« 富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定 | トップページ | スバル 新型「LEVORG(レヴォーグ)」を発表 »

2014/04/14

STAP事件簿07 私がSTAP論文を読んでみると・・・(中部大学教授 武田邦彦)

SNSで見かけました。

私は渦中の小保方氏がどうこうと言う事には全く関心がなくて、氏の論文がどうであったのか、結論としてどうなのかという「論理的な視点」が欲しかったんですよ。

武田教授のこの意見はまさしく私が知りたかった事です。

STAP事件簿07 私がSTAP論文を読んでみると・・・(中部大学教授 武田邦彦)
http://getnews.jp/archives/556202

« 富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定 | トップページ | スバル 新型「LEVORG(レヴォーグ)」を発表 »

コメント

さすが武田先生。
解り易い。

ガリレオの地動説も、最初はコケにされてたからね~。

スバリストZN6さん
マスコミの偏った報道ではなくて、この記事でやっとマトモなコメントを読んだ気がしました。

 なるほど。NATUREの論文が100%事実だけを載せるのではなく、可能性を含む論文(多くはこちら)を掲載する紙面ということであればすべてに納得が行きますね。
 今回の問題はマスゴミの報道姿勢は期待通りでしたが、理研のマネージメントが全然出来ていないことを露呈しましたね。少なくともこのような大事に担当者のみが説明するこことはありえないです。まずは、上長が出て説明するものですけどね。

夢さん
このSTAP細胞が本物なら、巨大な利権が動き始めますからね。
実験の肝の部分ってのは、NATUREでは隠していることは当然とも思えます。
それにしても、夢さんのおっしゃる通り、理研の対応のマズさは際立っていると思います。私はトカゲの尻尾切りの様な印象を強く感じています。アレでは良い研究者は育ちませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士重、ディーゼル車の国内投入検討-「レガシィ」に設定 | トップページ | スバル 新型「LEVORG(レヴォーグ)」を発表 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31