« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

今年最後の更新になります

なんだか、今年もあっという間に終わってしまったような感じです。

隔週でグンマーに帰省している関係もあるのでしょうが、なんだかとても慌ただしい一年でした。でも、そんな中でも、友人のみなさまのお陰で充実した時間を過ごすことができたこともあり、悔いは無かったかなと思っています。

さてさて、これから年越し蕎麦を食べ、紅白歌合戦でももクロZとPerfumeと奈々様を観たら、とっとと寝ようかと思ってます。明日もグンマー行きですので早起きです(≧∇≦)

今年も当Blogをお引き立て頂きましてありがとうございました。来年もぐだぐだと続けようと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

2014/12/31
Algernon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動かないシステム

先日、こんな事がありました。

古い友人のBlogの記事に「ボケ」をかまそうと思い、コメントをしたらなんとスパム判定が出ました(爆)

まあ、ゴミの様なコメントなので、スパムと見做されても仕方ないと思いつつ、スパム判定が出ました〜とメールを出させていただきました、

ところがこの友人からの返事のメールが全く届かない。「いや、これは本当に失礼な事をしてしまったのでは?」と焦り始めます。私もこの世界に潜ってもうん十年も経ちますので、見解や価値観のちょっとした違いで、相手を本気で怒らせてしまった例は何度も見て来ております。個人的には良しとしても、こういうボタンの掛け違いは悪い方に転がることが多いので、無礼な「スパム」判定されたコメントに関してのお詫びのメール送信させていただきました。

しかし、これでもまだ友人からのメールの返信が届かないのです。「これは完全にやっちまった。・゚・(ノД`)・゚・。」と思い。メインで使っているメール鯖の中をIMAPで潜り、迷惑メール、ゴミ箱などを片っぱしから開いて見て友人のメールを探しました・・・・なんと、友人からの大切なメールは、私の設定していたスパムメールフィルタに引っかかり、ゴミ箱に放り込まれていました(´・ω・`)

友人はこの件について、徹底的に調査して下さっており、やはりスパムフィルタの設定を見直して下さっておりまして、どうやら私の書いたコメントの中に「禁止ワード」を含む言葉が含まれていたということが解りました。コメントの中の「ヌードル」の「ヌード」が引っかかったとのことです。

しかし、今回のこの事案、厄介な状態になってきてるなぁと思っています。コメントを書けばスパムと見做され、返事を頂いてもスパムと見做され、相互のコミュニケーションは、システムにより完全にシャットアウトされてしまっています(ーー;) これでは本来、丸く収まるはずのものも角が立ってしまい、最悪の場合は「仲違い」になってしまいそうです。

この事を鑑みて、私のメインで使っているメール鯖のスパムフィルタは全て解除しましたが、この事で毎日200件を超えるスパムメールが私のクライアントに襲いかかってきています。過去にも重要なメールを読みこぼしていた可能性は大ですね。今となってはどうにもなりませんが(´・ω・`)ショボーン

スパム業者はくたばっちまえと本気で思ってますですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【Hatsune Miku(初音ミク)】Let it go/Frozen 日本語版 ありのままで アナと雪の女王

申し訳ございません。

「アナと雪の女王/Frozen」、最初は馬鹿にして観てませんでした。先日やっと見ることができたのですが、すごく面白かったです。

「ディズニーに外れ無し」なんで、当たり前といえば当たり前なんですけどね。

このMMD、とっても良くできてます(≧∇≦)

【Hatsune Miku(初音ミク)】Let it go/Frozen 日本語版 ありのままで アナと雪の女王【MMD】

https://www.youtube.com/watch?v=MYfFcg3HYIA

で、「Let it go」の日本語訳の歌詞なんですが、実はかなり前向きに書き直されてるんですよね。こっちが元に近い歌詞です< 変なところを突っ込むなよ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後のお布施(≧∇≦)

このライブのBD、待ってんたんですよ。大好きな楽曲が沢山演奏されていますヽ(´▽`)/
どっぷりと梶浦節に浸かりますかね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで年が越せる

201412253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて、あと1日だが

201412253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU 東京オートサロン2015 出展概要

ウチのBlogでの注目は二点。

レヴォーグの6MTバージョン、これは無かった方がおかしいですね。

床はWRXとほぼ共用ですしおすし。・・・ってことは、あの話はがああなったということで、そろそろ解禁でしょうか。あーっと、何を言ってるか解らないと思いますが、この話は紳士協定があるので書けないんですよ。

もう一つは、六代目レガシィのブリッツェン。こっちもエンジンがどうなるかですねー。

-----転載開始-----
東京オートサロン2015 出展概要

201412252

富士重工業は、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1と共同で、2015年1月9日~11日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC*2」に出展します。

スバルブースには、スバルのデザインコンセプトモデルである「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」や「SUBARU XV SPORT CONCEPT」、STIパフォーマンスチューニングモデルの「LEVORG S CONCEPT」など、スバルの新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを展示します。

また、2015年のモータースポーツ参戦予定車として、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2015」の展示も行います。参戦予定車の詳細など来季モータースポーツ参戦体制については、1月9日のプレスカンファレンスにて発表します。

SUBARUオフィシャルWEBサイトでは、オートサロン特設WEBサイト(http://www.subaru.jp/tas2015/)を開設し、参加型のコンテンツやスバルブースに関する情報を配信します。

スバルブースの様子は、「SUBARU-USTREAM」(http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream)*3、ニコニコ動画(http://ch.nicovideo.jp/subaru-channel)*4のライブ配信を行います。

http://www.fhi.co.jp/news/14_10_12/14_12_25_110762.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバルのBOXER 6エンジンが近い将来、生産終了に!?

いやいや、ダッジ・チャージャーのヘルキャットやら、カマロ Z/28なんかと比べれば、半分の排気量ですしおすし。

いや、でもねぇ。六代目レガシィのEZ36の国内販売が無いって辺りで、この記事、不気味な信憑性が出てくるんですよね。ライバルのエンジンに対して、出力的に優位性が有るわけでもないですし、ポルシェのようなプレミアムなメーカーのエンジンでもないですし。

これがもし現実になってしまったら、彩雲號が動かなくなるまで、降りられなくなりますね(≧∇≦)

-----転載開始-----
【リポート】スバルの6気筒エンジンが近い将来、生産終了に!?

20141225

自動車ファンの中には、ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」のスーパーチャージャー付6.2リッターV8エンジンや、シボレー「カマロ Z/28」に積まれた7.0リッターV8エンジンを好む人も多いだろう。しかし、我々が生きる今という時代は、小排気量エンジンにターボチャージャーを付けた"ダウンサイジングターボ"が主流となってきているのが事実だ。数年前なら6気筒エンジンを積んでいたモデルでも、今では4気筒ターボエンジンを搭載するのが定番となっている。スバルもこの流れに乗り、3.6リッター水平対向6気筒エンジンの生産をやめるかもしれないというニュースを、オーストラリアの自動車情報サイト『Car Advice』が伝えている。

もっとも、かつて世界ラリー選手権でその名が知られた「WRX」をはじめ、スバルというブランドはすでに4気筒ターボ・エンジンと強く結びつけて考えられているので、BMWなど他社のファンに比べると、スバリストたちが大騒ぎすることはないだろう。実のところ、現在6気筒ボクサー・エンジンを搭載しているモデルは「レガシィ」と「アウトバック」だけである。

『Car Advice』は、スバル技術本部・車両研究実験総括部の次長を務める堀陽一氏に、同社が考えるパワートレインの今後の方向性、少なくともオセアニア圏向けとして検討されているプランについて取材。堀氏は「6気筒エンジンが世界で姿を消しつつあることは認識しています。現に多くのメーカーがより小さいエンジンにターボチャージャーを付けたり、あるいはディーゼル・エンジンやハイブリット・システムを採用したりしていて、これからもその傾向は続くでしょう」とコメント。さらに、「ボディサイズを考えると、2.0リッターのターボチャージャー付きが妥当ではないでしょうか」と持論を展開した。堀氏によれば、スバルが水平対向6気筒エンジンの生産を続けてきた大きな理由は、4気筒ターボ・エンジンの方がオイル交換などのメインテナンス・コストが高くつくため、毎日乗るクルマには自然吸気6気筒の方が適していると考える人が多いからだという。

すでに米国では「WRX」と「フォレスター」に設定されているターボチャージャー付き2.0リッター4気筒水平対向エンジンが、レガシィやアウトバックにも搭載されるだろうということは、容易に想像できる。今回の堀氏のコメントはオーストラリア市場に向けてのものだが、今年初めに噂された、レガシィなどミッドサイズのモデルに排気量を縮小した水平対向6気筒エンジンが搭載され、4気筒エンジンは直噴ターボとなるという説の真偽が気になるところ。今後の動きに注目したい。

http://jp.autoblog.com/2014/12/24/subaru-ditching-6-cylinder-engines-report/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sanwaサプライ、ブルーLEDワイヤレスマウス 勝手に通称「シャア専用マウス」

10月から稼働している某局地戦仕様窓機「Simakaze」のマウスがあまりにpoorなので、操作性が良くてCoolなマウスを探しておりました。ふと、メールマガジンで配信されて来たマウスの色味に惹かれて、溜まっていた楽天ポイントを突っ込んで買ってしまいました。

手元に届いた美しい化粧箱に入ったマウスを見てびっくりしました。マット・レッドだとばかり思っていたのが、なんと鮮烈なメタリック・レッド。こ、これではあの通常の三倍速いと言われるジオン公国のエースパイロット専用マウスではないでつか(爆)

20141222

・・・あまりにカコイイので、クリックしないで眺めてます(爆) あ、仕事が三倍早く捗っても、通常の人と大差ないというのは、ここだけの話(ノ∀`) アチャー

サンワサプライのデザイナー、完全に狙ってるな。これは侮りがたし(≧∇≦)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィアット「S76」の28.5リッター4気筒エンジンが、1世紀の時を経て蘇る!

エコカーだ...と?!

男は黙って内燃機関だ(爆) 

-----転載開始-----
【ビデオ】フィアット「S76」の28.5リッター4気筒エンジンが、1世紀の時を経て蘇る!

レース用マシンのエンジン音が小さくなっている傾向にあるように、モータースポーツに電気自動車や燃料電池車しか残らなくなれば、内燃エンジンから発するあのバン、パン、ゴォーという聞きなれた爆音を耳にすることもなくなってしまうだろう。この短いクリップ映像は、世界最速記録の樹立を目標にして作られたフィアット「S76」が、1世紀以上もの長い年月を経て再び目覚める瞬間を捉えている。今後、こうした映像がより懐かしく感じられる時代が来るのだろうか。

この「S76」に搭載された4気筒エンジンの排気量は、自動車史上最大の28,353cc(ミスタイプではない)。1シリンダーあたりの排気量が、シボレー「カマロZ/28」のV8エンジンに相当する。排気管が装備されていないこのエンジンがかかった瞬間は、まるで悪魔が火花の雨を降らしているかのようだ。
1,900rpmで290馬力を発生し、1912年にアメリカ・ロングアイランドにて290km/hという速度を記録したという。これを搭載するS76の全長は3,750mm、全幅1,300mmに対し、ホイールベースは2,750mmもあるそうだ(当初は「全高」と書きましたが間違いです。申し訳ございません。お詫びして訂正致します)。

この映像は、レース用マシンの歴史を記録したドキュメンタリー映画『Beast of Turin(トリノの野獣)』の予告編。映画ではS76のレストアが中心に描かれるという。その全編の公開が待ち遠しいところだが、まずは100年前の恐竜が長い眠りから目覚める瞬間を、是非ご覧いただきたい。

The Beast of Turin trailer from stefan marjoram on Vimeo.

http://jp.autoblog.com/2014/12/07/lsr-engine-firing-up-first-time-100-years-video/
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つうかさ、おまえアレだろ?

SNSの中で、最近、やたらに商売っ気を出してiPhoneケースやらを必死に売ろうとしている奴がおりまして(笑)

そういう、某バカ発見器のつぶやきを垂れ流しているものだから、自然と目に入るわけです。で、こいつが売ろうとしているモノの中に、私のキャリアから見て、看過できないモノがありました。
軽く突っ込みを入れてやったら、「無記名だ、卑怯者」と(≧∇≦)

私は知り合いのところにはきちんと情報を残すようにしておりますが、通りすがったようなところには一切本物の情報は残すことはしませんよ。それがネットでの常識ってもんでしょ?(爆) まして某バカ発見器に垂れ流しておいて、この言い草は余程のアレ以外にはないですね。

元から本気で相手にする気はないんですけど。困ったもんです( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喧嘩の流儀

・・・彩雲號の近代化改修計画で、ちょっと看過できないことが起こってるので、関係者に話を通す(爆)

スバリストはスバルの最大の理解者だが、逆に流儀にそぐわないことに関しては徹底して厳しいのである。いつまでもニコニコ笑って許してるとは思うなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で起きているサイバー攻撃のリアルタイム地図、米セキュリティー企業が公開

今日は本当なら別のトピックを用意してあったのですが、ちょっと思うところがあってこっちを。

「電子戦」ってSF映画の中のものだと思ってたのですが、日常的に起こっているののがとても良くわかるサイトです。

私が見たタイミングでは、やはりターゲットはアメリカ、そしてこれも「やはり」、攻撃元は支那、南朝鮮。アメリカは常に脅威にさらされていますね。これはセキュリティ担当者は寝ていられません(≧∇≦)

ネットの世界でも、「特亜はやっぱり特亜」だたという(爆)

http://map.ipviking.com/?_ga=1.106938115.1477390587.1388686673#

-----転載開始-----
世界で起きているサイバー攻撃のリアルタイム地図、米セキュリティー企業が公開
(下の画像はクリックで拡大します)
20141219

米国のセキュリティー企業Norse社は、世界のどこからどこへサイバー攻撃が行われているのかリアルタイムでわかるマップを公開している。
「40カ国以上に存在する多数のダークネットから発する脅威の最新情報を、随時、収集して分析している」とNorse社は説明する。「表示している攻撃は、Norse社のハニーポットに対する最新のトラフィック流入の一部に基づいており、常習犯による世界のサイバー攻撃の実態を表している。いま、どの国が、どの国を、どの攻撃方法で標的にしているのか、ひと目でわかる」
このマップは、特にIntroversion社の名作ゲーム「DEFCON」になじみがある人にとっては、現実というよりもヴィデオゲームのように見える。しばらく眺めていると、米国と中国、両国からの多数の活動を目撃することになるはずだ。
(抜粋)

http://wired.jp/2014/07/01/norse-hacking/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画】スバルのアイサイトが凄い!! 一般道で見事に事故を回避!!

凄いのは知ってましたが、ここまで凄いとは!!

先日の、ホンダがダメだしを食らった記事を読むとわかるのですが、スバルのeyesightにはカタログで公表されている以上の性能が組まれているモデルが存在するのか、これがVer.2の素の性能なのかは確認できませんが、どっちにしても驚かされてしまいました。多分、安全マージンを取った上でのカタログ値なんでしょうね。

流石は元飛行機屋です。スバリストとしてもとても鼻が高いです(≧∇≦)

-----転載開始-----
【動画】スバルのアイサイトが凄い!! 一般道で見事に事故を回避!!

スバル フォレスターの車内から撮られた映像です。右側から信号を無視したベンツが突っ込できますが…見事にアイサイトが危機を救ってくれたようです。実際にこのような例を見ると危機回避システムの重要性を感じます。

アイサイトでの事故回避例

https://www.youtube.com/watch?v=8Hp0H-auFXk

http://magazine.vehiclenavi.com/archives/2780
-----転載終了-----

【ご参考】
フォレスターのアイサイトver.2の時速50km/hは停止は、カタログ値以上の性能です。

JNCAP 被害軽減ブレーキ試験 普通車編

https://www.youtube.com/watch?v=apAZOLgw3zU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」 フルバージョン

遅きに失した感じはしますが、記録としてクリップしておきましょう。

今年で東京駅は100周年だったそうで、鉄分が無い私は華麗にスルーしてました。ええ、このアニメが流れてくるまではそんなことすらも知りませんでした(≧∇≦)

しかし、こういうストーリーは最近ダメですねぇ(笑)先日も高倉健さんの「鉄道員」を見て、ボロ泣きしたばっかりです。・゚・(ノД`)・゚・。

アニメ「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」 フルバージョン

https://www.youtube.com/watch?v=NDSOxDaLzOA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【偏向報道】投票率全国平均52%は高いか低いか【TBS】

投票率全国平均52%は高いか低いか。

ええ、史上最低だそうですが、私はそれも含めて「民意」であると解しています。投票に行かなかった國民は安倍政権に対して、白紙委任状を渡したのと同意ですので。

以下は通称「バカ発見器」で流れた情報(≧∇≦) 今回はしっかりと機能していますね(爆)

今に始まったことではありませんが、TBS、バカ過ぎワロタ(爆)

-----転載開始-----
ワロタw

TBSにて

―今回の投票率全国平均52%について
「低すぎですよ。こんなもんは選挙として破綻してます!」

―沖縄で民主勝利について ※沖縄の投票率全国平均とほぼ同じの52%
「これが民意ですよ!国民は自民党にNoを叩きつけたということですよ」

20141217
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とは言え・・・

ここまで圧勝してしまうと、いろいろと風当たりが強くなるでしょうね。
特にマスメディアとかマスメディアとか、あとはマスメディアとか(笑) 

20141214

しっかりと國民の一人として支えていかないとですね(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当確キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ええっと、どこの選挙区なのかは明かすことはできませんが、支持している先生の当選が確実になりました。心配してはいませんでしたが、やはり当確は嬉しいものです。

いろいろな事情があって、選挙事務所に出向くことはできませんでしたが、ご活躍に期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型「マツダ ロードスター」ローンチビデオ/ All-new Mazda MX-5 Launch Film

多分、スバルに乗っていなかったら、次に選ぶクルマ。・・・ってか、スバルに乗っていなかったら、ある意味でのこのクルマの面白さって、理解できなかったかもしれない。

里に居た時に、このクルマの大ファンの後輩がいましたが、彼は今でも乗っているのだろうか。

新型「マツダ ロードスター」ローンチビデオ/ All-new Mazda MX-5 Launch Film

https://www.youtube.com/watch?v=pM5p_neTRDE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納期の守れない奴は・・・

20141213
どんどんしまっちゃうからね。

明日の午前中の出方によっては、堪忍袋の緒が切れますよ。多分(≧∇≦)

いつも笑って許すとは思ってるなよ。うちのBlog過去ログをご覧いただければ、小生が切れたらどうなるか解るはず(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX 新型、米10ベストエンジン受賞…日本車で唯一

ああ、WRX STIのEJ25じゃ当たりm・・・と思ったら、FA20ぢゃないですか(  Д ) ゚ ゚

確かにいいエンジンなんですけどね、ここであーだこーだいうのは無粋というもの(≧∇≦)
なんにしてもめでたいヽ(´▽`)/

-----転載開始-----
スバル WRX 新型、米10ベストエンジン受賞…日本車で唯一

20141211

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは12月12日、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2015」に、新型『WRX』(日本名:『WRX S4』)用のエンジンが選ばれたと発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10台を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者が10エンジンを選出する。

選考条件は、2015年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万ドル(約710万円)以下に限定される。したがって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外された。

10ベストエンジン2015に選出されたのが、新型スバルWRX用の直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボ。米国仕様の場合、最大出力268ps/5600rpm、最大トルク35.7kgm/2000-5200rpmを発生する。

10ベストエンジン2015に選出された日本車は、新型スバルWRXが唯一。『ワーズオートワールド』誌のエグゼクティブエディター、トム・マーフィー氏は、「ある編集者は、歴代最高のエンジンと評価。また、ある編集者は約12km/リットルの燃費性能を高く評価した」とコメントしている。

http://response.jp/article/2014/12/11/239391.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「次世代の党」ではダメな理由

SNSの友人のつぶやきを貼っときます。
一人、二人を国政に送り込んだところで、焼け石に水ってことがよ〜くわかります。さあ、こんな風に保守派の票を割って、利するところはどこでしょうね。そう、強力な組織票を持ってるあそことかあんなところです。

-----転載開始-----

議席数による政党としての活動が制限される目安です。

・衆議院で50議席を下回ると予算が必要な法律案の提出ができなくなります。
・衆議院で20議席を下回るとあらゆる法律案提出権がなくなります。
・衆議院と参議院で5議席以下になると政党ではなくなり政党交付金が貰えなくなります。

この他に質問時間も議席数によって違います。

-----転載終了-----

右巻きも「左巻きのお花畑」を笑ってられないってことですわ(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小選挙区は自民党、比例区は次世代の党」という風潮

20141209

なんだかネット界隈の保守系の方々が、「小選挙区は自民党、比例区は次世代の党」というフレーズで次世代の党の議員を国会に送り込もうとしている風潮があるようですが。

えーとですね、細かいことを書いてるほど暇じゃないですし、人がどこに投票しようが、そんなことは、ウチのBlogでどうこう言う筋合いのものでは無いので、アレでも解る一番簡単な所で書きますね。

「なんの実績をも持たない、「次世代の党」の議員に何ができるの?」

ってことがひとつ。

もう一つは・・・

「一人や二人を国会に送り込んだところで、力は無し」

・・・ってこと。

確かに私は右巻きですよ。でもね「理想ばっかり並べて仕事ができない議員」を国会に送り込んで、日本の國が変えられると思っているような「お花畑」ではないんですな。このフレーズを触れ回ってる連中は、「あの地獄の3年3ヶ月」で何を学んだんですか?

今の國難を乗り越えるのには、自民党以外の選択肢は無いんですよ。平沼先生、西村先生、石原先生も嫌いじゃないんですけどね。ああ、幸福の科学がバックに憑いてる田母神さんも居ましたか。でもね、ここの為に票を割ることでどこが一番喜ぶかって辺りを考えると、こんな事に貴重な一票を使ってるほど日本の國には余裕は無いんです。そこの辺りをよーく考えてみてくださいね。

明日の日本の事を現実的に考えるなら、自民党に安定過半数を取らせることで、「連立与党」の首根っこを掴まえる以外の方法は無いって事です。あなたも保守派を標榜するなら、

「小選挙区は自民党、比例区も自民党」

・・・の一択ですよ。

すこしは、現実を見考えてみてくださいなっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

麻生氏また“問題発言”「子供産まない方が問題」、講演、と書き起こし

例によって麻生副総理の発言を切り貼りして「問題発言として捏造」してますね。いつものマスコミの手口です。もしかしたらまたそうかな・・・と思ってましたが、案の定です。

こういう問題にセンシティブに反応する、私の友人の中で左から数えて2番目位に座ってる「ソレ系の女性」が、アレ御用達のソーシャルメディアでヒステリーを起こして大騒ぎしてました。

いつもソースも調べないで、知識人ぶってるところが痛いです(≧∇≦) < お前もなー

-----転載開始-----
麻生氏また“問題発言”「経営者に能力がない」「子供産まない方が問題」

 麻生太郎副総理兼財務相の“問題発言”とも受け取れる発言を、8日の朝刊数紙が報じた。「自民党300議席超も」という衆院選の情勢調査が出るなか、民主党の海江田万里代表は麻生節を厳しく批判した。

 読売新聞は、麻生氏が6日、長野県松本市内での街頭演説で、アベノミクスに関連し、「間違いなく我々は結果を出した。60年ぶりの企業の利益率を出している」としたうえで、「(結果を)出していないのは、よほど運が悪いか、経営者に能力がないから」と発言したと報道した。

 朝日新聞と毎日新聞は、麻生氏が7日、札幌市内での応援演説で、少子高齢化で社会保障費が増えていることについて、「高齢者が悪いようなイメージをつくっている人がいっぱいいるが、子供を産まない方が問題だ」と語った報じた。

 麻生氏はその後、「昔は働く人6人で高齢者1人の(社会保障に)対応をしていたが、今はどんどん子供を産まない。結果として、もう少しすると(現役世代)2人で(担う高齢者は)1人になる」「それを避けるには、みんなで少しずつ(消費税で)負担する以外に方法はない」と続けたという。

 表現が特殊な真理とも、舌禍とも聞こえる麻生発言だが、海江田氏は8日午前の神戸市内での街頭演説で「好きこのんで子供を産まないのではない」「経済的理由や働き方によって子供を産めないのだ。この問題を何とかしないといけないのに、全くそういう自覚がない。(発言を)許していいはずがない」と批判した。

 果たして、有権者はどう判断するのか。
-----転載終了-----

肝心の発言は19分くらいからです。・・・すみません、何か問題でも?

それをしない限り日本の場合は少子高齢化になってて、昔みたいに働く人6人で高齢者一人の対応をしていたものが、今はどんどん子供を産まないから。なんか高齢者が悪いようなイメージを思い切り作ってる人がいっぱいいるけど、子供を産まないのが問題なんだからね。長生きしたのが悪いことなんか言ってもらっちゃ困りますよ。子供が生まれないから、結果として子供3人で1人の高齢者、もう少しすると2人でひとりになります。そら間違いなく税金が高くなるということですよ。それを避けるためにはみんなで少しずつ負担してもらう以外に方法がありません。ということで、私どもは消費税ということを申し上げております。

【書き起こしは以下のBlogから引用させていただきました】
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=16496

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由

うちのBlogのお客様はほとんどが男性だと思うのですが、とりあえず貼っときますねww

【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19592106

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル レヴォーグ の1.6リットル インテリジェントDIT、日本燃焼学会「技術賞」に

確かに乗ってみると、四代目レガシィの2.0R(EJ20 NA)に近いフィーリングで、とても乗りやすいエンジンなんですよね。CVTのチューニングにも大きく助けられていると思っていますが。

…っと、よく読むと記事では「2.5リットルNAエンジン相当の出力性能を達成」になってますが、これはちょっと盛りすぎ(笑)

-----転載開始-----
スバル レヴォーグ の1.6リットル インテリジェントDIT、日本燃焼学会「技術賞」に

20141207

スバル『レヴォーグ』に搭載する1.6リットル水平対向直噴ターボDITエンジン(インテリジェントDIT)が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で、2014年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞した。

日本燃焼学会は、国際燃焼学会の日本支部で、燃焼に関する基礎研究から機器の実用化研究まで行う、日本の燃焼研究分野において最も権威ある学会。この日本燃焼学会から授与される「技術賞」は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績をあげた個人又はグループに贈呈される賞だ。

1.6リットル インテリジェントDITは、今年6月発売のスポーツツアラー、レヴォーグに搭載。国産本格ダウンサイジングターボエンジンとして、レギュラーガソリン仕様に強くこだわりつつ、動力性能と環境性能を高次元で両立させることで、スポーツツアラーに相応しい新世代エンジンに仕上げた。

また2.0リットル直噴ターボエンジン技術を基に、排気量を1.6リットルとダウンサイジングしながらも、2.5リットルNAエンジン相当の出力性能を達成。レギュラーガソリンに対応させつつ、燃費性能を大幅に向上させた点が評価されての受賞となった。

http://response.jp/article/2014/12/05/239043.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を鑑賞してきました

今朝、朝一番の上映で鑑賞してきました。

まだ、2日目なのでネタバレは避けますが、期待していた所は期待していた以上、その他サプライズもバッチリです。まさかこんな風に繋げてくるとは思ってもみませんでした。話の密度も適度なもので、本編の流れで3話くらい挿入した感じです。「宇宙戦艦ヤマト2199」で再構築した世界観をしっかりと踏襲していて、最後には何故か泣けてきました。・゚・(ノД`)・゚・。

本編を観ていた方には、ぜひオヌヌメしておきたいエピソードです。いや、このエピソードから入ってもいいかもしれませんね(≧∇≦)

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」本編冒頭映像

https://www.youtube.com/watch?v=nw1C2cmNzBY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yupiteru GPS&レーダー探知機 霧島レイモデル Lei Lite(レイライト)

「痛レーダー探知機」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

しかも、声優さんはみゆきちさんですよ、みゆきちさん。大事なことなので二度書いて、二度リンクしました。

Yupiteru GPS&レーダー探知機 霧島レイモデル Lei Lite(レイライト)
20141206
http://lei-kirishima.jp/sp/leilite/

しかし、なんということでしょう。
彩雲號には昨年の夏にレーダー探知機を装備したばかりですしおすし(≧∇≦)ウヒョー!

でも、きっとこんなレーダー探知機で注意されたら、気が散ってしまい違う意味で危ない気がします(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレなのは解ってたけど

今日、オフィスに労働組合からのメールが届きました。組合報の号外が出たとの事で、何気なしにpdfを開けてみたら、とんでもなくレベルの低い事が書かれていました。

ええ、民主党が主張する「争点」のそのまんま丸コピーです。しかも、その書き方が、組合員の選挙に対しての「ミスリードを誘う」様な極めて悪質な内容でした。

あまりに眼に余るので、私が所属する支部の役員に抗議のメールを叩き込んでやりました。どこの政党を支持しようがそんなことは個人の自由ですが、やり方が公平でないのが気に入りませんでした。

まぁねぇ、あの悪夢のような3年3ヶ月の時に、「政権交代を果たした」と役員会で大喜びしてた連中ですから、さもありなんとも思うのですけどね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自民党 新CM(30秒Ver.)】「景気回復、この道しかない。」

【自民党 新CM(30秒Ver.)】「景気回復、この道しかない。」

https://www.youtube.com/watch?v=wObNcHUzRZ0

201412022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スバル圧勝、ホンダ惨敗」自動ブレーキ安全度評価でこれだけ差が開いた理由

思わず笑ってしまったのは、スバルもホンダも基本は「走り」を標榜するメーカーな訳ですが、明暗がくっきりと別れたこと。ホンダの社長の赤字の言い訳は実に見苦しいですね。止まれてからこれを言ってるならまだ解るのですけど、こんな体たらくではホンダの運転支援システムを購入された方が気の毒です。
( ̄▽ ̄;)

それと新運転支援システム「ホンダセンシング」とやらですが、システムの基本的なロジックが間違っています。人が前に居たら、方向転換ではなく止まるのが基本でしょう(爆)

さすがは天下の箱屋。もう、アホかと( ゚д゚)ポカーン

え? お前の彩雲號はどうなんだと? スバルですけど、しっかりとぶつかりますよ(≧∇≦)

(このヌース、あまりに面白いので、全文転載)

-----転載開始-----
「スバル圧勝、ホンダ惨敗」自動ブレーキ安全度評価でこれだけ差が開いた理由

20141202

 衝突被害軽減ブレーキなど交通事故を未然に防ぐ予防安全技術の普及が進む中、国土交通省が初めて実施した「ぶつからない車」の性能調査の結果がこのほど公表された。参加した国産8メーカー・26車種すべてで安全性が確かめられたものの、売れ行き好調なホンダ車や軽自動車が低評価をつけるなど、各モデルの性能には想像以上の差が開いた。今後はユーザーの車種選択にも影響を与える可能性が高く、各社の開発競争が加速しそうだ。

3車種が首位に

 10月23日、小雨が降る茨城県つくば市の日本自動車研究所で衝突被害軽減ブレーキのデモ試験が行われた。クルマの後ろ部分を模した張りぼてを、先導車両が時速20キロでゆっくりと牽引(けんいん)する。後ろから、急速に試験車が接近してきた。

 「ぶつかるっ!」

 そう思った瞬間、わずかな距離を残して試験車はピタリと停止した。

 国交省の委託を受けた自動車事故対策機構はこれに先立つ4~9月の6カ月間、同様のテストを行い、より高い速度を出した状態で衝突を回避したり、回避できなくてもどの程度減速できたによって得点を付けた。また、走行中に車線をはみ出すと警報を鳴らす装置の効き具合も調査した。

 その結果、トヨタ自動車の高級ブランド・レクサスの最上級セダン「LS」▽日産自動車の高級スポーツセダン「スカイライン」▽富士重工業(スバル)のワゴン「レヴォーグ」-の3車種が40点満点で首位を獲得した。

 波長の短い電波を照射して車や人の位置・速度などを検知するミリ波レーダーなど、高価な安全装備を搭載できる高級車が上位に入る一方、主に街なかでの利用を想定した軽自動車は全て10点未満に留まった。

挽回誓うホンダ

 結果が際立ったのが富士重工業だ。高価なミリ波レーダーを用いず独自の複眼カメラだけで対応した運転支援システム「アイサイト」が高い性能を発揮。最新型を搭載したワゴン「レヴォーグ」が1位になっただけでなく、旧型を積んだスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」「インプレッサ」もトップ5に食い込んだ。

 同社の吉永泰之社長は「良い評価をもらった。とにかく事故を減らそうと、20年間開発を続けてきた成果だ」と目を細める。

 これに対し、振るわなかったのはホンダだ。自社最高位のミニバン「オデッセイ」ですら25.3点と平均点をやや上回るのにとどまり、平成25年12月に発売したばかりのSUV「ヴェゼル」は軽自動車を下回り26車種で最下位となった。

 ホンダは車線はみ出し防止機能を15年にいち早く商品化するなど、予防安全分野の開発には力を入れてきた。ただ、伊東孝紳社長は「車は人が運転するものだ。止まりきるところまで車に預けていいのかという躊躇(ちゅうちょ)があった」と振り返る。実用化をためらう間に他社から出遅れた形だ。

 後れを取り戻す秘密兵器が、新運転支援システム「ホンダセンシング」。来年1月発売する新型高級セダン「レジェンド」から搭載する。ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムで、時速60キロまでなら衝突前に停止、80キロまでなら減速して被害を軽減できるほか、歩行者がいる場合は直前で方向転換して人身事故を避ける機能も世界で初めて盛り込んだ。

 ホンダの研究開発を担う本田技術研究所の山本芳春社長は「次回は必ず40点満点を取る」と挽回を誓う。

 価格を抑えた軽自動車は高価な予防安全システムを搭載できず、今回の性能調査で普通車と大きく差を付けられた。だが、ホンダは将来的に軽自動車「N」シリーズにもホンダセンシングを搭載する予定。次回評価では順位が大きく変動する可能性もありそうだ。

拡販の宣伝材料に

 性能調査は一部車種を除き自動車事故対策機構がメーカーに呼びかけ、試験車両を提供してもらう形で行われた。外国メーカーにも日本自動車輸入組合を通じて参加を呼びかけたが、「各社の判断」(同組合)で見送り、集まったのは国産メーカーのみとなった。

 メルセデス・ベンツ日本の担当者は「初回だったのでどの程度の事前準備が必要かなど詳細が分からず、参加しなかった」と話す。

 ただ、予防安全技術の評価は、欧州では既に自動車保険料の割り引きなどに利用されており、日本でも今回の性能調査結果を受け、試験をした同機構には保険会社から問い合わせが相次いでいるという。

 また、これだけ性能差が明確に示されれば、新車を買う際の判断基準になるのは確実だ。消費税増税で国内販売が落ち込むなか、各社はあの手この手で拡販に取り組んでおり、富士重は早くもレヴォーグの今回の最高評価をテレビCMで大々的に宣伝し始めた。

 業界内では「従来も効果的な宣伝材料だったが、公の評価が加わったことでさらに重要性が増すだろう。各社が開発を加速するのではないか」(大手幹部)との見方が強まっており、「ぶつからない車」は今後さらに進化していきそうだ。

http://www.sankei.com/premium/news/141129/prm1411290002-n1.html
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »