« ありのまま、今起こったことを話すぜ・・・ | トップページ | 炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術を見た[動画] »

ドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポ

日本は数多くの自動車メーカーがある国なのは、私がここで言及するまでも無いですが、こういう工業製品を「自國の文化」として認めてくれる制度、というか「環境」はいつになっても育ちませんね。それどころか古い車は燃費が悪いとか、ポンコツ扱いして税金が上がるというのでは、こんな環境は育つことは無いでしょう。我が家の彩雲改號は、ロールアウトして11年が経過していますが、高速巡航での瞬間燃費で、未だに17km/l弱を叩き出すので、プリ○スなんて必要ありません。

「すべての911を見捨てない」と豪語するポルシェ、走行距離10万キロ毎に盾を送ってくれるメルセデス、こうしたメーカーが有るドイツ車のオーナーは恵まれています。刹那的に車を消費していく國民性もあるでしょうが、歴代のモデルを大切に育てていく姿勢を持ったメーカーが「無い」事も原因のような気がします。

先日も知り合いのある方が、アルシオーネSVXを手放しました。原因はミッションが死んだらしく、これ以上は維持できないと判断されたそうです。

彩雲改號もいつまでディーラーが面倒を見てくれるか・・・。足回りを交換するときに半ば引導を渡されていますので、そろそろソレ系の整備工場行きかなとか思っています。

-----転載開始-----
ドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポ

このコーナーではたびたび取り上げていますが、ドイツからHナンバーのクルマたちの写真が来ました。ドイツは古いクルマを大切に乗る文化が根付いています。ドイツの「Hナンバー」という制度は、製造から30年以上経った車両で、かつ大幅な改造がなされていない車両に特別なHナンバーをつけるというものです。H=ヒストリーナンバー/H=Historischの意味で、このナンバーが付与されるとなんと、自動車税や自動車保険が優遇されるのです。モノを大切に扱っている、歴史的な工業製品価値を維持している、また古いクルマはそんなに走らない、という考え方のようです。

20150216

ワインレッドのポルシェ911は、930型のカブリオレ。子供の頃に現役時代だったものでヒストリックカーという感じがしませんが、もうそういうクルマなのですね。今の基準からすると軽量で、現在もファンが多く取引価格が高くなっているようですね。もし欲しいのであれば、いいものに出会えたなら、なるべく早めに入手しておくことが肝要かもしれません。いい個体が減っているのも事実だからです。

(抜粋)
http://current-life.com/germany/h-number-important/
-----転載終了-----

|

« ありのまま、今起こったことを話すぜ・・・ | トップページ | 炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術を見た[動画] »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ、ドイツ。
次はベンツかなぁ...\(^o^)/

どちらも人伝に聞いたことはありましたが、しっかりソースまで引っ張ってくるのは流石あるぢゃさんです。

> 古いクルマはそんなに走らない
正にそこですよ!

でも、30年ってけっこう大変ですね。
うちのBFでもやっと21年。あと9年と考えると軽の新車が買えるくらいは維持費かけないと辿り着けそうにありません。
で、そこがスタートラインですからね。(^^;)

それを維持するんだから、旧車オーナーの方はスゴイと思います。
罰則税率で追い打ち掛ける制度は、さっさと止めてほしものです。

投稿: ぶらっと | 2015/03/17 08:51

 SVXを手離されたオーナーのお気持ち、痛いほどわかります。ただでさえ、大排気量で高い自動車税が13年超えで1割増し、その他に日本製痛車もといイタ車と言われるSVXですからミッションの他にもいろいろと高く付くところが壊れます。
 でも、それ以上の魅力(デザイン、高速巡航性etc)があるので意地費(維持費)が掛かっても乗り続けるオーナーがいるのも事実です。
 私が世話になっているソレ系の整備工場、いつでもご紹介しますよ。(笑

投稿: 夢の助 | 2015/03/17 13:12

ぶらっとさん
ポルシェの方は、日本語のサイトでは見つかりませんでした(笑)
30年からスタートですから、自動車メーカーだけじゃなくて、サプライヤーとか、いろいろな環境が整っているからこそできる「制度」ってことなんだろうなと思います。
「若者はクーペ、子供ができたら箱車、いつかはクラウン、死に際はローエンドの軽自動車」なんて誰が決めたんだスカポンタンってな感じです。

夢さん
その方のSVXは、今回、二度目のミッショントラブルだそうで。
かの「埼玉の某所」に陸送して直すには意地費が掛かりすぎるという事で、泣く泣く手放してWRX S4に乗り換えたそうです。この方はスバルFF-1も所有されているので大丈夫でしょう(笑)
ソレ系の整備工場、ディーラーに匙を投げられたら、ご紹介をお願いします(≧∇≦)

投稿: Algernon | 2015/03/17 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/61291770

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポ:

« ありのまま、今起こったことを話すぜ・・・ | トップページ | 炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術を見た[動画] »