« 東京都民は民度が低い | トップページ | キットレンズでオリオン座 M42は撮影できるのか? »

スバル WRX STI登場直前、直噴ターボと6MTの組み合わせ

一応、WRX STIの発表は現地時間の1月13日と言う事ですから、明日には詳細が解ると思います。あくまでも「北米仕様」と言う事なので、国内仕様とはまた異なる内容になる事は織り込み済みです。でも、2.0DITに6MTってのは魅力ですね。我が家ではもうMTを買う事はないでしょうが(笑)

-----転載開始-----
スバル「WRX 2015」画像ギャラリー ─ WRX STI登場直前? 直噴ターボと6MTの組み合わせ

20140113

2013年11月のロスアンゼルスオートショーにおいてワールドプレミアを飾ったスバルWRX。そのロケーション画像が北米で公開されています。

STIバージョンが控えているという4ドアスポーツセダン「WRX」ですが、その2015年モデルのパワートレインは2.0リッター直噴ターボエンジンに6MTがコンビネーションしたもの。シンメトリカルAWDについて、6MTは基本のトルク配分が前後50:50で、ビスカスカップリングのセンターデフを持つコンベンショナルなシステムとなり、スポーツリニアトロニック(CVTで)は前後トルク配分45:55を基本としたVTD(可変トルク電子制御)AWDが組み合わせられています。VTD制御では、ステアリング角のほかヨーレイトやGセンサーからのデータを利用するものになっていると発表されています。

カウンターを当てながら、ダートを駆け抜ける画像からは、いかにもスバルWRXらしいコントロール性とパワフルさを感じませんか?

●新型WRX主要スペック
全長:4595mm
全幅1795mm
全高:1475mm
ホイールベース:2650mm
エンジン:2.0リッター水平対向直噴ターボ“DIT”エンジン
排気量:1998cc
トランスミッション:6MT/スポーツリニアトロニック
最高出力:268hp/5600rpm
最大トルク:258lb.-ft./2000-5200rpm
タイヤサイズ:235/45 R17
乗車定員:5名

http://yukan-news.ameba.jp/20140110-88/
-----転載終了-----

|

« 東京都民は民度が低い | トップページ | キットレンズでオリオン座 M42は撮影できるのか? »

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/58938874

この記事へのトラックバック一覧です: スバル WRX STI登場直前、直噴ターボと6MTの組み合わせ:

« 東京都民は民度が低い | トップページ | キットレンズでオリオン座 M42は撮影できるのか? »