« マツダCX-5の「ぶつかってしまった」体感試乗は「車両に問題なし」だが… | トップページ | メカニカルな精神宿す…スバル チーフ エグゼクティグ デザイナー 難波治 × エンリコ・フミア »

DAICON 33

今年2014年は、今は完全に「だしがら状態」になってしまった、アニメーション制作スタジオ「ガイナックス」の前身、DAICON FILMの33周年記念だそうです。えーと、なんで33周年なんていう中途半端な数字で、リバイバル企画がスタートしたのか全く不明なのですが、当時、大好きな作品だったので敢えて取り上げてみます(笑)

20140108
http://www.gainax.co.jp/daicon33/

Webサイトはティザーまで出して盛り上げようとしていましたが、OPENしてみてガカーリ、物販しかないじゃないですか。しかも、絵を描けるスタッフが居なくなってしまったのでしょうか、肝心の「女の子」もご覧の通りの見事な劣化ぶりでございます(爆)

以下、「DAICON IV」のオリジナルのアニメーションです。

http://www.youtube.com/watch?v=Nkc4eBCy3Sk

ガイナックスは、ファンを担ぎだして一儲けしようと考えたのでしょうが、こんな体たらくでは緩む財布も緩みませんよと(´・ω・`)ショボーン

|

« マツダCX-5の「ぶつかってしまった」体感試乗は「車両に問題なし」だが… | トップページ | メカニカルな精神宿す…スバル チーフ エグゼクティグ デザイナー 難波治 × エンリコ・フミア »

コメント

Daikonフィルム 懐かしいですよねぇ
見ていたら 解決のうてんきとか帰ってきたウルトラマンとかどこかにデータとして焼いておいたディスクを掘り出したくなりました
サイトを見たら・・・・
あまりにもできが悪すぎて泣きたくなりました(>o<)

投稿: ねこ | 2014/01/09 13:11

ねこさん
うお、まさかこのトピックでねこさんが食いついてくださるとは(笑)

怪傑のうてんきは面白かったですねぇ(笑) あの頃のパワーはどこから出ていたのでしょうかね。

肝心のDAICON 33は、この情けない有様です。
ってか、俺に描かせろ(爆)

投稿: Algernon | 2014/01/10 19:11

しまった! この記事だけ読み飛ばしてました。(^^;)
私もこの絵はDAICON FILMには無理があると思いましたよ。赤井氏の絵も好きですけどね。

私が好きだったのは「愛國戦隊大日本」です。当時、ゴーグルファイブ、サンバルカンにハマっていたので、大笑いしました。

たまにワンフェスで「のうてんき」や「大日本」を出されているディーラーさんがいらっしゃいます。根強い人気は、さすがガイナックスですね。
近年、トリガー組の独立で心配されているガイナックスさんですが、「放課後のプレアデス」NEXTステージのためにも頑張ってほしいものです。

投稿: ぶらっと | 2014/01/13 07:47

愛國戦隊大日本ですか! 懐かしいですね。「もしも日本が弱ければ、ロシアはたちまち攻めてくる」主題歌も秀逸でした(爆)

本来ならまだまだ第一線で制作されてているべきスタジオだと思ってはいたのですが、ここの所、ホントに元気が有りません。世代交代が上手く行かなかったのでしょうね。まあ、出て行った方もなんだかいろいろとアレな感じも無くはないですが(例えば、スタジオxaraとかスタジオxaraとか)

パンツのゴムを締め上げて、良い作品を作っていただける事を期待したいと思います。

投稿: Algernon | 2014/01/13 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAICON 33:

« マツダCX-5の「ぶつかってしまった」体感試乗は「車両に問題なし」だが… | トップページ | メカニカルな精神宿す…スバル チーフ エグゼクティグ デザイナー 難波治 × エンリコ・フミア »