« Nikon Df | トップページ | ドバイ国際モーターショーで「86」セダンがデビュー! メディアからは「本当?」の声 »

ダイハツ、コペンコンセプト「市販に向けて開発中」

このメーカーのモデルだけは、絶対に買う事は無いだろうと思ってますので、正直言うとどうでも良いんですが、ミラの釘が見える様なこの愚鈍なスタイリングには、絶望しか感じられなかったので敢えてクリップっと(苦笑)

-----転載開始-----
【東京モーターショー13】ダイハツ、コペンコンセプト「市販に向けて開発中」

20131105

ダイハツは、第42回東京モーターショーに出展するコンセプトカーを3台発表した。

今回注目すべきは、復活が待たれる軽オープンスポーツ「コペン」の後継だ。

「KOPEN future included」の名で登場したそれは、ヘッドライトとルーフ以外の全ての外板を“着せ替え”できることが最も大きな特徴だ。

デザインはスタイリッシュ&エモーショナルなスタイルの「Rmz(アール・エム・ゼット)」と、タフ&アグレッシブなスタイルのXmz(クロス・エム・ゼット)。両スタイルは着せ替えが可能であり、新たなクルマの価値とカタチを提案した。

ちなみに、Rmzの“R”は「Road」を意味し、Xmzの“X”はラギッドや未来を表す「X」の意。両者に共通の“mz”は「Master zero」の略で、「新たなコペンの原点になってほしい」という意味が込められているという。

搭載されるエンジンはインタークーラーターボ付き水冷直列3気筒DOHC。トランスミッションはパドルシフト付きCVTで、駆動はFF。

登壇した広報担当者は、今回発表したコペンについて「あくまでもコンセプトカーであるが、市販に向けて開発を進めている。デザインや意匠はこれに近づけていきたいし、着せ替えに関しても、考え方の部分は踏襲し、安全性などを検討して進めていきたい」と話した。

http://response.jp/article/2013/10/30/209644.html
-----転載終了-----

|

« Nikon Df | トップページ | ドバイ国際モーターショーで「86」セダンがデビュー! メディアからは「本当?」の声 »

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

個人的には、小型車の作り方はトヨタよりマシだと思ってるんですが、買うとなるとダイハツの店の雰囲気が嫌いなので、私もダイハツ車は買うことはないと思います。

・・・トヨタにOEMされれば別の話ですが、でも軽は買わないかなぁ!^^;

投稿: スバリストZN6 | 2013/11/06 07:03

スバリストZN6さん
私はこのメーカーには悪い印象しか有りません。安かろう悪かろうと言う事で、お金を出すだけ無駄だとまで断言しちゃいます(笑)

投稿: Algernon | 2013/11/06 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/58520989

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ、コペンコンセプト「市販に向けて開発中」:

« Nikon Df | トップページ | ドバイ国際モーターショーで「86」セダンがデビュー! メディアからは「本当?」の声 »