« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

9連休が来るぞー

オフィスでは勤続の節目で5日間の連続した休日が貰えることになってます。期限は今年の6月20日まで。

最初は京都に桜を見にいこうかと思っていましたが、宿代と旅費だけで費用が嵩み、財務大臣から「不許可」が出ました。・゚・(ノД`)・゚・。・・・少しは褒めてくれよ。

仕方がないので、5月中旬に上高地に出かけようと一泊だけ宿を取りました。ところが問題が一つ。上高地は年間を通して自動車の乗り入れが規制されており、駐車場に彩雲改號を置いていかねばならず、持っていきたい撮影機材諸々が今愛用しているカメラバッグに収まらないということが発覚。

五月までに一回り大きなものを用意しないと、着替えすら持ち込めないと。

さてさてどうしたもんか(´・ω・`)

【追記】
古い友人が、山歩き用の少し大きめのバックパックを用意すると良いよと提案してくれました。一番近いモンベルにでも出かけて、モノを見てこようと思います。これなら、新しい三脚用の資金も残せるかもしれません(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ、章男社長のワンマン体制確立で役員ヒラメ状態?絶好調スバルのトヨタ化懸念

この「自動車ジャーナリスト」とやらは、スバルの実情とトヨタとの関係、そして吉永社長がメディアで発言されているお考えを一切読まれていないようですね。正直、アレ過ぎて( ゚д゚)ポカーンとしてしまいまいしたです。

それぢゃ、私も「自動車ジャーナリスト」とやらを名乗っちゃおうかしら。

もちろん、富士重工とスバルの太鼓持ち(≧∇≦)

-----転載開始-----
トヨタ、章男社長のワンマン体制確立で役員ヒラメ状態?絶好調スバルのトヨタ化懸念

●富士重工業

 ブランド「スバル」を展開する富士重工業は、引き続き今年も注目株だ。米国販売が絶好調で、昨年末には米誌「ワーズオートワールド」主催の「10ベストエンジン2015」で日本車として唯一受賞。北米で「最も安全な車」との評価が定着した。センサーで車庫入れや縦列駐車をサポートする機能が女性ユーザーに支持されており、ディーラーが「車が足りない」と不満を漏らすほどの売れ行きだ。大手ディーラーがスバルを扱うようになり、もともと良い車に販売力がついた効果は大きい。
 富士重の15年の世界販売台数は94万台と3%の伸びを見込み、4年連続で過去最高となる。20年までの中期計画で世界販売台数110万台以上という目標を掲げる。スバルは長く販売不振で苦労した。「100万台+α」で、オリジナルな車づくりから、もっと売れる車を追求するようになると、「スバルらしさが失われ、スバルのトヨタ化が起こる」(自動車ジャーナリスト)懸念がある。

http://biz-journal.jp/2015/01/post_8760.html
(抜粋)
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【首相官邸前でデモ】「I AM KENJI」→「安倍を倒せ」・・・ん?【ISIS人質】

なんだよ、お前ら、どっち向いてデモやってやがるんだ。この「I am KENJI」って、訳がわからないよ。

つうか、我が日本國に対して、テロリスト側に立てって言ってるのも同意なんだが。

それと「安部を倒せ?」、脳みそ沸いてんのか、この腐れヘイワ団体とやら。
平和ボケで済まされる話じゃねーぞ。

-----転載開始-----
【首相官邸前でデモ】「I AM KENJI」→「安倍を倒せ」・・・ん?【ISIS人質】

「後藤健二さんを救え!」首相官邸前でデモ
1月25日、過激派集団「イスラム国」に誘拐されている後藤健二さんの解放を求めて、首相官邸前でデモが行われた。「I am Kenji」「FREE GOTOH」といったプラカードを持ってシュプレヒコールをあげる姿が見られた。

http://www.gekiyaku.com/archives/43074405.html
-----転載終了-----

しねばいいのに

https://www.youtube.com/watch?v=QpgABOmLGEk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[初音ミク][さとうささら][IA][ISISちゃん] Give Me Merorin by ISIL48

官邸前で、朝鮮式土人ダンスをしている「ヘイワ団体」なんぞの言ってる事より、よほど説得力があります(≧∇≦)

[初音ミク][さとうささら][IA][ISISちゃん] Give Me Merorin by ISIL48

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25456647

生きてる間に「リアル・ミンメイ・アタック」が見られるとは思わなんだ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の浮世に咲いてみな / ももいろクローバーZ vs KISS

想像していた以上にカコよくできてるので驚きました。
PVのすしおさんのキャラクターが可愛いです(≧∇≦)

夢の浮世に咲いてみな/ももいろクローバーZ vs KISS(YUMENO UKIYONI SAITEMINA/MOMOIRO CLOVER Z vs KISS)

https://www.youtube.com/watch?v=ivJZljEostE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯川さんは、Asahi 中東マガジン、有田芳生参議院議員、アムネスティ日本に頃された

こんな情報が流れてきました。

まあ、湯川さんも「自己責任」であることには違いないですが、こういう話が出てくるとバッドエンドではない違うストーリーが待っていたかもしれませんね。同情を通り越して怒りすら覚えます。

-----転載開始-----
四方 輝夫

湯川遥菜さんにまつわる有田芳生のリツィートをめぐって質問が殺到したので、経緯を簡単にまとめおきますね。

拉致された当初の状況は皆さんご承知の通りです。イスラム国の関係者を名乗る男が、ネット上に湯川という名の日本人を拘束、現在調査中との旨を伝えると、湯川さんがかねて、テロとの戦いを標榜する政治家と面会するなどしていたことを嗅ぎつけたネット左翼が、「ネトウヨをイスラム国に殺させろ」などと騒ぎ、イスラム国の関係者を名乗る男に向けての告げ口投稿を呼びかけました。

これに呼応したのか、朝日新聞系列の中東関連チャネル「Asahi 中東マガジン」に記事を投稿しているジャーナリスト・安江塁(やすえるい)が、湯川さんの身分を民間軍事会社のCEOであるとの旨で男に暴露しました。

また国会議員である有田芳生が、田母神さんとのツーショットを見つけ出して男にリツィートし、湯川さんの立場を決定的に悪化させました。

さらにその後、アムネスティ日本の理事長・石田城孝が、湯川さんのFacebookのリンクを貼りつけて男に情報提供します。アムネスティはNGOとはいえ国連と連携して動いている国際的な人権の権威であります。

湯川さんはジャーナリストを名乗って現地に滞在しておりましたから、イスラム国関係者を名乗る男の目に、偽証のもと潜入した大物スパイと映った可能性は否定できません。その後、誤解が解けたかどうかは不明ですが、すでに死刑宣告を下している上、日本のジャーナリストと国会議員、国連の関連団体理事長からの報告もある由、連中としても引っ込みがつかなくなった可能性が高いと思います。

当時私は、いずれもあるFBFから、ほぼリアルタイムに追随する形でご報告いただいており、周辺の一部に向けてこうした話がある由、お知らせさせていただいておりました(ただ信じがたいことに、この不祥事を経緯含めて報じたのは、産経新聞のみでありました。どうやら闇は、主にテレビを中心とした反日メディアにこそ、もっとも深刻に巣くっていると断じなければなりません)。

左翼メディア、反日国会議員、人権団体代表・・こいつらは人ですか?

日ごろから日本のヘイトスピーチを専一に叩き、韓国の公的機関による日本人差別には放置もしくは正当化で迎合、平和だ人権だと騒ぎ立てては筋違いに安倍総理を攻撃する人外のクズ連中の言うことに、いったいいつまで反日メディアのアカ提灯たちは、耳を傾けていられると思っているのでしょうか?

自分たちが危険な場所に立っている、ということに、そろそろ気付き始める必要があるのではないでしょうか。
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重、「アイサイト」搭載の「インプレッサ/SUBARU XV」が予防安全性能アセスメントで最高評価に

圧倒的ではないか、我が軍は(≧∇≦) (CV:銀河万丈)

「最新のスバルは、最高のスバル」(だから、それはポルシェだって(^^;))とは、よく言ったものです。オマケに仮にぶつかってもドライバーを必ず守りますからねヽ(´▽`)/

まあ、こういう車を選ぶ人には解らないでしょうが(爆) < また余計なことを書く・・・(^^;)

-----転載開始-----
富士重、「アイサイト」搭載の「インプレッサ/SUBARU XV」が予防安全性能アセスメントで最高評価に

 富士重工業は26日、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載するインプレッサ/SUBARU XVが国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントの評価点で満点を獲得し、最高評価であるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定されたと発表した。

 予防安全性能アセスメントの評価点は40点満点で、衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)[対車両]と車線逸脱警報装置(LDWS)の試験を行い、2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」、12点以上の場合は「先進安全車プラス(ASV+)」として選定され、インプレッサ/SUBARU XVは40点満点で、「ASV+」に選定された。

 スバル車はこれまでも、レヴォーグ/WRX S4(40点)、フォレスター(39.9点)、SUBARU XV HYBRID(39.3点)、レガシィ アウトバック/B4(40点)でも「ASV+」に選定されているという。これまで評価が実施されたすべてのアイサイト搭載車種で「ASV+」に選定されており、アイサイトの予防安全性能の高さが実証されたとしている。

http://www.zaikei.co.jp/article/20150127/232632.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【テロ対策法3点セットと人質事件ー】

コードネーム「Big Mam」から、ネタの投下司令がでました( ̄▽ ̄)
ここ数日、連投している「イスイス団」、もしくは「砂朝鮮」関連ネタでございます。

うちのBlogにいらっしゃってる方は、こういうアレはいないとある「確信」をしておりますが、とても面白いネタなので、調子にのってエントリーしておきます。

-----転載開始-----
【テロ対策法3点セットと人質事件ー】

民主党がこのテロリストの人質事件について内閣の責任を追及するんだそうです。やはり、民主党は革マルなどと交流のあるテロリストだったんですね。
こういう人質事件の場合、人質が日本人であれば、人道上国は人の生命の安全のためにできる方法を政府は考え、やれることはやるべきだけど、それでダメだったら仕方ないというのがふつうの感覚。人質が取られるたびに大統領が辞任したり内閣が解散したりするような国ってどっかにありますか?憎むべきはテロリストで政府じゃないことくらい普通の常識を持っている日本人ならわかるはず。

外国人が株式を牛耳っていたり、赤い左翼が思想を牛耳っているマスコミさんたちは自民党をたたき、政府を倒閣させ選挙をおこし、選挙による広報特需でもうけようと考えているだけですから、どんなときでもたたけるネタがあれば自民党をたたきます。不況ですから選挙でもうけたいだけです。

そんな連中の誘導に乗ってはいけません。選挙になってもマスゴミが儲かるだけです。

今の日本は中東じゃなく東アジアに日本を狙う中国や韓国という脅威があり、経済だって立て直さないといけないし、復興だって果たさないといけない。さらに東南海トラフ地震のための対策だってしなきゃならないんですから、ころっころ内閣を替えている余裕なんて全くありません。

海外で日本人が犯罪に合うたびに政府が悪いっておかしな話ですよね。じゃ、日本人の全面海外への渡航禁止して日本国憲法にある移動の自由を制限しなきゃならないってことになります。

当たり前ですが、この事件で悪いのはテロリスト、政府じゃありません。なんでそんな簡単な事がわからないのですか?

それともわかっていて、何でも政府倒閣運動をするべきだと考える愚かな議員がいるってことなのですか?(●日本共産党・池内さおり氏 政権批判のツイートを削除 - 夕刊アメーバニュース http://yukan-news.ameba.jp/20150125-78/ 一例  )

どんなときでも自民党をたたき常に長続きしない内閣にすること、経済政策や国防の政策が中途で終わってしまうことが続いていることでどれほどの日本の国益を損なっているかまだわかりませんか?

それが皆さんの生活の賃金の縮小や災害対策の遅れにつながっていることを考えて下さい。
安倍内閣を倒して、別の人を首相にして何か変わりますか?


今うごいていてやっと少しましになってきた経済政策をまたダメにする意味がどこにあります。東京オリンピックだってリニアだって、やっと動き始めたばかりなのにまたダメにするんですか?
テロリストに国民が殺されたら、テロリストを憎みなさい。テロリストを憎むべき局面でなぜ、自国の大切な内閣を倒閣しようとするの?それこそテロリストの思うつぼです。日本国民を拉致殺害すれば、時の首相が替わるほどテロに弱い国だと宣伝するようなものです。そんなテロリストを喜ばせるようなことしてどうするんですか?


国民1人を殺害する程度の小さなテロで、国内の政権をぐらぐらにできるアホな国ってことでしょ? この国には中東のテロリストと結びついて日本国の政治をテロで自由にしようとしている人たちが政治家や言論人の中にたくさんいるようです。

日本赤軍が航空テロで逃げた先は中東でしたよね。昔から左翼は中東のテロリストとつるんでいるものです。さて、だれがテロリストなのか?気になりますね。テロ3法案と呼ばれる法律案の強化をさらにお願いしますわ。

テロ資金提供処罰法、犯罪収益移転防止法、テロ資産凍結法 3点セット。

さて、こっからが本題です。


前国会で骨抜きにはされたものの成立したテロ対策法3点セット。「資金提供処罰法改正案」「犯罪収益移転防止法改正案」「テロ資産凍結法」がこの事案には適用される可能性があります。


ただ、安倍総理はこれらテロ3法+特定秘密保護法は成立させたものの、日弁連をはじめ反日勢力は国際テロリストの指定を日本国内において適用する法改正には徹底して抵抗して法案を骨抜きにしてきました。だから、まだこのテロ対策は足らないということがこの事件ではっきりわかってきました。安倍総理は骨組みだけでも成立させようと前国会でがんばってくれたわけですが、まだ反日勢力や極左、在日勢力などをテロ組織として指定することは可能ではあってもかなりハードルが高く、テロ法施行規則の法改正が必要でした。


こんな事件が起こってしまった以上、それに対して対処する法改正は必要だといえるチャンスですね。


さらに現行法であっても

「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律」では単純な「資金」を「これを実行しようとする者に対し、資金またはその実行に資するその他利益」と大幅に改正されおります。今回のIS人質身代金事案は明らかなテロ行為ですので、それを支援、若しくは実行するための利益供与は、まさに「テロ行為のための資金の提供等」に該当します。


つまり、テロ擁護発言、テロリストに身代金という資金を提供しろといっているマスゴミ、議員、左翼団体などは犯罪行為をおこなっていると考えられます。だから、気づいている民主党上層部は発言せず、共産党議員はツイートを削除するわけです。


以下法文を書いておきますねー。


--「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律」引用 ここから--

「公衆等脅迫目的の犯罪行為」を「テロ行為」と読み替えると先般改正された現行法は以下のようになります。
第1条2項、テロの実行を容易にする目的で、テロの実行をしようとする者に対し、資金またはテロ目的の犯罪行為の実行に資するその他利益を提供した者は7年以下の懲役または700万円以下の罰金に処する。テロ行為を実行しようとする者が、その罪の実行のために利用する目的で、その提供を受けたときも同様とする。


第1条3項、第1項の罪を実行しようとする者が、その実行のために利用する目的で、資金若しくはその実行に資するその他利益を勧誘し、若しくは要請し、またはその他の方法により、これらの資金またはその他利益を提供させたときは5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処する。また以下の2項を付加する。
テロを実行しようとする者以外の者による資金提供等。テロを実行しようとする者による資金等を提供させる行為。

第2条、テロを実行しようとする者が、その実行のために利用する目的で、資金若しくはその実行に資するその他利益の提供を勧誘し、若しくは要請し、またはその他の方法により、これらの資金またはその他利益を提供させたときは、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処する。

第2条2項、前項の罪の未遂は罰する。

------------法文ここまで-----------

一例にあげただけでなく、次々とテロリストに譲歩しろとかマスゴミ法曹界では身代金を払えとまでの発言しています。消すかもしれませんけどねー。テロリストは恐怖で支配するもの。そのテロリストの恐怖を煽りテロリストの言うとおりにしろとテロリストサイドにたってテロを擁護する発言が知識人だとか政治家とか国のリーダーであるべき人からでてくるとは情けないことです。


一般の人にわかりやすく説明するなら、たとえるなら、「暴力団」は怖いから暴力団のいうとおりにしようと政治家が堂々と言っているようなものです。違法集団サイドにたって違法集団を応援しているテロリスト側の人たちだとわかりますよねー。

20150126

たとえば新聞記事にもなったこれです。
http://www.sankei.com/affairs/photos/150123/afr1501230011-p1.html
明らかにテロリスト側にたち政府をたたいてますよね。ISISも山本太郎のツイートが気に入ったので、リツイートしているようです。あきれかえります。


現行法の範囲でも、既にかなりの個人やマスコミに適用可能と解釈できます。


テロ法案が今通常国会で改正されて米との協議が終わりテロ資産凍結法の施行政令が発布された場合にはじめてテロ3法+特定秘密保護法は完全に機能します。このIS人質事案で、安倍総理を批判したり、あからさまに身代金の支払いをのむよう明言した者はテロリスト、あるいはテロ組織と法的には認定が可能です。そして罰則に加え口座凍結も可能です。法的可能性からの推測ですが、実際の国会審議がどうなるかと興味深く見ていようと思います。


さて、国会が開会しました。楽しみですね!!
-----転載終了-----

てなわけで、盆と正月とクリスマスが一緒に来るかもしれませんね( ´ ▽ ` )ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せについて私が知っている5つの方法 / 坂本真綾

うーむ、サビのところの疾走感がたまらん(≧∇≦)

坂本真綾 幸せについて私が知っている5つの方法

https://www.youtube.com/watch?v=jIxXKd5Uots

【追記】
作曲/編曲がRasmus Faberか! 道理で!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のISIS

クソコラグランプリやってたと思ったら、今度は萌えキャラですか。私がISISのWeb担当構成員だったら、完全に戦意喪失ですね(≧∇≦)

え? 一人頃されたってのに不謹慎?
いやいやいや、ISISやイスラム国でググって、こんなんばっかり出てきたら、ISISはWeb上では全く脅威で無くなっちゃいますから。

「面白いのでもっとヤレ」というのが、当Blogでのスタンスです( ´ ▽ ` )ノ

ちなみにこんな見解もあるようです。ご参考まで。

一部の異常さが浮き出る(パチンコ屋の倒産を応援するブログ様)
http://ttensan.exblog.jp/21503762/

-----転載開始-----
キユゥべえ
@QB0
今日のISIS

・画像を投稿して動揺を誘うつもりがアニメの放送時間にテロップが重なり反感が拡大。
・翌朝の反応を見たら話題がすべてハピネスチャージプリキュアで埋め尽くされてる。
・やっぱりコラ画像にされる。
・今度は萌えキャラにされる。 ←今ここ

201501252
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イスラム国殺害】 首相、関係閣僚会議後の発言全文

ほらほら、九条教やら反原発やら左翼やらは、早く、その「平和を愛する心」でISISを説得してこいよ。所詮はなんにもできねーくせしやがって政権叩いてんじゃねーぞ。

このアカポンタンが。

20150125

-----転載開始-----
【イスラム国殺害】
首相、関係閣僚会議後の発言全文

 現在、あらゆる外交ルート、そして手段を尽くして取り組んでいます。解放に向けて取り組んでいます。その中で、湯川遥菜さんが殺害されたとみられる写真がインターネットに配信されました。ご家族のご心痛は察するに余りあり言葉もありません。このようなテロ行為は言語道断であり、許し難い暴挙です。強い憤りを覚えます。断固として非難します。

 改めて後藤健二さんに危害を加えないよう、そして直ちに解放するよう、強く要求します。日本政府としては、引き続きテロに屈することなく、国際社会とともに世界の平和と安定に積極的に貢献して参ります。今後も邦人の解放に向けて、政府をあげて取り組みます。

http://www.sankei.com/politics/news/150125/plt1501250014-n1.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカッターの情報によると・・・

あー、マジだったんだ。

お悔やみを申し上げます。

そりゃ、いくら安部さんだって、交渉するルートがなきゃどうにもならん縄。
左翼と9条教と反原発は、安部総理辞任だって大騒ぎしているようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、拘束された二人はどうなったかな?

どうやら、今回、ISISに拘束されている2人と、その親族、関係者は有名な「新宿区西早稲田2-3-18」関係の方らしいという事らしいです。ワロスワロスですが、火の無いところには煙は立ちませんので、「そういうこと」の様です。

実に香ばしい話になってきました。これはISIS側も困ったことになっているのではないかと(≧∇≦) < 西早稲田関係者という噂を聞いて、出来レースだと思い込んでいるらしい

-----転載開始-----
どーる タスキワンチャン
@DooL8901
ISIS「日本人助けたければ身代金寄越せ」

Twitter「コラ素材ktkr」

お花畑「安倍総理辞任させろ」

後藤母「反原発」←new!!

ISIS「日本人人の話聞かねえな」

20150123
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永年勤続記念

・・・で、我が社には、まとまったお休みが頂ける制度がございます。土日を入れると9日間。

本来なら、この休みを使って、海外にでも高飛びを・・・とも言いたい所ですが、財務省から「金ナシ」の会計報告を頂きまして、仕方がないので、5月の半ばに、彩雲改號で4時間ほどのところにある景勝地に出かけることにして、宿を取りました。

てか、これだけ勤めてて「お疲れ様」って言葉もなければ、こうしたことについて、何も考えてくれない財務省の冷徹さに泣けてきました。・゚・(ノД`)・゚・。

本来なら明日からでも「辞めてやりたい」気分でいるのですが。

小生はATMですか、そうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISIS人質事件

さてさて、ISISが指定している期限が近づいてきました。

いろいろな連中が蠢いていますね。俺がパイプ役になるよといういかにも胡散臭いヲサーンが現れたり、二人の命を引き換えに安部政権が転覆するなら安いモノとか言ってる香具師とか。

20150122

ええっとですね。今回の日本政府の決定に異議を唱えてる連中とか、ましてや政権転覆などを企ててる連中は、自分達が「テロリストと同じ側に立っている」ってことが解っていないご様子で┐(´д`)┌ヤレヤレ

そういう連中は我が國にいなくて結構です。特亜にでもお帰りください。< 個人的にすげぇ怒ってるらし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラム国

SNSの中で、「イスラム国」を国だと思ってるアレを発見・・・(・_・)エッ....?

でも、解らなくもないですね。「ISIS」やら「ISIL」やらって別の呼称があるのに、マスメディアは、なぜすべてのイスラム教を国教としている国に「嫌悪感を持たせるような呼称」を使い続けるのか。

まあ、いろいろと思惑はあるんでしょうな。(以下、罵詈雑言が続くので省略)

なんだか邦人が2人くらい拘束されてるという動画とヌースが流れてますが、危ないところに危ないと解ってて出かけて捕まったら、「自己責任」だというのが私自身の考え方です。皆まで書きませんけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Subaru WRX STI R4 Production 2015 Model Test & Staff Interview

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

Subaru WRX STI R4 Production 2015 Model Test & Staff Interview

https://www.youtube.com/watch?v=Uj-oDRuLnJA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の名車<第56回>画期的メカニズムの「スバル1000」

群馬の某所に古い恩人の「FF-1」が保存されていますが、そのFF-1のボクサーサウンドは、とても乾いた音で、以前、一度拝聴させて頂いた時に鳥肌が立ちました。今度の工場祭の時に、スバリストの濃ゆい先輩に音を聞かせて頂きましょうか。(こちらは当時GT-Rを追い回したという伝説の「1300G」)

アカピがこんな特集を組んでいたとは、完全にout of 眼中でした(≧∇≦) インデックスを見ると、スバルは3回目の特集でしたね。

「4WD」はスバルが発明した用語だとは知っていましたが、「FF」まで発明していたとは( ̄ー ̄)ニヤリ

-----転載開始-----
世界の名車<第56回>画期的メカニズムの「スバル1000」

20150119

 「スバリスト」と呼ばれる人たちがいる。富士重工業のクルマを愛するユーザーのことだ。日本のみならず北米などにも多いという。熱心なファンを抱えるスバルの原点ともいえるモデルが、1966年発表のスバル1000である。977ccの4気筒エンジンをフロントに搭載した前輪駆動モデルだ。それまではリアに小型エンジンを搭載したスバル360(及び450)を生産していた同社にとって、現代へと続く大転換点となったクルマなのだ。

 母体が航空機会社であるため、メカニズムに凝ることも特徴だった。エンジンは重心高が低くなる水平対向型で、ブレーキはインボードタイプという、ホイール内ではなくエンジン側に取り付けてあった。そのことで乗り心地を良くしたのだ。

 水平対向エンジンにインボードブレーキの組み合わせは、70年発表のシトロエンGSや71年のアルファロメオ・アルファスッドと同様。理想主義的な設計で自動車史に残るミドルクラスの欧州車より、スバル1000は先んじていたことになる。

 スタイリングは華美にならず、シンプルで知的な印象で、その点も魅力だった。最初は4ドアボディーで登場し、後にパーソナルカーを求めるマーケットの要望に応えて2ドアが追加された。69年にはエンジン排気量が1.1リッターに拡大し、車名もスバルFF-1となった。

 日本ではフロントエンジンで前輪駆動のレイアウトのことをFF、フロントエンジンで後輪駆動のことをFRというが、これはスバルがこのモデルで“発明”した用語なのである。

http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015011950101.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Engineering A Dream: The Acura NSX

到底、私が買える金額ではないのですが、もし、これを買うなら「ポルシェ・カレラ」や「アウディR8」の方が良いと思ってしまうのは、どうしてなんでしょうね。「スバリストだから」という感覚とも少し違うのですが。

スタイリングにも燃えませんし、スペックにも興味が湧きません。なんだかとても無機質過ぎて、プラモデルでも見ている様な感覚に近いかもしれません。

Engineering A Dream: The Acura NSX

https://www.youtube.com/watch?v=VGEyh9i1F64

| | コメント (0) | トラックバック (0)

履修終了、本当の戦いはこれからだ。

ここの所、4ヶ月かけて「ある方面の知識と技術」の習得に励んでおりましたが、昨日で無事終了いたしました。

この方面の知識は、いままで全く踏み入れたことのない世界でしたのですべてが新鮮で、そしてたった4ヶ月で一足飛びに「実践レベル」まで到達することができました。

山師が闊歩する中から、本物の熱意のある講師に出会えた事の幸運と、極限まで無駄を切り詰めた講義、極めて手堅い実践とそれを行動に移すためのマインドは、今後の私自身の極めて大きな財産になりました。

この懐刀を抜刀するのは、私自身の問題でまだ少し先になりそうですが、なまくらにならない様に、さらに技術を磨き、精度を高めていこうと思っています。

まだ、しっかりと出口は見えませんが、うっすらと光が差し込んでいることを気づかせて下さった本講座の講師に、この場を借りて心からのお礼の言葉を記しておこうと思います。

ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホカメラの写真撮影。その一瞬を解説したクールな動画

ギズモードさんで記事になってたので、ご覧になった方も多いかも。

ギズさんは、ガジェット系の有名サイトなので、こういうイノベーティブな記事はすぐに食らいつく傾向がありますが、一眼から高級コンパクトの時代がやってきている?なんて、アレが知った風なことを書いた記事なんかも垂れ流しておりますので、一言書かせて頂きます。

以下のNokiaの動画を注意深く見ればわかると思いますが、一眼が必要な理由というのは、センサの大きさでも、センサの分解能だけでは語れません。デジカメは光を記録する機器ですから、銀塩と同じくレンズが命

Behind the lens of a 41MP Nokia Lumia 1020

https://www.youtube.com/watch?v=ezIZjFt80kQ

冒頭でレンズに飛び込んでくる光の粒の量が圧倒的に多いわけですね。このことは、一眼のラティチュードの広さの証左でもあるわけでして┐( ̄ヘ ̄)┌

ガジェット系のサイトですから、ガジェットを推したい気持ちばかりが先行して、本質は何も語られていないって辺りがとっても痛いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流石に二晩連続は・・・

二晩連続で、ここまで徹底的にやられるとメンタルに堪えます。さてさて、こんな状態からどうやって立ち直るか。しかし、これを乗り越えていかないと未来がありません。

気持ちを切り替えて、しっかりと前を向かないと・・・です。

201501152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【東京オートサロン15】MT仕様はSTIからのラブコール…レヴォーグ S コンセプト

ちょっとエントリーが遅れましたw

メカニックとしてのシンプルさ? 運転する楽しさって事を考えると、「6MT」ってすごく魅力的なのですが、スバルのリニアトロニックを乗ってみると、はたしてMTは本当に必要なのかと考え込んでしまいます。

確かに競技車の「WRX STI」などは、MTもしくはそれに準ずるセミオートマチックが必須と思うのですが、実用面で考えてみると、最適な力を合理的且つ効率的に引き出せ、そしてエンジンの駆動をダイレクトな感触でドライバーが体感できるなら、MTにこだわる必要は無いと思ってます。

まして、レヴォーグに6MTを装備したところで、はたして何人、乗りこなせるユーザーがいるのかと思うわけです。これは確信を持って書きますが、SIドライブをS#に叩き込んで、ブレーキを踏んだままアクセルを踏んで発進することで解除される「リニアトロニック裏モード」なら、MTでガチャガチャやって加速するより速いと断言します。こんなことやってる間にCVT車に置いていかれることは間違い無いでしょう。

あれだけの加速をするモデルなので、MTを搭載して「シフトチェンジというタイムラグ」を発生させる事は、本当に必要なのかなと。レヴォーグの6MTキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!とか、盛り上がってる方々は、今一度、ご自分のテクニックを見直して見てくだされ(≧∇≦)

あ、私のテクニックはCVTやATには絶対敵いませんので、そこんとこよろしく。それともう一つ、趣味の一環でMTを選ばれている方はまた別の次元の議論となります(≧∇≦)

-----転載開始-----
【東京オートサロン15】MT仕様はSTIからのラブコール…レヴォーグ S コンセプト

20150115

東京オートサロン2015、スバルブースに展示された『レヴォーグ S コンセプト』は、MT仕様を提供したいというSTIの、富士重工やファンに向けたラブコールという。

現在、レヴォーグにはマニュアルトランスミッションの設定がない。2.0リットル水平対向直噴ターボエンジンに、6速マニュアルミッションを組み合わせたコンセプトモデルを示すことで、市場の声を盛り上げて富士重工の協力を得たいというのがコンセプトモデルの狙いだ。

開発を担当するスバルテクニカルインターナショナル商品企画部の西村知己主査は「スバルの車もオートマチックモデルが多くなってきていますが、ユーザーからはマニュアルミッションの要望も多く、STIとしてもこうした車をやりたいと思っていました」と話す。

今回の出展に関して「具体的に”いつ出します”というモデルではなく、今後開発を進めていって、将来的に”やりたい!”といった我々の意思を示したモデルとなります」と狙いを話した。

市販化への課題について、西村氏は「現代の車は、アイサイトやVDCなど装備システムの塊なので、単純にエンジンとミッションを組み合わせればメーカー品質のコンプリートカーを出せる、というレベルではないのです」と説明する。

コンセプトカーを実現するために必要なものとして、西村氏は「やはり、STI独自で開発するのは相当にハードルが高いので、富士重工との共同開発が必要となります。具体的には、富士重工として直噴エンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わたベース車両を作り、STIは、直噴エンジンをチューニングしてコンプリートカーに仕上げるといったカタチになると思います」と話した。

コンセプトモデルでは、STIが展開している他のSシリーズと同じような装備を奢っているが、その走り味について、西村氏「STIで言い続けている、誰がどこで乗っても、どんな条件の道を走っても、楽しく走れる車を目指しております。他のSシリーズと同様に、シットリとした乗り心地でありつつコーナーではしっかり粘り、高速道路でひたすらまっすぐ乗り続けても疲れない、それをレヴォーグで実現したいと考えています」と話した。

MT仕様の減少と電子デバイスの進化は、各チューニングメーカー共通の悩みのようで、「我々としても、いろいろと頑張ってはいます。こういったショーに展示することで、市場の声が盛り上がることに期待しております」と意気込みを示した。

http://response.jp/article/2015/01/12/241445.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年連続勝利した「ニュルブルクリンク24時間」で惨敗した2014年、勝利奪還を期すチーム「SUBARU STI」

レースをUSTで観戦していて、去年はとても悔しい思いをしました。アウディがぶっちぎりで早かったですからね。新しいマシンに変え、今年はさらに熟成を積んで、是非とも勝利して頂きたいものです。

今年もばっちりと応援させていただきますよ( ̄▽ ̄)

-----転載開始-----
2年連続勝利した「ニュルブルクリンク24時間」で惨敗した2014年、勝利奪還を期すチーム「SUBARU STI」
20150113
 SUBARUとSTIのモータースポーツ活動は、かつて1990年代にWRC(世界ラリー選手権)で覇権を競っていた。それが近年、ニュルブルクリンク24時間レース(NBR24)SP3Tクラスに参戦している。

 SUBAR WRX STIをベースにしたマシンで参戦しているNBR24は、毎年夏にドイツ・アイフェル地方にある世界で屈指の超難関サーキットと言われるニュルブルクリンクで行なわれる有名な“24時間耐久レース”である。

 そこでSUBARU STIは2011年から2年連続でクラス優勝を重ねてきた。ところが2013年には荒天による中止で2位。2014年、NBR24で4位に終わった。

 「ニュルブルクリンクの森には悪魔が棲む」と、この24時間レースに挑戦してきた人は口にする。初挑戦で悪魔に出会うことは稀なようだが、幾度も挑戦して勝利を経験したようなチームに突如として悪魔が現れるのだとも。2014年のSUBARU STIのチーム総監督の辰巳英治氏も、そこで悪魔に出会ったひとりなのか。スバル量産車テストチームの代表として、かつてWRCで優勝の常連だったレガシィやインプレッサを育てた“自信の人”が、である。

 2014年のチーム「SUBARU STI」の準備は万全に見えた。新型WRX STIを投入し、ニュルブルクリンクのテストでは前年よりもラップタイムを12秒も縮めていた。しかし、実戦では、ライバルがもっと速かった。そこから“焦り”が生まれる。

 辰巳氏はSUBARUの広報誌で「ぎりぎりの勝負で余裕を失い自滅した。惨敗です」と述べ、次いで「限度いっぱいまでマシン開発を行ない、チームマネージメントも限度いっぱいに向上させていたかというと、どちらも“この程度で勝てるだろう”という甘さがあった。しかも、ライバルチームを侮っていた」と述懐している。

 その辰巳氏が2015年もチームを率いて「ニュルブルクリンク24時間」に挑む。「マシンの完成度をもっと高めていかないと勝てない。自動車メーカーとしてのSUBARUとSTIの力をすべて注ぎ込まないと……」とも。

 近年、欧州メーカー、とくにドイツ勢が本気でNBR24に参戦してきた。SUBARI STIのライバルは、市販スポーツモデルとレースの関連性・密接度が伝統的に強い欧州勢のAUDIなどだ。

 しかし、辰巳氏は言う。「我々には水平対向エンジンならではの低重心や高いボディ剛性という素材の良さがある」と自信をも示す。今期投入するマシンは、ニュルブルクリンクを走るのに適した左ハンドルへ切り替える。従来から前哨戦を戦ってきたが、今年は4月から欧州入りして、従来以上に万全を期して本番に臨むという。楽観は決して出来ない。しかし、期待も持てるチーム「SUBARI STI」である。
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッション終了

本日をもって、約22年に及ぶ巨大ミッションは全て終了しました。
もっとスッキリした気分なのかなと思っていたのですが、この歌の気持ちに近い感じです。

てか、しんみりするのはまだ早いって話もありますが(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【東京オートサロン2015】 スバル・レガシィB4 BLITZEN CONCEPT

四代目のレガシィで「BLITZEN」が発表された時にも突っ込んだ記憶があるのですが、このスバル・レガシィB4 BLITZEN CONCEPTを観て、また突っ込まなくちゃいけなくなってしまいました(ノ∀`) アチャー

201501102
http://jp.autoblog.com/2015/01/08/tokyo-auto-salon-2015-subaru/

オリジナルの「BLITZEN」は、私が解説するまでもなく、ポルシェデザインによるスタイリングでした。
ポルシェデザインは「Form Follows Function (機能が形態を決める)」というデザインコンセプトを持つことは、その筋では有名な話です。

つまり、3代目レガシィ(BE/BH系)だったからこそ、このフロントとリアのバンパーとスカート、あとはウィングになったと解せると思います。それを、そのまま「conceptがまるで違う六代目レガシィ」に持ってきたってことは、このコンセプトモデルをデザインしたデザイナーは、「BLITZENが何たるか」を知らないまま、オリジナル風味のパーツを取って付けただけと理解できますね(苦笑)

つうか、この程度のデザインは「子供の遊び」であって、デザイン思考的にプロダクトと呼べるものではないと背中から撫で斬りさせて頂きます(卑怯な(爆))てか、オリジナルを仕立ててくれたポルシェデザインに失礼に当たります。

支那のパクリメーカーじゃないんですから、自分の所のプロダクトのデザインの変遷とか来歴くらいは、きちんと学んだ上で、新しい提案をして頂きたかったですね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

多分、六代目のレガシィB4をポルシェデザインに預けたら、違う回答が帰ることでしょう。ほんと、最近のスバルのデザインはこういう所の詰めが甘いというか、節操がありませんね。このヲサーン、情けなくて涙が出てきたでござりまするよ。

このモデルを担当したデザイナーは、今年の工場祭で泣かしてやるので、矢島製作所のビジターセンターの裏で待っててください(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラブジョイ彗星、最高光度から3晩目

次回は8000年後では、「ちょっと撮影するチャンスは無いかも」と思い、最大日から狙っていたのですが、どうにもこうにも見つかりませんでした。原因は私の住んでいる街の夜が明るすぎること、そして何より私の目が悪いこと。半ば諦めていたところに救世主が現れました。私の里に居るとても古い友人。写真に関しての知恵者であり、またその斬新なアイデアと豊かな経験から素晴らしい作品を沢山撮影している「写真家」です。(本業は電気屋さんなんですが・・・) 私が「彗星がどこに有るのか解らない、ウェェン。・゚・(ノД`)・゚・。」とSNSの中で泣いていたら、彗星の探し方を詳しくレクチャーして下さいました。

で、昨晩、奮闘すること二時間、粘りに粘ってなんとかフレームに収めてきました。それが以下の写真。(写真はクリックで拡大します。中心の淡いエメラルドグリーンの点が彗星です)

20150110

最高光度で4等級ということですから、目の悪い私には到底肉眼での確認は無理。しかも最高光度から三日が経過しているので、5等級とか6等級とかそんなレベルまで落ちているのではと。友人が使った方法をそのまま実行しただけでも一苦労でした。周りの星に比べても。こんなに暗いんですからΣ( ̄ロ ̄lll) 私にしてみれば、撮影できたのは奇跡に近いですね。友人のレクチャーが無ければ、撮影は不可能だったでしょう。

持つべきものは友人ですなぁ。ウェェン・゚・(ノД`)・゚・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル車に宿る、負けず嫌いの反骨精神

先日の記事の続きになります。面白いのでまた全文クリップ。

あの時のあの社長と比べると、吉永社長はリアリストですね。上に立つ方はこうでなくては、会社が傾きます。様々な数字、そして数字にならない自らがひっぱる会社の価値をしっかりと俯瞰されていらっしゃると思います。

-----転載開始-----
スバル車に宿る、負けず嫌いの反骨精神

20150107

「スバル」ブランドが米国の自動車市場で驚異の成長ぶりを見せている。富士重工業の吉永泰之社長は、「1つの商品を磨きに磨く」ことで個性を強めることを徹底している(関連記事「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」)。
ただ、”売れすぎ”ゆえの悩みはいっこうに尽きそうもない。スバルにとって最大の市場である米国でいかにブランドの地位を高めていくのか。そして出資を受けているトヨタ自動車との関係は?吉永社長が率直に語った。

――2014年夏に米国で発売したSUV(スポーツ多目的車)の「アウトバック」とセダンの「レガシィ」が好調です。スバルはSUVに特徴がありますが、米国では「スバル=セダン」というイメージも強いのでしょうか。

それはまったくないと思う。ただ、セダンが売れ始めているのはとてもうれしい。今まで「セダンを売れ」と言ったことはほとんどない。営業現場のオーソドックスな人たちからすれば、「車の保守本流であるセダンに力を入れろ」というのは日本でもよく出る話。

私は営業出身だが、セダンを売るのが一番難しい。それを買う人の多くは、車に強い興味を持たない人たちだから。「車がないと不便だから買う」という層で、周囲に「なんでそんなに変わった車を買ったの?」と言われないように、皆が知っている普通の車が欲しい。そして、彼らの購入の動機として最も重要なのがディーラーの近さだ。

スバルの場合、これらのすべてにおいて不利。米国では店の数が少ないから基本的に(ユーザーから)遠い。車はアフターサービスが大事だが、遠くまで行かなければならない。そうしたことを乗り越えてでも「買いに行きたい」という車を造ることができれば勝てるチャンスがあると、元々考えている。

セダン市場で”化けたら”・・・

――不利な条件を乗り越える魅力をスバルに感じる顧客が増えてきたと。

ブランドの魅力が増してきたら、遠くても買いに来てくれる。セダンが売れるかどうかは「スバルのセダンだったら遠くても買いに行きたいな」となるかどうか。今起きているのがそういうことであれば嬉しい。

レガシィセダンの販売台数は13年の倍になっている。ただ米国工場の生産能力に制限があるので、ここでも供給がネックになる。他社が毎月何万台と販売しているように、セダンの市場は分母が非常に大きい。ここで化けたら、今のような需給の逼迫はより深刻になる。(分母の小さい)SUVのカテゴリーで売れるのと、増え方の規模が違う。造り切れない。

――やはり生産能力の問題がついて回ります。

14年夏に発売した新型レガシィとアウトバックに合わせて、米国工場の能力を年間17万台から20万台に増やした。これで月産能力は1万6000台強。米国では生産しているのはこの2車種だけなので、これくらいは売れるという構えで投資を決心した。ただ実際の月販台数はレガシィが6700台、アウトバックが1万2500台(いずれも2014年10月)。全然足りない。またまた、ここまで行くとは思わなかったという話になる。

レガシィとアウトバックは日本で米国仕様を生産していないので、これが本当の限界。米国のディーラーからは「なぜもっと造ってくれないんだ」という話を延々とされている。ただ、自分では本当によく考えて投資をしていると思っている。2、3年前に決定したことなので、逆に(生産能力が)余ってしまったら大変だった。

米国では16年末にあと11万台分の生産能力を増やす。ただ、今の車種だけではあまりにリスクが大きいので、「インプレッサ」もつくることになる。車にはモデルサイクルがあるので、売れている状態が何年も続くのは難しい。”柔軟性”が必要だ。

米国のディーラーにいつも伝えていること

つまり、この計画はインプレッサという車の開発と結びついており、前倒しができない。工場だけの話ならば要望に応じて検討できるのだが、ここが今の製造部門のつらいところ。少しでも生産能力を上げられないか、米国工場で必死に考えてくれている。ただこれまで何度も引き上げてきているので、簡単ではない。

――ディーラーからのプレッシャーが強くても会社は傾きません。だが、過剰設備や余剰在庫を抱えてしまうと、自動車メーカーはあっという間に傾きます。

生産能力に関しては慎重に考えるべきです。工場というのは一度構えたら、後でそう簡単に変動させられない。レイオフ(人員削減)などという事態になったら大変なことになる。

米国でうまくいっているのは、供給が需要を上回っていないからだと思う。いくらマーケティングがうまくいっても、ディーラーに在庫の山ができたらインセンティブ(販売奨励金)をつけるしかなくなる。今のスバルは1台あたりのインセンティブが1000ドルを切っているが、業界平均の2000ドル以上なんてつけるわけにはいかない。米国のディーラーの「足りない」という声はよく分かるが、そうしたことをいつも伝えている。

”人類初”のチャレンジはできない

―米国工場では、資本提携先であるトヨタ自動車の「カムリ」の受託生産が16年末に終了します。今後のトヨタとの関係は。

この関係はとても大事だ。提携の中身は生産を中心としたものから、商品や技術を中心に軸足が移ってきている。私はそれが正しい方向だと考えているし、トヨタの豊田章男社長もそうだと思っている。

トヨタからしてみれば生産を委託できる会社はいくらでもある。そこにわれわれでなければダメだという必然性はない。当社の特質から考えると、トヨタ側からの魅力は商品や技術にある。トヨタと共同開発した「86/BRZ」はうまくいっている。トヨタは水平対向エンジンのスポーツカーを造れないので、われわれが貢献できる。

逆に当社の弱点は、成長したといってもまだまだ小ぶりなので、単独で“人類初”のような技術にはチャレンジできない。ハイブリッドや燃料電池車は、今後の環境重視の時代を生き抜くためのキーワードだ。巨額の研究費がかかる技術の情報を手に入れる道だけはきちんと持っていないといけない。将来、気が付いたら負けていたという事態は避けたい。

12年に発売した当社初のハイブリッド車「XVハイブリッド」はトヨタに教えてもらいながら造った。今後発売を予定しているプラグインハイブリッド車も、トヨタの協力を仰ぎながら開発を始めている。

スバルがスバルであるために

「よそと同じことをしたくないという思いが車作りに表れている」と吉永社長は自信を持って語った
――世界の競争環境を考えると「小粒でもぴりりと辛い」存在であり続けられますか。どこかのタイミングで、トヨタの傘下に入らざるを得ない、ということはないでしょうか?

トヨタからの出資比率は16.5%だが、お互いに今のままでいましょうということで合意している。私が思っているのは、富士重工業という会社は自立しているから魅力的な部分があるということ。そうでないと、スバルがスバルでなくなってしまうんじゃないかな。

販売やマーケティングでも難しいでしょう。入社した時からリーダーのマーケティングを勉強している人と、ニッチャーのマーケティングを考えている人は何十年も差があるから、全然違う。

負けず嫌いだったり、反骨精神だったり、よそと同じことはしたくないという思いがわれわれの車作りにも表れていて、そこに多くのファンの方々がついてきてくれている。その“意地”を失くすと、トヨタにとっても(スバルは)魅力的な会社ではなくなってしまうでしょう。

(あるぢゃが誤記修正)
http://toyokeizai.net/articles/-/56562
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲號の近代化改修完了

本日、彩雲號の近代化改修が完了しました。めでたく「改」が付きましたヽ(´▽`)/

近所を一回りだけ乗ってきましたが、従来よりフラットな乗り味になりました。しっかりと足が仕事をしている感じです。予想通りの仕上がりで大満足です。

これでジオンはあと10年戦える(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」

えーと、ツッコミどころは無くはないのですが、吉永社長のお考えになっていらっしゃることは、賛同できるところも沢山ありますので、些かアレな「東京経済」ですが、全文引っ張っておきます。内容とタイトルは合ってませんね(≧∇≦)

「ジープ」と同じような「独特なブランド」を目指すっていうのは、とても面白いですね。とてもスバルの身の丈に合っていると感じました。

-----転載開始-----
「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」

20140106

「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業の快進撃が続いている。主力市場の米国は2014年の販売台数が初めて50万台を超える見通しだ。足元では14年夏に発売した新型「レガシィ」シリーズが売り上げに大きく貢献している。
米国販売の拡大で業績もうなぎのぼり。2015年3月期は3期連続で過去最高純益を更新する見通しだ。絶好調のスバルに死角はないのか。吉永泰之社長に直撃した。

――米国市場の好調ぶりをどう受け止めていますか。喜びなのか、それとも危機感でしょうか。

 これだけスバルというブランドを買っていただけるのは喜び。ただ、やはり社内の課題として、急成長に伴うひずみもある。物流や部品の供給体制など、今は必死になってインフラ関係を追いつかせようとしている。私が一番強く言っているのは「とにかく安全と品質だけは何があっても最重要だ」ということ。

需給が逼迫すると、製造部門は「ラインを止めるわけにはいかない」という気持ちになりがちだが、品質にちょっとでも不安があれば止める。供給が足りないことは反省すべきで、もちろん整備していく。ただ、ここ(品質)が崩れると、根っこから崩れてしまう。

われわれの強みは前身の飛行機会社(中島飛行機)のDNAから来ている。この特徴を一言でいうと「安心と楽しさ」。だから社内の安全基準が異様に高い。よそから言われてやったのではなく、最初から高い。そうした中で、「ぶつからないクルマ」を作ってみたくなるわけです。

「110万台+α」に込めた意味

――吉永社長は常々「100万台以上は目指さない」と言ってきました。しかし今年5月に発表した中期経営ビジョンでは、2020年の目標として「110万台+α」と掲げました。

数を追わない、という考え方は変わっていない。ただ、(外から)100万台はもう超えてしまうでしょうと言われ始めて、次の目標が必要になった(14年度の世界販売見通しは約91万台)。とはいえ150万台とか、そういう数字を出すと、世の中から、そして社内から絶対に誤解される。「スバルは数を追い出した」と。社内で勘違いされないことが一番大事。だから妙に刻んだ110万台という数字を出した。それでも、「すぐに達成するでしょう」と言われ、「+α」というものをつけた。

なぜそう言われるのかというと、目標台数の大半、(2020年の北米の販売目標である)60万台を占めるのが今一番伸びている北米だから。最近は、「あと1年くらいで達成できるのでは」と何度も言われる。達成したらしたで、せっかくお客さんに買ってもらっているのに、それ以上の数字を出しませんというわけにはいかない。

――数は追わずに、「100万台で打ち止め」ということはできないのですか?

吉永社長はスバルのポジショニングを「スマイルカーブ」を使って表現した
それは現実的ではないでしょう。現在米国には621のディーラーがあって、一昔前は1店舗あたり年間350台も売れていなかったのが、今となっては800台になっている。ディーラーの経営者からすれば、店の規模の差はあるにしても、平均1000台は行けると考える。そこでメーカーとして「供給しません」なんてことを言ったら、極端にいえば訴訟ものですよ。

当社として高い台数目標を掲げたことは一度もない。ただ、買っていただけるものに対する供給責任は当然ある。今年、暦年で米国販売が50万台を超えれば、来年の全米ディーラー大会で50万台という目標を言えるはずがない。台数を減らそうとは言わない。伸び率が小さくてもプラスの数字。それが51万でもいい。

スバルが量を追うのは自殺行為

――少しずつでも数が増えていくことで、「スバルらしさ」が保てなくなるということはありませんか?

これだけ世界でスバル車に乗ってもらえる人が増えてくると、もっと増やしたくなるのが人の常。私も元々は営業部門だったから気持ちはよく分かる。営業が欲しくなるのは、より多くの量をさばけるコンパクトカーだ。しかし社内では「数を追えるクルマが必要という思考回路に入るな」といつも言っている。スバルの個性から離れて普通になってしまうから。

今、どちらかというとニッチマーケティングをやっている。経営学で引き合いに出される「スマイルカーブ」では、ニッチの事業に集中して特徴を出す会社の利益率が高い。成長したくなって商品数を増やしていくと収益性は下がり、もっと量を増やしてトヨタ自動車のような支配的地位になれば、また利益率は高くなる。

自動車というのは今となってはほとんど成熟産業で、これからトヨタや米ゼネラル・モーターズ(GM)のようには絶対になれない。われわれにとって量を追うのは自殺行為なんです。

”欠点”を特徴にしてしまう

――ではその個性をどのように守っていくのでしょうか。

当社ぐらいの規模の会社は、良かれ悪しかれ皆同じ戦略を取ってくるはず。「走りの楽しさ」なんて、全員言うに決まっている。となると、スバルもマツダも言っていることが同じだという話に必ずなる。

その中でも利益率を維持できるのか。そこからが自分たちの戦い。”旗”の立て方は、根源的な議論を経たものなのか。実態が伴っていないと勝てない。そこでわれわれが打ち出したのが「安心と楽しさ」。ここで突き抜けようとした。

一度、「レガシィ」を出したら、ずっと「レガシィ、レガシィ…」と言い続ける。スバルはそんな会社です。ある意味では変化に対して弱い。世の中の変化に合わせて刷新していく力が弱い。昔は欠点と言われたところで、社内でもみんなそう思っていた。でも、逆に特徴にしてしまえば欠点にはならないのではないか。1つの商品を出したら、それを磨きに磨く。「僕たちは死ぬまでずっとレガシィを磨き続けます」って、悪くないでしょう。

自動車メーカーの機軸がもっとあっていい

亡くなった米アップルのスティーブ・ジョブズは、商品の数を増やしていないですよね。数を絞り込み、その商品がものすごくよく考えられていれば爆発的に売れる。スバルも商品が少ないからこそ作り込んでいるということを本当にやれば良いじゃないかと。「考え抜いた『アウトバック』(新型SUV)です」というメッセージに、米国でも反応してもらっている。

――スバルが個性を磨くということは、ドイツ車のようなプレミアムブランドになるというわけでもないような気がします。

自動車のブランドには、プレミアムとそうじゃないものくらいしかない。たとえば、ファッションのブランドというのはたくさんの機軸があって、オートクチュールの高級品からスポーツ衣料までたくさんある。

スバルはSUV(スポーツ多目的車)や4輪駆動に特徴がある。自動車にも、たとえばもっと「スポーティー」なブランドがあって良いはず。あるいは、「良い道具」のような機能的な価値を訴求するブランドでもいい。そこでは安全性能も重要。米国の調査機関で最高の評価もいただいている。結局米国での支持の根っこにあるのは、安全性能の高さなんだと思う。

――現在の自動車メーカーで独自の立ち位置を築いているブランドは?

海外でいえば「ジープ」がそうでしょう。米国ですごく売れている。プレミアムというわけではなく、ジープはジープという独自のブランドを確立しているのではないでしょうか。

http://toyokeizai.net/articles/-/56542
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Next Challenge Begins. SUBARU BRZ GT300

SUPER GTに参戦しているマシンの中で、確か最小排気量。EJ20で戦い続けることが、どれだけ難しいことか。

大切なのは「諦めない」こと。勝てないから車を変えるとか、エンジンを載せかえるとか、そういう小細工が一切できない「SUBARU BRZ GT300」を今年も応援していきます。


https://www.youtube.com/watch?v=kkNigA66_qE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅警備隊勧誘PV

自宅警備隊、いーなー(* ̄ー ̄*) < いいヲッサンが何を言ってる。志願しちゃおうかなぁ(爆)

自宅警備隊勧誘PV

https://www.youtube.com/watch?v=gTCP9HZVX7s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【くぎゅうう】 楽園追放 Expelled from Paradise 【尻アニメ】

あ、すっかり昨年末になってますね(笑)

ゲットしておいた「楽園追放 Expelled from Paradise」を視聴しました。
いや〜、確かに友人のところでは「これは良い尻アニメ」と評されるだけの事があって、確かに尻を堪能いたしました(爆)

マジレスすると、しっかりとした骨のある「尻a」・・・じゃなくて、SFしてましたね。想像以上に良い印象を持ちました。まあ、ストーリーは有りがちと言ってしまえばそれまでですが、「尻a」・・・じゃなくて、見せ場もしっかりと作り込まれていました。どこの話に触れてもネタバレになりますので、内容に触れる事ができないってほど、緻密に作られています。視聴後の気分も上々、いい作品を見させていただいたという感想です。手元には「ブラックホークダウン」も有ったのですが、正月休み最後に見るのはこちらで正解だったかもしれません(≧∇≦)

しかし、3DCGIもここまで来たんですね。全く違和感なく最後まで見られたのは、年末に買い込んでおいたバーボンが効いているだけとは思えませんです、はい(≧∇≦)

脚本に「虚淵 玄」さんが名を連ねていたので、何人お亡くなりになるのかとハラハラしていたのですが「翠星のガルガンティア」の路線でしたのでよかたです(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進捗どうですか?

これを書くと友人のお仕事が捗るらしいので貼ってみました。イベントに向けて、お正月返上で奮闘中とのこと。がんばってください!!

20140104

お仕事が片付いたら、オフ会しますよー。美味しいピザを食べに行きましょうヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見切り千両、損切り万両

「見切り千両、損切り万両」、株式投資の格言なのですが、ちょっと思うところが有って、密林に予約を突っ込んでるモノを幾つかキャンセルしようかと考えてます。

ただ、「ああ、あの時に」ってなりそうなモノもあって、昨年末から迷ってますです(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レースカー@マツダ・ターンパイク箱根

せっかく高い技術があるんだから、真面目にアタックしろよ。> ドリフトGT-R
前に進まないで煙にしてるなんて、一人でバカみたいじゃないか(爆) < コイツのモータースポーツの価値観はタイム至上主義なので(≧∇≦)

Motorhead Hill Climb Sponsored by Recaro

https://www.youtube.com/watch?v=ORu58PY1S_g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

20150101

今年は私にとってちょっと曰くのある年です。この節目の年にあたって、昨年から少しずつ準備して来たことを、とてもゆっくりですが動かしてみようかと考えています。

覚悟をもって準備をしてきた事ですので、最初は牛歩でも「不退転の決意」は固めております。気持ちとしては「皇国の興廃この一戦にあり」ですね。

自身の決意を揺るがぬものとしておきたいので、新年のご挨拶と一緒にここに宣言をさせて頂いた所存です( ̄^ ̄)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »