« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

新型スバルWRXは実質「レヴォーグセダン」なの?

えーと、もうアッチコッチに情報はリークしまくりですから、ウチが黙ってる理由は無いでしょう(笑)

群馬では当初から「今度のWRXにはワゴンボディがある」と言われてましたので、この記事は当たらずとも遠からずって感じですね。

WRX S4はまんまFA20DIT&CVT搭載で、スバル足とビル足装備モデルがあり、WRX STIはEJ20のキャリーオーバーですからねぇ。今週発表になり、発売は8月からですん。

個人的にはヒジョーに気になってて、次期FSXの最右翼なんですが、群馬の方からは「WRX S4はまだ買うな!」と止められております・・・って、逆さにしても煙も出ない状態ですから無問題です。ショボーン━━(´・ω・`)━━

-----転載開始-----
新型スバルWRXは実質「レヴォーグセダン」なの?

スバル「レヴォーグ」がいよいよ6月20日に正式発売となります。

思い起こせば昨年11月の東京モーターショーで富士重工業は「レヴォーグ」が国内市場を重視して開発したクルマであることを強調していました。

一方、ほぼ同時期に開催されたLAオートショー2013では次期「WRX」が公開に。

見てのとおり、フロントバンパーやラジエータグリル、フェンダーパネルについては差別化が図られているものの、ボンネットフードやエンジンルーム、ウインドシールドガラス、フロント・ドアなど、Bピラーより前部はレヴォーグと共通のようです。

エンジンについてもレヴォーグ2.0GTと同じFA20型BOXERエンジンを搭載しているようで、全長がレヴォーグ比で95mm短く、全幅が15mm広く、全高が15mm低くなっている以外は装備やグレード体系、車両価格も含めてほぼ共通となっている模様。
(抜粋)

http://yukan-news.ameba.jp/20140617-1023/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間不信

ちょっといろいろと面倒な事が有って、他人の考えている本音の部分が見えてくると、こんなに汚いモノだったのかと、思い知らされています。いやね、私自身も相当に黒いかもしれませんが、なんでこうも面倒くさいのかなとか。

敵の居ない人はいないとは思うのですが、こうもあちこちで連続するとマジで疲れてしまいますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUBARU 1:64 Scale Minicar Collection@サークルK

SNSの中で友人から聞いて(笑)

近くのサンクスとサークルKを2件回ってゲットしてきました。ちょっとお高いですが、「京商」製で中身の作り込みを考えると妥当な所でしょう。 (サンクスには置いてない可能性有り)

20140629

私の場合、ラインナップのどれが出ても「アタリ」でなんですが、私が引き当てたのは「LEGACY RS(スポンサーのカラーリング無し)」と「IMPREZA S204」でしたヽ(´▽`)/

スバリストの諸兄はサークルKに急げ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こりゃ時間が読めないや(´・ω・`)

設計が古い。ダメダメやん(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹は決まったみたいだ

・・・まあ、これも運命でしょう。
愚痴たところで仕方が無いし、人生も思っている程、長くは無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンD810キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

私的にはかなり理想に近いボディの様に思えます。

20140626
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d810/

実売価格がいくら位になるのか、興味津々ですん。
さてと、逆さにしても煙も出ない、我財布の中身をどうするか
(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリス・ハート

TVを殆ど観ないので、どこの番組だか解らないのですが、そこからメジャーデビューをしてしまった「クリス・ハート」 カミさんと珍しく趣味が合いました。

日本のPopsをカヴァーしてますが、どっちかというとR&Bに近いテイストも有るかもです。古い曲も手堅くアレンジされていて、すっかり今風に。

このヲサーンには、何曲か涙無しでは聴けない曲が入っております。・゚・(ノД`)・゚・。
板モノは邪魔になるのでiTMSでポチリw

視聴は以下からw (埋め込み禁止でした)
home クリス・ハート
https://www.youtube.com/watch?v=r5X9RYja-XI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更、FireWire800

外付けのHDDの容量を空けて、写真のデータをそっちに入れようと思い、今更、FireWire800で接続できる外付けHDDを買い足しました。私のiMacはUSB3.0は搭載されていないので、疾風怒濤のTunderboltを除けば最速の選択です。値段を調べたら、まだお高いので買えなかったんですよね(^^;) > Thunderbolt HDD

いやー、たかが800MB/sですが、されど800MB/sです。古いHDDからのデータコピーがUSB2.0の半分。3年遅れて文明開化キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!って感じです。

次に増設する頃にはThunderbolt接続のHDD(SSDかな?)も安くなっているでしょうから、今回はこれで満足ですん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルサイズ、魅力なんだけどね・・・(ーー;)

8月にイベントが有るので、それまでにフルサイズ機を調達したいなぁと、今日、ネットでいろいろ調べてみてました。

えっと、私は趣向が少しひねてる関係で、絶好調でぶっ飛ばしているメーカー派ではなく、MILスペックのメーカー派です。しかしながら、どうにも今は間が悪い様です。

スペックだけ見るとフルサイズの入門機が程よいバランスなんですが、ここまで出すならもうちょっと頑張れば、ハイアマチュア機(いや、これはプロ機だ)が手に入ります。ただ、このハイアマチュア機は圧倒的な解像度を誇るにも関わらず、画像素子が一世代前。それと連射速度が手元にあるボディより30%も落ちてしまいます。ここはシャッターチャンスを上手く狙えていない私にとっては致命的。せめて今のボディと同じなら踏ん切りが付けられるのですが、ここがネックになってしまってます。

じゃあ、その上はってことになると完全にプロ機。ボディだけで**マソなんてお金はちょっと用意できる金額では有りません。コレが買えれば万々歳と言う訳でもなく、こんな凄いボディを持って外を出歩く勇気は持ち合わせておりません(苦笑)

今の時代、ボディは消耗品に近い状態になってるので、あまり高額なモノを買っても2、3年のウチには陳腐化しますし。ただ、そのイベントは最初で最後のイベントなので、良い絵で残しておきたいなぁというのが正直な所です。現実を見れば結論は出てるのですが、悩んでしまいます(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitter廃人じゃないので(爆)

自分の生活を公開上のネットに晒す風習は私の一族にはありませんが、ちょっといろいろ有って更新が滞っていました。という訳で、今年はNBR24のお祭りも参加できず...orz

我らがSUBARU WRX STIは、途中でアクシデントが有った様ですが、SPT3Tクラス4位。初陣にしては立派な成績だと思います。ああ、見たかったなぁ('A`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありのまま今起こったことを話すぜ・・・

20140615

5月30日に、とある日本人が経営していると見えるネットショップで買い物をしました。その後、全く連絡が取れない状態になり困り果てていました。

いや、でもまてよと言う事で、@niftyのWebメールの迷惑メールフォルダの中をひっくり返してみてみた所、取引きをした覚えの無い業者から、英文で連絡が入ってました。

「オーダー**は、受け付けました。発送しますので安心してください」

メールアドレスはその店舗のメールアドレス、ただ発信者は明らかに日本人ではありませんでした。その後、「別の業者」から、「モノをEMSで発送したので、この追跡番号でトレースできます」との連絡。

発送元は支那。この時点で「あー、どうせデタラメな追跡番号を送って来たのだろう(ーー;)」と、高をくくっていたのですが、2日位してダメ元でEMSの追跡をしてみたら、支那から「何か」が発送されていて、間違い無くモノが動いています。で、本日、その「謎のモノ」が手元に届きました。

梱包を開けてみると、確かに物が入っています。ただ、いささか品番が違うものが発送されて来ていました。支那ということで、偽物を掴まされたかとも思って、ネットを検索してみると、間違い無く本物。しかも、不思議な事に価格は国内販売価格より、安い価格でした( ゚Д゚)ポカーン

まあ、使って使えない事も無いですし、おまけに安く手に入ったって事を考えると、お得感はあるのですが、まるで狐につままれた様な気分でいます。

・・・・で、事実関係だけ整理をすると、以下の事の様です。

「日本人が経営している店と思っていたネットショップは、支那のドロップシッピングのネットショップだった」
 ↓
「ドロップシッピングの業者が、その店のオーダーを受けたが、注文した品番の品物は何らかの事情で品切れ。販売価格帯と発注した製品に近いものを選んで発送」
 ↓
「注文と違う商品が届く。ただし使えないというものでは無く、確かに本物。しかも国内販売価格価格より安価」

最初から、支那のショップだと解っていたら取引自体しなかったですが、最悪のパターンである「詐欺」ではなく、見方を変えれば善意も見える・・・という、何が起こったのか解らない結末になりました(ーー;)

一応、ネットショップには「モノが違う」という、メールをツッコミましたが、今度は回答は戻らないでしょうね。結果的には最悪の事態だけは避けられたと言う事の様です。

【追記】
ありゃ?! この型番って、よく見たら国内販売ではプレミア品ぢゃないか!
安い理由はこれだったのか( ゚Д゚)ポカーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいか、みんな・・・(苦笑)

「レボーグ」じゃなくて、「レヴォーグ」だ。

興味が有ったり、好きな車の名前くらい、きちんと書けないとダメだぞ。

ちなみに、未だにいるのが

「レガシー」じゃなくて、「レガシィ」だってばさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いいんだよ、ウチは「ル・マン」で(笑)

なんだか、世の中では「サッカーのW杯」がどうのとかって騒ぎになってる様ですが、ウチのBlog的には「ル・マン24時間」の方が重要な訳で。

現時点では、ちと期待していたトヨタの7号車がリタイヤ、8号車は8周遅れ。トップはまたしてもアウディ。「帰って来たポルシェ」は2位で追いかけてます。アウディも嫌いでは無いですが、ここは是非ともポルシェの猛烈な追い上げを期待したいところ。

最後の最後まで解らないのが24時間耐久。最後になると、24時間走り切れて良かったねみたいな雰囲気になるので、そこがまた好きだったりするのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX STI国内仕様、ちょほいと聞いてきました

・・・いろいろな人の立場もあるかと思うので、ウチの記事の過去ログを読んでください(笑) 
実は過去ログにも無い、追加情報も有るのですが、これは今日の時点で書いてしまったら紳士協定に触れてしまいますので、もう暫く自粛しておきます(≧∇≦)

スバルのディーラーと良い関係を持ってる方なら、担当のセールス氏に聞けばある程度の内容は出てきます。そういう段階まで、準備が進んでいると言う事でございます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまた、日本が極秘裏に開発している機体が支那にバレたw

自衛隊機が中共軍の機体に以上接近した時の画像らしいのですが。
日本が極秘裏に開発している機体がモロにバレた(爆)

しかしまぁ、散々っぱら、煽ってくれてますね。支那は「日本が先に手を出した」と言う、国際的な大義名分を欲しがってますから我が國はガン無視に限るのですが、一触即発の事態である事には違いないですね。

支那の覇権主義は、ほんと、何とかならんもんですかねぇ('A`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Race car on the road - "Welcome back"

いやー、アウディは粋なADを作るもんですねぇ。素直にカコイイです。

とは言え、2014年のポールポジションはトヨタというニュースが入って来ているので、こんな余裕をかましている場合では無いかもしれません。

ルマンほど、最後まで解らないレースはありませんからね(ーー;;)

「見せてもらおうか、モリゾーの会社の実力とやらを!」

Race car on the road - "Welcome back"

https://www.youtube.com/watch?v=_3u_14CXSDg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パシフィック・リム

あるツテで、「観てみろ」と言われたので観てみました。

いやはや、「もし、ハリウッドがヱヴァを作ったら・・・」って聞かされてはいましたが、まさかここまで「ツボ」を押さえていたとは思っても見ませんでした(笑) これは劇場で観ておく必要のある映画だったかもしれません。BDを買ってから、まだ封すら開けていない「ヱヴァQ」なんかより、余程、面白かったですね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバル 2014年ニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場

プレスリリース、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

今年は是非、SPT3Tクラス優勝を奪還して頂きたいものです。戦闘力もアップしてますから期待してますよん。

-----転載開始-----
スバル 2014年ニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場

20140611

富士重工業と同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1は、新型 WRX STIをベースとして開発したレースカー「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2014」で、ドイツで6月19日~ 22日に開催予定の2014年ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦します。2008年から7年連続の出場と なる今回のレースでは、2012年に続く3度目のクラス優勝を目指します。 現地時間6月20日(金)16:00(日本時間 23:00)からニュルブルクリンク・サーキット内ラウンジスペースにて 行う予定のスバルプレスカンファレンスやレースの模様については、特設サイト及び「SUBARU-USTREAM」*2 にて配信予定です。

<特設サイト>
スバルオフィシャルサイト : http://www.subaru.jp/nbr24h2014/
スバルグローバルサイト : http://www.subaru-global.com/special/nbr/
<SUBARU-USTREAM> http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream
*1:スバルテクニカインターナショナル(株)(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)
*2:Ustream は、Ustream Asia 株式会社が運営するライブ動画配信サイトです。

■ 「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2014」 スバルWRXシリーズは、1992年の初代モデル誕生以来、実用的な4ドアセダンでありながら、圧倒的なスポー ツ性能を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、世界中のスポーツカーファンから支持を得てきました。 「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2014」には耐久レース用装備およびチューニングが施されていますが、そ の基幹部品はベース車である量産型WRX STIと全く同じです。富士重工業とSTIはその連携を一層強化する ことで、世界初公開から間もない新型WRX STIをベースとしたレースカー開発を実現しました。 あえて量産車をベースとして開発したレースカーで参戦することで、新型WRX STIのAWDスポーツパフォーマ ンスが「究極の一般公道」とも言われるニュルブルクリンク・サーキットにおいても高次元で発揮されることを 実証していきます。
富士重工業とSTIは、モータースポーツ活動を通し、スバルがお客様に提供する価値である「安心と愉しさ」を 確かなモノづくりで実現し、世界中のお客様のご期待に応えていきます。
(抜粋)

http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_99468.pdf (プレスリリース)
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイラインハイブリッド出荷停止について

SNSの中で見つけた記事ですが・・・・うーん(ーー;)

この場合は、多分、日産の設計部門がきちんと現象を把握してないってことですね。で、対策が全く立ってないと。オーナーさんの気持ちはよーく解りますが、初物ってのはそう言うのを折り込み済みで乗るのが常識ですよ。個人で騒いだ所で、問題が大き過ぎて方は付きませんって。

ちなみに、プリウスも複雑怪奇に電気系統が設計されているので、止まったら何が起きるのか解らないので、トランスポーターを呼んで陸送すると噂されていますね。まあ、こう言っちゃアレですが、ハイブリッド車なんて、どう考えても発展途上な車な訳ですから、覚悟はしとけよって所ですな。< 内燃機関以外は信用してない奴

-----転載開始-----
スカイラインハイブリッド出荷停止について

ナビゲーションがフリーズ・ブラックアウトする事が沢山の方に発生している様ですが、この事で出荷停止状態となっている様です。
その上、ブラックアウト状態になる物については、センサー類が全て繋がっているためどの様な動きをするのか解らないと言うことで出荷停止となっています。
この事について問い詰めると発生している方はディーラーに行ってるでしょという回答をされました。その上で原因がわかり次第リコール・サービスキャンペーンで対応すると以前の三菱自動車がやったことの様なことを説明されました。
ナビゲーションがフリーズする方は直ぐにディーラーに持ち込んでください。
この事についてまた14日も、話し合いをしますのでまた明日続きをかけたら書きます。

http://minkara.carview.co.jp/en/userid/14816/blog/33100560/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだと?!

20140609

一体、何が起きてるんだ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提督各位に告ぐ、これが「現代の艦隊戦」だ(笑)

いやー、確かに「大和」も欲しいですが、やっぱり、イージス艦ですわ(爆)

現代の艦隊戦

https://www.youtube.com/watch?v=KGJ2OrTDIzA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョークも解らんのか?

思ってた以上にセンスねぇなぁ。

アレはアレでコレはコレだろうに。そんなふうに時流に乗れなかったから、君のSOHOは仕事が無くなったのじゃないかしら? 自分のやりたい様だけやってたら、そりゃ行き詰まりもしますわな。お客様が求めてないんだから。

気の毒だとは思いますけどね(ーー;) これは自戒の意味も含めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期スバルWRX STIは国内版でもEJエンジン搭載を継続

あれ? 何処から来た情報だったかな? まあ、いっか(爆)

私の所に流れて来た情報だと、日本国内もWRX STIのエンジンはEJ型を継承するらしいとの事。EJ20かEJ25かはまだ不明です。

こんな話を聞くと、FA20は実績が無さ過ぎて、現時点ではまだ「STIには使えない」って事なんでしょうね。それか、EZ30Rの様にカリカリに設計してしまった為に「安全マージンが足りない」か、どっちかと言う感じがします。あ、これはあくまでもスバリストの「勘」って奴なので、どこかで聞きつけて来たとか、そういう類いの話ではなく、私個人の与太話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバルWRX STI マン島のラップタイムの記録更新。平均速度187.4km/h

国内の自動車系情報サイトでの紹介はまだの様ですが、インプレッサWRX STIが、マン島の37.75マイル、200のコーナーを有しているMountain Race Circuitの持つ、4輪のコースレコードを3年ぶりに更新しました。ラップタイムは19分26秒、アベレージは116.470mphって事は、約187.440296km/hですね(驚)

20140605

あ、私の訳だといい加減なので、原文を引っ張っておきます(笑)

-----転載開始-----
2015 WRX STI Sets New Lap Record at Isle of Man with Avg. Speed of 116.47 MPH [w/Video]

British rally champ Mark Higgins did it again at this year's edition of the Isle of Man TT Road Course breaking the previous lap record he set in 2011 with the older Subaru WRX STI by 30.7 seconds and increasing the average speed record for cars by a little over 3mph (~5 km/h) in the all-new (U.S.-spec) 2015 Subaru WRX STI.
Higgins, who recorded a lap time of 19 minutes and 26 seconds with an average speed of 116.470 mph (187.40 km/h) at the TT today, said he could have done even better.

“It was quite a lap we did today and I am really happy to have another record in the bank. The chassis on this new car is so much better it really allowed me to pick up time in each sector in the more technical parts of the course,” Higgins said. “I think there is definitely time that we left on the course. I lost time on the second part of the track, overshooting my braking point at Sign Post corner. I actually hand-braked the turn in the end, so I feel we can definitely do better.”

The U.S.-specification 2015 WRX STI that Higgins raced was stock with some safety exceptions like the FIA-spec roll-cage, racing seat and harness, fire suppression system and high decibel straight exhaust (for crowd safety), plus the modified springs and dampers "to handle the sustained high speeds and changing conditions of the course" and the fitment of Dunlop Derezza tires.

While we're waiting for the official video, you can catch a glimpse of Higgins' ride in the following short clip shot by one of the spectators.

http://www.carscoops.com/2014/06/2015-subaru-wrx-sti-sets-new-lap-record.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスロード、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

iTMSで買ってしまいました。
カップリングの方を楽しみにしていたなんて・・・・ああ、最近では、FictionJunctionの「eternal blue」が有ったか(笑)

Z会 「クロスロード」 120秒Ver.

https://www.youtube.com/watch?v=AfbNS_GKhPw

20140604
TVアニメ「ブラック・ブレット」エンディングテーマ::トコハナ (初回限定盤 CD+DVD)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mitsubishi ATD-X Shinshin(心神) XF5-1 turbofans Test

注目すべきポイントは、たった644kgの重量。

絶対的な出力としてはまだまだと言うところですが、実験機用のエンジンでこの大きさとパワーなら、これからの進化が楽しみなエンジンです。

-----転載開始-----
日本は第五世代戦闘機の試験機ATD-Xを今年中に飛行させる計画を進めています。これに関連し防衛研究所は推力5トンのXF5-1エンジンの地上試験の様子を公開しました。XF5-1は重さ644kg、アフターバーナー無しで約5トンの推力を発生させることが可能です。

Mitsubishi ATD-X Shinshin(心神) XF5-1 turbofans Test

https://www.youtube.com/watch?v=k8gjxe5-wY8
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ビデオ】コスワースがスバル「BRZ」/トヨタ「86」用の「パワーパッケージ ステージ1」を発表

コスワースキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

パワーアップが興味深いってのは当然としても、どんなエキゾーストノートになるのか、私はむしろコッチの方に興味があります。日本じゃ、トヨタが「たかがネジの頭を変えた」くらいでニュースにしてますが、それってば、スバル的な感覚で言えば「単なる年改の一部ぢゃね?」って感じなので('A`)な気分で居ますが。

コスワースのパーツも日本で手に入ると面白いのですけどね。

-----転載開始-----
【ビデオ】コスワースがスバル「BRZ」/トヨタ「86」用の「パワーパッケージ ステージ1」を発表

20140603

英老舗エンジン・メーカーのコスワースは、スバル「BRZ」とその兄弟車であるトヨタ「86」用のパフォーマンス・キット、「FA20 パワーパッケージ ステージ1」を発表した。

コスワースは、1970年代にF1界を席巻したDFVエンジンでその名を馳せたエンジン・チューナー。そんな同社がBRZと86のチューニングを手掛けることが先日予告され、両車のFA20型エンジンがどのようにチューニングされるのか注目を集めていた。

コスワースによると、「パワーパッケージ」は数段階に分けて提供されるという。今回発表されたステージ1では、2.0リッター水平対向4気筒エンジンの最高出力を200hpから230hpに引き上げ、今後は段階的に325hp、380hpとパワーアップを目指していくそうだ。

これまでコスワースは各チューニング・パーツを個別で販売して来たが、今回からアップグレード・キットで提供するという新戦略を展開。すべての機能がぴたりとかみ合った状態でオーナーの手元に届けることができると、そのメリットを強調してみせた。

ステージ1の内容は、FA20型エンジンの吸排気を改善することを主眼に元のエキゾーストシステムをほぼそっくり交換する内容になっている。斜めカットを施したポリッシュ仕上げの4インチ口径テールパイプとY字型マフラーが特徴的なスポーツエキゾーストが用意されるほか、球形のレゾネーター付きオーバーパイプ・フロントパイプや、標準のものに比べて22%軽いマニホールド・ヘッダーで構成され、さらにキットにはECU書き換え用ソフトウェア、ローテンプサーモスタット、そしてコスワースのエンブレムとシリアル番号が刻印されたプラークが含まれる。

コスワースは現在、スポーツエキゾーストのみを含むステージ1を2,799ドル(約28万円)で発売している。ステージ1.2になるとオーバーパイプが付き、ステージ1.3ではセラミックコートされたマニホールド・ヘッダーまで含まれる。コスワースの広報に話を伺ったところ、パーツをそれぞれ単体で販売する予定はないとのことだ。個別に取り付けても、コスワースとして性能が保証できないからだという。

今回はアップグレードされたエキゾーストの映像も公開されたので、プレスリリース(英語)とあわせてチェックしてほしい。ウェブサイトによるとステージ2と3の発売は今夏に予定しているようだが、続報に期待したい。


-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

詐欺サイト決定(ーー#)

201406032

やはり、該当のネットショップからの連絡はありませんでした。

ちょっと思う所が有って調べてみたのですが、どうやら「支那系」の詐欺ネットショップが暗躍している様で、私が引っかかったのはそれの一つだと解りました。店主の名前は偽名、会社の名前も架空のもの。相手がこれでは、もう手も足も出ませんね。

使用したカードの停止と、これに紐づいている支払い情報の変更を行いました。何年かに一回はこんな事に出会うので、「気持ちを引き締めろよ!」と言う事でしょう。

さてと、本件、やりつくした感はありますので、気持ちを上手く切り替えないとです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アナと雪の女王「Let it Go」を炎属性にするとこうなる

「アナと雪の女王」の映画、それと主題歌の「Let it Go」が大ヒットしている様ですが、ディズニーのミュージカル仕立ての作品の様なので、観に行くかどうしようか悩んでおります(笑) あー、私は無粋なので「ミュージカル」の良さってのがサッパリ理解できなくて。ドラマの中でいきなり歌いだすってのがダメなんですよね(笑) < それってミュージカルの全否定ぢゃん(爆)

巡回先でCoolな「Let it Go」を見つけましたので、ご紹介しておきます。・・・これ、個人的にはオリジナルより好きかも(笑)

【クサメタルアレンジ】Let it Goを炎属性にするとこうなる【鋼兵】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23628719

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こりゃ、やられたな

あるサイトでちょっと買い物をしました。

ところが、そのサイトからまったく連絡が取れなくなってます。
ええ、30日にモノを買ってますから、まる2日。これはカモられた可能性高し。

なんだか、いやーんな予感がしてたんですよね。
問い合わせフォームから連絡よこせと突っ込んで、これで明日、何も反応が無ければ警察に逝きます。

消費者センターにも突っ込んでやりますですよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZ GT300 2014SUPER GT 第3戦オートポリス決勝、2位入賞

2位入賞ですよ〜ヽ(´▽`)/

よーしよし、よく頑張った。

ARTA CR-Z GTは水冷V型6気筒 ツインターボ 2800ccですからね。EJ20ターボで追いかけ回してるってのは、とても痛快な事であります(笑)

SUBARU BRZ GT300 2014SUPER GT 第3戦オートポリス決勝ダイジェスト

https://www.youtube.com/watch?v=saWClZ8vFfI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、よく考える事

どっちかというと行き当たりばったりと言うか、刹那的というか、そんな風に毎日を過ごしてしまっている昨今ですが、最近、私にはあとどれくらいの時間が残されているのだろうかと、よく考える様になりました。

うだつの上がらない社畜生活もそうですが、そんなことも含めて、健康面やらなにやらを考えると、Dead endって、そう遠くないタイミングでやってくる様に思えてるんです。

今日、古い友人からメールを貰って、その文面に書かれていた事に、ドキリとさせられました。まだまだとは思っていたのですが、冷静になってみると、もう既に「余命が何日」か、社畜生活で貰える「賃金」は幾らか、そんなことをザックリと計算できてしまうんですよね。まあ、それを考えて友人は今やれる事をやっていると。

先ほど、意を決して、余命とか諸々を計算してみました。結果は私を戦慄させるのには十分過ぎるものになりました。

かのApple教の尊師、スティーブ・ジョブスの有名な言葉の中にこんなのがあります。

もし今日が
人生最後の日だとしたら
今日やる予定は
本当にやりたい事だろうか?

今の私にはやけに染み入る言葉です。

あー、サザエさん症候群とかちびまる子ちゃん症候群って訳ではないですが、また明日から、そんな代り映えのしない一週間が始まります。様々なチャンスは、それに備えている人にのみやって来ます。今の私の備えは万全か? 

答えは芳しいものではありません(´・ω・`)ショボーン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »