« Z会 「クロスロード」 120秒Ver. | トップページ | ミッション終了(爆) »

【痛い】評論家 国沢光宏 「スバルは日本のファンを裏切った」【ニュース】

評論家なんて、他人のふんどしで相撲を取ってる癖して、何偉そうな事を言ってるの?

こと、WRXに関しては、日本仕様はまた別の仕様で出てくる可能性が高いのに、こいつは「真性のバカ」です。今時、自動車雑誌なんて買ってるのは「情報弱者」ですね。私が雑誌を信用しなくなったのは、こういう「バカな評論家」が知った風な記事を書いてるからですよ。

飯が食えなくなって来て、焦っているのでしょう(爆)

-----転載開始-----
新型WRX試乗記

20140227

昨日も城市兄と話をしていたのだけれど、自動車メーカーの国内広報は社内的な存在感が極めて薄くなってしまったようだ。
一 昔前まで「社長の代理」と言われた花形部門だったのに、今や権限は急速に少なくなっているという。「お金を渡されない宣伝部門。ナニも出来ない」としか思っていない広報部員すら出てきた。

好例がデトロイトショーに出展された新型WRX STI。何と! アメリカで試乗記事が出ている。もちろん開発や生産は日本で行われるため、その気になれば日本のメディアを先行させることだって出来た。
日本で売らないモデルなら日本を優先しなくてもいいけれど、日本のメ ディアにとっちゃ顔にドロを擦りつけられるもの。

いや、メディアは海外のジャーナリストに試乗レポートを依頼して記事化すれば体裁は整う。問題はソコぢゃない。結果的に日本のスバルファンを裏切ることになった。
WRXというモデルを育てたの、国内市場です。なのにアメリカのユーザーしか見てない。スバルの戦略が国内なんかどうでもいいと決めたのか?

スバルだけじゃありません。ディーラーに行けば試乗車がいくらでもあるのに、メディア向け試乗会は1か月遅れなんてことも珍しくなくなった。
ムカシは数日後といったイメージ。これまた会社全体から見ると広報のプライオリティが大幅に下がったからに他ならない。メディア側も従順過ぎるんだと考えます。

http://kunisawa.txt-nifty.com/kuni/2014/02/post-46c8.html
-----転載終了-----

|

« Z会 「クロスロード」 120秒Ver. | トップページ | ミッション終了(爆) »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 巡回先のブログにも名指しこそしておりませんが、該当誌を読むと案の定、K沢氏でしたw

http://tochigi-subaru.co.jp/editor.htm

投稿: 夢の助 | 2014/02/27 23:40

割とスバルに好意的な方だと思っていたのですが、変なところでプライドの高い痛々しい方だったんですね。(´・ω・`)ショボーン

投稿: ぶらっと | 2014/02/28 08:51

夢さん
あー、なんだか、今までのお金の流れとか、特権階級的な何かとかいろいろと想像できちゃいますね。
初代アルシオーネとかSVXなんて、評論家に潰された様なモノですから、私は自動車評論家は大っ嫌いです。

ぶらっとさん
この記事で一番気に入らなかったのは、たかが自動車評論家風情にスバルファンの気持ちを代弁している様な書きっぷりな所です。裏切られたなんて、これっぽっちも思ってませんから。(物言いはありますが)

投稿: Algernon | 2014/02/28 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/59208467

この記事へのトラックバック一覧です: 【痛い】評論家 国沢光宏 「スバルは日本のファンを裏切った」【ニュース】:

« Z会 「クロスロード」 120秒Ver. | トップページ | ミッション終了(爆) »