« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

@nifty相手に、久々にキレる

ええ、どうせMacintoshはマイナーなマシンですよ。

だからって、サービスの手を抜いていいって理屈は通りませんよ、@niftyさん。

・・・と言う様な、メールの応酬をこの2週間位続けています。ふざくんなです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IEを擬人化してみたけど切なすぎる・・・

いろいろ書いてしまうとネタバレするので、リンクを貼付けるだけにしておきましょう(笑)

IEを擬人化してみたけど切なすぎる・・・
http://togetter.com/li/594520

ちなみに、私のオフィスでは窓7、社内サイト用にはIE、社外サイト用にはChromeを使っています。一番、出番が無くなって来たのはFireFoxでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支那、有事に備えて日本国内で便衣兵の招集か?

SNS内で拾って来ました。

先日、沖縄県・尖閣諸島上空周辺に防空識別圏を設定した支那大使館が、今月頭(11月8日)から、在日支那人に出している通達です。

ポイントは2つ。「有事を想定している事」、「登録された支那人が国内で便衣兵として動く」可能性があること。昨日の一方的な防空識別圏の設定で更に関係が緊張を増しているので、在外支那人保護という名目だけでは済まない可能性も有ります。

-----転載開始-----

关于开展侨民自愿登记的通知

 为海外侨民提供领事保护是中国驻外使领馆的重要职责。为在发生重大突发紧急事件时及时联系侨民并提供协助,最大限度地保护侨民的安全和利益,大使馆决定自即日起开展侨民自愿登记工作。大使馆将依法妥善保管并使用登记人员相关信息,严格保护登记人员个人隐私。  

  登记方式如下:  

  一、登录大使馆网站(“领事服务”栏“表格下载”项)下载或在大使馆领事部办证窗口领取《在日中国公民自愿登记表》。  

  二、按要求填写登记表。  

  三、通过领事部办证窗口(工作日9:00-12:00)、传真(03-3403-5447)、电子邮件(lsb@china-embassy.or.jp)、信件(邮编:106-0046,地址:东京都港区元麻布3-4-33,中国驻日本大使馆领事部领侨组收,请在信封注明“侨民登记”字样)等方式递交。  

  望广大侨胞理解并积极参与侨民自愿登记。  

  特此通知。  

中国驻日本大使馆

http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/lsxw/t1097657.htm
-----転載終了-----

以下、機械翻訳。
-----

海外に居住している同胞の自らの意志で登録する知らせを展開するに関して

海外の海外に居住している同胞のために領事に保護を提供するのは中国海外駐在大使領事館の重要な職責です。重大なことが発生してために緊急な事件に突然発生する時直ちに海外に居住している同胞を連絡してそして協力を提供して、最大限度に海外に居住している同胞の安全と利益を保護して、大使館は即日から海外に居住している同胞の自らの意志の登録の作業を展開することを決定します。大使館は法律に基いて適切に登録人員の関連情報を保管して使って、厳格に登録人員の個人のプライバシーを保護します。  

  登録の方法は次の通りです:  

  一、大使館のウェブサイト(“領事サービス”の柵の“表がダウンロードする”の項)を登録してダウンロードしてあるいは大使館の領事部の証明書を申請するウィンドウで《日で中国の公民の自らの意志の登記表》を受け取ります。  

  二、登記表を書き込むことを求めるによって。  

  三、領事部の証明書を申請するウィンドウ(労働日9:00-12:00)、ファックス(03-3403-5447)、電子メール(lsb@china-embassyを通じて(通って).or.jp)、郵便物(郵便番号:106-0046、住所:東京都港区の元の麻布の3-4-33、中国駐日本大使館の領事部襟僑チームが収める、封筒で“海外に居住している同胞が登録する”の字形を明記してもらう)などの方法は手渡します。  

  広大な華僑同胞の理解がそして積極的に海外に居住している同胞の自らの意志で登録に参与することを眺めます。  

  特にここに知らせます。  

中国駐日本大使館

-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

elemental / FictionJunction

二ヶ月なんてあっという間ですな。もう、無条件に予約しておきますた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FORESTERLIVE 実証映像#12 日本 富士山麓

レヴォーグやら、 WRXやら六代目レガシィコンセプトの騒ぎですっかり落っことしてました(笑)
10万キロ、無事に走り切った様です。最後が富士山麓って所で、「Made in Japan」であるというところを一押しした感じですね。私はこういう演出、大好きです(笑)

FORESTERLIVE 実証映像#12 日本 富士山麓

https://www.youtube.com/watch?v=C25-4l4HREg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[SUBARU] WRX World Premiere Movie

もうご覧になってる方も多いかと思いますが、とりあえずクリップしておきましょう。

[SUBARU] WRX World Premiere Movie

http://www.youtube.com/watch?v=sH5FJ7sNd_o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいか、みんな(笑)

「レガシー」じゃなくて、「レガシィ」。

「レボーグ」じゃなくて、「レヴォーグ」だ。

ちゃんと検索しないと、オヂさん、笑っちゃうぞ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愚痴です

昨日はちょっといろいろな事が有りました。

一つは完全に私が悪いので、これは今後、気をつけて行くしか無いです。
処方してもらっている薬の副作用が強いのですが、なんとか踏ん張るしか無いですね。

もう一つは、お前はなんでそんなに理解が無いんだよと。まあ、確かに私の非も有ると言えばある。私が不甲斐ない為に、苦労を掛けている事は自覚しているつもりだよ。でもね、それを言っちゃ身も蓋もなくね?
何年も前に言ったろうが、コレだけは好きにさせろと。お前の夢はきちんと叶えてやったじゃないか。俺だって無理を承知で頑張ったさ。でも、俺の夢は一切認めない訳? これだから、お(以下、ダラダラと続くので自粛)

どっかに吐き出さないとね、それでなくても病んでるんだからさ(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ワロタ】タモリの適当外国語

あー、タモさんって確かにこういう芸を持ってましたね・・・と思って観てみたら、あまりの可笑しさにクソワロタwww

タモリの7ヶ国語バスガイド

https://www.youtube.com/watch?v=k4GkA9WjZ9I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのSUV、どこの坂を登るんだい?

新型のトヨタ・ハリアーのモデリスタだそうですが、この凄く長いオーバーハングを見て、思わず吹き出してしまいました。

20131123
http://response.jp/article/2013/11/16/210862.html

えーと、手元にあるソフトでアプローチアングルを計ってみたところ、たった12°(測定誤差多分に有り升) ヘタをすれば、コンビニの入り口であごを擦るSUVです(笑)

まあねぇ、このモデルは出た当初から、いろいろと「アレ」では有りましたが、まさかここまで来るとは(爆)

らしいと言えばらしいのでしょうけどね。
人の趣味を笑っていられる程、良い趣味でも無いので、ツッコミはここまでにしておきましょう(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセスログ、どうしようかな?

なんでも、ココログのアクセスログが機能アップするみたいで。

アクセス解析が生まれ変わります
http://www.cocolog-nifty.com/analytics/

いろいろと新しい機能が実装されるみたいなので、これはこれで楽しみなのですが、コレまでのアクセスログをダウンロードさせてくれるサービスが始まったので、コイツをどうするかちと悩んでます。

これを逃したら、二度と過去のログは手に入らない、でもきっと落としてもそれで満足してしまう方に200ヲンって感じなので、どうしようかなぁと(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SUBARU] Birth of The Legacy Concept

大きさの感覚が麻痺する、CGで観てもやっぱりデカイや(笑)
実際にコンセプトモデルを見たら、更に圧倒されるんでしょうな。見てみたい気もしますが。

[SUBARU] Birth of The Legacy Concept

http://www.youtube.com/watch?v=OWJmSfAFJfw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スパイ】秘密保護法案反対者名簿【工作員】

ああ、やっぱりねという人が沢山居ますね。
公安さーん、この人達です〜!(爆)

-----抜粋開始-----
青木理、赤江珠緒、秋山豊寛、阿佐部伸一、飯田昌宏、池内紀、池田香代子、石丸次郎、板垣英憲、井上啓子、今西直之、稲泉連、井部正之、宇野淑子、魚住昭、永六輔、恵谷治、江川紹子、大治浩之輔、大沢悠里、太田昌克、太田和彦、大谷昭宏、大山勝男、岡留安則、岡本厚、小川和久、荻原博子、角田光代、桂敬一、金子なおか、金平茂紀、鎌田慧、神浦元彰、香山リカ、川村晃司、神林広恵、潟永秀一郎、梶原茂、菊地泰博、岸井成格、北村肇、木村三浩、京谷六二、熊谷博子、見城美枝子、小中陽太郎、小林よしのり、小山唯史、是枝裕和、近藤勝重、後藤正治、坂上香、桜井均、佐高信、佐野眞一、佐野岳士、佐保充邦、澤地久枝、椎名誠、重信メイ、篠田博之、島直紀、柴田鉄治、渋井哲也、下桐治、下村健一、白石草、神保哲生、神保太郎、菅原文太、杉田文彦、鈴木崇司、鈴木琢磨、鈴木祐太、須田慎一郎、曽山睦子、曽根英二、高賛侑、高世仁、高野孟、高野秀行、高橋茂、武田頼政、田島泰彦、田勢康弘、玉本英子、棚原勝也、田原総一朗、土江真樹子、寺田俊治、戸崎賢二、歳川隆雄、富坂聰、富松裕之、鳥越俊太郎、中井信介、なかにし礼、中村うさぎ、中山和郎、永田浩三、永谷脩、西山太吉、西村秀樹、藤井誠二、藤田昭彦、藤本順一、二木啓孝、原憲一、原寿雄、久田恵、平井康嗣、ピーター・バラカン、古川柳子、保阪正康、堀米香奈子、本田雅和、牧太郎、真々田弘、三上智恵、三井直也、南丘喜八郎、村上雅道、室井佑月、毛利甚八、森達也、森功、安田浩一、矢崎泰久、山口正紀、山田厚史、山中幸男、吉岡忍、吉田司、吉富有治、吉永みち子、与良正男、綿井健陽

http://mainichi.jp/select/news/20131121k0000m040046000c2.html
-----抜粋終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUBARU LEVORG 開発映像 25年目のフルモデルチェンジ

ホントに全部入りですね(笑)
4代目レガシィから乗り換えて下さいという、スバルからのラブコールが聞こえる様です(笑)

SUBARU LEVORG 開発映像 25年目のフルモデルチェンジ

http://www.youtube.com/watch?v=dpJZO9mnOXM

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバラーに告げる!(爆)

今日、とあるSNSのタイムラインを覗いていたら、スバルが新しく発表したレヴォーグについて、「スバラー」や「レガラー」が、スバルに文句を凸ってたのでハッキリ書いて置こうと思います。

てかさ、たかが十数パーセントの株式をトヨタが持ったからといって、スバルが作るプロダクツが大きく変わることは無いってのが現実なんで。信頼筋からの逸話ではトヨタはスバルに対して「ウチのようにならないで欲しい」と言われてるのに、事あるごとに「トヨタの血が入った時から、スバルがつまらなくなった」とかと、分かった風な口を聞いてんじゃねぇぞ。

おまけに、どんな事情があって、「レガシー」が3代目まで5ナンバーだったかって辺りのホントの事情も知らんくせして。そこいらのにわか「スバラー、レガラー相手の雑誌」の受け売りに騙されやがって(爆)

昨日の社長のスピーチにも有るように、スバルはスバラーやらレガラーのような、狭量なセンスしか持ってない輩を相手に商売しているわけじゃないんでね。そこんとこよろしく(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル吉永社長「私たちはスバリストが誇り」

このスピーチ、聞いてみたかったですねぇ。

社長の言葉から「最大級の敬意を持ってスバリストと呼んでいます」ですからね。吉永社長に最大限の敬意を持って、取りあえず写真を貼っときます(爆)

あれ? 息してない方が若干名・・・?

-----転載開始-----
【東京モーターショー13】スバル吉永社長「私たちはスバリストが誇り」

20131120_2

富士重工は20日、東京モーターショープレスブリーフィングで『レヴォーグ』を世界初公開した。吉永泰之社長は、来年春の発売に期待してもらいたいと述べるとともに、これまでスバルを愛し、支えてきたスバリストが誇りであると語った。

吉永社長は、レヴォーグとロサンゼルスのオートショーで世界初公開される新型WRXについて述べた後、「お客様のお話をさせてください」と続けた。

「私どもスバルを支え、愛していただいているお客様のことを、最大級の敬意を持ってスバリストと呼んでいます。その方たちは人生を楽しみ、車の走る楽しさを愛し、趣味に情熱をそそぎ、家族や仲間を大切にする方たちです」

「このような方々がいらっしゃることと、このような呼び名があることは私たちスバルの誇りです。そうした全てのスバリストに最大級の感謝をこめて、共に走り続けていきます」

現在、スバルはそうした日本のスバリストをはじめ、世界中のユーザーに支持を得ることで大きな成長をしているとした上で、次のように締めくくった。

「スバルはこれからも、これまで以上に安心と楽しさをお客様に提案し続けます。これからのスバルに益々ご期待ください」。

http://response.jp/article/2013/11/20/211155.html
-----転載終了-----

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スバル レヴォーグ(SUBARU LEVORG)、発表

とまあ、こんな感じになって来たわけでして(笑) 予想外だったのは、予想していたよりボディの面構成が複雑でしたね。2.0LはCVTのみの300馬力、1.6Lは170馬力ってのは、噂通りと言ったところですね。しかし、トルクが400N・m(2.0L)ってのは凄いですね。幾つか見た記事の中に紛れてしまいましたが、ほぼフラットトルクの様でとても乗りやすそうです。

【SUBARU】LEVORG World Premiere Concept Movie @東京モーターショー2013

http://www.youtube.com/watch?v=mnAoT7IOf4M

【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「ワゴン最高峰のツーリング性能」
http://response.jp/article/2013/11/20/211143.html

幾つか気になってる事がありますが、こちらの話は来年の春まで待つしかなさそうです。あるツテでスペシャル見学コースを確保できたのですが、ちょっと日程が良くなくて、行って来る暇は無さそうです(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

CTを撮られました

健康診断で左の胸になにかあるとの事で、本日、CTを撮られました。ここ一ヶ月位、気管支炎っぽいなぁと思ってたので、それがレントゲンで写ったのでしょうか。いや、それともいよいよ焼きが回ったか?

結果は明後日に聞きに行きます。gkbr。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CASIO G-SHOCK MTG-S1000D-1AJF

ヤバいなー、今年は腕時計の当たり年ぢゃないか、個人的に(爆)

いやいやいや、コイツは見なかった事にしよう。< って、言いながらBlogに書いちゃダメぢゃんか(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京五輪テーマソングのアーティスト、今選ぶなら誰?

えーと、先に書いとくと今から7年後ですよ。

それと、世界的に有名なアーティストでないといけません。ってか、納得できません。

実力は認めますが、40歳になる嵐なんて、観たいと思いませんし、サザンの桑田氏なんか、恐らく・・・でしょう、おまけにこの男、出自がアレですし(苦笑)
うーむ、DOREAM COME TRUEも、今でももう既に歌い手としては死んでますね。YOSHIKIって私自身の感覚では「誰?」ですし(^^;)

・・・と言うわけで、消去法でも「初音ミク」が最も妥当だと思うのですが。
今より更に進んだ技術で調教、音程やリズム感も完璧、3D映像も凄いのができそうです。歳はもちろん今のままです(笑)

などと考えてしまっている小生は、この歳にして「ミク廃」なのでしょうなぁ(爆)

-----転載開始-----
東京五輪テーマソングのアーティスト、今選ぶなら誰?

2020年東京オリンピックのテーマソングを誰が歌うかに注目が集まっています。
今選ぶなら誰がいいと思いますか?

201311172

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/entertainment/10031/result
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバル WRX 新型、米国仕様のスペックリーク…268psターボ搭載か

北米仕様のスペックが流れて来ました。

国内仕様は北米よりガソリンの質が良い事から、更なるパワーアップが期待できそうです。6MTもラインナップされる事が解ったのは朗報ですね(笑) 気になるレヴォーグ(LEBORG)の2.0Lモデルのスペックも、ここからなんとなく透けて見えて来ている感じです。

さてさて、国内ので「WRX S4」とは何か、まだ情報が出て来ていない「STI」がどうなるか。面白くなって来ました。

-----転載開始-----
スバル WRX 新型、米国仕様のスペックリーク…268psターボ搭載か

スバル(富士重工)が11月19日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー13でワールドプレミアする新型『WRX』。同車のスペックが、海外の自動車メディアによってリークされた。

20131117これは11月15日、オーストラリアの自動車メディア、『Auto Guide.com』に掲載されたもの。同メディアが、新型WRXの米国仕様の詳細スペックを独自入手。読者に公開している。

同メディアによると、新型WRXのエンジンは、『フォレスター』用の2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボがベース。米国仕様のスペックは、最大出力268ps、最大トルク35.7kgmになるという。

この数値は、米国仕様の現行WRXが積む2.5リットル水平対向4気筒ガソリンターボ(最大出力265ps、最大トルク33.7kgm)に対して、排気量を500cc縮小しながら、3ps、2kgmの性能向上を果たした計算。

また、トランスミッションは6速MTとCVT。同メディアは新型WRXのパフォーマンスについて、「0-96km/h加速は、6速MTが5.4秒、CVTが5.9秒」とレポートしている。

http://response.jp/article/2013/11/17/210870.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMovie 10、ああ、そう言う事なのか。

今日、解った事。

Appleから、iMovie 10が配信されたのにiMovie 9.0.9がフォルダ内に残されていたのは、iMovie 10からiDVDとの連携機能が無くなったからなんですな。

iMovie 9.0.9は64ビットネイティヴじゃ無いらしいので、余計に時間が掛かってる様です。
ビデオのレンダリング終了まで、あと5時間。

2000年代にその筋の仕事をしていた頃の様な待ち時間です(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ、艦これ、艦これ、艦これ

流行ってて、ミリオタな小生も面白そうだとは思ってるんですが、これを始めるときっと他が全部そっちのけになりそうで、かなりヤバシ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六代目レガシィ・コンセプト

ロサンゼルスオートショーで発表になるコンセプトモデルって、六代目レガシィだったのですね。いやはや、それにしても育ったものです。レクサスLSより大きいのではないでしょうか。

個人的には五代目よりさらにマッシブになったスタイリングの第一印象は悪くないと思ったのですが、もはやこの大きさでは、私の選択肢には入りません。謎のモデル「WRX S4」をおとなしく待とうと思います(笑)

ってか、コンセプトも何も、スタイリングはほぼ決定しているわけですが(笑)

-----転載開始-----
スバル「レガシィ コンセプト」を2013年LAオートショーにて世界初公開

富士重工業は、米国ロサンゼルスで開催予定の2013年LAオートショー(11月20日~21日プレスデー、11月22日~12月1日一般公開日)に、スバル「レガシィ コンセプト」を、11月20日(水)10:30(現地時間)よりスバルブースにて行うプレスカンファレンスにおいて世界初公開します。レガシィ コンセプトは、スバルのフラッグシップモデルであるレガシィの今後のデザインの方向性を提示するものです。
201311151
スバルグローバルサイト(http://www.subaru-global.com/2013la.html)では、本日11月14日23時(日本時間)より専用サイトを更新し、レガシィ コンセプトの画像をはじめ、プレスカンファレンスの情報などを配信する予定です。
201311152

【特長】

■エクステリア
シンメトリカルAWDの安定感とパフォーマンスを表現する大径タイヤと力強いフェンダーフレア、高い安全性とダイナミックな走りを想起させる立体的なボディ形状、豊かな空間を確保しながら伸びやかなラインを描くキャビン形状などにより、たくましさと俊敏な走りの両面を表現しています。エクステリアカラーについては、金属本来の強い輝きを持つ青味のある金属調シルバーである特別色「Ocean Silver Metallic」を採用し、ソリッドなスタイリングを更に引き立てます。
フロント
2013年ジュネーブモーターショーにて世界初公開した「SUBARU VIZIV CONCEPT」で提示した、スバルの新世代デザインの象徴であるヘキサゴングリルからボディ全体へと繋がる立体造形によって、ダイナミックかつ塊感のあるフォルムを構築しています。
また、特徴的なシルエットのヘッドランプとアクセサリーライトは先進的で精悍な表情を表現すると共に、レガシィ コンセプトの個性を更に高めています。
サイド
快適な空間を実現するキャビンボリュームを、滑らかなルーフラインや伸びやかなウィンドウグラフィックと組み合わせて表現しました。フロントウィンドウ、ルーフ、リヤウィンドウは連続した流麗なガラス面で構成され、快適かつ爽快な移動空間を演出します。また、厚みを増したドアパネルにフロントからリヤに繋がるダイナミックで深いキャラクターラインを加えると共に、アルミシルバーのサイドシルガーニッシュを装着することで、張りのあるボディを引き締め、しなやかな緊張感を与えました。
また、シンプルでありながら力強いフェンダーフレアーと大径タイヤはスタイリングのハイライトのひとつであり、シンメトリカルAWDの安定感のある走りを視覚的に表現しています。
リヤ
ヘッドランプと共通のモチーフを持つリヤコンビランプを採用することで印象的なアイコンを織りこみつつ、ヘキサゴン基調の造形と組み合わせることで、奥行きのあるダイナミックな立体表現を実現しています。リヤバンパー両端に内蔵された縦長のテールパイプも、フロントバンパー内のエアインテークと共通の形状としています。リヤバンパー下部には空力とデザインを両立したディフューザー、アルミシルバーのガーニッシュを装着しました。

■インテリア
インテリアデザインもエクステリアに共通する、ダイナミックかつソリッドなボリューム表現に加え、大人4人がくつろげるキャビンに高い機能性を誇る空間をデザインしました。ブラウンを基調にした上質なレザーに鮮やかなブルーをアクセントとして加え、大人が愉しめる上質でスポーティな空間を目指しました。
正面のダッシュボードは、横広がり基調で太い幹の通った表情豊かな造形とし、乗員に安心と信頼を感じさせる印象を与えます。 センターコンソールには、スマートフォンやタブレットPCと同様の感覚でタッチ操作が可能なマルチインフォメーションディスプレイを備えています。室内中央を貫く大型フロアコンソールにも、後席乗員向けのタッチパネル式マルチインフォメーションディスプレイを装備し、お客様の快適な移動をサポートします。
運転席は、シリンダー形状のメーター、立体的な3本スポークステアリング、ドライバー側にオフセットしたシフト操作部で、クルマと一体感のあるスポーティな走りを期待させます。
ルーフトリム先端には、スバル独自の運転支援システム、「EyeSight」を装備。視認性の高いフロントウィンドウにEyeSightの作動状況などを表示するヘッドアップディスプレイを装備し、より運転に集中出来る環境をサポートします。
ゆったりと配置された、快適で上質な4座席同形状のシートは、空調機能を装備し、通気性の良い素材を組み合わせることで、長時間快適に移動していただける環境を提供します。
【主な仕様】
ボディサイズ(全長×全幅×全高):4,930×1,940×1,500 mm
ホイールベース:2,880 mm
タイヤサイズ:265/40 ZR21
乗車定員:4名

http://www.fhi.co.jp/news/13_10_12/13_11_14_93551.html
http://www.subaru-global.com/ms2013/la/legacy_c/index.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンが台風支援に感謝するポスターを作成 そこに日の丸はあるのに韓国国旗がない

「他の国は感謝される為に支援してる訳じゃねーよ」

-----転載開始-----
フィリピンが台風支援に感謝するポスターを作成 そこに日の丸はあるのに韓国国旗がない

20131113

[クッキー国際] ‘スーパー台風’ハイイェンが強打したフィリピンに対して国際社会の支援が続いている中でフィリピン側が感謝の意味を伝達するために支援国の国旗を組み合わせて作った広報ポスターから太極旗が抜けており、見る人々を不思議にさせている。

14日あるゲームカフェ掲示板にはフィリピン国旗で作られた手と、被害復旧を支援した各国の国旗で組合された手が会う場面が盛られたポスターが上って来て、ネチズンの間では意見がまちまちとなった。

ポスターの上端には「ありがとうございます、絶対忘れないです」という感謝の文が書かれている。

アメリカが最大の2000万ドルを支援してイギリスが1600万ドル、日本1000万ドル、オーストラリア940万ドルに引き続き韓国もカナダと同じ位の規模の500万ドル以上を緊急支援することに決めた。

これら主要支援国の中で太極旗が抜け落ちている。

20万ドルを支援した台湾と10万ドルだけ送る事にしてアジア最大経済大国としては常軌を逸しているという国際的非難を浴びた中国も含まれている状況だ。

特にフィリピンは中国と南シナ海の島をめぐって領土紛争までする状況なので常識的に太極旗が抜け落ちた理由を捜しにくい。

最大支援国であるアメリカの星条旗もほとんど見つけることができなく一部だけ入っていることと400万ドルを約束したヨーロッパ連合(EU)も抜けたことから見て製作上の間違いである可能性も見える。

これに対してネチズンたちは「我が国が出す事にした後に製作されたようだ」 「韓国観光客の好ましくないイメージが一因か」「星条旗も見えないですね」などの反応を見せた。

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/d60a2e0f8b820707f8f7e06122f52469
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SUBIE!―スバル乗りの正統派バイブル」創刊号の赤っ恥(爆)

ちょっと読んでみたいかもと思っていたのですが、時々ウチにいらっしゃるお客様が購入された様です。

イキナリ赤っ恥をかいてますね。このスバリストの定義は大間違いです。しかも、「スバラー」っていう呼称は、ハッキリ言ってしまえば「蔑称」ですよ。私は富士重工業原理主義者なので、こういう事はちょっとばっかり煩いです。

編集長とやらが、自ら知識無しを披露しちゃってるって所で、やはり購入するまでもなかった様です(笑)

-----転載開始-----
編集長の山本氏の記事によると

「SUBIE創刊号」より抜粋
スバルの愛好家を「スバリスト」と呼び、レガシィやインプレッサに乗る人を「スバラー」と呼びます。いずれにせよ、クルマ愛好家に親しみを込めてこのようなニックネームをつけられるのは、不思議にスバルが多いです。これはアメリカも同じで、この国では自分の車を「SUBIE」と呼ぶそうです。

引用元: SUBIE創刊号:スビーとは

ムック「SUBIE!」が一般には向かないなと思う理由(Notes Inegales様)
http://log.yostos.org/mutuku-subie-ga-ban-nihaxiang-kanainatosi-uli-you
-----転載終了-----

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「日産がある限りスカイラインの名前は残す」

こういうひねくれた事を書くと、また、狂信的なファンが絡んでくるんですが(笑)

この記事を読む限り、スカイラインという名前に拘ってるのは日産だけで、周りは「もう、どーでも良くなってる」と読めるのは、私がきっとひねているからでせう(爆)

てか、いろいろとツッコミ所があって、面白い記事ですな。

-----転載開始-----
【日産 スカイライン 新型発表】「日産がある限りスカイラインの名前は残す」

日産自動車が11月11日に発表した新型『スカイライン』は、インフィニティブランドのもとで販売される。もともと海外では11代目から同ブランドで売られ、新型も『Q50』の名称ですでに米国などで販売されている。ただし日本ではスカイラインの名前は継承される。

スカイラインの商品企画責任者を務める寺田美穂リージョナルプロダクトマネージャーは「スカイラインの名前をどうやったら残せるか、すごい議論になったが、名前はやめない。日産自動車がある限りスカイラインの名前は残す。これは会社の中の上から下までの意識」と言い切る。

その一方で日産バッチを外すことについては「プレミアムセダンとしてポジショニングを変えるため」とした上で、「実際にお客様はどう考えているかインタビューしたところ、スカイラインなら、どちらのバッチでも良いという意見があった。また実際に日産のバッチを外して、インフィニティのバッチをつけている方もいる。ここも本当に色んな議論がありましたけども、インフィニティでいこうと決心をしました」と明かす。

さらに「お客様の声を拾って車に反映するのが私の仕事。要はお客様が何を望んでいるか、何を求めているか、そこはものすごく主張をしていく」と述べた。

http://response.jp/article/2013/11/11/210443.html
-----転載終了-----

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日は風が騒がしいな

20131112

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次期スバル WRX 公式画像リーク

巡回先のサイトに次期スバル WRXの公式画像がアップされてました。
(画像は全てクリックで拡大します)

201311123

これってば、既に公開されてるレヴォーグ(LEBORG)のフロントとほぼ同一と思えるシルエットですね。

201311121

注目すべき点は幾つかあるのですが、リアクォーターのフレアがレヴォーグのシルエットにとても良く似ています。

201311122

後から見ると、とてもよく解りますね。レヴォーグがワゴンだと言う事は既にスバルから公式に発表されていますが、この画像はセダンです。って事は、レヴォーグのセダン=WRXと言う事になるのでしょうか? (アレ? これってば、かなり俺得になってるってことジャマイカ?)

それと、私が気になっている所は、先日の記事にも書かせて頂いていますが、特許庁に登録されている 「WRX S4」という商標。この画像のオーナメントはWRXになってます(左にSUBARUとSymmetrical Awd、右にWRX)この辺りが、どんな扱いでラインナップされてくるのか? 待て11月20日です。いや、それ以降かな?

【巡回先】
http://www.themotorreport.com.au/57653/2014-subaru-wrx-teased-as-leaked-image-exposes-final-design

【追記】
そいえば、先代インプレッサも当初はS-GTをインプレッサWRXとして輸出してましたね。WRX-STIがワイドボディのモデルでした(後にボディは一本化) ・・・と言う事は・・・以下、深読みしてみましょう(笑)

【追記の追記】
「スバル、新型「WRX」を「2013年LAオートショー」で世界初公開」だそうです。ちゃんと「表で裏が取れた」ので、タイトルを変えました(爆)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131111_623073.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自動ブレーキ体験中に衝突事故、マツダ CX-5

あらら、やっちゃいましたね。

原因究明中だと言う事ですが、ドライバーとシステムのどちらに問題があったのでしょうか。なんとなくですが、私は運転していた男性が、30キロ以上で走っていたのではないかと思っています。

でも、ちょっと気になるのが、赤外線レーザーって所ですね。これってば、スバルの「EyeSight」の拡販用に配ってたミニカーに搭載されている仕組みと「基本的には一緒」の様な。

・・・武士の情けで皆まで書くまい(爆)

-----転載開始-----
自動ブレーキ体験中に衝突事故、マツダ「CX-5」-原因調査中

11月11日(ブルームバーグ):自動運転や安全技術の車両搭載が進む中、埼玉県内で10日、マツダ 車両の自動ブレーキ体験試乗中に衝突事故があり、2人が重軽傷を負った。
埼玉県警広報課によると、事故があったのは埼玉県深谷市のマツダ系ディーラーが開催した新車試乗会場で、SUVの「CX-5」がスタート地点から15メートル先にあるフェンスに衝突。運転していた会社員が頸椎(けいつい)捻挫、助手席にいたマツダ系販売店の男性が腕骨折で全治2カ月の重傷を負った。
試乗は7メートル先につるしたウレタン製の障害物を感知して自動ブレーキが作動するのを体験するものだったが、この障害物を通過し、さらに約6メートル先のフェンスに衝突した。
マツダ広報担当の渡辺誠氏によると、CX-5は10月17日にマイナーモデルチェンジをしてから自動ブレーキ機能を標準搭載しているが、該当車両の詳細については確認中だという。自動ブレーキは赤外線レーザーで障害物を感知して、時速30キロメートル以下で走行していれば衝突を回避、もしくは被害を低減するもの。
埼玉県警では、運転時の速度を含め、車両の不具合や運転操作ミスの可能性など原因を調査している。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MW3A906S972G01.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【後悔は無い】 グレイテスト・アイドル 買ってしまいました

悩んだのですが、やっぱり買ってしまいました。
20131110

このサイズだとは思っていなかったので、密林から届いた時、箱の大きさにびっくし(爆)

Mitchie Mさんのミクさんの調教は、正に神レベル。まるで藤田 咲さんが歌っているのかと錯覚してしまいます。今まで、何枚かミクさんのアルバムを聞いた事がありますが、現時点では最もお気に入りの一枚になってます。

【初音ミク Project mirai 2 テーマ曲】アゲアゲアゲイン【フルver. MV】'Ageage Again'

http://www.youtube.com/watch?v=uwwU55zBYlQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回日本GPを制したスバル360の絶対使命

スバリストを自称する者として、気になる雑誌が創刊される様です。

到底、書店に置いてあるとは思えませんので、密林で購入するしかないんですが、触れてはいけない事にイキナリ切り込んでますので、どんな記事になってるのか気になります。

-----転載開始-----
スバル好きに贈る痛快スバルマガジン「SUBIE!」(スビー)創刊

201311091スバリスト、スバラー、スバルファン、スバルマニア全てのスバル好きに贈る痛快スバルマガジン「SUBIE!」(スビー)が2013年11月2日に創刊された。価格は1,680円。

スバリスト正統派バイブル「SUBIE!」創刊にあたり、マリオ高野氏は以下のようにコメントしている。

「スバリストなら誰もが心にグッと響くネタがもりだくさん!保存性/資料性の高さも重視した、スバル関連雑誌の正統派です!次期型WRX-STIのエンジンについてなど、独自ルートにより入手した裏情報も掲載されております!11月13日22時から放送されるユーストリーム番組では、感想コメントや次号で読みたい記事のリクエストなども大募集します!」

「SUBIE!」[第一特集]

スバル創業55周年 スバルを加速させた3台

・初代レガシィ10万キロ速度記録車
・WRXの20年の変遷をトシ新井が語る
・第二回日本GPを制したスバル360の絶対使命
・次世代サイサイトはロバスト性をレベルアップ

http://autoc-one.jp/news/1539087/
-----転載終了-----

えーと、今回の特集で特に気になるのは、「第二回日本GPを制したスバル360が絶体絶命」と言う所です。

201311092

上の正に記念すべきその一台、実はスバルのビジターセンターには置いてないんですよね。とある所に、実に粗雑に管理されていました。そりゃ、絶体絶命ですよ、あんな粗末にしていたら(苦笑)

先日のサファリラリーのレオーネRXも、何で一般に流れているのか? お金の無い会社ですからね、維持すべき車をきちんと維持してないわけですよ。他にも(以下、関係者外秘)
若造の企画した様な雑誌にツッコミを入れられている様では情けないとは思いませんか?

富士重工は、こういうモデルをしっかりと自社で買い取って、きちんと整備し、ビジターセンターに展示できる様にするべきです。

【追記】
よく読んでみたら「絶体絶命」じゃなくて、「絶対使命」になってますね。ってか「絶対使命」って何?
「アイサイト」も「サイサイト」になってますし、この雑誌自体「ダメこりゃ」(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気付いた事

なるほど・・・そういう事か(笑) < 何か納得したらしい。(※ヒント:カテゴリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU IMPREZA 「Good performance. In one.」

この動画はCoolです。車を使わないで、こんな上手い訴求方法があるとわ(笑)
スバル使いには「常識」になってる事を改めて気付かされる楽しい動画であります(笑)

SUBARU IMPREZA 「Good performance. In one.」

http://www.youtube.com/watch?v=GoO8GJfxK6I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レクサス、RC をワールドプレミア…4シリーズ/A5対抗

価格の高いトヨタに価値があるのかって話も無くはないのですが、私はトヨタブランドで売られているモデルより、このレクサスの佇まい、嫌いじゃないんですよね。正直に書いてしまうと、まだまだデザインが生な部分が多く感じられますが、今後が楽しみなスタイリングです。5年後、いや、もっと速い時期に丁度いい落とし所を持ったモデルが出てくるのではないかと期待しています。

-----転載開始-----
【東京モーターショー13】レクサス、RC をワールドプレミア…4シリーズ/A5対抗[写真蔵]

20131107

レクサスは、11月20日から12月1日まで東京ビックサイトで開催される『第43回東京モーターショー13』にて、新型スポーツクーペ『RC』をアンベイルすると発表した。

このクーペ専用モデル『RC』には、『LFA』や『LF-LC』など、レクサスのスポーツモデルの意匠をモチーフとしたヘッドライトやL字型を強調したリヤコンビネーションランプなどを取り組んでいる。パワートレーンには、『IS』と同じく3.5リットルV6ガソリンエンジンと2.5リットルハイブリッドの2種類を採用した。

2+2仕様に仕上がったボディサイズは、全長4695x全幅1840x全高1395mmで、ホイールベースは2730mm。BWM『4シリーズ』やアウディ『A5』といったドイツ勢クーペに正面から競合するスポーツクーペが登場した。

http://response.jp/article/2013/11/05/210050.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドバイ国際モーターショーで「86」セダンがデビュー! メディアからは「本当?」の声

トヨタさんのコンセプトモデルは、ベイパー・モデルが多いですからねぇ。
でも、この画像(本当だとして)結構美しいです。ルーフのラインが私好みでございます。
-----転載開始-----
ドバイ国際モーターショーで「86」セダンがデビュー! メディアからは「本当?」の声

20131106

先月、トヨタがヨーロッパではトヨタ「GT86」、北米ではサイオン「FR-S」として販売しているスポーツクーペ「86」をベースに4ドアセダンを開発中との噂をお伝えした。今回は、そのセダンのコンセプトカーが11月5日から9日まで開催されるドバイ国際モーターショーでデビューすると、ショーの主催者側が発表したのだが、この発表が物議をかもしているというニュースをお伝えしよう。

アメリカの車情報サイト『AutoGuide.com(オートガイド・ドットコム)』によると、同ショーのFacebook(現在は閲覧不可)に4ドアセダン型86のコンセプトカーがいよいよデビューするという記事が"それらしい"写真とともに掲載されていたという(冒頭の写真)。通常であれば、我々の胸が高鳴るところだが、今回のケースは例外。というのも、同車のデビューは、2014年3月に開催されるジュネーブモーターショーより前はないというのがメディアの間では半ば常識となっており、この情報の真偽を問う声が世界中の自動車メディアの間で上がっているのだ。ちなみに、同サイトはトヨタ及び同ショーの事務局へ問い合わせをしているとのことだが、今のところどちらからも返答は得られていないという。

この写真がセダン型86のコンセプトカーではないとしたら、一体何のモデルなのか気になるが、ドバイ国際モーターショーが閉幕する9日までには真相が究明されるだろう。続報が入り次第お伝えしたい。

http://jp.autoblog.com/2013/11/05/dubai-claims-debut-of-toyota-gt86-sedan-concept/
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイハツ、コペンコンセプト「市販に向けて開発中」

このメーカーのモデルだけは、絶対に買う事は無いだろうと思ってますので、正直言うとどうでも良いんですが、ミラの釘が見える様なこの愚鈍なスタイリングには、絶望しか感じられなかったので敢えてクリップっと(苦笑)

-----転載開始-----
【東京モーターショー13】ダイハツ、コペンコンセプト「市販に向けて開発中」

20131105

ダイハツは、第42回東京モーターショーに出展するコンセプトカーを3台発表した。

今回注目すべきは、復活が待たれる軽オープンスポーツ「コペン」の後継だ。

「KOPEN future included」の名で登場したそれは、ヘッドライトとルーフ以外の全ての外板を“着せ替え”できることが最も大きな特徴だ。

デザインはスタイリッシュ&エモーショナルなスタイルの「Rmz(アール・エム・ゼット)」と、タフ&アグレッシブなスタイルのXmz(クロス・エム・ゼット)。両スタイルは着せ替えが可能であり、新たなクルマの価値とカタチを提案した。

ちなみに、Rmzの“R”は「Road」を意味し、Xmzの“X”はラギッドや未来を表す「X」の意。両者に共通の“mz”は「Master zero」の略で、「新たなコペンの原点になってほしい」という意味が込められているという。

搭載されるエンジンはインタークーラーターボ付き水冷直列3気筒DOHC。トランスミッションはパドルシフト付きCVTで、駆動はFF。

登壇した広報担当者は、今回発表したコペンについて「あくまでもコンセプトカーであるが、市販に向けて開発を進めている。デザインや意匠はこれに近づけていきたいし、着せ替えに関しても、考え方の部分は踏襲し、安全性などを検討して進めていきたい」と話した。

http://response.jp/article/2013/10/30/209644.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nikon Df

現実的に考えると、高くてとても手を出せるモデルではありませんが、本物を見てしまったら猛烈に欲しくなってしまうのではないかと予想(笑)
こういう「所有欲」を満たしてくれる製品って、どの分野でも本当に少なくなってしまいました。

(そんな事より、その下手くそな写真の腕を磨け!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本太郎、ホームレスだった事が判明! 東京都公報に記載されてる住所を特定した結果、意外過ぎる事実が判明

以下、SNSの中から。

これは面白いですね。家ではなくて公園です(爆)
問題はこのストリートビューがいつ撮られたもので、現在、どんな状態になっているかですね。
調べるのが面倒なので調べてませんが、国会議員という立場を考えると、彼がここに住んでいないと言う事なら、何らかの虚偽記載に引っかかる可能性が有りますね。

山本太郎、ホームレスだった事が判明!!!!! 東京都公報に記載されてる住所を特定した結果、意外過ぎる事実が判明
(画像はクリックで拡大します)

201311042

大阪府箕面市石丸三丁目二十五番地


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル レヴォーグ(LEVORG)に2.0Lモデル、有り升

SNSの中から。

既にプロトタイプの関係者の内覧会が行われているそうです。
発売時期は意外と早いかもしれませんね。

2.0Lモデルはハイオク仕様で、ビルシュタイン装備だそうです。
これはなかなか燃える展開になて来た(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年 スバル感謝祭

・・・と言うわけで、昨日、群馬県太田市で開催された「スバル感謝祭」に参加して来ました。

スバル感謝祭は毎年開催されてまして、この日だけスバルの工場が一般公開されます。それを目当てと言うか、それを口実にというか、全国から濃ゆいスバリストの皆様が太田市に集結するという、スバリストにとっては一大イベントとなっています。

今回は拡大版としまして、そんな濃ゆい車の数々を、あるぢゃの危ういコメントでご紹介いたします。
(写真は全てクリックで拡大します)

2013110401

イキナリ飛ばしますよ(爆) 
これはアメリカはインディアナ州のSIAでのみ生産された「BAJA(バハ)」。3代目レガシィ(BH)を元に開発されたSUVです。カーゴルームが荷台になってます。日本では大変珍しいです。

2013110402

二代目レオーネ・ツーリングワゴン 4WDターボ。二代目レオーネの最後に投入された最強モデルであり、また、後の「ツーリングワゴン」のヒットの先駆けとなった記念すべきモデルです。これだけ美しい状態のまま自走できているとは正直驚きです。

2013110403

スバル・ブラット軍団。ブラッドではありません。「ブラット」です。今回はこれを見に行ったと言っても過言では有りません。ご覧になると解りますが、二代目レオーネをベースに作られた本家本元の今のSUVの先駆け。4WDはもちろんの事、ターボモデルやTバールーフ、荷台に予備の樹脂性シートの装備など、その名である「いたずらっ子」にピッタリの遊び心タップリ、夢タップリのモデルです。

2013110405

荷台はキャビンと一体形成されており、大変美しいラインです。このモデルは当時の日本国内の規制で、トラックはラダーフレームを持っていないといけないという事情から、国内販売は一切されませんでした。そんな事情なのに、何故こんなに集まってるのでしょうねぇ(爆)

2013110424

これがブラットの正しいお作法であります(爆)
今回は女性のオーナーさんが、クロスカントリーバイクを乗せて来ておりました。最大積載量は300Kgですので、無問題です。

2013110406

初代レガシィ(BC/BL)軍団。どのモデルも素晴らしく美しい状態で、オーナーさん達のレガシィに対しての熱い思いが伝わって来ます。

2013110407

珍しいワインレッドのモデル。この車も素晴らしい状態で健在です。

2013110404

三代目レガシィ(BE/BH)軍団。まあ、この辺りは説明する必要は無いでしょう。

2013110410

とは言え、こんな珍しいモデルも参加。ポルシェ・デザインがエクステリアに手を入れたブリッツェン。鮮やかな赤はポルシェの赤と同じ色味だそうです。このモデルのフロント、リアバンパーは軽量化の為にFRPで形成されていて、もしぶつけてしまうと凹まずに砕けてしまいます。それがこんなに奇麗に残っているのはひとえにオーナーさんの愛でしょうね。

2013110408

インプレッサ・グラベルEX。このモデルは北米のインプレッサ・アウトバックを国内展開したモデルで、フロントにグリルガード・・・

2013110411

そして、リアには当時のSUVの定番だったタイヤを背負っています。フォレスターが出る直前に瞬間的に販売されたモデルなので、個体数は極めて少ないです。

2013110409

日本中のファンを「熱く」させたサンバーの最終型のWRブルーリミテッド。発売数日でSOLD OUTしたという、伝説のモデルです。2シーターでRRですから「農道のポルシェ」と呼ばれていたのは、私が語るまでも無い事ですね(笑)

2013110420

ステラ軍団。OEMのアレとは違いますよ(爆)

2013110412

二代目インプレッサ(GD/GG)のラリージャパン・レプリカ。ナイトステージ用のランプポッドがイカしています。

2013110414

多分、これはあそこのクラブに所属していた左ハンドルのインプレッサ(GC)。どこまでがレプリカなのかよく解らない、関係者の間でも謎の多いモデル(爆) 全てのライト点灯はサービスサービスです。

ここでやっとこさ、本来の目的である「スバル感謝祭」に移動(爆) 一体なにやってるんだか。

2013110415

この車については、ご説明は不要でしょう。今年のニュルブルクリンクを戦ったWRX STIです。こんな凄い車が露天にコロッと展示してあるのが、スバルの工場祭の凄い所(爆)

2013110416

スバルビジターセンターの入り口に陣取っていたのがコレ。
えーと、これは少し詳しく説明しなくてはいけませんね。第二次世界大戦中に日本軍が計画した、アメリカのB-29を超える6発の超大型戦略爆撃機「富嶽」を民生用に転用した飛行機の模型です。歴史にもしは有りませんが、この機体が本当に飛んでいたら、歴史が少し変わっていたかもしれませんね。あ、でも、この模型は実際に飛びます(笑) ここで大変、お世話になっている方に出会ってしまったので、富嶽を飛ばそうプロジェクトに募金をさせられしてしまいました(爆)

2013110419

スバル初のFRがBRZ/86だと思っている方は、この記事で認識を改めて下さい(笑) スバル360以前に量産の直前まで計画が進んでいて、「大人の事情」で量産中止になってしまった不遇のモデル「P-1」です。この車が世に出ていたら、スバルの歴史は現在とは少しばかり違ったものになっていた事でしょう。

2013110418

「アドバンスドツアラー コンセプト」です。今思えば、これがレヴォーグ(LEVORG)のコンセプトモデルであったと見るのは間違いないでしょうね。

2013110417

センターの奥の会議室では「デザイン部門」方々が陣取ってまして、子ども達にクレイモデルを削らせてくださってました。ここではいろいろ楽しいお話を聞かせて頂きました。で、これは3D CADで出力したレンダリングですね。一見、WRXコンセプトの様にも見えますが、少し趣きが違う様です?!

とまあ、駆け足でビジターセンターを見学して、元の場所に。<- 何しに行ったんだ?

2013110413

ご説明するまでもありませんね。スバル360です。でも、このモデルはとても珍しいモデルなんですよ。
とても美しい状態に整備されています。こんな可愛いモデルを手に入れてしまったら、次に乗る車が無くなっちゃいますね。ガレージが有れば欲しい一台です(笑) 

2013110421

はい、スバルff-1 1300Gです。解りやすく書くと、WRX STIの大先輩です。 ツインキャブレターのEA62S搭載(の筈(笑)) エキゾーストノートは乾いた軽快なボクサーサウンド。

ここでとんでもない車が!

2013110422

正にタイムスリップをしてしまった錯覚する様な、極上のコンディションのアルシオーネががが!! エレクトロ・ニューマチック・サスペンションも健在、フルタイム4WDのAT、しかもデジタルメータ、サンルーフ装備です!!

2013110423

オーナーさんに声をかけさせて頂いたら、なんとアルシオーネのエクステリアとインテリアをデザインを担当されてたデザイナーさんでした。なんと光栄な!と言う事で、ご一緒に記念撮影をさせて頂きました。これは一生ものですん♪

2013110424_2

これが「濃ゆいグループ」の集合写真。この他にもViViOのグループ、フォレスターのグループなんかも集合してましたので、大変な事になっていた事はご想像頂けると思います。

久々にドップリとスバル漬けになった楽しい一日でした。集まって来た熱いスバリストの皆様と一緒に過ごしてくれた友人に感謝です。

【トラックバック先】
今年の矢島工場祭りについて(SUBARU BRAT様)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

山本太郎議員が反論 「政府主催のイベントで、天皇陛下万歳という言葉を使うこと自体が政治利用」

コイツはもうツッコミ所が大杉て、コメントする気にもなりません。
とっとと辞職させろ。

-----転載開始-----
山本太郎議員が反論 「政府主催のイベントで、天皇陛下万歳という言葉を使うこと自体が政治利用」

山本太郎参議院議員が、秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を渡した問題で、波紋が広がっている。閣僚から議員辞職を求める声も出る中、山本議員は「マスコミが騒いだから」などと反論している。
園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡した問題で、無所属の山本太郎参議院議員は1日午後0時前、参議院の岩城議院運営委員長から事情を聴かれた。
およそ15分間の聴取を終えた山本議員は、「(天皇陛下の)政治利用という部分に対して、意識はあるのかということだったんですけど。僕は、直接お手紙を渡したいという気持ちで、渡したわけですから。それを逆に、政治利用として、皆さん的な政治利用にしているのは、マスコミの方なのではと思います」と語った。
毎回、およそ4分の1の国会議員が招待される園遊会で、10月31日午後、山本議員は、天皇陛下を呼び止め、直接、手紙を渡した。
手紙は、福島第1原発の事故の影響などについて、筆で書かれていて、「陛下、私は」という書き出しで始まっていた。
園遊会で、陛下に手紙を渡してはいけないという決まりはないが、反原発を訴えている山本議員の今回の行動が、天皇陛下の政治利用にあたるとの批判が出ている。
1日、安倍内閣の閣僚や与党からは、批判が相次いだ。
下村文科相は「議員辞職ものだと思います。まさに政治利用そのもの」と述べた。
また、古屋国家公安委員長は「許されざる行為だと、こういうふうに多くの方が、怒りを込めて思っているんじゃないでしょうか」と述べた。
自民党の野田聖子総務会長は「ご自身の政治パフォーマンスに、わたしたちの天皇陛下を利用した事実ではなかろうかと。自身が責任を取るべきだと思います」と述べた。
また、野党からも批判の声が上がった。
民主党の松原国対委員長は、「到底、許されるものではないし、あってはならないこと」と述べた。
共産党の志位委員長は「憲法を知らない者の行う行動だと言わざるを得ないと。憲法上の天皇の地位というのは、国政に関する機能を有さないと」と述べた。
こうした批判が出ていることに、山本議員は「天皇陛下の政治利用というなれば、オリンピックの招致や政府主催のイベントなどで、天皇陛下万歳という言葉を使うこと自体が、その場に天皇陛下をお招きすること自体も、政治利用になりかねないと思う」と語った。
今回の山本議員の行動について、東京・新橋の人は、「びっくりですね。ああいう場所では、ふさわしくないんじゃないですか」、「園遊会で(手紙を)渡すのは、場違いじゃないかなとは思うんですけど。もうちょっと違う形の渡し方があったんじゃないかと思います」などと話した。
ほとんどは批判的な意見だったが、中には「『開かれた皇室』っていうふうに、今でも言われてきてるわけじゃないですか。だから、手紙を渡すくらいだったら、そんなにかまわないと思います」といった意見もあった。
山本議員の処分について、一部野党からは、「不適切だが、懲罰にはあたらない」とする意見もあり、議院運営委員会では、連休明けの5日に再度、理事会を開き、処分を検討するという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00257036.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽天イーグルス、日本一おめでとうございます

まずは、楽天イーグルスの日本一おめでとうございます。

しかし、日本シリーズっていうのは、ホントに良く出来ていますね。ここ数年の対戦結果を検索してみて思いましたが、「必ず6戦以上やる」事になってるんですね(笑)

今年は結果として、楽天イーグルスが強かった事は賛同いたしますが、日本シリーズ自体はとても胡散臭いと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル感謝祭@富士重工矢島工場に逝って来ました

1時間程前に無事、帰還しました。

久々のオフラインミーティングの参加でしたが、とてもアットホームな雰囲気の中、とても濃ゆくて楽しい一日を過ごす事ができました。

古い友人であるお二人と、未来のスバリストにもお会いできて、とても楽しい一日を過ごす事ができました。

写真が整理でき次第、「濃ゆい方向」でご紹介させて頂く予定でございます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「真性のアレ」である山本太郎議員に贈る言葉

20131102

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹んでお悔やみを申し上げます

こんな時にどんな言葉をおかけしたら良いものか、心中をお察しするに、どんな言葉も無意味であろうと結論いたしました。

いつか、なにかの機会が有ったら会えたかもしれない一人の素敵なスバリストに、心からこの曲を贈ります。


http://www.youtube.com/watch?v=DRG3WEelkj8

合掌
2013年11月1日
あるぢゃあのん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »