« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

今日、上司が辞めていきました

言葉を借りると・・・

「辞めようと思ったと言うより、辞めるべきだと思ってた。」

行き先が決まっているからこそ、言える言葉だなとも思いましたが、スッキリと潔いです。

この上司には「本当に辛い時」に、いろいろと助けの手を差し伸べて頂いた、大きなご恩のある方なので、新天地でのご活躍を心からお祈りしております。

さてさて、それに比べて小生はどうでしょう。

後悔はとっくの昔に済ませた筈なんですけど、まだ、もやもやしてますねぇ。ってか、大ヲヤヂになって、何をガタガタ言ってんだってな感じもありますが、ここで終わらせるのでは棺桶に片足を突っ込んだ時点で、後悔が山の様に残ります。

本当に「行くべき道」はどっちなのか、今一度、考えてみる必要がありそうです( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月8日

はいー、いろいろなことが炙り出されてきますよ。デュフフッ。

20150331

ただし、これに呼応する形で、夏頃に「テ◻︎」が有るというとっても怖いワロスワロスも、その筋では流れてますので、皆様も十分にお気をつけください(≧∇≦)

-----転載開始-----
芸能界が結婚ラッシュですね。以下のブログを読むとなぜかわかってきますよー。この在留カードはあの麻生政権があの逆風の中つくってくれった制度。この日をみんな待っていたんですよね-。

2015年7月8日は日本人にとっては何の変哲もない日ですが、在日韓国人にとっては天国と地獄の分岐点です。この日は従前ご案内の通り、法改正による外国人在留カードの切り換え期限なのです。ところが2009年改正法成立、2012年から周知期間3年を経ても今だに約6割強の在日が切り替えをしていません。いったいどうしてでしょう? 

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-08-24
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダS660

「見せてもらおうか、箱屋の作るスポーツカーの実力をやらを!」(CV:池田秀一)

てか、アレだけの車両価格になるんだったら、なんで軽四枠にこだわる必要があったのか? まったくもって理解不能です。

ヲッサン世代の「BEATの成功体験」が足かせになりましたなぁ、26歳の開発主査、君はまだ青いよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

280HPのスバル・ブラット

世の中のその筋では『HONDA S660」の発表で大騒ぎしてますが、こういうときに限って「渋いエントリー」を上げるのがウチのモットーです(爆)

「空トラックは速い」とよく言われますが、このスバル・ブラットは本当に速いです(≧∇≦) ミッションも一緒に載せ替えたのでしょうか・・・レオーネ時代のミッションでは280HPなんて・・・いやいやいろいろと謎の多いスバル・ブラットです。(言葉がまったく解らないので、解った人は教えて!(爆))

Subaru MV Pick Up WRX STI 280HP

https://www.youtube.com/watch?v=ibWGgGAJ9NU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の航空機「富嶽」模型 富士重工OBら製作 太田の「中島知久平邸」で展示

重爆「富岳」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

・・・てか、スバルの工場祭でいつも見てますしおすし。

出かけてみようかな・・・とか思ったのですが、入場無料でもあの方に、きっと間違いなく、寄付金を取られるので(爆)

とっても大きなご恩がある方なので、断れないのです(≧∇≦)

てなワケで、小生は毎年、「富嶽を飛ばそう会」の個人スポンサーでございます(笑)

-----転載開始-----
幻の航空機「富嶽」模型 富士重工OBら製作 太田の「中島知久平邸」で展示

20150327

 第二次大戦中に旧中島飛行機が設計したものの、終戦のため実際には作られなかった幻の航空機「富嶽(ふがく)」の模型が、中島飛行機の創業者が住んでいた太田市押切町の「中島知久平邸」で展示され、話題となっている。
 模型は富士重工業のOBらで作る「富嶽を飛ばそう会」のメンバー十三人が製作した。当時、爆撃機や輸送機、旅客機の三種類設計されたうちの旅客機で、全長二・八メートル、翼の幅四・一二メートルの十二分の一のサイズ。これまでに、航空イベントでフライトする勇姿も披露されている。
 知久平は旧中島飛行機の高度な技術力を戦後に平和利用しようと考えていたと言われ、模型からその先見の明をうかがうことができる。飛ばそう会は「子どもたちにぜひ見てほしい」と来場を呼び掛けている。入場無料。二十九日まで。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150327/CK2015032702000179.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定常領域のスペックでは表せない「動的質感」…スバルが目指す車づくり

この話、意外と知らない人が多いので、レスポンスはとても良い所に目を付けたな・・・と思っています。

この「年改」を含めた、表に出て来ない改修なども行われていますので、「最新のスバルは最高のスバル」であるとも言えるわけで(笑) メーカーの姿勢として、黙ってマイナーチェンジまで待てないのでしょうね(笑)

先日、彩雲改號の足回りを刷新した時に、何年式のモデルの足回りにしようかと迷ってしまったというのは、大真面目な話(爆)

-----転載開始-----
定常領域のスペックでは表せない「動的質感」…スバルが目指す車づくり

20150325

スバルでは、モデルチェンジやマイナーチェンジとは別に年次更新として、車の細部の改良・改善を続けている。そこでスバルが求めているのは「動的質感」の向上だという。

スバル技術本部 車両研究実験第1部の藤貫哲郎部長は、動的質感とは「スムースさや気持ちよさといったスペックで表せない感性領域の性能」であり、さらに「定常領域の技術開発ではなく過渡領域での技術開発」だと話す。どういうことか。藤貫氏によれば、車体剛性、ロール、タイヤの接地面、振動・騒音のような性能(結果の数値)を追い求めるのではなく、その特性に至る過程の性能を考えた技術開発をすることで、乗り心地や気持ちよさを高めることだ。

『インプレッサ』のサスペンションを例にあげると、まず定常領域では次のような技術開発を行う。コイルスプリングの形状、ばね定数等のチューニングで接地荷重変動を低減させ、操舵の応答性はステアリングギア比やクロスメンバーの補強他で実現する。リアのねばりを出すためにリアトレーリングアームのブッシュをチューニングする。

これだけで、ロール角を抑えたり、接地荷重を均一にしたり数値データ上での改善は実現できる。しかし、開発をここで止めるのではなく、そのロール角や荷重に至る間の動きもセンシングやシミュレーションで解析し、チューニングを行う。これが過渡領域での技術開発であり、最終的な動的質感の向上につながる。

ステアリング操作の場合、人間がハンドルを操作して、ギアボックスに回転が伝わり、ナックルアームとサスペンションの動きによってホイールが動き、タイヤが動くという多数の要素が連携している。ハンドル操作からタイヤが動くまで、およそ185msかかるという。スバルでは、エンジニアたちが、これらを測定するテスターや計測システムを開発し、ミリ秒単位のサスペンションの動き、ボディのねじれ(応力)、タイヤ接地面・圧の変化を分析している。

年次更新では、このような研究開発の結果をすこしずつ車両にフィードバックしていく。そして、スバルが目指す車づくりは「価格は200万円から300万円でありながら、安心と愉しさは500万円から600万円の上級クラスの車」(藤貫氏)なのだという。

http://response.jp/article/2015/03/24/247306.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SUBARU] Short Stories "The Life"

こういうムービーには「言葉」は無粋ですね( ´ ▽ ` )ノ

[SUBARU] Short Stories "The Life"

https://www.youtube.com/watch?v=Qi7-DQTP6iY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のF1エンジンISUZU P799WE

ISUZUのエンジンはもの凄い耐久性を持ってるという話は聞いたことが有りますし、事実、古い友人の「ジェミニ・イルムシャー」はとんでもない距離を走ってました。

大昔のモノの本によると、ISUZUの乗用車用のガソリンエンジンは「レッドゾーンにぶち込んだフルスロットル状態で15分間保つこと」という半端ない耐久試験が行われていたとの事ですし。

このISUZUのF1のエンジンが世に出ていたら、乗用車の生産の継続の道もあったかもしれませんね。

幻のF1エンジンISUZU P799WE

https://www.youtube.com/watch?v=XN7Co7Rn2w4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダの新世代AWD、i-ACTIV AWDはどんな機構?

「i-ACTIV AWD」の提灯記事キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

えーと、いろいろと長々と書いていますが、掻い摘んで簡単に書いてしまうと「こねくり回した制御を乗せた生活四駆」ですね(爆) 私の個人の定義からいうと、瞬間でもFFになるような機構が組まれているならオンデマンド4WD、つまり「AWD(フルタイム4WD)」では有りません。事細かに突っ込みをいれてやろかと思ったのですが、有象無象の生活四駆の一つということが解っただけで、面倒臭くなってしまいましたヽ(´ー`)ノ

そもそも、せっかく後輪で駆動するシステムを組んでいるのに、それを使わない瞬間が存在するって事の意味がわかりません。そりゃそれだけ重量増になりますから燃費も悪くなるでしょう。普段は使わない機構を乗せてるんですから(笑) 後輪を積極的に回すことを考えているのではなく、積極的に理由を付けて回さない制御を組んでいるんですね。屁理屈は面白かったですが、それって本当に役に立つの? ・・・って思ってしまうのです。なんでもそうですが、メカニズムというのはシンプルな方が信頼性は高く、いろいろと面倒臭い条件を付けていくほど、穴が増えていきます。この「i-ACTIV AWD」には確かにマツダのエンジニアの多くの知恵が詰まっているのでしょうが、どんなに頑張った所でAWD(フルタイム4WD)には敵いませんと断言しておきましょう。燃費が悪い? そんなモノ、エンジンを回さなければいくらでも稼げますよ。ロールアウトしてから11年が経過している3000cc BOXER6搭載の愛機「彩雲改號」の高速巡航の単位時間あたりの最高燃費は16.8km/lですし(笑)

いろいろ面倒臭い制御なんて組込まないで、「素直にAWDモデルを作ればいいじゃん」と思うんですけど。多分、様々な技術的な問題が「ファミリア4WD」の時代から解決されていないのでしょう。
かのファミリア4WDはラリーなどでは、センターデフロック状態で走っていたとの事ですし、グラベル以外でのデフロック状態では全く使い物にならなかったと「その筋のエロい人」から伝え聞いております(笑)

「4WD=雪国」という図式で物事を考えているレベルですから、来年の今頃になったら本当の実力が聴こえてくることでありましょう(≧∇≦)

-----転載開始-----
マツダの新世代AWD、i-ACTIV AWDはどんな機構?

201503212

その名も“アイ アクティブ エーダブリュディー”

CX-5にアテンザ、アクセラ、デミオ、そして最新のCX-3。スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインが採用された新世代商品群が軒並みヒットを飛ばし快進撃が続いているマツダだが、じつはもう一つの注目ポイントは、これらすべてに用意されているAWDも渾身の力を込めて新開発されたシステムだということ。これまで声高にそれを主張することはなかったが、新世代商品が一通り出揃ったタイミングで、それを周知徹底させるべく雪道でのAWD試乗会が開催された。

マツダのAWDは基本的にはFFで走りつつ必要なときに後輪も駆動するオンデマンド式で、本格的なフルタイム4WDに対して「生活4WD」などと呼ばれて下に見られることもあるタイプだが、試乗してみると驚くほどの性能を発揮する。

駆動力配分にビスカスカップリングを利用した場合には前輪が滑ってから初めて後輪が駆動を開始するパッシブ(受動的)だが、マツダのAWDは電子制御多板クラッチを採用しているのでアクティブ(能動的)な駆動配分が可能。しかも、様々なセンサーの情報から車両や路面の状況、ドライバーの要求を読み取り、先回りして駆動力配分することによって、既存のアクティブオンデマンド4WDよりも高度な制御を実現する。

その名は『i-ACTIV AWD』。知能的にアクティブな制御をするという意味合いだ。
(抜粋)
http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20150319-20102390-carview/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなモノを・・・(´・ω・`)

用事があって隣町に。
いや、だから冷かしに見に行っただけなんですってば。

お店を出た時には、財布がなぜか軽くなってました(爆)

カバンの中には「Nikon ASC-01」

20150321

おーい、アクセサリーシューカバーに2000円も出す道楽者がココにいるぞー(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かをたん〜。・゚・(ノД`)・゚・。

かをたん〜。・゚・(ノД`)・゚・。
20150320

最近、涙もろくていけねーや、こんちくしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君色シグナル / 春奈るな

アニメ「冴えない彼女の育てかた」のOP。

普通はこういう「ハーレム系(爆)」のアニメは避けて通るのですが、主人公の安芸倫也君のCVが、SAOのキリト君役の松岡禎丞君なので、なんとなく初めて見たアニメじゃない感じがして、見続けてたらそのままドップリと(爆) 二期目の「アルドノア・ゼロ」に次ぐ今季の当たり作です。

春奈るなの歌は、デビュー曲の梶浦さんの曲では完全に曲に負けてましたが、最近になってとても上手くなりましたね。すっかりファンになってしまいました(笑)

「詩羽先輩━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」 < 実は加藤さんも好きらし(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニコン アクセサリーシューカバー ASC-01

こんなモノに2400円も払えヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'・・・いや、うっかりポチってしまいそうです(爆)

アクセサリーシューカバー ASC-01

アクセサリーシューカバー ASC-01
価格:2,376円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術を見た[動画]

個人的には「固いものには固い表現」が良いと思うのと、シンプルな情報なのに「余分な情報」を載せるのはデザイン的な思考でいうと「ダメ」な部類なのですが、こういう技術は面白いですね。

DQNにはウケそうですが(爆)

-----転載開始-----
炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術を見た[動画]

先進技術による革新をめざす独アウディは、LEDをはじめとする照明技術にも力を入れる。独インゴルシュタットにある本社工場敷地内の研究棟には、長さ120mにもおよぶ照明研究用施設を備える。そこで公開されたアウディ未来の照明技術のひとつが、「ボディパネルの照明化」だ。

アウディの照明技術といえば、2014年のルマンカーに採用されたレーザーライトや、新型『A8』のマトリクスLEDなどが記憶に新しい。アウディは、「照明技術の進化は、安全だけでなく新しいモビリティのデザインにも貢献する」として開発に注力する。

今回、「イノベーション・フォーラム2015」として各国のメディアを対象に研究施設の一部を公開。普段であれば撮影はおろか、カメラの持ち込みすら許されない禁断のエリアだが、唯一撮影を許可されたのがこの照明施設。それだけ力を入れていることの現れだと言えるだろう。

その中でも、まだあまり世に知られていないのが「ボディパネルの照明化」技術だ。デモンストレーションでは、アウディ『A1』のリアビューをアレンジした模型にディスプレイ状のLEDが取り付けられ、炎のような模様がアニメーションとして映し出されていた。この炎はブレーキランプ、そして黄色い光はターンシグナルだ。渦巻く赤い炎の中から、車両の外側に向かって走るターンシグナルの動きは、マトリクスLEDのターンシグナルの進化形ともいえるだろう。

こうしたグラフィックは単純に見た目のインパクトだけでなく、外部の歩行者や他車とのコミュニケーションツールとしても機能していくという。


http://response.jp/article/2015/03/16/246739.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポ

日本は数多くの自動車メーカーがある国なのは、私がここで言及するまでも無いですが、こういう工業製品を「自國の文化」として認めてくれる制度、というか「環境」はいつになっても育ちませんね。それどころか古い車は燃費が悪いとか、ポンコツ扱いして税金が上がるというのでは、こんな環境は育つことは無いでしょう。我が家の彩雲改號は、ロールアウトして11年が経過していますが、高速巡航での瞬間燃費で、未だに17km/l弱を叩き出すので、プリ○スなんて必要ありません。

「すべての911を見捨てない」と豪語するポルシェ、走行距離10万キロ毎に盾を送ってくれるメルセデス、こうしたメーカーが有るドイツ車のオーナーは恵まれています。刹那的に車を消費していく國民性もあるでしょうが、歴代のモデルを大切に育てていく姿勢を持ったメーカーが「無い」事も原因のような気がします。

先日も知り合いのある方が、アルシオーネSVXを手放しました。原因はミッションが死んだらしく、これ以上は維持できないと判断されたそうです。

彩雲改號もいつまでディーラーが面倒を見てくれるか・・・。足回りを交換するときに半ば引導を渡されていますので、そろそろソレ系の整備工場行きかなとか思っています。

-----転載開始-----
ドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポ

このコーナーではたびたび取り上げていますが、ドイツからHナンバーのクルマたちの写真が来ました。ドイツは古いクルマを大切に乗る文化が根付いています。ドイツの「Hナンバー」という制度は、製造から30年以上経った車両で、かつ大幅な改造がなされていない車両に特別なHナンバーをつけるというものです。H=ヒストリーナンバー/H=Historischの意味で、このナンバーが付与されるとなんと、自動車税や自動車保険が優遇されるのです。モノを大切に扱っている、歴史的な工業製品価値を維持している、また古いクルマはそんなに走らない、という考え方のようです。

20150216

ワインレッドのポルシェ911は、930型のカブリオレ。子供の頃に現役時代だったものでヒストリックカーという感じがしませんが、もうそういうクルマなのですね。今の基準からすると軽量で、現在もファンが多く取引価格が高くなっているようですね。もし欲しいのであれば、いいものに出会えたなら、なるべく早めに入手しておくことが肝要かもしれません。いい個体が減っているのも事実だからです。

(抜粋)
http://current-life.com/germany/h-number-important/
-----転載終了-----

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ありのまま、今起こったことを話すぜ・・・

急行から各停への乗り換え駅で、更に急行に乗り換えてしまってワロタw
急行の次の停車駅で、逆方向の急行に乗りそうになってクソワロタwww

20150312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短ぇ夢だったなぁ(爆)

きょうオフィスの友達から、「明日でおしまい」という話を聞きました。

個人的にもっとゆっくり話したいと思ってた人なので、急な展開に残念な気持ちでいます(´・ω・`)ショボーン

明日の朝、プライベートなメルアドでも送っておきますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール・アレン氏「戦艦武蔵は日本に寄贈したいと思っている。フィリピン政府から買い取ってでも寄付する」スケールでか過ぎ!

この場合、どうしたら良いのかなぁ。

個人的には英霊の方々が日本に歸國できるなら、是非そうしてあげたい・・・。
「武蔵」が鐵の墓標ということならそれはそれで正しい選択とも思えます。

-----転載開始-----
ポール・アレン氏「戦艦武蔵は日本に寄贈したいと思っている。フィリピン政府から買い取ってでも寄付する」スケールでか過ぎ!

週刊SPA!で連載するぐっちー氏がマイクロソフトの共同創業者で資産2兆円とも言われるポール・アレン氏(本当はアランらしい)に武蔵の発見を祝うメールをしたところ、驚きの返信があったという
「『おめでとう』メールを送ったら、アランから『日本に寄贈したいと思っているんだけど、フィリピン政府が介入してきて困っている』という返信がありました。どうやら、自腹で引き上げて、無償で日本政府に寄付するつもりだったみたいですよ?(笑)。どれだけ太っ腹なんだ!って話ですけど、彼にとっては数百億円の引き上げコストなんて屁でもないのでしょう。『フィリピン政府から買い取ってでも寄付する』とメールをくれました。本当にスケールの大きすぎる男です!」

全文はこちら http://nikkan-spa.jp/813995

http://hamusoku.com/archives/8744847.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時雨改二

これを私に一体どうせよと? (爆)

あー('A`) 放浪提督なので、時雨さんは改二なんて、まだしばらく先ですしおすし。

「艦娘」のフィギュアの中では、今までのモノの中で最高の仕上がりだと思います(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Nostalgic 2days 15】選ばれし10台 その2…スバル レオーネクーペ[写真蔵]

こんなイベントががが(  Д ) ゚ ゚
しかも、毎年恒例とな?!

あー!! この「レオーネクーペRX-II」は、昨年の工場祭に颯爽と現れた「極上車」ではないかと(≧∇≦)

「富士重工」のステッカーの位置などから見ると多分間違いないですね。

やるなぁo(^▽^)o

-----転載開始-----
【Nostalgic 2days 15】選ばれし10台 その2…スバル レオーネクーペ / プリンス ライトマイラー など[写真蔵]

20150309

芸文社は、2月28日と3月1日の両日、毎年恒例となった旧車イベント「Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)」を、横浜市みなとみらい地区のパシフィコ横浜で開催した。

同イベントは、芸文社が刊行する隔月刊旧車専門誌『Nostalgic Hero』、1980-90年代車情報季刊誌『ハチマルヒーロー』、旧車モディファイ誌『Nostalgic SPEED』がプロデュースするもので、会場では一般公募されたオーナー車両”選ばれし10台”も展示された。

・1986年式 スバル『レオーネクーペRX-II』
・1985年式 日産『フェアレディZ200ZR-II』
・1997年式 日産『フェアレディZバージョンS』
・1975年式 日産『ブルーバード U1600 SSS-E』
・1968年式 プリンス『ライトマイラー』

http://response.jp/article/2015/03/06/245984.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金の切れ目が縁の切れ目

2月15日のトピックで「さてと、どうしたものか・・・」と悩んでいた事ですが、結局、募集期日の前日に講師の方から「断りのメール」が届きました。

どうやら理由は・・・

「即決できなかったから」

・・・と言うことだったようです。

確かに今、取り組んでいることに関して言えば、最終的には「鋼の様な強い決断力」が必要になってくるのですが、いやいや、そこは講師の感覚から言えば「端金」ではあるでしょう。でも、こちらは講義を受けるに当たって、それなりの金策が必要という事もあり、小遣い生活者としては、ここに悩んで決断が難しかったってのが正直なところです。

それで、先日、完全な絶縁状を貰い、ああ、「金の切れ目が縁の切れ目」と言うことなんだなぁと、久しぶりにそんな気分になりましたですよ('A`) 

株式投資の格言で「見切り千両、損切り万両」というのを、古い友人から聞いたことがありますが、結果的には「見切り千両」になったのだと理解しました。人は金が絡むと、どこまでも汚くなれるってことですね。

最初に教えて頂いた事に関しては、授業料以上にしっかりと学ばさせていただきましたが、それがしっかりと身に身に付いてもこんな暗黒面(ダークサイド)に落ちたら終わりだなと、この「師の人間性」に関しては、個人的にかなり買いかぶり過ぎていたなという感じです。

一枚だけ、今の心情に合う画像を貼らせてくださいな。さてと、どれにするかなぁ・・・

20150308

・・・っと、「紳士的を信条(爆)」とする小生としたことが、一番ひでーの選んじまったぜ(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝落ちした夜は・・・

昨日の夜は、某所で撮ってきた写真を現像していたら、とある方から、近年稀に見る酷い内容のメールが来て(  Д ) ゚ ゚

「この野郎、喧嘩売ってんのか?」とも思ったのですが、こっちがキレたまま返信すると縁そのものが切れてしまうので放置、そしてそのまま寝落ち(´・ω・`)ショボーン

そんな状態で見た夢はちょっといい感じの夢と最悪の夢の二本立て。最初の夢はちょっとここでは書けない(≧∇≦) 2本目の夢は母の介護で、法令が変わってしまい、辛い思いをしている母を見て関係各所の調整に翻弄されてました。登場人物を思い出すと最後には永田町に居たらしいです(爆)

そんなこんなで起き出して、昨日の酷いメールに対しての返信を「大人の対応」で送信。まあ、この人はこの位の距離感を持っておいたほうがいいように思えました。

いろいろと腑に落ちたところもあるので良しとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、Aperture

Appleさんから、「Aperture糸冬 了..._〆(゚▽゚*)のお知らせ」が届きましたよ。

最初にRAWを現像する時に、Apertureが直感的で良いという評判だったこと、Apple信者の特権であることという理由で選んでみましたが、結局、Adobe Lightroomの方が機能的に優れているという理由から、乗り換えてしまいました。まだ全てのフォルダから写真をサルベージしたわけではないですが、このお知らせを切っ掛けに、後で移行作業をすることにしました。

春からの新しいアプリケーションを利用ってことも無いでしょう。ちょっとくらい使ってもいいかとも思いますが、iPhoto程度の機能では役に立ちませんから。

-----転載開始-----
Apertureユーザーのみなさまへ

Appleは昨年6月、iOS 8とOS X Yosemiteのための新しい写真アプリケーションを
iCloudフォトライブラリとともに発表しました。これにより、あなたのすべての写真は
iCloud内に安全に保存され、どこからでもアクセスできるようになります。

この春、OS Xのための写真アプリケーションがリリースされると、ApertureをMac App Storeから
購入することはできなくなります。OS X Yosemiteでは引き続きApertureをご利用いただけますが、
このアプリケーションを追加で購入することはできません。

写真、調整、アルバム、キーワードを含むあなたのApertureライブラリは、
OS Xのための写真アプリケーションに移行させることができます。
移行後もあなたのApertureライブラリはそのまま保持されますが、
Apertureと写真アプリケーションは統合されたライブラリを共有しないため、
移行後に加えた変更が2つのアプリケーション間で自動的に反映されることはありません。

OS Xのための写真アプリケーションの詳細はこちらをご覧ください。
OS Xのための写真アプリケーションを含むOS X 10.10.3 Public Beta版のトライアルに
関心をお持ちの方はこちらをクリックしてください。

Apertureをご利用いただき、ありがとうございました。
今後は、OS Xのための新しい写真アプリケーションをぜひご活用ください。

Apple
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希望〜Songs for Tomorrow / 海上自衛隊東京音楽隊;三宅由佳莉

三宅殿キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! < 最近、書き出しがこればっかだな(爆)

本日、iTMSに来てたので光の速度でポチりました。本日、ヘビロテしております( ̄^ ̄)ゞ
特に「木綿のハンカチーフ」ががが(//▽//) < 萌え倒されているらし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX STI、ニュル24時間参戦車がシェイクダウン…「左ハンドル」で王座奪還へ

シェイクダウンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

今年もNBR Challengeは追いかけていこうかとは思ってるんですが、少し心配なことが有るので、記しておきます。

なにが心配かと申しますと、ライバルの進化にWRX STI 2015がきちんと付いていけてるのかということ。数ミリを寄せられる車に仕上げる為に「左ハンドル」と、パドルシフトを導入したことは良い方向と思ってますが、決定的な何かが抜け落ちていないか?という不安がどこかにあるんです。昨年のいろいろな出来事がそんな気持ちを掻き立ててしまいます。

まあ、そんな不安も吹っ飛ばしてくれるような活躍を期待したいですね。

NEW STI NBR CHALLENGE 2015 (SUARU WRX STI 2015) :interview with Hideharu TATSUMI

https://www.youtube.com/watch?v=nMeRnpQGd2o

-----転載開始-----
スバル WRX STI、ニュル24時間参戦車がシェイクダウン…「左ハンドル」で王座奪還へ

20150304

4日、スバル/STIは2015年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦する「SUBARU WRX STI」のシェイクダウンテストを富士スピードウェイにて実施。2か月半後のレース本番に向けて、本格的なスタートを切っている。

今年も1月の東京オートサロンで参戦が正式発表された、スバルとSTI(スバルテクニカインターナショナル)によるニュル24時間レース参戦。今年のニュル24時間は昨年より約1か月早い5月14~17日の開催となるが、この挑戦は08年から8年連続というかたちになる。世界屈指の難コース“ニュル”(フルコース)でクラス別の市販車世界最高峰の座を一昼夜かけて競うという厳しい戦いの場に身を置くことで、スバルの市販車開発にも通ずる技術力を磨き、その高さを証明することが挑戦の第一義である。

もちろん、勝利の喜びを全世界のスバルファンと共有することも重要な目的だ。すでに陣営は11年に初のクラス優勝を成し遂げ、翌12年は連覇達成と頂点を極めている。続く13年も3連覇こそならなかったものの2位と、地元ドイツ車勢を中心とする強豪がひしめくなか、アウェーで毎年1台体制という状況を克服し、トップコンテンダーとしての地位を築いてきた。

しかしながら、昨年は4位。様々な運の要素等の影響もあったとはいえ、STIの辰己英治総監督は敗戦をこう振り返る。「大いに反省をしました。(11~12年に)連覇したことによる“ゆるみ”が、今にして思えばあったんだと思います」。目に見える油断などがあったわけではなく、全ドライバー、全スタッフが昨年も全力を尽くして戦った、それは間違いない。しかし「なにがなんでも、というか、勝たなきゃ日本に帰れない、と思うくらいの覚悟があったか、ということです」。辰己総監督の言う“ゆるみ”とは、そういう高い次元での話である。

そして「スバルとSTIの総力で(昨夏から)気合いを入れて作り直しました」という今年のニュル24時間レース参戦車には、実に明快な変更点がある。それは左ハンドル化だ。

昨年の敗戦理由には「接触もありましたし、(追い越し禁止の状況を知らせる)フラッグの見落としでペナルティを科せられたこともありました。でも、それはドライバーに全責任があるわけではなく、クルマの側に(いろんな意味で)余裕がなかったからでもあるんです」と述懐する辰己総監督は、さらにこう続ける。「左ハンドル車が大多数のレースですから、コース脇のポストからも左ハンドル車を前提にしてフラッグが振られる面があると思います。右ハンドルでは見にくい。それに右回りのコースですから(右コーナーが多いので)、左ハンドルの方が前方の状況を把握しやすいことも多いだろうと」。これが左ハンドル化の理由である。

「(日本では)どうしても右の方が作りやすい面があるんです」。そこから踏み出して左ハンドル化したところが、もはや一切のゆるみなく、なにがなんでもの覚悟で王座奪還を目指す姿勢を象徴している。さらにはパドルシフトを導入し、ドライバーがステアリングから手を離さずにギヤシフトできるようにすることで、混戦状況での接触回避の幅を広げてもいる。それを含め、「今年は『わずか数ミリのところを避けられるクルマをつくろう』ということで開発を進めてきました」(辰己総監督)。

今季のドライバー布陣は、昨年から継続の佐々木孝太、マルセル・ラッセー(ドイツ)、カルロ・ヴァンダム(オランダ)に、ニュルでのレース経験豊富なティム・シュリック(ドイツ)が加わることとなった。ブラインドコーナー相次ぐニュルを多くのマシンが走る24時間レースにおいては、特に夜間など、コース熟知度がものを言う局面も多い。誰よりもニュルをよく知るドライバーと言って過言ではないシュリックを迎えることで、より厚みを増したカルテットでSTIは戦いに臨む。

この日シェイクダウンされた今季用マシンは、テストコースでの走行こそ経ているが、サーキット走行と佐々木の搭乗は初めて。11~12時の最初の走行セッションは雨上がりの路面で約20周、調整のためのピットインを繰り返しながら、ほぼ順調にこなした様子だった。佐々木も「(開発の狙い通りに)昨年よりもフロントのダウンフォースがあることが感じられました。旋回性が向上していて、コーナー進入の飛び込みはかなりいい」など、もちろんさらなる調整の必要も感じつつ、まずは良好な第一印象を抱いたようである。

スバルファンにとっての年中行事ともなってきているニュル24時間レース。SP3Tクラス(排気量2000cc以下のターボ車)で3年ぶりの優勝を目指すSUBARU WRX STIの戦いには今年も熱い視線が注がれることだろう。

http://response.jp/article/2015/03/04/245730.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カートピア3月号からスバリスト・チェックリスト

ヤバい、まだ3月号を貰ってきてない((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

以下、ウチのクラブの唯一の女性メンバーの書き起こしを転載(爆)

-----転載開始-----
周囲にこんな人がいたらスバリストかもしれません (カートピア2015年3月号)

★運転はストレスではなくリラックスだ。
★六連星のエンブレムにちなんで、星を見るのが好き
★B787に乗るときには、富士重工が担当した中央翼の上に席をとる。
★ラリー大好き
★なんでも低重心が好き(例:長身で腰高な力士より小兵でも重心の低い力士を応援)
★富士重工製の鉄道やバスに乗ると嬉しい
★SUBARUの魅力を熱く語りすぎて、フラレたことがある。
★六連星のエンブレムに誇りを感じる
★海外旅行でSUBARU車を見かけると嬉しくなる。(写真を撮ってしまう。さらにはカートピアに投稿してしまう)
★駐車場で他のSUBARU車を見つけると近づいて駐めたくなる。
★SUBARUに乗って出かけて愉しむ趣味を2つ以上持っている。
★クルマのある人生をめいっぱい愉しんでいる。
★愛車を買い替えたとき、ホントは前の愛車を手放したくない
★SUBARUの走りに人間の知恵を感じる
★家族や親戚もSUBARU好き。
★雪が降ろうが槍が降ろうが、いつでも、どこへでもSUBARUで走って行けると思っている
★SUBARUの新車が出ると必ず試乗に出かける
★知り合いにSUBARU車を買ってもらうとうれしい
★愛車の整備・走行データを記録している
★SUBARUに乗っている人をみかけると話しかけたくなる
★愛車と撮った記念写真が多い
★1万km、5万km、ぞろ目などの節目のとき、走行距離を狙ってメーターを記念撮影したくなる。
★豪雨の日や雪の日に、SUBARUにたすけられたことがある。
★お客様感謝ディを楽しみにしている
★SUBARUサブレーを食べたことがある。
★SUBARUについて語ると笑顔になる。
★泥や雪の道を激走するSUBARU車のテレビCMをみると和む。
★昔はランサーエボリューションにライバル心を感じてやまなかったが、今は「戦友」として親しみを覚える
★携帯のメールアドレスに「555」「sti」「wrc」「boxer」の文字がある。
★タイヤの状態、空気圧はマメにチェックする。

-----転載終了-----

重要な・・・

「★年に1度は太田参り」
「★伊勢屋の最中はソウルフードだ」

・・・が抜けているではないか!

不可である。やり直し!!

20150303

うーむ、カートピアの編集さんも少し手加減したのかな? (爆)

さあ、いくつ丸が付いたかな、諸兄?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

戦艦「武蔵」発見キタ━━━━ヽ(´▽`)/━━━━!!!!

ミリオタの小生としては、今日一番のヌースww

奇しくも「ローソン」の「艦これキャンペーン」の初日に、こんな「弩級」のヌースなんて(≧∇≦)

放浪提督やっててヨカタ。・゚・(ノД`)・゚・。 < 今日の記事は突っ込みどころが満艦飾だ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今や希少となったCDショップが新品CDの店頭陳列販売から手を引く理由

言われてみれば、CDショップには完全に足を運ばなくなりました。

その理由は、私の音楽の趣味が「店頭の品物」と全く合わないこと。つまり、お店に行っても置いてないんです。
結果的には密林か楽天か・・・いや、iTMSが一番多いですかね。

こんな事情があったら、私の好みのCDなんて、在庫するはずはないです。

今や希少となったCDショップが新品CDの店頭陳列販売から手を引く理由
http://togetter.com/li/788172

まあ、右肩下がりの「音楽業界」のいろいろなツケが、回ってきたということでしょうね。これは完全にこの業界の自爆で、オマケに既に詰んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ポセイドンの涙」

いくか!
20150302

映画「ポセイドンの涙」 予告編

https://www.youtube.com/watch?v=4T1e8f6hnzU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【悲報】 ウィリアム王子、逃げ出したライオンに頭を丸かじりされる

ウイリアム王子殿下ぁぁぁ〜!!

20150301


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »