コンセプトをよりSUV化したのが特徴だ。

実車は非常にスタイリッシュ。前まわりではヘッドランプ、エンジンフードはキャリーオーバーだそうだが、大型グリルは自然にハマっている。ホイールアーチやサイドシルなどのクラッディング、ルーフレールもサマになっていて、失礼ながら「ベース車から見違えるようにスタイリッシュになった」と感じた。

内装も上質感に気を配り始めた最新のスバル車と歩調を合わせた。メーカーオプションだが“ウルトラスエード+レザーシート”も、落ち着いたいい風合い。運転席と助手席はパワーシートでヒーターもつくなど、実用前提の機能が充実するのも見落とせない。

170mmのロードクリアランスを確保し、もちろんAWDでもある。なんちゃってSUVに終わらせないのがスバルらしいところだ。搭載エンジンは2.5リットルと余裕がある。ごく短い距離を走らせてみたが、SUVかつ7名乗りの乗用車らしい、快適でゆったりとした乗り味が実現されていることがわかった。

http://response.jp/article/2015/04/16/249150.html
-----転載終了-----

| | コメント (6) | トラックバック (0)

世界の名車<第68回>現代的なコンセプトの先取り「スバルR2」

スバルR2キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

思い起こせば、亡き父が最初に買った車がR2でした。あちこちに連れて行ってもらった思い出があります。懐かしいなぁヽ(´▽`)/

-----転載開始-----
世界の名車<第68回>現代的なコンセプトの先取り「スバルR2」

20150413

1960年代から70年代にかけて、日本車は大きな変革期だった。それを端的に表しているクルマのひとつが、69年発売のスバルR2である。58年に登場して「てんとう虫」の愛称があったスバル360の後継車として発表されたモデルだ。高性能化、高効率化に向かう日本車の流れにのり、機能的でスポーティーなR2は、牧歌的ともいえる360からの大きな飛躍であった。

 軽自動車枠におさまる2995mmのボディーのリアに、356ccの空冷直列2気筒2ストロークエンジン(30ps)を搭載。これは360から継承していたが、リアに荷重がかかり過ぎるのを防ぐため、エンジンブロックを軽量アルミニウム製にするなど、凝ったつくりになっていた。

 360と基本レイアウトが同じR2は、開発の背景に急激な市場の変化が影響した。ホンダ(N)やダイハツ(フェローSS)などの競合メーカーが、若者向けのスポーティーな軽自動車を発売し成功を収めていたのだ。が、R2にはスタイルで、他車と一線を画す個性があった。空冷エンジンをリアに搭載するため、フロントには一般的なグリルがなく、丸形ヘッドランプが目立ち強い印象を与えていた。リアから見ると、放熱用のスリットがいくつも切られている点もR2とすぐ知れる特徴である。

 当時、イタリアには同じように2気筒エンジンをリアに搭載し、レースで活躍していたフィアット・アバルトがあった。それとの共通点を見出し、日本のR2を好んだクルマ好きも多く、後にスポーティSSデラックスというモデルも設定された。

 しかし、市場の変化の波は、R2ではカバーしきれないほど大きくなっていく。「リアエンジンの2世代目」を意味するR2を車名にしたこのモデルでは、より豪華な仕様を求める市場の要求に応えきれなくなったのである。途中で、エンジンを水冷化して高効率化をはかったものの、72年にレックスへと引き継いだ。

 現在、ドイツのスマートが小さなエンジンをリアに搭載することで効率よいパッケージを追求しており、R2は、その現代的なコンセプトの先取りでもあったのだと感じる。

http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015041017881.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中国 経済崩壊 最新】AIIB日本参加見送り!渡部陽一が投資銀行の化けの皮を剥ぐ

マスコミは、AIIBに乗り遅れたらフンダララとか言ってましたが、この渡辺陽一さんのご意見はとてもわかりやすいです。

【中国 経済崩壊 最新】AIIB日本参加見送り!渡部陽一が投資銀行の化けの皮を剥ぐ

https://www.youtube.com/watch?v=gMPDrTkzFfo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】 三菱 ランエボ 最終仕様がお披露目…馬力は WRX STI 超えるか!? 【お前はもう死んでいる】

あー、このモデル、まだ作ってたのか・・・ってな気分です('A`)

まあ、この記事にはいろいろと魅力あり気なことが書かれていますが、エボXはすでにスバルで言う所の「ひと昔前のモデル」(3代目インプレッサ GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)ですので、個人的な特別な思い入れも有る訳でも無し、ゴミのように走ってるトヨタ・プリウヌと同じような希薄な存在感であります。どこをどうこねくり回した所で賞味期限切れです。
次の進化が見込めないモデルなんて、買う価値すら見出せませんね。
あ、これはあくまでもあるぢゃ的な価値観で計ってますが。

エンジンのパワーソースだけで、車の存在を語るんなら、米国のマッスルカーでも買えばいいんぢゃねって思ってしまいます。 < こういうことを書くから、熱狂的なファンに絡まれるんだ(爆)

-----転載開始-----
【モータースポーツジャパン15】三菱 ランエボ 最終仕様がお披露目…馬力は WRX STI 超えるか!?

20150412

4月11日・12日に開催された「モータースポーツジャパン15」。三菱は生産終了が発表されている『ランサーエボリューションX』の最終仕様「ファイナルエディション」を初公開した。1000台のみの限定生産で、価格は429万8400円。発売は8月頃の予定。詳細なスペックは明らかにされていないが、エンジンパワーは最終モデルにふさわしいレベルに高められるという。

注目は、エンジン出力。通常モデルは300psだが、過去のランエボで採用されてきた「ナトリウム封入エキゾーストバルブ」の改良版を取り入れ、ライバルのスバル『WRX STI』の308psを超える数値となるもよう。詳細は8月の正式発表で明らかになる。

この他、現在判明しているのは専用装備の数々。最終モデルにふさわしい「大人のランエボ」を目指し開発されたというファイナルエディションは、エクステリアにこだわりの装備を充実させた。特徴的なのが、ブラックアウトされたルーフ。グロスブラック&クロームメッキ化されたフロントグリル、同じくグロスブラック塗装が施されたボンネットのエアアウトレットと合わせ、流れるようなシックなデザインを実現したという。

BBSのホイールも、デザインは同一ながらよりダークなメタリックを採用。さらにセンターキャップ部の「BBS」ロゴは金文字となり、上質感を増した。足回りは、これまでオプションで選択することができたビルシュタインが標準装備となる。また、リアには「ファイナルエディション」を示すエンブレムが施される。

インテリアは、ブラックのレザー内装に赤のステッチを散りばめたほか、天井をブラック化しシックな大人の空間を実現した。また、シリアルナンバーを記したプレートがシフトノブ前方に装着される。さらに、オーナーの「所有する歓び」を高める演出として、イグニッションON時に現れるディスプレイの表示が通常のスリーダイヤから、専用のグラフィックに書き換えられる予定だ。

ランサーエボリューションX ファイナルエディションは現在、全国の販社で予約受付をおこなっている。泣いても笑ってもこの限定1000台がランエボとしての最終モデル。三菱関係者は、「生産終了を惜しむお声を多く頂き、改めてランエボへの皆様の愛情を再確認しました。ランエボは終了となりますが、ランエボで培われた4WD技術、三菱スポーツの遺伝子は、新世代のモデルに必ず受継がれて行きます」とコメントしている。

http://response.jp/article/2015/04/12/248824.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めがね橋デタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! / 放課後のプレアデス

いきなり、群馬の碓氷峠の眼鏡橋デタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

20150409

2011年のようつべ版では、いろいろとアレで見ていられなかったのですが、私のヲタク度が進行したお陰で追いついたようです。庭にR1が居たり、レオーネ(多分)が走ってたりと作品の方も何気に濃ゆくなってますな(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DREAM SOLISTER / TRUE

今期の一番の期待作の「響け!ユーフォニアム」のOP。
(ここ数日、更新がなかったのはアニメの新作のチェックが忙しくて(笑))

いや、一話を観てみて、あまりにいろいろとキラキラなので、このヲサーン眩しくて(≧∇≦)

こう見えて、高校時代は吹部で「Hr 1st」だったのですよ。
ええっと、「一番のホラ吹き」と呼ばれてました(爆)
懐かしいなぁ( ´ ▽ ` )ノ

【TRUE】TVアニメ『響け!ユーフォニアム』OP主題歌「DREAM SOLISTER」MV Short Ver.

https://www.youtube.com/watch?v=xu3p4j_kWsQ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マツダの提灯記事に辟易

確かにマツダとスバルは絶好調。

特にマツダには、ある意味での「覇気」のようなものを感じます。

それでいて、スバルは実に脆弱なモノの上に乗っかってるように感じているのは、私が今や「古参のスバリスト」となってしまったことに由来するものかもしれません・・・・・・・・・・・・・・・が!

正直に書かせていただくと、マツダの現行のデザインランゲージの「鼓動」と、古くからマツダの「切り札」であり「アキレス腱」でもある「ロータリーエンジン」の実力以外は、私はマツダを評価しません。エンスー(基地外と読む)を唸らせるなら、マツダはクリーンディーゼルなんかじゃなくて、今こそ次期ロータリーエンジンだろうと。マツダのレシプロエンジンなんて、私がスバルに目覚めた踏み台になってる程度の認識しかありません(爆)

あっちこっちの自動車系インターネットメディアのマツダの提灯記事には辟易しています(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SUBARU] STI Brand Movie

とてもカッコイイ、ブランドムービーですが、この映像の中で間違いと思えるカットが一箇所だけあります。
さて問題です。それはどこでしょう。

コメント欄にてお答えください(≧∇≦)

[SUBARU] STI Brand Movie

https://www.youtube.com/watch?v=i_t67gYk_Zw

・・・回答は待て次号(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SUBARU] STI Performance Concept: 2015 New York International Auto Show

おお、映像が出てましたね。こうしてみてみると塗装のためにそう見えるのかもしれませんが、フェンダーまわりの面の立ち具合がCoolですね。
絵に描いた餅にならないように、しっかりと市販化できますように。

[SUBARU] STI Performance Concept: 2015 New York International Auto Show

https://www.youtube.com/watch?v=h8o4FZV92I8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX STI にラリークロスカー…2.0ターボは580hp

ううむ、EJ20は500hp以上も捻り出せる性能があるんですね。
まあ、ここまで長い長い道のりが有ったわけですが(≧∇≦)

-----転載開始-----
【ニューヨークモーターショー15】スバル WRX STI にラリークロスカー…2.0ターボは580hp

201504022

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは3月30日、米国で4月1日に開幕するニューヨークモーターショー15において、新型『WRX STI』の「ラリークロスカー」を初公開すると発表した。

同車は、スバル・ラリー・チームUSAが、「レッドブル・グローバル・ラリークロス」および「X Gamesラリークロス」に参戦するために、1年極秘に開発を進めてきたレーシングカー。スバルの技術パートナー、Vermont SportsCarと共同開発した。

「VT15x」と命名されたラリーレーサーのハイライトは、エンジン。2.0リットルの水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力が580hpに強化された。トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式はAWD。0-96km/h加速は、わずか2秒の性能を誇る。

外観は市販車に対して、大幅にワイド化された。2014年マシンの「VT14x」から進化した点は、重量バランス、重心高、サスペンションのジオメトリーの最適化、エアロダイナミクス性能の向上など。

新型WRX STIの最新ラリークロスカーは5月31日、レッドブル・グローバル・ラリークロス開幕戦でデビューする予定。その直後の6月5日には、「X Games」に参戦する。

http://response.jp/article/2015/03/31/248025.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル BRZ、STI パフォーマンスを初公開…2.0ターボ搭載

噂が現実に近づいてきましたね。

個人的にはちょっと書きたいこともあるのですが、ここでそれを書くのは野暮と言うところでしょう。更にアグレッシブになったエクステリアがカコイイです。

-----転載開始-----
【ニューヨークモーターショー15】スバル BRZ、STI パフォーマンスを初公開…2.0ターボ搭載

20150402

スバル(富士重工業)は4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、『STIパフォーマンス コンセプト』を初公開した。

同車は、スバルのFRスポーツカー、『BRZ』をベースに、富士重工業のモータースポーツ統括会社、スバル・テクニカ・インターナショナルが、今後の米国での事業拡大に向けて、その主要事業内容であるパーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツ活動を表現したコンセプトカー。

ベース車両のBRZに対して、STI 製サスペンション、ブレーキ、内外装部品などを含めて、一台のコンセプトカーとして提示することで、STI のパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具現化した。

エンジンは、「Super GT レース」用の EJ20 型2.0リットル水平対向 4 気筒ターボエンジンを採用。なお、最大出力や最大トルクなど、そのスペックは公表されていない。

スバルは、「最大市場である米国において、STI 製パーツの販売を拡大するとともに、コンプリートカーの展開も検討。さらに、米国でのモータースポーツ活動において、グローバルラリークロスチームへの STI からのサポートを強化していく」とコメントしている。

http://response.jp/article/2015/04/02/248185.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »