« ううむ・・・(ーー;) | トップページ | 衝突被害軽減ブレーキ試験でSUV最高点数のスバル『フォレスター』と最低点ホンダ『ヴェゼル』 »

【スバル レガシィ 新型発表】「レガシィとは何か」…変わったものと変わらないもの

はい〜、変わってないと言えば、確かのそうとも言えます。

乗ってみて頂かないと伝わらないですね。記事では随分と概念的なコメントをされていますが、進化と言うより深化しているので、いろいろと見えなくなっている方も多いと思います。ああ、確かにこう伝えるしかありませんね。新規性ばかりを追い求めていたら、6代目レガシィがどう変わったのか、多分、解らないでしょうね。私も最初にスペックを見たときはそうでしたから。これに気づいてしまうと「レヴォーグ」という車が、実に面白い立ち位置にあるということに気づくはずです(≧∇≦)

古い友人に言わせればバッサリでしたし(笑)

-----転載開始-----
【スバル レガシィ 新型発表】「レガシィとは何か」…変わったものと変わらないもの

20141029

スバルは『レガシィ』をフルモデルチェンジし6代目に進化させた。新型はこれまでの機能価値の向上に留まらず、情緒的価値を大幅に磨き上げたという。

富士重工業スバル商品企画本部上級プロジェクトゼネラルマネージャーの内田雅之氏は、「レガシィは1989年に登場して25年。モデルチェンジを重ねるたびにその姿は常に変化をし続けてきたが、その根幹に流れるクルマ作りの姿勢は何ら変わることはない」と話す。

それは、「クルマが乗る人の生活を豊かにするパートナーとして欠かすことのできない存在になること。このことをそれぞれの時代のレガシィに共通する、普遍的な価値として連綿と受け継いできた」という。

6代目となる新型レガシィの開発は、この普遍的な価値を前提に、「新時代のレガシィにユーザーは何を求め、期待しているのか。この時代のユーザーの生活をより豊かにしてもらうために、スバルの、そしてレガシィの役割とはいったい何なのか。このことを真剣に考えて、その答えを見つけることが、新型レガシィの開発そのものだった」と述べる。

「その結果、たどり着いた答えは、まずスバルの得意としてきた安全性や走行性などの“機能的価値”の向上だ。そしてそれだけに留まらず、デザインやインテリアの質感、更にレガシィ本来の持ち味であった走りの部分においても、その走りの質感を徹底的に高めて、ユーザーの感性に響く“情緒価値”を磨き上げることだった」と内田氏。

「あらゆる質感を高めてもともと持っている高い機能と融合させることで、このレガシィがこれからのユーザーのライフスタイルをより豊かに演出するパートナーとして、そして充実した人生を共に歩んでいくクルマとして存在する。このことを目指して開発してきた」と語った。

http://response.jp/article/2014/10/29/236186.html
-----転載終了-----


|

« ううむ・・・(ーー;) | トップページ | 衝突被害軽減ブレーキ試験でSUV最高点数のスバル『フォレスター』と最低点ホンダ『ヴェゼル』 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/60564415

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル レガシィ 新型発表】「レガシィとは何か」…変わったものと変わらないもの:

« ううむ・・・(ーー;) | トップページ | 衝突被害軽減ブレーキ試験でSUV最高点数のスバル『フォレスター』と最低点ホンダ『ヴェゼル』 »