« 富士重工吉永社長「コツコツ積み重ねた努力で」…国内生産累計2000万台 | トップページ | STI NBR CHALLENGE 2014 World Premiere Movie. »

軍用車両ハンヴィーの後継機にスバルの水平対向ボクサー+αのハイブリッドエンジンが搭載される

ちょっと調べてみたのですが、EE20ターボにハイブリッドをプラスすると言う事でしょうか。ギズさんの記事には、排気量が記載されていないので、次世代のディーゼルエンジンを供給する様な話もあるのかもしれませんね。国内でのディーゼルエンジン展開の話は噂すら出てきていませんが、六代目レガシィの隠し球という線も無いとは言い切れません。

でも、最も注目すべき点は、スバルの水平対向エンジンが、ハンヴィーに採用されるかもしれないという点です。軍用車ですから、絶対的な信頼性、それと整備性も兼ね備えたものでないと行けない筈です。整備性と言った面では疑問符が付きますが、それに目をつぶっても余有るメリットが見いだせていると言う事でしょうから、本当だとしたらかなり面白い記事だと思います。

-----転載開始-----
軍用車両ハンヴィーの後継機にスバルの水平対向ボクサー+αのハイブリッドエンジンが搭載される

20140110

ハマーH1のように、市販されちゃったりもするのでしょうか。

汎用輸送車両でありながら、さまざまな現場で改修されまくった高機動多用途装輪車両ハンヴィー。1985年より量産が開始された彼の後を継ぐべく、アメリカ陸軍が次世代高軌道汎用車両のテストをしています。

これも1つの時代の流れ。ハンヴィーには6.2L水冷V型8気筒ディーゼルエンジンが使われていましたが、次世代機のULV(ウルトラライトビーグル)には175hpのスバル製水平対向4気筒ディーゼルターボエンジンをベースに、Remyの電気モーターを組み合わせた180kW(241hp)のハイブリッドエンジンが搭載されるとのこと。

http://www.gizmodo.jp/2014/01/post_13758.html
-----転載終了-----

|

« 富士重工吉永社長「コツコツ積み重ねた努力で」…国内生産累計2000万台 | トップページ | STI NBR CHALLENGE 2014 World Premiere Movie. »

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/58920371

この記事へのトラックバック一覧です: 軍用車両ハンヴィーの後継機にスバルの水平対向ボクサー+αのハイブリッドエンジンが搭載される:

« 富士重工吉永社長「コツコツ積み重ねた努力で」…国内生産累計2000万台 | トップページ | STI NBR CHALLENGE 2014 World Premiere Movie. »