« 従軍慰安婦の妄言? 数字が合わないんですが(爆) | トップページ | 「超大陸パンゲアに現在の国境線を引いた世界地図が海外掲示板で話題に」海外の反応 »

スバル フォレスター、米IIHSの新衝突安全テストで最高評価

友人が先日、実際に衝突実験に立ち会った事そうですが、相当に衝撃的な印象を持った様です。

しかし、この新スモールオーバーラップという無理ゲー的な衝突試験は凄いですね。それでいて、フォレスターのキャビンは全く潰れていないという驚異的な結果です。つべには他のメーカーの実験の様子も掲載されてますが、殆どがAピラーが変形してしまっています。

-----転載開始-----
スバル フォレスター 新型、米IIHSの新衝突安全テストで最高評価[動画]

米国IIHS(道路安全保険協会)の最新の衝突安全テストにおいて、最高評価の「2013トップセーフティピック+」に認定されたスバル(富士重工)の新型『フォレスター』。IIHSは、同車の新スモールオーバーラップテストの映像をネット上で公開した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというもの。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも行う。また今回、新型フォレスターは、新スモールオーバーラップと呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを受けた。これは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。そして、IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に認定し、最高レベルの衝突安全性を認定している。

新型フォレスターの新スモールオーバーラップテストでは、ダミー人形の頭/首、胸、大腿部、足と全ての部位への傷害レベルが最小限で、GOOD(優)。ボディの安全構造に対する判定もGOOD(優)と、完璧な成績を残した。

この結果、新型フォレスターは総合評価が最高のGOOD(優)となり、2013トップセーフティピック+に認定。その高い衝突安全性能は、動画共有サイト経由で見ることができる。

http://response.jp/article/2013/05/25/198684.html
-----転載終了-----

|

« 従軍慰安婦の妄言? 数字が合わないんですが(爆) | トップページ | 「超大陸パンゲアに現在の国境線を引いた世界地図が海外掲示板で話題に」海外の反応 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/57463111

この記事へのトラックバック一覧です: スバル フォレスター、米IIHSの新衝突安全テストで最高評価:

« 従軍慰安婦の妄言? 数字が合わないんですが(爆) | トップページ | 「超大陸パンゲアに現在の国境線を引いた世界地図が海外掲示板で話題に」海外の反応 »