« フリーズの原因はYosemiteかSafariか? | トップページ | 【痛い】 スバル新型レガシィB4 試乗レポート/国沢光宏 【評論家】 »

マツダ、ロータリーエンジンの研究開発は続行…小飼社長「火は絶やさない」

ちがうちがう、そうじゃない。

ロータリーエンジンのファンは、「ロータリーエンジンのパワー」を使ったモデルを希望しているのであって、「EVの発電機のエンジン」なんかでの復活は期待なんてしてないのが、なんで解らんのでしょうね?

あの、理論上レブリミットが存在しない、振動も存在しない、稀有の特性を持つエンジンをその程度のモノに使う程度なら、SKYACTIVEで十分です。

もうちょっと分かってると思ってたんですがね。これではロータリーエンジン撤退とほぼ同意ですよ。

-----転載開始-----
マツダ、ロータリーエンジンの研究開発は続行…小飼社長「火は絶やさない」

20141113

一部メディアの取材に応じ、『RX-8』後継ロータリー・スポーツカーの開発計画を否定したマツダの小飼雅道社長兼CEO。しかし、ロータリーエンジンの研究開発は、続行する意思を示した。

これは11月10日、『オートモーティブニュース』が伝えたもの。同メディアが、マツダの小飼社長にインタビュー。その中で、記者との間の一問一答を、全て公開している。

注目は、ロータリーエンジンの今後について。マツダにとって、ロータリーエンジンは同社のDNAともいえる重要な技術。「現時点で、RX-8後継スポーツカーの開発計画は存在しない」と、明かした小飼社長。しかし、ロータリー自体が消滅するかというと、それは違う。

同メディアの取材に対して小飼社長は、「ロータリーの研究開発は続けている」と回答。そして、「ロータリーの火は、絶やすべきではない」と語ったという。

未来のロータリーエンジンの方向性のひとつが、マツダがすでに技術発表を行った発電用エンジンとしての活用。これは、小型で静粛性が高いロータリーエンジンの長所を生かして、EVなど、電動化車両用の「レンジエクステンダー」として利用しようというもの。

小飼社長は、同メディアに、「ロータリーを今後、どう活用すべきか、検討を続けていく」とコメント。マツダ独自のロータリー技術を、何らかの形で継続していく姿勢を強調している。

http://response.jp/article/2014/11/12/237199.html
-----転載終了-----


|

« フリーズの原因はYosemiteかSafariか? | トップページ | 【痛い】 スバル新型レガシィB4 試乗レポート/国沢光宏 【評論家】 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/60646542

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ、ロータリーエンジンの研究開発は続行…小飼社長「火は絶やさない」:

« フリーズの原因はYosemiteかSafariか? | トップページ | 【痛い】 スバル新型レガシィB4 試乗レポート/国沢光宏 【評論家】 »