« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

晒された━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━━!!

うはは(爆)

ある特定のキーワードでは、健作で無駄に強いからなぁ(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに人類は永久機関を手に入れた

まず、この永久機関の理論は・・・

「ネコを逆さまに落とすと、足から着地する」

もう一つ、古くから知られている物理法則。

「バターを塗ったパンは、バターを塗った面を下にして落ちる」

この二つを組み合わせ、猫の背中に「バターを塗ったパン」をバターの面を上にして装着。

するとこうなる。

いやー、これは気がつかなかった(≧∇≦)

【ご参考リンク】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%8C%AB%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/猫-トースト装置

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶浦節キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

やっぱり、こういうシーンの梶浦節は脳みその芯が痺れるくらいにカコイイ!!
swordland、luminous sword、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、「SUBARU XV」の特別仕様車「POP STAR」販売開始

いままでのスバルのモデルの中で、最もポップなボディカラーだと思います。
過去にカシミア・イエローというレモンイエローに近い黄色を販売していたこともありますが、これほど彩度が高い黄色は私が知る限り、初めてだと思います。

ほとんどフェラーリやランボルギーニなどのスーパースポーツが纏う車体色です。ほんとに思い切りましたね。(≧∇≦)

-----転載開始-----
スバル、「SUBARU XV」の特別仕様車「POP STAR」販売開始

スバル「SUBARU XV」の特別仕様車「POP STAR」が12月25日に販売開始される。鮮やかな「イエロー」をイメージカラーとし、アクティブな印象をより際立たせた一台だ。

20141128

特別仕様車「POP STAR」の外装色には、ヴィヴィッドな専用色「サンライズイエロー」を採用した。また、サンルーフを標準装備し、クロスオーバー SUV としての使い勝手を高めている。

内装には、専用のカーボン調加飾パネルやアクティブな印象を高めるオレンジ色のステッチを採用した。

安全装備では、「SRS サイドエアバッグ+SRS カーテンエアバッグ」標準装備し、安全性をより高めている。
(抜粋)

http://ennori.jp/2295/subaru-reveals-subaru-xv-special-edition-pop-star

-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU VIZIV GTは「超合金鰹節」

ううむ、こういう「コンセプト」は嫌いじゃないです(≧∇≦)
なるほど、言われてみれば・・・というところですね。

SUBARU VIZIV GT Vision Gran Turismo:Unveiled

https://www.youtube.com/watch?v=vijIxfRiwEc&list=UUtnIt0RNn3UiaysQCE-8hHQ

スバルが、本気で取り組んだ事がしっかり伝わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 / 葉加瀬太郎

ウヒョ━━━━(゚∀゚)━━━━!!! これはカコイイ。

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」葉加瀬太郎メインテーマ試聴動画

https://www.youtube.com/watch?v=QmZx1HEs31k

時間を作って劇場に行かなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STI、スバル フォレスター に「tS」設定…応答性と質感を向上、限定300台

いやー、実は友人が既に予約してるんですよ(笑)

我が家では、正に絶妙なタイミングでリリースされて、ギリギリの所で購入は回避されました。・゚・(ノД`)・゚・。
今回のtSは、ECU/TCUまで手が入ってるなんて、どんな乗り味になっているのでしょうかね。

tSだと試乗はできないので、友人に頼むとしますか・・・700キロくらいあっちの方なんですが(爆)

-----転載開始-----
STI、スバル フォレスター に「tS」設定…応答性と質感を向上、限定300台

20141125

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スバル『フォレスター』に独自の装備を施した特別仕様車『フォレスター tS』を設定し、11月25日より発売した。

フォレスター tSは、「オンロード」「タフ、スピード&クラッシィ」をコンセプトとしたSTIコンプリートカー。専用チューニングによって操舵に対する車両応答性とリニア感を向上。高速安定性と危険回避性能、フラットな乗り心地などを実現している。

シャシーチューニングでは、前後専用ダンパーと専用コイルスプリングにBBS製鍛造19インチホイールと19インチタイヤを組み合わせ、ブレンボブレーキシステム、フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナーを組み込んだほか、新開発のフレキシブルサポートサブフレームなどを装着。

ECU/TCU(エンジンコントロールユニット/トランスミッションコントロールユニット)にも専用チューニングを施した。S#モードでは、アクセルペダルの低中開度領域でスロットルに対してトルクを増加させる制御を織り込み、アクセルワークにレスポンスよく反応する爽快な加速感を実現。リニアトロニック変速特性においては、8段ステップ変速をクロスレシオ化し、パワーバンドをキープしたキレの良い走りを可能とした。

さらに、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)、アイサイトにも専用チューニングを施し、安全性に配慮。ブレンボブレーキシステムとアイサイトの組み合わせは同車が初となる。

エクステリアでは、大型フロントアンダースポイラー、リヤアンダースポイラーを装着したほか、フロントグリルやルーフスポイラー、ウィンドウモールなどのブラック塗装化、フォグランプベゼルなどのシルバー塗装化している。インテリアは、本革卷きステアリングホイールやシート表皮素材を変更し、上質感を演出。室内の静粛性も向上させた。

価格は、435万円(税込み)、限定300台で受注期間は2015年4月5日まで(外装色WRブルーマイカは2月8日まで)。

http://response.jp/article/2014/11/25/238153.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とはいうものの・・・

私にそんなことを書けるだけの資格があったのか、と。

私自身は「戦略的撤退」だと思っているのだけど、彼はそんな中、今でも戦っている。

「引き際が肝心」なのか「諦めない事が勝利」なのかは、後になってから解ること。でも、引かない事で心を痛めてしまっては辛いのは本人。これは私自身も嫌という程、味わっている。

自らの限界を認めることは、大人になることなのかもしれないが、いいヲッサンが真顔で言えるセリフではない。あと十年若ければアリかなとも思える。

そして、厳しい現実と向き合う一週間が始まるわけで。単なる消化試合ではなく、カウントダウンに入っているのは自覚しないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党で大人気の「牧場長」のコラ素材が公式に配布されています

SNSの中の友人が発見(≧∇≦)
赤バックの前に雄々しく立つ「我らが牧場長」の「コラ素材」が、公式に配布されています。

海江田代表が新ポスター「今こそ、流れを変える時。」編を発表
http://www.dpj.or.jp/download/17694.pdf

これで、いろいろ楽しめますね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田カバン / STEALTH

普段使いのカバンがくたびれてきたので、衝動買いをしてしまいました。

ここのところカバンはずっと「吉田カバン」を愛用しているので、ブランド指名で店舗で見てみたら、かなり頑丈そうな印象だったので(≧∇≦) 

クラチカに出向けば「UCP(Universal Camouflage Pattern)迷彩」のモノが手に入ったのですが、あ、いや「カバンだけ迷彩」でもと思い定番品にいたしました(笑) 

職場は戦場なんですけどね < そういう意味と違う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【初音ミク】#どうして解散するんですか?【ほぼ日P】

タグの「民主党ブーメラン部」、ワロタw

【初音ミク】#どうして解散するんですか?【ほぼ日P】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24968253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つのことは平行して動かない(笑)

最近、いろんな事でこれを実感しています。

裏を返せば、私の選択のしかたと物事の進め方がこういうスタイルなので、平行して動くことがないということになるのですが、まさかコレを始めたら、こんな方まで動かなくなるとは思ってもみませんでした(笑)

・・・ってことは、最近、取り組んでいる「コレ」そのものは、あながちに間違った選択ではなかったということになりますね(笑) ええ、不退転の決意でやってますので。数年後に笑っていられればいいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○○スバル、顧客情報漏洩(爆)

そいえば、○○スバルで見積もりと一緒に内部の顧客情報が顧客本人に漏洩。小生が○○スバルでどんな客として扱われているかが発覚(爆)

ああ、やっぱりなぁというところ(≧∇≦)わはは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲號、近代化改修作戦発動

最近、隔週でグンマー急行をしていて、このまま行ったらヤバイと思い始めまして、彩雲號の近代化改修を実施することにしました(≧∇≦)

20141122

アプライドCの3.0R Spec.B ATの足回りにまるっと交換です。車高は今が下がってる状態ですので、多分上がる方向に(笑)

あと最低でも5年は戦わないいけませんので、腹をくくりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★サイトコより新着メール☆

はいー、1日で400件以上もスパムを送ってきた業者です。完全にメールボムですね。

201411194

昨日をもって、当方のメール鯖には「666プロテクト」を発令。全てのスパムメールはこの業者のメール鯖に返信させて頂いております。

「なめんな」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グランツーリスモ6』アップデート実施で新規車種“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”が公開

私のプレイステーションは「2」で止まってますので、この車のドライブをすることはできませんが、夢のある話ですね。スバルがこういう場面で活躍するような時代がくるとは、プレステを初めて買った頃には、想像もできませんでした(≧∇≦)

-----転載開始-----
『グランツーリスモ6』アップデート実施で新規車種“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”が公開

201411192

●コミュニティーの追加や“鈴鹿サーキット2014”収録も!

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション3用ソフト『グランツーリスモ6』について、新規車種、コミュニティーの追加を始めとするアップデート1.14を実施した。
 以下、リリースより抜粋してお届けする。

■“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”
 “スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”を公開しました。スバル史上最もアグレッシブなスペックを持ちながら、意のままに操れるドライバビリティも備えた究極のスポーツカーです。
 アップデート後に“ビジョン グランツーリスモ”コーナー内で購入可能となっておりますが、期間限定で開催中のシーズナルイベントにご参加いただければ、タイムを問わず一周完走することで入手できます。

201411193

◆“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”について
 『グランツーリスモ6』上で開催中のプロジェクト“ビジョン グランツーリスモ”では、ゲームの中で世界中のカーメーカーやブランドがオリジナルのコンセプトカーを開発。今回は新たにスバルが手がける1台として、一連のコンセプトカーで同社が掲げる“VIZIV – Vision for Innovation”の名を冠した究極のスポーツカー、“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”が登場しました。

 2014年3月のジュネーブショーでスバルが提案したコンセプトカー、“SUBARU VIZIV 2 CONCEPT”に通ずるデザインランゲージを継承し、スバルデザインチームはよりダイナミックでソリッドな造形をこのモデルに織り込みました。フロントのヘキサゴナル・グリルからリアに向けて一気に抜けるショルダーラインと、硬質な金属を削ぎ落したような面質による強固なボディ、そして三次元的に張り出したブリスターフェンダーにより、スバルが追い求める安心で愉しい世界観がヴィジュアル化され、大胆に表現されています。大型ディフューザーやルーフ一体型リアスポイラーなど、エアロダイナミクスを考慮したシューティングブレイク形状のシルエットはゲーム内でも特徴的なものになります。

 徹底的な軽量化に重点を置いたボディ構造には、カーボン素材をフルに活用。バッテリーやモーターといった重量物を搭載しながら、車重は1,380 kgにまで抑えられています。軽量なボディを引っ張るのは、スバル伝統の2L水平対向エンジンを、モータースポーツへのチャレンジの歴史を通じて培った知見をフルに活用してチューンナップした特別仕様のエンジンです。リストリクター径の見直しなどにより大幅に出力の向上されたダイレクト・インジェクション・ターボと共に、フロントに1つ、リアに2つのハイパワーモーターを搭載することにより、システム全体の出力は実に最大出力600 PSと最大トルク800Nm(82kgfm)にのぼります。また、各モーターの出力を独立制御することによりコーナリングでの回頭性を飛躍的に向上させると共に、フェンダーに内蔵されたトルクベクタリング・ランプによってその動きを可視化することで、ゲーム内でも実際のスバル車同様に、極めて高いパフォーマンスの車にもかかわらず、だれが運転しても思い通りに車をコントロールできる楽しさを実現しました。

 スバルが志向する究極の安心と愉しさを、史上最もアグレッシブなデザインとパフォーマンスで提供する“スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ”を、思う存分にご体感ください。
(抜粋)

http://www.famitsu.com/news/201411/19066032.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ? この選挙には大義がない?

「アベノミクスは失敗だった」と言うのであれば、野党は選挙協力だの合併だのって話ばかりしてないで、対案を示して真っ向から激突すればいいじゃないですか?

この選挙には大義がない?

政権公約をサッサと反故にしておきながら、3年3ヶ月も政権の座に居座り続けた連中に比べれば、公約を違える以上、改めて有権者の信任を得んとする方がよっぽど潔いし、姿勢として誠実ですよ。

・・・っと、エロい人が言っておりました(≧∇≦)

20141119

ええ、私は断然、安倍さんに付きますよ。自民党以外に政権を背負える政党はありませんからね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

水平対向エンジン、3つのデメリット 短所があるからこそスバリストが誕生!?

素人がネットの情報を聞きかじっただけで飯が食える自動車評論家という、お気楽なお仕事(爆)

・・・と言う訳で、当Blogにお越しになって頂いている「その方面の方々」にご提案。

接待料、原稿料一切無し。一足先に新型車を試乗させて頂ければ、どんなでっかい神輿でも担ぎますぜ(笑)
どうです? 宜しかったら、一緒に遊びませんか? (≧∇≦) < こいつはまたいい加減な事をwww

-----転載開始-----
水平対向エンジン、3つのデメリット 短所があるからこそスバリストが誕生!?

20141118

以前、水平対向エンジンのメリットについて取り上げた記事を書きました。
しかし、国内で採用しているメーカーがスバルだけということは何かしらのデメリットがあるはずです。

というわけで、今回は水平対向エンジンのデメリットにフォーカスしていきます!

エンジンの横幅が大きいため、ショートストロークになってしまう

水平対向エンジンは構造上、横幅の長いエンジンになります。
そして、エンジンスペースには限りがあるため、できるだけストローク(ピストン部分が動く行程距離)を短くする必要があります。
ショートストロークのおかげで高回転は得意なものの、燃費が悪くなったり、冷却による損失が増えたりといったようなデメリットも出てきます。

※新世代の水平対向エンジンでロングストローク化したことで上記のデメリットはある程度解消されています。

オイル漏れが発生?

水平対向エンジンの弱みとして挙げられるのが、エンジンからオイルが漏れるということです。
例えば水を入れた水筒をカバンに入れて持ち歩く時に縦方向に置くよりも横方向に置く方が、中身がこぼれる可能性が高いのではないでしょうか?

また、高出力を出す際には色んなパーツに負荷がかかります。
人間と同じで自動車にも経年劣化があるため、長い時間走行しているとガタがきて壊れてしまうこともありえます。
横方向であることと、長きに渡る使用によってオイル漏れが発生してしまいます。

メンテナンスが困難

これは水平対向エンジン自身のデメリットではなく、取り扱っているメーカーが少ないことによるデメリットですが、メンテナンスが困難です。国内で扱っているメーカーがスバルだけである以上、多くの修理工場や整備工場に水平対向エンジンのメンテナンスが可能な整備士がいないことがあります。例え、メンテナンス可能な整備士がいたとしても、嫌な顔をされることがあるとか・・・

また、ちょっとしたパーツの取り換えでも、パーツを手に入れることに苦労したり、費用が高くなってしまったりする場合があります。

それでも水平対向エンジンが好き

デメリットもある水平対向エンジンですが、だからこそスバリストと呼ばれるような熱狂的なスバルファンの方々がいるのではないでしょうか?
もし、メリットばかりの完璧なエンジンだったら本当にスバルが好きなファンの数は今より少なかったかもしれません。
少し手間があったり、苦労があったりする方が愛されるのではないでしょうか?

http://car-me.jp/articles/1021
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZ、SGTもてぎは17位。国土交通大臣杯獲得

なんかよく解らないけど、國からなんかモロタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

-----転載開始-----
BRZ、SGTもてぎは17位。国土交通大臣杯獲得

Round8 11/15-16
TWIN RING MOTEGI
第8戦ツインリンクもてぎ(栃木県)
MOTEGI GT 250km RACE

RACE REPORT

2014.11.15 - 公式予選
SUBARU BRZ GT300は、クラス19位で予選通過

 11月15日(土)に栃木県のツインリンクもてぎでSUPER GT第8戦公式予選が行われ、R&D SPORTがエントリーしている#61 SUBARU BRZ GT300(佐々木孝太/井口卓人)はクラス19位で予選通過しました。

 この日の天気は晴れ。この時期にしては暖かめの気温でしたが時折吹く風は冷たく、最高気温は13度でした。そのため路面温度も上がらず、SUBARU BRZ GT300は午前中に行われた練習走行から苦戦を強いられることとなりました。

 タイヤのグリップ感が薄く、セッティング中にベテランの佐々木孝太がスピンする場面もありました。チームは考えられるセットアップ変更を行い、午後の公式予選に臨みました。しかし、劇的な変化は見られず、Q2進出をかけて佐々木がタイムアタックに挑んだものの、19番手タイムに止まりました。

 ドライバーの佐々木は、「本当に何をやってもタイムが上げられず、苦しい一日でした。明日のレースのためには、チームが色々とマシンの対策とレース運びの作戦を考えてくれることになっています。僕たちドライバーは、諦めずに与えられた条件の中でベストを尽くすだけです」と語っています。

 また、STI総監督の辰己英治は、「去年のこのレースの予選はポールシッターだったので、この落差に驚いています。常識的な理論に基づいて色々セッティングを変えてみましたが、効果があったとは言えません。明日は何かを大きく変えてフリー走行を走り、状況打開を試みてみます。応援していただいているSUBARUファンの皆様に対し、恥じないレースをしたいと思います」と話しています。

2014.11.16 - 決勝
シリーズ最終戦のSUBARU BRZ GT300は、17位完走

 11月16日(日)にツインリンクもてぎ(一周4.801km)で本年のSUPER GT最終戦決勝レースが行われ、予選19位からレースをスタートした#61 SUBARU BRZ GT300(佐々木孝太/井口卓人)は、17位で完走を果たしました。

 競技距離250kmの決勝レースは、午後1時にスタート。前半を担当した井口卓人は、コース幅が狭く抜きどころの少ないもてぎのレイアウトを攻めあぐねながら周回を重ね、レース中盤に佐々木孝太にバトンタッチ。佐々木も淡々とレースを進め、クラス17位でチェッカーフラッグを受けました。

 井口は、「今回のレースは、金曜日のテスト走行から一度も歯車が合わないまま、レース終了まで来てしまったという感じです。今年は速いところを見せられるレースが多く、ドライバーとして僕自身には良い経験となりました。最終戦は不甲斐ない結果でしたが、データは今後のセッティングに活かされるはずです。今後もどうぞよろしくお願いします」と語り、STIチーム総監督の辰己英治は、「色々と対策は施しましたが、抜本的な解決には至らず、残念な結果となりました。ファンの皆さんには大変申し訳ありませんでした。今年を振り返ると、予選だけではなくレースで強いクルマ作りを心がけてきたつもりですが、結果として攻める姿勢がまだ足らなかったと思います。このシーズンオフにいつでも攻められるクルマ作りに全力を注ぎ込みたいと思います。一年間ご声援をありがとうございました」と締めくくりました。

 レース後行われたシリーズ表彰式において、「JAF GT車両の中で最も目覚ましい活躍を見せた車両」を対象とした国土交通大臣杯がSUBARU BRZ GT300に贈られ、チームを代表して辰己総監督がステージに登壇し、これを受け取りました。

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=61520
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁長氏初当選 普天間飛行場移設に影響

沖縄の「ウチナンチュ」とやらがあまりにアレで絶望した。

20141116

過去40年間で投下した復興予算は10兆を超えているそうで。で、こんな膨大な予算を一体何に使ったの?

観光資源以外は役立たず、沖縄は日本の「浮沈空母」だってことを自覚していただきたいものですな。数年後には赤い旗でも持って独立運動でもするんでしょ?

甘ったれるのもいい加減にしろ!

-----転載開始-----
翁長氏初当選 普天間飛行場移設に影響

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となった沖縄県知事選は16日、投開票が行われ、無所属新人で前那覇市長の翁長雄志(おなが・たけし)氏(64)が3選を目指した現職の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)氏(75)=自民、次世代推薦=らを破り、初当選した。

 翁長氏は辺野古移設に反対し、辺野古の代替施設を「造らせない」と主張。政府は移設作業を推進するが、工期の遅れや反対運動の激化が懸念される。

http://www.sankei.com/politics/news/141116/plt1411160038-n1.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新興国向けとして、走る棺桶を作る「日産」

いやね、敢えて「左巻き」な事を書かせて頂くと、先進国であろうが新興国であろうが、車に乗る人の「命の重み」は変わらないわけで。

新興国向けと言って、人を事故から守るべき車のボディをこんな風に「作り分ける」日産という企業の「姿勢」に極めて腹が立ってます(# ゚Д゚) ムッカー

さあ、きっと日本の皆さんも同じようなことをされてますよ。「マーチ」に乗ってる人は「死んでも良い人」、「シーマ」に乗ってる人は「重要」っと・・・(笑)

お時間のある方は、ようつべで「オフセット前面衝突 日産のコンパクトカーの名前」でお調べください。ご判断はご自分の目で。

【追記】
本件に関して、SNS内で「心の師」からコメント頂きました。
「市場形成が先」、「手が届く価格」の妥協点がこの安全性能との事のようです。

日産だけでなく、他の参入メーカーも似たような状況だそうです。
http://www.globalncap.org/crash-tests-show-indias-cars-are-unsafe/

とはいうものの、「先進国向けのモデル」でもあまり芳しくない安全性能の様ですから(≧∇≦)

-----転載開始-----
【ビデオ】衝突テストで1つも星をもらえなかったダットサン「GO」

クルマの安全性は長年の間に改善され、今も進化を続けている。シートベルトに始まり、エアバッグ、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、そして最近ではクルマ自らが衝突事故を回避しようとするシステムまで登場している。しかし、日産の低価格車ブランドからインド市場向けに発売されているダットサン「GO」は、その恩恵に授かっていないようだ。グローバルNCAP(New Car Assessment Program)がGOに行った衝突テストの恐ろしい結果が映像で公開された。

日産が新興国向け低価格ブランドとして復活させたダットサンから、安価な移動手段として発売されている小型ハッチバックのGOは、1.2リッターエンジンを搭載し、インドでの価格は40万ルピー(約75万円)と確かに安いのだが、エアバックやABSは装備されていない。そのためグローバルNCAPは、同車が衝突した場合に乗員が負傷する危険性が高いとして、その安全性レベルを、星の数で表す評価(最高は星5つ)の中で、大人の乗員は星ゼロ、子どもの場合には星2つと判断した。

この結果を受け、NCAPは日産に対し、GOの販売を中止し、事故におけるボディシェルの安全性が高まるように設計し直してから市場に再投入するように要請した。なお、同車は既にインドで販売されているが、売り上げが伸びず大苦戦している。

ちなみにグローバルNCAPはインドで販売されているその他の低価格車のテストも行っている。その結果、マルチ・スズキ「アルト」、フォード「フィーゴ」、ヒュンダイ「i10」、そしてタタ・モータズ「ナノ」なども星を1つも獲得できなかった。当初はフォルクスワーゲン「ポロ」も星ゼロだったが、運転席と助手席にエアバックを標準装備したところ星の数が4つに上昇した。

GOに行った時速64キロでの衝突テストの映像は、様々な角度から撮影されており見ているだけで恐ろしくなるが、クルマの安全性について改めて考えさせられる機会ともいえるだろう。

http://jp.autoblog.com/2014/11/13/nissan-datsun-go-crash-test-zero-stars-video/

DATSUN GO fails crash test - zero star safety rating

https://www.youtube.com/watch?v=sRzh8uLA1tM
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon Df 50mm f/1.8G Special Gold Editionキット

Df Special Gold Editio キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

うーむ、渋すぐる(≧∇≦)

ああ、私には20年くらい早いかも(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【痛い】 スバル新型レガシィB4 試乗レポート/国沢光宏 【評論家】

この国沢光宏という、お偉い評論家は、ちゃんと接待してくれないと褒めないよというスタンスのアレなので、これも単なるノイズですね。

で、これが辛口だそうですよ( ゚д゚)ポカーン

自分の「アレ」を世の中に披露しているのに解ってないのですね。こうでも書かないと、他の評論家と文章の差別化ができないのでしょう(爆)

スバルの事に関しては、世界で最も口煩いスバリストが「これはイケてる」と言ってるんですから、そこいらの「にわか」にどうこう言われる筋合いはないです(≧∇≦)

-----転載開始-----
スバル新型レガシィB4 試乗レポート/国沢光宏

(前略)
平均的な日本車と比べれば勝るとも劣らず。
(後略)

http://autoc-one.jp/subaru/legacy_b4/report-1967086/0003.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ、ロータリーエンジンの研究開発は続行…小飼社長「火は絶やさない」

ちがうちがう、そうじゃない。

ロータリーエンジンのファンは、「ロータリーエンジンのパワー」を使ったモデルを希望しているのであって、「EVの発電機のエンジン」なんかでの復活は期待なんてしてないのが、なんで解らんのでしょうね?

あの、理論上レブリミットが存在しない、振動も存在しない、稀有の特性を持つエンジンをその程度のモノに使う程度なら、SKYACTIVEで十分です。

もうちょっと分かってると思ってたんですがね。これではロータリーエンジン撤退とほぼ同意ですよ。

-----転載開始-----
マツダ、ロータリーエンジンの研究開発は続行…小飼社長「火は絶やさない」

20141113

一部メディアの取材に応じ、『RX-8』後継ロータリー・スポーツカーの開発計画を否定したマツダの小飼雅道社長兼CEO。しかし、ロータリーエンジンの研究開発は、続行する意思を示した。

これは11月10日、『オートモーティブニュース』が伝えたもの。同メディアが、マツダの小飼社長にインタビュー。その中で、記者との間の一問一答を、全て公開している。

注目は、ロータリーエンジンの今後について。マツダにとって、ロータリーエンジンは同社のDNAともいえる重要な技術。「現時点で、RX-8後継スポーツカーの開発計画は存在しない」と、明かした小飼社長。しかし、ロータリー自体が消滅するかというと、それは違う。

同メディアの取材に対して小飼社長は、「ロータリーの研究開発は続けている」と回答。そして、「ロータリーの火は、絶やすべきではない」と語ったという。

未来のロータリーエンジンの方向性のひとつが、マツダがすでに技術発表を行った発電用エンジンとしての活用。これは、小型で静粛性が高いロータリーエンジンの長所を生かして、EVなど、電動化車両用の「レンジエクステンダー」として利用しようというもの。

小飼社長は、同メディアに、「ロータリーを今後、どう活用すべきか、検討を続けていく」とコメント。マツダ独自のロータリー技術を、何らかの形で継続していく姿勢を強調している。

http://response.jp/article/2014/11/12/237199.html
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーズの原因はYosemiteかSafariか?

Mac OS 10.10 Yosemiteにアップデートしてから、Blogの記事を書いていると、時々、日本語入力中にフリーズすることがあります。こうなるとどうにもならなくなって、Safariをリロードするしか復旧方法はなく、書いた記事は全てお釈迦になります(´・ω・`)ショボーン

昨日の夜も、ちょこっとした記事を投稿しようと思ったのですが、この「不具合」に遭遇して、記事を泣く泣く破棄いたしました。

・・・と言ってる矢先に今もフリーズしまして、クリップボードに残しておいた原稿から復帰させました。本当に困ったものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル新型レガシィがビルシュタインもアルミ製サスアームも使わない理由

あー、これこれ。

すごく良い記事なので、クリップしておきましょう。

彩雲號はBLEなので、ビルシュタインもアルミ製ロアアームも標準装備です。だから、最初にカタログを見てこういう目に付くような「モノ」がないので、正直「うーむ(ーー;」と唸っていたのですが、実際に試乗してみてと驚かされました。数字やカタログでは表現できない「性能」を、六代目レガシィはしっかりと作り込んでいると感じましたですよ。

カタログを見て('A`)な気分になっている方は、まずは乗ってみることをオヌヌメしておきます。

だから、BOXER6が選べる北米が羨ましいと(≧∇≦)

-----転載開始-----
スバル新型レガシィがビルシュタインもアルミ製サスアームも使わない理由

20141112

6代目へとフルモデルチェンジしたスバル・レガシィはセダンの「B4」とSUVの「アウトバック」と2つのラインから構成されています。

2.5リッター水平対向エンジンやリニアトロニックによるパワートレイン、フロント・ストラット&リヤ・ダブルウィッシュボーンからなるシャシーなど基本的なメカニズムは共通で、いずれも上級グレードとして『Limited』が用意されているのも共通しています。

さて、これまでのレガシィでは、スポーツグレード(Sパッケージ)には、黄色く塗られたビルシュタインのダンパーと、白銀のアルミ製ロアアームがインストールされているのが、ある意味でお約束でした。

レヴォーグやWRXといった最新モデルでも、その2つのアイテムは確認することができるので、スバルとしてビルシュタインやアルミ製ロアアームを否定しているわけではありません。

しかし、スバルのフラッグシップとして進化した新型レガシィにおいては、上級の「Limited」グレードにおいても、ビルシュタインのダンパーは使われていませんし、サスペンションアームもスチールのモナカタイプとなっています。

まずダンパーについて。上級「Limited」グレードでは、専用に『スタブレックス・ライド』というKYB製ダンパーを採用しています。

その特徴は、ピストン下のリーフバルブと接する面の形状を工夫することにより、ピストン速度の遅い領域で減衰力を一気に高めるようにしていることにあります。

ピストン速度の遅い領域というのは車体がロールしているようなシーンのことで、ビルシュタインを含めて通常のダンパーでは、この領域での減衰力を高めると、ピストン速度の速い領域まで比例的に減衰力が高くなりがちです。

一方、ピストン速度の速いシーンというのは荒れた路面を走り抜けるようなシチュエーションで、つまり乗り心地がコツコツとしてしまう傾向にあるというのです。

しかし、スタブレックス・ライドと名付けられたLimitedグレード用の足回りでは、ピストンスピードの速い領域と遅い領域で減衰特性を大きく変えることができるので、コーナリング時の安定性と荒れた路面での乗り心地を両立できるというのです。

実際、それほど荒れていない舗装路でも、二面性を持つというスタブレックス・ライドの効果は感じられるものでした。

そして、フロントのロアアームがスチールのモナカ形状(表裏の鉄板を溶接した中空構造)となっている理由は、強度と軽量化の結論といいます。

軽さを求めるのであればアルミ製のほうが有利に思えます。アルミの比重は鉄の1/3といわれるくらいです。しかし、強度や剛性といった要素は別問題です。今回のフルモデルチェンジではロアアームに横方向から力を入れたときの剛性を高めることを重要視、そのための最適設計を考えると、スチールの中空構造が有利なのです。

なお、ロアアームについては、後ろ側のブッシュを旧型と異なる横方向レイアウトとしたこと、振動を抑制する液封式ブッシュを採用したことなども大きな変更点となっています。

剛性面でいえば、複筒式ダンパーよりもビルシュタインのような倒立単筒式が有利ですが、新型レガシィでは複筒式ながら外筒径を太く(50.8mm→54.0mm)することで剛性を確保しているといいます。

たしかに、ビルシュタイン製ダンパーやアルミ製ロアアームといったパーツに比べれば地味な印象もありますが、あくまでも機能重視で開発した結果として、スタブレックス・ライドダンパーやスチール中空ロアアームが選ばれたといいわけです。まさに質実剛健なスバルらしいフラッグシップモデルのフットワークといえるのではないでしょうか。

http://yukan-news.ameba.jp/20141111-226/
-----転載終了-----



| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルシ / LiSA

ソードアート・オンライン II 「マザーズ・ノザリオ編」ED。

このエピソードにぴったりの力強く、それでいて優しいメロディラインです。LiSAさんの伸びやかなヴォーカルが染み入ります。最近、iTMSばかりで音楽を購入していましたが、この曲はCDを発注してしまいました。

(動画の方は多分、数日のうちに削除になるでしょう。)

シルシ / LiSA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型レガシィがエンジンの80%を新造した3つの理由

えーと、マジレスすると。確かにこの記事の通りとも言えます。反面、ここに書いてある事は従来のFB25では実現できていなかったとも読めるところ。

確かに私が試乗した時には、加速性能には精彩を欠きましたが、でもCVTの制御と相まって、とても乗りやすいエンジンになっていたことは・・・書き忘れてたかな(爆)

実はもう一つ、思い浮かんだことがあるのですが、これをここで書くのは無粋というもの(≧∇≦)

-----転載開始-----
新型レガシィがエンジンの80%を新造した3つの理由

20141110

新型レガシィB4、アウトバックともに日本国内仕様のパワートレインは一種類。

2.5リッターの自然吸気エンジンに、リニアトロニックと名付けられたCVTを組み合わせ、トランスファーにより駆動をコントロールするAWDシステムが採用されています。

●新型レガシィ エンジン諸元
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC ポート噴射
エンジン型式:FB25
総排気量:2498cc
圧縮比:10.3
最高出力:129kW(175PS)/5800rpm
最大トルク:235Nm(24.0kg-m)/4000rpm
使用燃料:レギュラーガソリン

このエンジン、スペックや型式だけ見ると、旧型からキャリーオーバーに思えますが、じつは8割のパーツを新造しているといいます。ピストン、吸気バルブ、ヘッドは完全新設計。大物パーツで変わっていないのはクランクシャフトとオイルパン、カムカバーくらいなのです。

インテークマニホールドは、TGV(タンブルジェンレーションバルブ)を一体化した新設計。吸気の流し方を一新。大径化されたインテークバルブを通った吸気の勢いを保ったまま、ヘッド側の燃焼室に沿って流すことで、シリンダー内での渦を強化しているといいます。

また、これまで左右で異なる設計となっていたピストンは左右共通となり、また動的な重量バランスも改善されています。もちろん大きくなったインテークバルブに合わせてリセスの形状は変更されていますし、圧縮比の上昇(10.0→10.3)にもピストンの変更は貢献しています。

そのほかエキゾーストマニホールドのレイアウト変更、クールドEGRの性能向上など、細部まで進化したエンジンで、「フェイズII」と呼びたくなるほどの内容となっています。

一見するとキャリーオーバーにも見える2.5リッターガソリンエンジンを、ここまで進化させることができたのには、3つの理由があります。

1.グローバルエンジンだから

新型レガシィ・アウトバックは世界中で販売されます。日本国内向けは2.5リッターガソリンエンジンだけですが、北米仕様には6気筒エンジンがあったり、中国向けには直噴ターボを用意したり、そして欧州にはディーゼルがラインナップされる予定になっています。そうしたグローバルモデルに共通するのが、2.5リッターガソリンエンジンということで、それだけ開発リソースを割くことができたのです。

2.燃費性能を向上させるため

いまやグローバルに燃費性能は重視されます。日本や欧州の測定モードは停止時間があるのでアイドリングストップやオルターネーターによるエネルギー回生は効果的ですが、レガシィ・アウトバックが主戦場としているアメリカ市場では、主にハイウェイモードでの燃費性能が求められるといいます。つまり走り続けているときの燃費性能を上げなくてはいけないのです。そのためには燃焼効率の改善が重要で、ヘッドといった大物パーツを新造する必要があったというわけです。

3.車格にふさわしい静粛性を求めて

スバルのフラッグシップモデルとなるレガシィ・アウトバック。フロントフードを開けるとわかりますが、エンジンカバーなどはついていません。つまり、エンジン自体の改良によって車格にふさわしい静粛性を実現したということです。そのためにオルターネータープーリーを小径化して補機ベルトの駆動音を小さくするといった工夫までなされています。ピストンの重心位置最適化も静粛性向上のためということ。静かな水平対向エンジンを実現するために部品の大幅な変更が必要だったといいます。

そもそも開発当初は8割ものパーツを変える予定はなかったというレガシィ・アウトバック。現代のクルマに求められる燃費、フラッグシップらしい静粛性を追求していく中で、予想以上の設計変更が必要になってしまった結果として、これほどまでに新造パーツを使うことになってしまったということなのです。

http://yukan-news.ameba.jp/20141110-67/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル 新型 レガシィ アウトバック 試乗レポート/国沢光宏

この国沢光宏という、お偉い評論家は、ちゃんと接待してくれないと褒めないよというスタンスのアレなので、単なるノイズですね。

てか、こんなお約束はスバルにはありません。てめーの「死んだ尻」を尺度に適当な常識作るなゴルァ。

-----転載開始-----
スバル 新型 レガシィ アウトバック 試乗レポート/国沢光宏

(前略)
乗り心地は歴代レガシィの初期モデル(A型と呼ぶ)のお約束になっている通り、イマイチである。
(後略)

http://autoc-one.jp/subaru/legacy_outback/report-1958183/
-----転載終了-----


| | コメント (0) | トラックバック (0)

figma 木之本桜 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ウチの娘はこの「カードキャプターさくら」を観て、大きくなりました(笑) 
プリキュアなんかぢゃないんです。

さてと、娘に買ってやるかな・・・あ、娘にですよ。娘にですってば・・・いや、だから娘にだって。
(記事にした時点でバレてるってば(爆))

20141107
http://www.maxfactory.jp/ja/mxf_figma_cc_sakura


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HATSUNE MIKU × TETSUYA NOMURA

野村哲也氏の描くキャラクターは好きだったし、また、CGアニメーションを作っていた頃は目標にもしていましたが、このミクさんは完全に「不気味の谷」に落ちてしまってますね。

てか、最近の氏の描くキャラクターには、ちょっと付いていけない私がいます(≧∇≦)

HATSUNE MIKU × TETSUYA NOMURA

https://www.youtube.com/watch?v=omxH7zg-OXw

こういうのは超えてはいけない一線ってのがあってですね。野(以下、半日ほどの能書きが続く)・・・って事で、このくらいのこなれ感を残した方が、多分いいと思います。こちらは、村上 隆氏のチームの作品。

Last Night, Good Night (Re:Dialed) - Pharrell Williams Remix

https://www.youtube.com/watch?v=0-LuF-hPcTw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

@homepage、そろそろ撤退を検討するか。

こう見えてもソレ系の仕事なので、今のポジションに着くまでの修行の一環としてイラストレーションを描いては、ネット上に公開してきました。

ここ6年くらい新作が無いこと、一定の目標は達成したこと。そして他のサイトからのリンクがなく、ネット上の孤島になっていることから、そろそろ撤収時期かなとか思ってきています。

いろんなチャンスを貰ったサイトではありますし、個人的には思い入れはあるのですが、ダラダラと続けていても仕方ないですので。

立つ鳥跡を濁さず。ここにきてからのご紹介はしないでおきましょう(笑)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバル感謝祭、工場開放で地元への感謝伝える…ステージイベントや製造ライン見学など

こんな、我々にとっては「ごく当たり前の事」がレスポンスのニュースに(≧∇≦)

感謝祭は感謝祭で見どころ満点ですが、濃ゆい方々にはこんな濃ゆいコースがございます。
(と、自分で記事にするのが面倒なので、親しい友人のBlogにご案内する(爆))

えーと、友人の写真の中でちょっとキアヌ・リーブスに似ている奴が写ってたら小生でございます。< ポルコ・ソッロの方が似てるか?

-----転載開始-----
スバル感謝祭、工場開放で地元への感謝伝える…ステージイベントや製造ライン見学など

20141104

富士重工業は11月2日、群馬県にある同社の群馬製作所・矢島工場にて「2014スバル感謝祭」を開催し、特設ステージイベントや製造ラインの見学を行うなど、従業員の家族や、地域住民に対して工場を開放した。

普段はなかなか入ることのできない自動車工場を、日々お世話になっている地域の方々へ感謝の気持ちを表したい、という思いで開催されている「スバル感謝祭」は2003年から東日本大震災の年を除いて毎年実施されており、毎回多くの人を集めるイベントとして地元に定着している。

特設ステージでは、今年の都市対抗野球・群馬県代表として決勝まで進むが、惜しくも準優勝となった、野球部の選手によるトークショーや、おおたウィンドオーケストラ、さらに太田市発アイドルユニットOtan43(おおたん43)によるスペシャルショー、柳澤純子さんによる歌謡ショーなどが催された。

この日は車両の製造もストップし、製造ラインの一部が一般公開され、実際に組み立て作業をしている従業員が説明を行いながら、『フォレスター』などの組み立てラインを見学。多くの人が関心を集めていた。(撮影は一部のみ可能)

屋台は部署ごとの出店となり、プレス課やエンジン課などそれぞれに趣向をこらした出店を行っていた。デザイナーによる開発スケッチ風のデッサンでは、来場者のリクエストに応えてその場で書き上げる姿に、多くの人が見入というこのイベントならではの光景も。事業所内で活動している部活動の発表や展示などにも多くの人が関心を寄せていた。

富士重工業群馬製作所 総務部の遠山茂さんは「前日は雨が降り天気を心配していましたが、快晴になりホッとしています。多くの方に来て頂き、日頃地域のみなさまにいろいろとお世話になっておりますので、少しでも感謝の気持ちをこういうイベントでお返しできれば」とのこと。来年以降も環境が許されれば開催していきたいという。地元群馬を大切にしているスバルの心意気が感じられるイベントだった。

http://response.jp/article/2014/11/03/236487.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まったく・・・これだから

ここが一番、影響がなさそうな場所ですな・・・

だったら、君が隔週急行をやってみればいい。どんな気持ちで続けているのか、少しくらい理解していれば、そんな言葉は口に出せないはず。これ以上はここでも書かないけどね。

今朝になったら幾らか繋がったけど、昨日の夜はマジ切れする寸前だったんだぞ。

追記
ってことで、こっちは譲歩したのに、ガン無視かよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターオブカーソムリエコンクール プレキャンペーン 【カーソムリエ】

昨日は富士重工の年に一度の「感謝祭」。

昨年参加した時に、古い友人の紹介でお友達になった若きスバリストから、驚きのニュースをお聞きしました。

マスターオブカーソムリエコンクール プレキャンペーン 【カーソムリエ】
http://cs.autoc-one.jp/concours/

ええ、なんと「第1回マスター オブ カーソムリエ」を受賞されたそうです!!

簡単に説明すると、このサイトに登録して30問の車に関するクイズに答えます。出題範囲は国内外を含めた車に及び、スバル莫迦の私にはかなりの難問が続きます。・゚・(ノД`)・゚・。

この難問をあっさりパスして「マスター オブ カーソムリエ」になってしまったとは! 最近、他人のふんどしで記事を固めている当Blogにとって、とっても美味しい記事が転がり込んでキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!って具合です!!

なにはともあれ、おめでとうございます!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »