« さてさて、「そうかえん」の装備はどうするか? | トップページ | トヨタ86の4WD仕様がWRC第8戦に登場。豊田社長も走行 »

【IIHS衝突安全】スバル BRZ、2014トップセーフティピックに指定

あれ? 今回が初めてのIIHSのテストだったんですね。ちょっとビックリ。

現在、スバルで販売中のモデルの中では、些か見劣りがする結果となってしまいましたが、あの無理ゲーな、スモールオーバラップテスト、しかも全面投影面積の小さいBRZで「ACCEPTABLE」は優秀な結果だと思います。

-----転載開始-----
【IIHS衝突安全】スバル BRZ、2014トップセーフティピックに指定

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは7月30日、『BRZ』の2014年モデルが米国IIHS(道路安全保険協会)から、「2014トップセーフティピック」に指定されたと発表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも行う。また今回、スバルBRZの2014年型は、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを受けた。これは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだが、車体のメインフレームよりも外側に強い衝撃が加わるため、厳しい判定を下される車種が多い。なお、IIHSは2012年からスモールオーバーラップ衝突テストを開始したが、BRZがこのテストを受けるのは初めて。

BRZのIIHSの衝突テストでは、通常の前面衝突、側面衝突、ルーフ強度テスト、追突時のむち打ち確認テストの4つのテストで、最高のGOOD(優)評価。ただし、スモールオーバーラップテストの判定は、4段階評価で上から2番目のACCEPTABLEだった。

通常の衝突テストに、スモールオーバーラップテストの判定を加えた結果、BRZの2014年モデルは、IIHSから2014トップセーフティピックに認定された。スバルオブアメリカのトーマス・J.ドール社長兼COOは、「BRZが『フォレスター』や『レガシィ』など、スバルのトップセーフティピック車に加わったのは、喜ばしい限り」とコメントしている。

http://response.jp/article/2014/08/01/229036.html
-----転載終了-----

|

« さてさて、「そうかえん」の装備はどうするか? | トップページ | トヨタ86の4WD仕様がWRC第8戦に登場。豊田社長も走行 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/60081812

この記事へのトラックバック一覧です: 【IIHS衝突安全】スバル BRZ、2014トップセーフティピックに指定:

« さてさて、「そうかえん」の装備はどうするか? | トップページ | トヨタ86の4WD仕様がWRC第8戦に登場。豊田社長も走行 »