« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を鑑賞してきました | トップページ | 【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由 »

スバル レヴォーグ の1.6リットル インテリジェントDIT、日本燃焼学会「技術賞」に

確かに乗ってみると、四代目レガシィの2.0R(EJ20 NA)に近いフィーリングで、とても乗りやすいエンジンなんですよね。CVTのチューニングにも大きく助けられていると思っていますが。

…っと、よく読むと記事では「2.5リットルNAエンジン相当の出力性能を達成」になってますが、これはちょっと盛りすぎ(笑)

-----転載開始-----
スバル レヴォーグ の1.6リットル インテリジェントDIT、日本燃焼学会「技術賞」に

20141207

スバル『レヴォーグ』に搭載する1.6リットル水平対向直噴ターボDITエンジン(インテリジェントDIT)が、「過給ダウンサイジングエンジンの開発」で、2014年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞した。

日本燃焼学会は、国際燃焼学会の日本支部で、燃焼に関する基礎研究から機器の実用化研究まで行う、日本の燃焼研究分野において最も権威ある学会。この日本燃焼学会から授与される「技術賞」は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績をあげた個人又はグループに贈呈される賞だ。

1.6リットル インテリジェントDITは、今年6月発売のスポーツツアラー、レヴォーグに搭載。国産本格ダウンサイジングターボエンジンとして、レギュラーガソリン仕様に強くこだわりつつ、動力性能と環境性能を高次元で両立させることで、スポーツツアラーに相応しい新世代エンジンに仕上げた。

また2.0リットル直噴ターボエンジン技術を基に、排気量を1.6リットルとダウンサイジングしながらも、2.5リットルNAエンジン相当の出力性能を達成。レギュラーガソリンに対応させつつ、燃費性能を大幅に向上させた点が評価されての受賞となった。

http://response.jp/article/2014/12/05/239043.html
-----転載終了-----

|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を鑑賞してきました | トップページ | 【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/60775191

この記事へのトラックバック一覧です: スバル レヴォーグ の1.6リットル インテリジェントDIT、日本燃焼学会「技術賞」に:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を鑑賞してきました | トップページ | 【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由 »