« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由

あー、これは言えてますなぁ。実に鋭い所を抉っています(爆)

【初音ミク】選挙に行かない男と付き合ってはいけない5つの理由

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19592106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oyaide(オヤイデ) E02i black [ポータブルヘッドホンアンプ FiiO]

ヨドバシさんは配達が早いですね。
昨日、発注したものがもう届きましたよ。

初めてのポータブルアンプと言う事で、ヘッドフォン端子から信号を引き出して増幅するものにしてみました。iPhoneのリモコンが使えるとの事で、MOMENTUMのリモコン付きケーブルを使ってみましたが、こちらの信号は通しませんでした。でも、これはポタアン側のリモコンを使うことで解決。MOMENTUMのケーブルはリモコン無しに換装しました。(見かけはしょぼくなりましたが(笑))

使ってみた感想ですが、流石はその筋に詳しい友人の仰る通り音質は大きく改善。音の粒立ちが良くなり、低音も太ってずっしりと重みが出てます。これはポタアン無しには戻れませんね(笑)

元々、AppleのiPodファミリーは、イコライザーという概念が希薄なので、こういう音作りをしてくれるのはとても有り難いです。

追い打ちを掛ける様に薦められたDACに俄然興味が湧いて来ました(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポタアンを考える

昨日、SNSで友人に薦められたのが切っ掛けなんですが。

はたしてiPhone5でゼンハイザーのMOMENTUMを鳴らし切っているのかなと疑問に思い、繋いで鳴らしてみました。

MOMENTUMは、冬まで自室で使うつもりで購入しているので、差し迫って必要とは思っていなかったのですが、気に入った音圧まで出力をあげると、バッテリーの減りが早い事が発覚しまして、これはある意味、鳴らし切っていないなと見ました(ーー;)

ポータブルでiPhoneのマイク出力を通すと言う事で、探していたら・・・

Oyaide(オヤイデ) E02i black [ポータブルヘッドホンアンプ FiiO]

・・・という機種に当たりました。値段も4000円を切るので、入門用には良いかなとポチってみました。届くのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漏れが左翼とな?!

SNSの友達の所にブラックなジョークを書き込んだら、酷使様にクソ左翼認定されたでござるよ(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣「盗んだものは返すのが当然」=鳩山元首相、中国でも発言

(#゚Д゚)y-~~イライラ
-----転載開始-----
尖閣「盗んだものは返すのが当然」=鳩山元首相、中国でも発言
201306272 【北京時事】鳩山由紀夫元首相は27日、北京市内で開かれた清華大学主催のフォーラムに出席し、沖縄県・尖閣諸島について「ポツダム宣言の中で日本が守ることを約束したカイロ宣言は『盗んだものは返さなければならない』としており、中国側が(返還すべき領土の中に尖閣諸島が)入ると考えるのも当然だ」と述べた。
 鳩山氏は訪中前、香港のフェニックステレビのインタビューで同様の発言をし、菅義偉官房長官が25日に「絶句した。開いた口がふさがらない」と批判。この日の発言は、講演後の質疑応答の中で、傅瑩・全国人民代表大会外事委員会主任委員(前外務次官)と同席した公開の場で飛び出した。中国でも日本政府と異なる見解を改めて強調したことで、波紋が広がる可能性が高い。
 1943年のカイロ宣言は「満州、台湾、澎湖諸島のように日本が清国から窃取した一切の地域を中華民国に返還する」としており、中国はその中に尖閣諸島が含まれると主張。鳩山氏は「カイロ宣言の中には(返還されるべき領土として)台湾、澎湖諸島以外の島もあると中国側が考えるのは当然だ」と指摘。
 さらに「(日清戦争終了直後の1895年の)下関条約ができる3カ月ほど前に(尖閣諸島は)日本領として閣議決定した事実がある。中国側として中華民国に返せという中に当然入るのではないかという理解は成り立ち、それを否定するものではない」と語った。 

http://news.livedoor.com/article/detail/7806186/
-----転載終了-----

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鳩山氏がまた問題発言 尖閣めぐり「棚上げで合意」と中国に理解

何しに行ったかと思えば、やはりこんな事でしたな。
どなたかゴルゴの電話番号を知っている方はコメント下さい。
-----転載開始-----
鳩山氏がまた問題発言 尖閣めぐり「棚上げで合意」と中国に理解

20130627 中国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は27日、北京で記者団に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の問題に関し「40年前に棚上げすると(日中両国で)決めたのだから、メディアも理解しないといけない」と述べ、棚上げの合意があったとの認識を示した。日本政府は棚上げ合意を否定している。

 鳩山氏はこれに先立ち清華大主催の世界平和フォーラムで講演し「領土問題に関してはそれぞれの国の言い分がある。中国側としては当然、カイロ宣言(の中の日本が盗んだ島)に入ると考えることはあるだろう」と述べ、中国政府にあらためて理解を示した。

 安倍政権に関しては「国会議員が大挙して靖国神社に参拝したり、安倍晋三首相自らが(先の大戦での)侵略を認めることを拒否したりした。価値観外交で中国を包囲しようとしているが、中国を孤立化させることはできない」と述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130627/chn13062719350002-n1.htm
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

永遠の0

結構、話題になってるので読んでみたいなぁと思っているんですが、書棚に積まれた未読の山ががが(^^;)

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]
価格:920円(税込、送料込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山元首相尖閣発言 鳩山氏が中国へ出発、目的などは明かさず

いや、昨日はこのアレとか書いてましたが、実際にこの男、相当にしたたかなのではないかと錯覚してしまいそうです。よくもまあ、ここまで自國民を莫迦にした行動が取れるなとε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
タダの人とは言え、真性の売国奴ですな。

-----転載開始-----
鳩山元首相尖閣発言 鳩山氏が中国へ出発、目的などは明かさず

菅官房長官は、26日午前の記者会見で、鳩山元首相が沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」と、中国政府の主張に理解を示す発言をしたことについて、あらためて批判した。
菅官房長官は「全く、コメントする気にもならないです」と述べた。
鳩山氏の発言をめぐっては、25日、菅官房長官が「開いた口がふさがらない」と強く批判したのに対し、鳩山氏は「もっと勉強していただきたい」と反論していた。
菅官房長官は「きのう(25日)、わたしは『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど、まだきのうのような状況です。開いたままです」と述べた。
そんな中、渦中の鳩山氏は、26日午後、中国に向けて出発した。
訪問の目的などについては明かしていない。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248734.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマトガールズコレクション 1/8 ヒルデ・シュルツ

ヒルデたん、萌え萌え。
201306252
こんな可愛いお嬢様が居たら、シュルツ指令も冥王星駐屯はさぞかし辛い任務だったでしょう。しかし、このショップは吹っかけますねぇ。本店http://p-bandai.jp/item/item-1000082418/では、定価は7,980円(税、送料込み)ですよ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山氏、尖閣問題で「『日本が盗んだ』と思われても仕方ない」

どなたか、このアレをアレして頂けませんか?
存在自体が國の為にならないのですが。
-----転載開始-----
鳩山氏、尖閣問題で「『日本が盗んだ』と思われても仕方ない」

20130625 鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言は同日午前、中国内外に向けて報道された。

 鳩山氏は既に政界を離れているが、首相経験者だけに尖閣諸島に領有権問題はないとする日本政府の立場と相いれない発言内容が、日中両国の世論や尖閣情勢の今後の推移に影響を与える可能性もある。

 中国は日本の尖閣領有について、第2次大戦中のカイロ宣言にある「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島しょを中国に返還する」との規定に違反すると主張している。これに鳩山氏は「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は中国から見れば十分に成り立つ話だ」と明言した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130625/plc13062512440008-n1.htm
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【小型ヨット遭難】 「今後どのツラ下げて…」辛坊さん、しばらく謹慎

こんなアレな野郎を助ける為に、海上保安庁だけでなく、海上自衛隊まで出動。海自はUS-2まで投入して、練度の高い自衛官の命を危険に晒してしまってるんですよ。1億とも言われる救助に掛かった費用を全て国庫に返して頂きたいものです。

私は、故中川昭一大臣がマスコミにハメられた時、この下衆野郎の言った一言は一生忘れる事は無いでしょう。

-----転載開始-----
【小型ヨット遭難】
「今後どのツラ下げて…」辛坊さん、しばらく謹慎

 小型ヨットで太平洋横断中に遭難し、救助されたニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)が22日、しばらく謹慎する意向を明らかにした。本紙の取材に答えた。期間は未定だが、同日未明の会見でも「今後どのツラ下げてという感じがする。自らを省みる時間がいるだろう」と話していた。

 今回の挑戦をサポートした事務局によると、辛坊さんは同日夕、大阪府内の自宅に戻ったという。週明けにもパートナーで全盲のセーラー、岩本光弘さん(46)らと海上保安庁などへ出向き、今回の事故について事情説明するほか、支援先などへあいさつ回りすることにしている。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130622/waf13062223440035-n1.htm
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバルXV ハイブリッドを試乗しました

昨日、出先からちょっとした用事があって、お世話になっているディーラーのセールス氏に聞いてみたら、試乗車が有ると言う事だったので、朝一番に出かけて試乗して来ました。

SUBARU XV HYBRID
http://www.subaru.jp/xv/hv/

試乗車は専用カラーのプラズマグリーン・パールの2.0i-L。写真で見るより明るい鮮やかグリーンで、ハイブリッド車のイメージカラーにはピッタリな印象。ハイブリッド専用のヘッドライトユニット、リアコンビランプも新鮮です。特にリアコンビランプのデザインについては賛否両論有る様ですが、私はこのデザインは奇麗だと思っています。っていうか、現行インプレッサのリアコンビランプは些か退屈なデザインだと思っているくらいですから。まあ、個人的な好みとしては、ボディ周りは小技の効いたハイブリッドを主張するパーツが随所にあるところは、些かクドいかなと思う程度でしょうか。私の所に風の頼りで届いている情報では、現時点でスバルは、このXVハイブリッド以外にハイブリッド車を投入する予定は無いそうなので、「そういうモデルである」と言う事なんでしょう。

一通り、セールス氏の説明を聞いた後、いよいよ試乗。いざアクセルを踏んでみると、エンジンで走り出しました。で、途中からモーターのアシストが介入する感じですね。セールス氏曰く、私のアクセルの踏み過ぎと言う事で、エンジン重視で走っていると言う事で納得(笑) なるほど、ダッシュボード中央に設置されているインフォメーションでは、しっかりとモーターアシストが効いていました。正直に書いてしまうと、余りに普通の「スバルの車」なので拍子抜けしたと(爆) モーターは発進時から巡航速度になるまでのアシストなので、低速のトルクが太くなったと言う印象ですね。そうですね。マイルドチャージのスーパーチャージャーが効いている様な感じと言ったら良いでしょうか。120kg弱の重量増があるそうですが、ガソリンのXVと比較して重い印象を受けなかったのは、多分、モーターアシストの恩恵ですね。アクセルをペタンと踏み込むとエンジンだけで加速しますので、普通のXVに戻ります。ここはモーターのアシストを使って、モリモリと行って欲しかったなと思うのは正直な感想です。

足回りは私のお尻の記憶に間違いが無ければ、XVよりやや締め上げてある感じで、私の好みにぴったりです。ステアリングもクイックなので、道路が空いていればXVよりスポーティな走りが楽しめたでしょう。・・・っていうか、これがスバルが作りたかったハイブリッドなんだなと納得しました。ハイブリッドとは言え燃費ばかり気にした眠い作りにしていたら、多くのスバルファンにソッポを向かれるのは解り切った事でしょう。これはこれで良し、次なる進化が期待される乗り味であった事には間違いないと思います。

個人的に特に気になっていたのは、搭載されているバッテリーの寿命です。公式には5年間、もしくは10万キロ保証にはなっているとの事ですが、初代のプリウスが殆ど街に残っていないことを考えると、やはりバッテリーの寿命はそんなに長くないと言うのが事実の様です。したがって車自体の寿命も「それなり」と考えるほうが正しい見方の様な気がします。

そうですねぇ、買いかと言ったら・・・環境や燃費を気にする人でも楽しく乗れますよ。と言う感じでしょうね(笑) 私自身はハイブリッド車は、どこのメーカーもまだまだ発展途上のモデルだと思ってますので、次の次辺りに本命が出てくるのを待つと言う事になるでしょうか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載一体型レーダー探知機 GWR83sd

実家の近くにあった、オートバックスに寄って、さんざん悩んだ挙げ句、コイツを買って来ました。

実家から自宅までのルートで、想像していたより遥かに多い「取り締まり区間」やら「オービス」やらが有る事を知り、恐ろしくてアクセルが踏めなくなりました。ほんっっとに、運だけで走ってたなぁと。

あ、これってば「正しい使い方」ですよね?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZ GT300 2013SUPER GT 第3戦セパンインターナショナルサーキット決勝ダイジェスト

実に惜しいレース展開でしたね。でも、確実に力を付けて上位に食い込んで来ています。SUPER GTも目が離せなくなって来ました。

HD版/SUBARU BRZ GT300 2013SUPER GT 第3戦セパンインターナショナルサーキット決勝ダイジェスト

http://www.youtube.com/watch?v=W9fnoGdtWeA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コムテック超高​感度GPSレーダー探知機 ZERO 92VS

最近、車で月二回の長距離を移動をしなければならなくなっていて、道中、いつも少し心配になります。
安全運転は心がけているのですが、ネズミ捕りを避けるコツって「安全運転の励行」と言うより「運」に近い所がありますからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【閲覧注意】日本の津波の後の写真で「未公開」とされているものがマジでヤバい

巡回先から。

世の中には、覚悟して観ておかなければならないものがあります。
この写真はそうした類いのモノであるのには違いないのですが、私は決して閲覧は推奨しません。

※画像は衝撃的なためリンク先でご覧ください
http://www.liveleak.com/view?i=7ba_1371479648

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Reader難民 その2〜 Presserの提灯記事に騙されるな!

今日、サイトを巡回していたら「Presser」がイイと言う記事が何本か上がっていたので、既にfeedlyファンとなっているのですが、一応、試してみようと。Appをダウンロード、ユーザ登録をして使ってみました。

幾つかのサイトでは「サクサク」なんて書かれていたのですが、いやはや、これは完全に提灯記事ですね。
iPhoneのAppではGoogle Readerの読み込みでアプリが落ちるし、Web版もマトモに動いていないという体たらく。オマケに退会できないと言う「ブラック仕様サイト」。

幾ら払ってあちこちのサイトに提灯記事を掲載させたのかは解りませんが、こんな調子じゃ使う気にもなりませんね。日本発とは言え、最低限のインフラをきちんと確保して、使えると保証が取れてから記事を書いてもらわないと(# ゚Д゚)

・・・と言うわけで「Presser」はクズです(キッパリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南朝鮮人 40%が本読まず25%大学生が「大韓民国」を漢字で書けない

ゴーストがこの記事を貼っとけと囁いたもので(爆)

-----転載開始-----
韓国人 40%が本読まず25%大学生が「大韓民国」を漢字で書けない

 韓国は世界一の学歴社会と称されるが、そのイメージとは裏腹に“知の崩壊”が進んでいる。評論家の呉善花氏がその背景を解説する。
 * * *
 韓国の書店には参考書を選ぶ学生の姿ばかりで、社会人の姿はほとんど見られない。韓国人は世界一読書量の少ない国民と揶揄されていて、韓国統計庁による調査では韓国人の40%以上が年間1冊も本を読まず、平均読書量は5.3冊だという。調査方法は違うが、“読書離れ”が指摘される日本人でも年間約19冊。かく言う私も初めて日本を訪れた時は、仕事と関係のない分野の本を読み、教養として歴史や文化を学ぼうとする日本人の姿勢に驚いたものだ。
 こうした現象の大きな原因の一つが「漢字廃止」である。私が中学生だった1970年の春、韓国は学校で漢字を教えることをやめた。私の世代以降は“ハングル専用世代”となり、50年近く経った今日では約8割の国民がハングルしか読めなくなってしまった。韓国のキーボードはスペースキーの横に一応今でも漢字変換キーがあるが、若い世代にはほとんど使われない。
 韓国語の語彙は漢字由来の「漢字語」が約7割を占める。それを表音文字であるハングルだけで表わすのだから、日本語を平仮名だけで書くようなものだ。自ずと同音異義語の判断に迷うことが増える。
 表意文字である漢字であれば、知らない熟語が出てきても意味が掴みやすいが、ハングルではそうはいかない。意味が分かりづらいものを簡単な言い回しに言い換えることもある(日本語で譬えると「腐心する→もんだいをかいけつするためにがんばる」といった具合)。だからどうしても幼稚な表現になり、言い換えのできない抽象的な概念などの理解が難しくなる。
 書物に漢字語がたくさん出てくると意味不明な言葉の羅列に見えるが、ハングル専用世代はそこを読み飛ばす。残りの文脈でなんとなく理解した気になるのである。したがって本を読む気も失せ、読書量は激減するわけだ。
 さらに恐ろしいのは文化の断絶である。古典や史料がどんどん読めなくなり、大学の研究者たちでさえ1960年代に自らの指導教授が書いた論文を読むことができないのだから、問題の根はとても深い。
 折に触れて漢字の復活が議論されたが、「世界一優れた文字を守れ」と主張するハングル至上主義者たちの反対に遭い、今や教師の世代に漢字を教えられる人材がいなくなってしまった。自分たちの大統領である「朴槿惠」はおろか、過去の調査では大学生の25%が「大韓民國」を漢字で書けないとするものもあった。
 ノーベル賞受賞を逃す度に「日本は賞をカネで買った」と口汚く罵る声が上がるが、そんな暇があるのなら漢字を失うことの意味を真剣に考えるべきではないだろうか。

http://www.news-postseven.com/archives/20130618_193079.html
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【アニメ】宮河家の空腹

オフィスの目利きの先輩から「面白いから観れ!」という指令ががが。

はい、ちょろんと観てみました。5分ものなので、あっつうまですね。
しかしまぁ、なんと侘しい姉妹なのでしょうか。「爪の先に灯ともしたら火傷した」ってまるで我が家のやふではないですか(爆)

出遅れた感全開ですが、気に入った、来週も観る事にします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

なるほど、この方法か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IE8でようつべが観られない方へ

当Blogでは、度々ようつべやらニコ動やらをご紹介していますが、先日、友人のコメントでIE8で動画が観られないという事が発覚しました。当方で確認させて頂いた所、Mac阪のFireFox、Google Chrome、iOSのSafariでは問題無く動画の視聴ができましたので、IE8のテクニカルなトラブルと判断し、動画へのリンクをご紹介することで、回避させて頂く事にいたしました。

ちょっと気になって調べてみると、IE8で動画が観られないという現象は他でも報告されている様ですので、以下の通り回避策をご紹介しておきます。

Flash Player Help /
Flash ムービーや動画サイトを見れない : Internet Explorer

http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235962.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』Long Verisonプロモ・ビデオ

昨日から劇場公開ですね。
これはかなり熱い展開になりそうです。手元にBDが届くのが楽しみです(笑)

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』Long Verisonプロモ・ビデオ

http://www.youtube.com/watch?v=-YZwgo5WQVs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルルのアトリエ トトリ 19歳ver.

はふ〜ん、これは可愛いぃぃ♪
20130615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「キャプテンハーロック」予告編

すんません、ツッコミます(爆)

えーと、このCGのクオリティでは正直5年前のレベルと言うところ。二次元と三次元の絵が混ぜこぜにレンダリングされていて観ていて気持ち悪いです。

松本御大は大嫌いですが、キャプテンハーロックは好きな作品だっただけに残念な仕上がりです。観る前から「観る価値無し」とゴーストが囁いております(爆)

「キャプテンハーロック」予告編

https://www.youtube.com/watch?v=inkjeovIhRs

| | コメント (4) | トラックバック (0)

対馬から盗まれた仏像は「偽物」…南朝鮮の専門家が主張

まさかの斜め上の話が出て来ました(呆)
「偽物だから、返す意味がないニダ<丶`∀´>」とか言い始めるのに30ヲン(爆)

-----転載開始-----
対馬から盗まれた仏像は「偽物」…韓国の専門家が主張

  2012年10月、長崎県対馬市から仏像2体が盗まれ韓国で回収された問題で、盗まれた仏像のうち観音寺の長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」について、韓国で「偽物」説が浮上している。韓国メディアは13日、韓国の専門家が「20世紀に新しく作られたもの」と主張したと伝えた。

  報道によると、「偽物」だと指摘したのは、京畿道無形文化財第47号に指定されているイ・ワンギュさん(58)。「韓国の伝統的な鋳造法で作られたのではなく、20世紀に新しく作られたもののように見える」と話したという。仏像を撮影した300枚あまりの写真を分析した。

  仏教美術の専門家クァク・トンへ韓瑞大学校責任研究員も、腐食した部分が不自然だとして「本物かどうか疑わしい」と述べた。同仏像は昨年韓国に持ち込まれた際、釜山港の税関審査で「模造品」と判定され搬入が許可された経緯がある。

  同仏像をめぐっては、忠清南道瑞山にある浮石寺が、14世紀に同寺で作られたと主張。同国の大田地裁は2月、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで返還してはならないとする仮処分決定を下している。(編集担当:新川悠)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw652349
-----転載終了-----

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013 NBR 24H SUBARU WRX STI ファステストラップ オンボード映像

まさに鬼神の走り、「我に追いつくグラマン無し」でございます。

2013 NBR 24H SUBARU WRX STI オンボード映像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒュンダイ車が走行中にエンジンピストンがボンネットを突き破って車外に飛び出す事故が続出

えーと、私の記憶が確かなら、ピストンはコンロッドでクランクシャフトに連結されていて、燃焼室は屈強なシリンダーヘッドで蓋がしてある筈なのですが?

これは素人の予想ですが・・・・ヒュンダイはそうなっていない様です( ゚Д゚)ポカーン

-----転載開始-----
【韓国】現代車グレンジャー、走行中にピストン脱出...消費者院が調査に着手

現代自動車(005380)の大型セダン "グレンジャーHG" が走行中にピストン(エンジンの力を生成する役割)が車の外に飛び出す事故が相次いで発生し、韓国消費者院が調査に着手した。

7日、韓国消費者院の関係者は "最近グレンジャーHG借主からのピストンがボンネットを開けて脱出したという報告が3件寄せられ、精密調査に乗り出した"と話した。 調査の後、車両に製造上の欠陥が見つかった場合、消費者院はメーカーである現代自動車に是正措置(リコール)を提案する。 消費者院の勧告は強制力はないが、ほとんどのメーカーは、勧告措置を履行してきた。

消費者院は、4月にも韓国GM大型セダン "アルフェオン" のエンジン部品となる "アクチュエータソレノイドバルブ"の問題でエンジンが停止するとしてリコールを勧告しており、韓国GMはこれを受け入れた。

消費者院によると、グレンジャーHGの場合、昨年11月以降、エンジンのピストンがボンネットを突き抜けて脱出したという報告が3件受付され、今年4月の事故では火災まで発生したことが分かった。 このため、該当車両のエンジンルームが全焼した。 消費者院は現代車にも公文書を送り、事故に関連する資料の提出を要請した。 消費者院の関係者は"事故車が保管されている修理センターを訪問し、現場調査は終えた状態"とし、 "欠陥の有無と関連した結果がすぐに出てくるだろう"と話した。

http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2013/06/07/2013060702259.html(記事は愚民文字)
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Introducing iOS7 大阪弁バージョン

ワロタ、ひたすらワロタwwww
ジョナサン・アイブの大阪弁はハマり過ぎや(爆)

Introducing iOS7 大阪弁バージョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ビデオ】スバル新型「WRX」がカリフォルニアの有名ドライブ道をテスト走行

巡回先から。

スバルの次期WRXと思われるモデルのテスト走行風景です。WRXが現れたのは、米では有名なドライブルートのカリフォルニア州のマルホランド・ハイウェイだそうです。

Mystery Car testing 5/18/2013

ゼブラパターンでカモフラージュされてるので、ボディのプレスラインは全く解りませんが、プロトモデルと比べると、ボリューム感が足りない感じですが、機会があったら、この辺りをちょっと突いてみますかね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「軽3台売るよりレガシィを1台」 富士重工のオンリーワン戦略に大注目

このニュース、多くの会社の経営者が念仏の様に唱えて来た「選択と集中」が、本当の意味で上手く行っている一例なんでしょう。しかしながら「スバルらしい軽四」を失った事を、はたして「選択」と呼んでいいのか、些か複雑な気持ちで受け止めています。

本件、単に時流に乗っているだけの様にも思えているのは、私が会社経営に関して、不勉強だからだと言う事だけなら良いのですが(苦笑)

-----転載開始-----
「軽3台売るよりレガシィを1台」 富士重工のオンリーワン戦略に大注目

 2013年3月期の国内自動車メーカーの決算は、トヨタ自動車の営業利益が2008年3月期以来5年ぶりに1兆円を超えるなど、各社ともリーマン・ショックからの回復を印象づける内容となったが、なかでもスバルブランドの富士重工業が世界販売台数、売上高、営業・経常・最終の各利益が過去最高となる快進撃を見せた。

 独自の技術で「オンリーワン」の商品を開発し、 円高でも高収益を確保するビジネスモデルは、経済専門紙が特集を組むなど、各方面で注目されている。

■販売台数で7位も、最終利益で業界4位に浮上

 富士重工の吉永泰之社長は5月8日の決算発表会見で、「世界販売台数は72万4000台と過去最高だった。2014年3月期も販売台数、売上高、営業利益など2年連続で過去最高を予定している」と述べ、中期経営計画で2016年3月期に85万台とする世界販売目標の達成に自信を見せた。

 吉永社長は過去最高益となった要因として、(1)安心と楽しさを追求したスバルらしい商品を投入できた(2)最重要市場の米国を中心に販売台数を拡大できた(3)好調な販売で生産工場の高操業が続いた(4)原価低減が進んだ(5)円高の是正が進んだ――をあげた。

 13年3月期決算では有利子負債を1年間で338億円減らし、そのうえで手元資金を822億円増やした。稼いだ利益を負債の削減に充てたことで、2000年以降初めて実質無借金になり、それが思い切った「攻め」の経営を可能にしたともいえる。

 富士重工は、「今後10年以内にスバルの年間販売100万台超えを目指す」としている。世界販売100万台とは野心的な数字だが、マツダの125万台、三菱自動車の102万台、独BMWの185万台、独アウディの145万台には及ばない。国内の乗用車メーカー8社の中で富士重工の世界販売台数は最下位だ。

 しかし、富士重工の2013年3月期決算の売上高は1兆9129億円と、三菱自、ダイハツ工業を抑えて6位。最終利益は1195億円でトヨタ、ホンダ、日産に次ぎ、4位と、かなりの高収益だ。

 最終利益4位のポジションは、2014年3月期予想でも変わらない。

海外生産は米国の1か所のみで、国内生産比率は7割だが…
 この収益力の高さには、さまざまな要因が重なっている。ひとつは軽自動車の開発・生産からの撤退だ。富士重工は2012年春、名車「スバル360」以来の伝統をもつ「軽」を、ダイハツからのOEMに切り替えた。

 これに伴い、スバル技術本部で「軽」を担当していた技術者を主力のレガシィなど上級車の開発に振り向けたほか、「軽」の生産拠点だった群馬製作所(群馬県太田市)本工場で、トヨタと共同開発したスポーツカー(トヨタ86、スバルBRZ)など付加価値の高いクルマの生産を開始した。

 富士重工の関係者によると、「軽を3台売るよりも、レガシィを1台売る収益の方が大きい」という。まさに選択と集中の成果だ。

 富士重工の海外生産工場は米国の1か所のみで、国内生産比率は7割を越え、マツダと並んで輸出比率が高い。しかし、マツダがリーマン・ショック後の超円高に苦しみ、2012年3月期まで4期連続の最終赤字に苦しんだのに対して、富士重工は米国市場でレガシィなどの販売が伸び続け、2009年3月期こそ営業赤字だったものの、2010年3月期以降は営業黒字を確保するなど、マツダと収益力の差を見せつけている。

 富士重工がこれまでの円高でも売上高を伸ばし、黒字を確保できたのは、レガシィやインプレッサ、フォレスターといった看板車種のモデルチェンジにいずれも成功し、北米を中心に好調な販売を維持できたためだ。

モデルチェンジのサイクルを5年以上から4年に短縮
 富士重工は技術者の集中投入で、インプレッサの場合、従来は5年以上かかったモデルチェンジのサイクルを4年に短縮し、市場のニーズや最新技術を取り入れることに成功した。

 水平対向エンジン、AWD(4輪駆動)、CVT(無段変速機)など、他社の追随を許さない独自技術をもつ富士重工は、日本では「スバリスト」、米国では「Subie(スービー)」と呼ばれる熱狂的なファンをもつ稀有な自動車メーカーだ。

 これまで出遅れていたエコカー分野では、インプレッサをベースにした「スバルXV」のハイブリッドカーを2013年6月にも発売。こちらも水平対向エンジンに独自のハイブリッド技術を組み 合わせ、スバルらしい「走り」を重視したエコカーになるという。

 自動車メーカーが世界市場で販売台数を増やすのであれば、中国やインドなど新興国で、Bセグメントと呼ばれる小型車(トヨタヴィッツ、日産マーチ、マツダデミオなど)を大量生産・販売するのが常道だが、富士重工は「コモディティー(日用品)のような安価なクルマは開発しない」(関係者)。

 限られた経営資源を独自技術の開発に投入し、トヨタ、日産はもちろん、ホンダとも異なる個性的なクルマを少量生産するビジネスモデルが今後 は、スバリストならずとも気になるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000003-jct-bus_all&p=1
-----転載終了-----

| | コメント (6) | トラックバック (0)

実車版チキチキマシン、プジョー208のAD

このADは楽しいですなぁ。00マシンがやたらにカッコいいです(笑)
ブラジルでのプジョー208のADだそうです。巡回先で拾いました。

Peugeot 208 - Corrida Maluca - Versão Estendida

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX-STI 2013年ニュルブルクリンク24時間レース 後半

2013年5月、ドイツ・ニュルブルクリンクにて開催された第41回ニュルブルクリン­ク24時間レース。SUBARU STIチーム激動の24時間の後半です。一時はトップと19分も差が開いてしまいましたが、鬼神の様な追い上げを見せます。三連覇は逃してしまいましたが、内容的には実に良いレースだったと思います。

2013年ニュルブルクリンク24時間レース 後半

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX-STI 2013年ニュルブルクリンク24時間レース 前半

2013年5月、ドイツ・ニュルブルクリンクにて開催された第41回ニュルブルクリン­ク24時間レース。SUBARU STIチーム激動の24時間の前半です。9時間もレースを中断していたんですね。これは本当に運が悪かったです。

2013年ニュルブルクリンク24時間レース 前半


| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期WRX STIは多くの部分が専用デザイン、エンジンは1.6Lターボと2.0Lターボ

やっとこさ現実路線の情報が流れて来ましたね。

今年の2013年のモーターショーでの発表、来年以降の発売というのは当方の情報から逆算されるスケジュールと一致しています。まだ、箝口令が敷かれてますので詳しい事は書けませんが、もう一つ重要な情報はまだ漏れ出てない様ですね。

このモデルのラインナップには、ちょっとしたサプライズがありますヽ(´▽`)/

-----転載開始-----
次期WRX STIは多くの部分が専用デザイン、エンジンは1.6Lターボと2.0Lターボ

新型WRX STIは専用エクステリアデザインを採用
20130608
2011年11月の東京モーターショーでは、4代目インプレッサが公式にデビューを迎えていた。あれから1年半が経過し、WRX STIは未だ3代目インプレッサをベースしたモデルの販売が続いているが、こちらもフルモデルチェンジが待望される時期に来ている。

説あった次期WRX STIのボディのベースとなるのは、やはりセダンのG4ということになりそうである。既にニュルブルクリンクサーキットでのテスト車両の画像がインターネット上でも出回っている。これによればリアウィングが装備されていること、そしてエクステリアの多くの部分が専用デザインであることが偽装塗装されたボディから判断することができる。また、2013年3月のニューヨーク国際オートショーでは、WRXコンセプトが公開された。これはあくまでデザインコンセプトカーという位置付けであったがG4とは全く異なるエクステリアデザインであることが印象的であった。
これらから判断すると、次期WRX STIはコの字型のヘッドライトやリアコンビネーションランプといった細部のデザインだけでなく、フロント、リア、サイドのパネルに至るまでG4とは異なる専用デザインが与えられる可能性が高いだろう。一方でガラスウィンドウより上の部分のルーフなどはG4と共通デザインとなり居住性が確保されたスタイルになると考える。

次期WRX STIに搭載される水平対向エンジンは1.6Lターボと2.0Lターボ

次期WRX STIに搭載される水平対向エンジンは、新開発の1.6Lターボがメインとなり、こちらはダウンサイジングエンジンながらも最高出力240~250ps、JC08モード燃費は15~16km/L程度が予測されており、現行モデル比で燃費性能が大幅に改善されることになる。さらに、2.0Lターボもラインアップされる可能性があり、こちらは現行WRX STIに搭載されているエンジンの改良版であると予想する。

次期WRX STI市販モデルは、2013年11月開催の東京モーターショーデビューが有力と考える。ただし、2014年中盤まで遅れる可能性を指摘する情報もある。

http://car-research.jp/subaru/wrx-sti-5.html
-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

医者もなぁ

なんだか敵に思えてきましたよ。

続きを読む "医者もなぁ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOMENTUM BLACK SENNHEISER ヘッドホン

数年前からゼンハイザーのものを使用しているのですが、友人から新しいモデルが出てる事を知ってしまい、先日、うっかり買ってしまいました(爆)

友人には「エイジングをしてから聞け」と言われていたのですが、そんな事をしなくても十分にいい音が出てます。ネットで調べてみると、賛否両論有るみたいなので、私は聞きながらこなれるのを待つ事にしました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 零式52型 空間艦上戦闘機 コスモゼロ アルファ1

このスタジオぬえのテイストバリバリのコスモゼロ、カッコいいなぁ。今までにでたコスモゼロのキットの中では最高の仕上がりだと思っているのですが。これは確実に宮武一貴先生の線です。

しかし、買うのは良いけど組む時間が無いのが泣き所(´・ω・`)ショボーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【注意】翠星のガルガンティア、第9話のネタバレ

以下、閲覧注意です。ネタバレを含みます。

































流石、虚淵さん。一筋縄にはいきませんな(笑)
20130604


| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来からのホットライン(星野之宣版)

えっと、サクッと読了しました(笑)

最近は、マンガを買ってもなかなか読んでる暇がなかったので、ムリクリにも時間をつくってと思って一気に片付けました。

尊敬する今は亡き、J・P・ホーガン先生の原作のままでは、年代が追い越してしまったとこと、ホーガン先生の未来予想より若干、現在の方がテクノロジーが進んでしまっているのでこの辺りの修正。そして、ホーキング博士のBHに関する理論等も上手く絡めて、実に良いテイストで刷新されてました。その他はほぼ、原作通りに仕立てられていました。

一冊でまとめてしまっているので、ページ数の関係上、少し駆け足かなという部分はありましたが、読後の気分も上々で、良いマンガに出会えたなぁと思っています。

これを読んでみて、やはり「星を継ぐもの」も読んでみたくなりました。ただ、こちらは前半は三部作になってますので、謎を残したまま終わる感じになってると予想されるので、ちょっと不安は残ります(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU「Proud of BOXER」ステッカーが配布されています

このステッカー、以前から探していたのですが、なかなか手に入らないんですよね。STIでは売ってるのかな? ファンの皆様はもらっておくと吉です(笑)

20130603
SUBARU Online Shop ステッカープレゼントキャンペーン
http://www.subaruonline.jp/special/membercampign/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.5

先日、手元に届いていたものをやっと開封、視聴完了しました。

オリジナルで言うと、バラン星周辺のエピソードです。
Vol.5でまだヤマトの航海日程の1/4ですが、オリジナルのエピソードを上手く組み直しして、更に熱い展開になっていました(笑)

ちなみに昨晩、Vol.4を観た後に、TV版の予約は解除しました。まあ、理由はいろいろ有るんですが、TV以外で観た方が正統な評価ができると考えましたので(笑)

Vol.6が更に楽しみになってきました。

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』Short Verison プロモ・ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ITオンチ(笑)

先日、家族の全員がiPhoneに移行しました。ところがこの事で予想していなかった事が発覚(笑)

カミサンと娘のITオンチっぷりと来たら、想像以上でした。コピペ/カトペも解らない状態だったと。基礎の基礎から叩き込まないと行けない事が解りました。

娘は若さで乗り切れると思うのですが、カミサンがどこまで使える様になるか、ちと心配です(笑) 

あ、いや、あるいはこれを私が乗り越える事が出来れば、商売が出来る様になるかもしんない(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »