« ソニーα7S、ISO 409600 | トップページ | STAP事件簿07 私がSTAP論文を読んでみると・・・(中部大学教授 武田邦彦) »

富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定

ボクサーディーゼルの情報を探している方が結構居ましたので、ググってみたらこんな記事が出てたんですね。マツダさんが成功している所を見て、やっとこ決断したのでしょうか。というか、ハード的に国内展開対応の目処が付いたってところですかね(笑) 一年前の記事ですが、気がつきませんでした(^^;)

しかも「レガシィ」に乗せてくる見通しとは、面白い事になりそうです。
年改のテコ入れか、それとも・・・(深読みしているらし)

-----転載開始-----
富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定

 富士重工業は2014年度にディーゼルエンジン(DE)車を国内に初投入する検討に入った。同年度に全面改良して発売予定の旗艦車種「レガシィ」に設定する見通し。すでに欧州市場などにDE車を投入しており、このエンジンを日本市場向けに仕様変更して搭載する計画。国内乗用車市場ではDE車が徐々に販売規模を拡大しており、富士重はニーズを取り込みたい考え。

富士重は欧・豪州向け「レガシィ」にDE車を設定済み
 現在、富士重は欧州、豪州の両市場向けにレガシィのほかスポーツ多目的車(SUV)「アウトバック」、SUV「フォレスター」、小型SUV「XV」にDE車を設定して販売している。いずれも排気量2000cc水平対向DEを搭載する。
 この水平対向DEを日本の排ガス規制などに対応させて国内市場向けのレガシィに搭載する見通し。すでに開発に向けた準備に着手した。レガシィは12年(1―12月)に国内で2万6008台(前年比16・3%増)を販売した。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420130314beak.html
-----転載終了-----

|

« ソニーα7S、ISO 409600 | トップページ | STAP事件簿07 私がSTAP論文を読んでみると・・・(中部大学教授 武田邦彦) »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

他の車種にも、載せて欲しい。

投稿: スバリストZN6 | 2014/04/14 20:54

スバリストZN6さん
このレガシィと言ってるのが、2014年4月現在、モデル末期となっている五代目の事なのか、六代目のことなのか今の所、蓋を開けてみない事には解らないですね。

国内販売を視野に入れてるという事は、Euro6をクリアしたクリーンディーゼルだと言う事も想像できますから、どのタイミングで搭載になるか・・・私がもし、スバルの商品企画をやってたら、六代目のラインナップの一つにするだろうなと思っています。

フォレスターやXVに展開するのは、その後かなとか。

投稿: Algernon | 2014/04/15 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/59469511

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定:

« ソニーα7S、ISO 409600 | トップページ | STAP事件簿07 私がSTAP論文を読んでみると・・・(中部大学教授 武田邦彦) »