« プリンタ、完全に沈黙 | トップページ | 冬の星空の撮影に挑戦 »

スバル・オブ・アメリカ、1月14日にデトロイトで新型「WRX STI」を公開すると発表!

やっぱりWRXとWRX STIは別物でしたね。

とはいえ、エクステリアを始めとして、どこまで手を入れてくるか。個人的にはエクステリアがレヴォーグのセダンだったらイラねって感覚ではありますが(笑) 

しかしながら、国内商標に登録されている「WRX S4」ってのが、なかなか見えてきませんね。

-----転載開始-----
スバル・オブ・アメリカ、1月14日にデトロイトで新型「WRX STI」を公開すると発表!

20130105

富士重工業の米国における子会社であるスバル・オブ・アメリカは1月3日、新型「WRX STI」をアメリカ・デトロイトで開催される北米国際オートショーで1月14日に公開すると発表した。

といっても現在のところ、詳しい情報はまだ不明。プレスリリースには「全てが新しい、スバルのアイコン的なパフォーマンス・フラッグシップ・モデル」とだけ書かれている。2013年11月にロサンゼルスで発表された新型「WRX」の性能をさらに引き上げたモデルになることは間違いなく、噂では現行型の北米仕様WRX STIと同様に、排気量2.5リッターの水平対向4気筒ターボを搭載するのではないかと言われているようだ。

アメリカ仕様の新型WRXは、先代の2.5リッター・ターボに換えて、あちらでは「フォレスター」に使われている2.0リッター直噴ターボを採用して来た。日本では「レガシィ」や「レヴォーグ」にも搭載されている「FA20」型の「DIT」と呼ばれるエンジンだ。デトロイトで発表される新型WRX STIが2.5リッターとなるならば、それは果たしてスバルの新世代ボクサー・エンジン「FB25」型をベースにターボチャージャーを装着したものになるのか、それとも現行型WRXシリーズから「EJ25」型シングルスクロール・ターボ・エンジンを引き継ぐのか。その辺りが興味となる。スペックは現行モデルの最高出力305hp(309ps)/6,000rpm・最大トルク290 lb-ft(40.0kgm)/4,000rpmを上回ることが(それから大きなリア・ウイングの装着も)期待される。なお、新しいWRXおよびWRX STIは4ドア・セダンのみとなり、5ドア・ハッチバック・ボディは用意されないようだ。

もちろん、今回北米国際オートショーで発表されるWRX STIはアメリカ仕様なので、現行モデルがそうであるように、日本仕様は異なるエンジンを搭載することも充分に考えられる。今やレガシィやインプレッサだけでなく、WRXまでアメリカ先行で公開されるようになり、日本のスバリストたちはきっと寂しい思いをしているに違いない。是非とも1日も早く、日本仕様のWRX STIが(アメリカのエンスージァストたちが羨むような、競技にフォーカスしたスペックで)発表されることを期待したい。

http://jp.autoblog.com/2014/01/03/2015-subaru-wrx-sti-detroit-auto-show-official/
-----転載終了-----

|

« プリンタ、完全に沈黙 | トップページ | 冬の星空の撮影に挑戦 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/58880838

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・オブ・アメリカ、1月14日にデトロイトで新型「WRX STI」を公開すると発表!:

« プリンタ、完全に沈黙 | トップページ | 冬の星空の撮影に挑戦 »