« つもりちがい十ヶ条 | トップページ | 日本の反動層の不法非道な弾圧行為は必ず高価な対価を支払うだろう »

スバル、次期WRX-STIはインプレッサ派生ワゴンがベース、1.6LターボでミッションはCVT

私のところに有る極めて確度の高い情報によると、必ずしもこのニュースは正しくないとは言い切れません。つまり、裏から読むと本当の事の陰が見えてくるんですが(笑)

エンジン、トランスミッションについての詳しい情報はまだ有りませんが、今のスバルの流れを見てると、この可能性は高そうですね。

これは中津スバルの田代社長が明言しちゃってるので、ハッキリ書いてしまいますが、WRX-STIの2013年の発表は有りません。コレだけは確定です。

-----転載開始-----
スバル、次期WRX-STIはインプレッサ派生ワゴンがベース、1.6LターボでミッションはCVT

次期WRX-STIはインプレッサ派生の新型ワゴン車がベース車両になる

スバルは前回2011年の東京モーターショーでスバル アドバンスド ツアラー コンセプトを出展していた。このボディデザインをベースにしたインプレッサ派生ワゴン車が開発中である。
そして、この派生ワゴン車は、次期WRX-STIのベース車両になる見込みが強まった。

現行インプレッサは、セダンのG4とハッチバックのSPORTがラインアップしている。将来的には、これらにワゴンが加わることになるわけだが、これは欧州市場においてワゴン需要が高いことが背景にある。
日本市場では軽自動車やBセグメントカーといったコンパクトな車種、あるいは多人数が乗車できるミニバン車種へ人気が二分化する傾向が強い。
一方で各メーカーの欧州向け主力車種はコンパクトなステーションワゴンをラインアップすることが定石となっており、最近ではトヨタがオーリスのワゴン版を投入したばかりであった。
インプレッサ派生ワゴンの投入は、まさにこういった欧州市場の要望に応えたものと言える。

ただし、次期WRX-STIがこのインプレッサ派生ワゴン車がベースになるということには違和感を持つファンも多いはず。前身となるスバルアドバンスドツアラーコンセプトを見てみると、フロントは現行インプレッサとは大きく異なる顔つきであることから、新デザインの採用となるだろう。リア周りはツアラーと名乗っているだけにボリューム感もしっかりで、これまでのWRX-STIの印象とは大きく異なるものだ。
シャシーは基本的に現行インプレッサと共通になる見込み。パワートレインは1.6Lの直噴ターボとリニアトロニックCVTの組み合わせになると予想される。

http://car-research.jp/subaru/wrx-sti-3.html
-----転載終了-----

|

« つもりちがい十ヶ条 | トップページ | 日本の反動層の不法非道な弾圧行為は必ず高価な対価を支払うだろう »

」カテゴリの記事

コメント

某雑誌に載ってた次期WRX-STIのイラストを見ましたが、インプレッサスポーツ派生よりはるかに私好みでした。
発売時期も、来年の夏頃と書いてあったような・・・

しかし、セダンは出ないのかなぁ?

投稿: スバリストZN6 | 2013/03/06 07:54

スバリストZN6さん
・・・っと、危うく書いてしまうところでした(笑)
書くにはまだ、少し早過ぎます。スバルのお客様センターに面が割れているので消されてしまいます(爆)

投稿: Algernon | 2013/03/06 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/56887726

この記事へのトラックバック一覧です: スバル、次期WRX-STIはインプレッサ派生ワゴンがベース、1.6LターボでミッションはCVT:

« つもりちがい十ヶ条 | トップページ | 日本の反動層の不法非道な弾圧行為は必ず高価な対価を支払うだろう »