« 【祝】スバル フォレスター グッドデザイン賞 受賞 | トップページ | iUSBportCAMERA »

富士重工業 次世代「アイサイト(EyeSight)」を発表

どんどん進化しますね。Ver.2でもあの性能ですから、現時点では世界最高水準のシステムと言っても過言ではないと思っています。私がアイサイトを搭載したモデルを購入できる頃にはどこまで進化するのでしょう。まだ先の話ではありますが(笑) < てか次のモデルを買う金があるのか?

-----転載開始-----
富士重工業 次世代「アイサイト(EyeSight)」を発表

~ステレオカメラの認識技術刷新と操舵制御追加で
安全性能向上とさらなる運転負荷軽減を実現~

富士重工業は、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」のステレオカメラシステムを全面刷新し、認識性能などを大幅に向上すると共に、操舵制御機能を追加することで、安全性能向上とさらなる運転負荷軽減を実現した次世代「アイサイト」を開発しました。

今回の次世代「アイサイト」は、ステレオカメラの視野角、視認距離を共に約40%拡大し、カラー画像化と併せ、視認範囲拡大、物体認識精度向上、ブレーキランプ点灯・赤信号の認識を可能とすることで、「アイサイト」の衝突回避、衝突被害軽減、運転負荷軽減などの各種性能が進化しました。

主な新機能である「レーンキープアシスト」では、走行車線両側の白線を認識し操舵制御を行うことで車線中央の走行を維持する「車線中央維持」および、白線からはみ出しそうになるとハンドルに逸脱を抑制する力を加える「車線逸脱抑制」にて、安全性向上とさらなる運転負荷軽減を実現しました。さらに、先行車のブレーキランプの点灯認識を実現し、全車速追従機能付きクルーズコントロール使用時に、減速タイミングを従来機能と比較してさらに早めることで、衝突回避および衝突被害軽減を図ります。

現在搭載中の「アイサイト(ver.2)」は、ステレオカメラだけで距離を測定し物体を認識するシステムで、ドライバーが多くの情報を視覚から得ているのと同様に、自動車だけではなく、歩行者、自転車、自動二輪車、白線(車線)をも認識し、制御できることが特長です。自動ブレーキによって車両を減速・停止させる「プリクラッシュブレーキ」など、多くの運転支援機能を実現しながらも10万円(税抜き価格)というお求め易い価格設定により、搭載車の国内累計販売台数が15万台*1を超えるなど、お客様からも大変好評を頂いております。

富士重工業は、「自動車による事故をゼロにすること」を目指し、事故防止に有効な安全技術としての「自動運転」の実現に向けた技術開発を進めています。今回の次世代アイサイトの開発は、「事故ゼロ」に向けた着実な前進を意味します。これからも走りはもちろんのこと、アイサイトをはじめとした安全技術により、スバルのブランドステートメントである"Confidence in Motion"で掲げる「安心と愉しさ」をより具現化したクルマを提案していきます。

なお、今回公表した次世代「アイサイト」の機能を2014年に国内で発売予定の新型車へ搭載し、順次車種展開をする予定です。

http://www.fhi.co.jp/news/13_10_12/13_10_02_92140.html
-----転載終了-----

|

« 【祝】スバル フォレスター グッドデザイン賞 受賞 | トップページ | iUSBportCAMERA »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/58308212

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重工業 次世代「アイサイト(EyeSight)」を発表:

« 【祝】スバル フォレスター グッドデザイン賞 受賞 | トップページ | iUSBportCAMERA »