« イラン人が発明した「タイムマシン」の仰天能力 | トップページ | スバリスト養成映像、2013年バージョン »

【スバル XVハイブリッド 技術発表】吉永社長、「オリジナル」を強調

FA20の直噴技術がBRZ/86とレガシィDITのそれとは、全くの別物だと知っている人がどれくらい居るかと言う事を考えると、しっかりと表明しておかないと変な誤解を生みますからね。吉永社長の判断は正しいと言えましょう。今年の初夏(多分6月頃と予想)、試乗するのが楽しみなモデルです。
-----転載開始-----
【スバル XVハイブリッド 技術発表】吉永社長、「オリジナル」を強調

20130418

富士重工業(スバル)は4月18日、都内で今年初夏に発売する『XVハイブリッド』の技術説明会を開いた。吉永泰之社長は「まず申し上げたいのはスバルオリジナルのハイブリッドシステム」と述べ、”トヨタ方式”とは異なる点を強調した。

富士重工では初のハイブリッド車(HV)となるモデルで、『インプレッサ』シリーズの最高峰に位置づける。吉永社長は「地球環境との共生とともに、スバルらしく『ファン・ツー・ドライブ』を追求した。ターボの代わりにモーターを付けたと考えていただけるようなHV」と説明した。

システムは2リットルの水平対向エンジンと、CVTにつないだ1モーターを組み合わせている。バッテリーは、パナソニックのニッケル水素電池(容量約0.6kWh)を採用した。

富士重工のHVは、提携先のトヨタ自動車から技術協力を受けるとの報道が続いていたため、吉永社長は今回のお披露目で「独自技術」を明確に表明した。ただし、トヨタへは技術者を派遣するなど技術面の交流は濃密。吉永社長は「(提携を通じ)トヨタさんからいただいている技術的な知見は大きい」と補足することも忘れなかった。

-----転載終了-----

|

« イラン人が発明した「タイムマシン」の仰天能力 | トップページ | スバリスト養成映像、2013年バージョン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/57200411

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル XVハイブリッド 技術発表】吉永社長、「オリジナル」を強調:

« イラン人が発明した「タイムマシン」の仰天能力 | トップページ | スバリスト養成映像、2013年バージョン »