« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

スバルXV ハイブリッド スペック<米国仕様>

FB20+1モーターと言う構成でしたね。トルクはかなりのモノです。これは大排気量エンジンの様にモリモリ走りそうな印象です。
この夏に発表との事ですから、試乗が楽しみです。


-----転載開始-----
 ボディサイズ:全長4,450×全幅1,780×全高1,615mm
 ホイールベース:2,640mm
 最低地上高:220mm
 エンジン:2.0L水平対向4気筒DOHCエンジン
 トランスミッション:リニアトロニック(CVT)
 モータータイプ:永久磁石式三相交流同期電動機
 モーター最高出力:13.4 hp (10kW)
 モーター最大トルク:48.0 lb・ft (65N・m)
 バッテリー:ニッケル水素タイプ
 タイヤサイズ:225/55 R17
 乗車定員:5名
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/clicccar/2013/03/xv-16.html
-----転載終了-----
【追記】
おりょ?
今見て気がつきましたが、サクッとDOHCと書いてありますね。これはFA20の可能性も出て来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル・ブランド誕生55周年記念ムービー

スバル・ブランド55周年を記念したムービーが公開されました。
なんでも、CGではなく「実車」を集めて大きなピアノのセットを使って撮影されたとか。
ファン必見のムービーでっす。

[SUBARU] SUBARU "TWINKLE TWINKLE SIX STARS"

こちらはメイキング。
[SUBARU] Making of the SUBARU 55 Years Movie

公式記念サイトは以下から。
SUBARU 55 YEARS
http://www.subaru-global.com/special/55th/
ギャラリーは必見ですぜ(^_^)b'

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤帽サンバー、納車

ええっと、先週納車されていたのですが、やっと開封。 ええ、我が家はこのサイズの購入が限界です(爆)
BRZ / 86もなかなかの完成度でしたが、この赤帽サンバーも思っていた以上のコダワリの一品でした。(写真はクリックでちょっち大きくなります)
20130331

鐵ッチンホイールと、なんとこんなに小さくても「誇り高き六連星」ががが!!
201303312

付属のミラーは左右ともドアミラーなのは、六連星に免じて良しといたしましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮、無慈悲な声明まとめ

SNS内から。いやはや、これではSAN値が下がりますな(爆) < 違
-----転載開始-----
【今までの無慈悲まとめ】
無慈悲な鉄槌
無慈悲な懲罰
無慈悲に撃滅
無慈悲に粉砕
無慈悲な報復
無慈悲な報復打撃
無慈悲な対応措置
無慈悲な軍事的措置
無慈悲な軍事的打撃
全般的な戦線で無慈悲に対応
容赦ない攻撃
容赦なく撃墜
容赦なく処罰
容赦ない軍事的措置
全般的前線での容赦ない粉砕
際限の無い報復打撃
より恐ろしい懲罰
全戦線での全面的軍事打撃行動
再侵略戦争の砲声
報復聖戦
未公開で最先端の世界的な打撃力量と安全保衛手段がある
この世の誰も体験したことのない最も厳しい懲罰
先軍の銃でことごとく一掃      
本当の戦争を見せる
絶対に無事ではなくなる
無慈悲な物理的な力を行使
無慈悲な軍事的対応打撃
無慈悲な軍事攻撃
無慈悲な電撃作戦
無慈悲な稲妻
1号戦闘勤務態勢
全面戦争になる←NEW!
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199第五章冒頭9分

おお、これは幾つかの伏線が動き始めた感じです。5巻が届くのが楽しみです。

宇宙戦艦ヤマト2199第五章冒頭9分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何様?民主小西洋之が国会で憲法クイズを始めるwww

この小西議員ってのは、完全にアレですね。こんな議員に歳費を支払う意味はありません。

何様?民主小西洋之が国会で憲法クイズを始めるwww

そんな小西議員の愉快なファンの皆様が集って、ネット上でパーティーを催しております。Yahoo! IDをお持ちの方は、奮ってご参加下さい。ただ今、宴もたけなわでございます(爆)

小西ひろゆき(小西洋之) 民主党 千葉県参議院選挙区第5総支部長
http://blogs.yahoo.co.jp/konishi_hiroyuki_524/17551063.html#17555000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU KIDS

ううむ、子どものころから純粋培養でスバリストを育成するつもりですな。恐るべしスバル(爆)
とは言え、なかなかの力の入り方です。「自動車について学ぼう」では貴重な製造工場の写真を見る事ができます。

SUBARU KIDS
http://www.fhi.co.jp/kids/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

\(・ω・\)SAN値!(╱・ω・)╱ピンチ!

\(・ω・\)SAN値!(╱・ω・)╱ピンチ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういうスバルの値引き交渉は失敗します(爆)

えーと、じっくりと腰を据えて書きたかったので、週末の話題に取っておきました。
お題は以下のサイト。ウチのBlogのSEOをやってたら、偶然引っかかった所です。

スバル レガシィ情報WEB
http://legacy-y.com/index.html

ツッコミどころは三流自動車雑誌のそれと一緒なので敢えて書きませんが、こんな事をスバルのディーラーさんでやったら、逆に足下を見られて削れる所も削ってくれなくなるのは明白な事実です。他のメーカーに行って下さいと暗に諭されますよ(苦笑)

まあ、ウチのBlogにお越しいただいているコアなスバルファンの皆様は、こんな間違いはしないでしょう。じゃあ、どうやったら値引いてくれるのか・・・・そんなもん、決まってるやん(´・ω・`) < 敢えて書かない意地悪あるぢゃ
(じっくり書くと書いてる割には淡白だ(爆))


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スバル XVクロストレックHV 発表】現存するハイブリッドとは異なる方向

はい、こちらもプレスに載りましたね。私の持っていた情報通りです。
果たしてどんなスペックでリリースされるのか、興味が絶えませんね。
-----転載開始-----
【スバル XVクロストレックHV 発表】現存するハイブリッドとは異なる方向

富士重工業の増田年男執行役員は、3月28日にニューヨーク国際自動車ショーで初公開した『XV クロストレック ハイブリッド』について、「現存するハイブリッドとは異なる方向で特徴のあるハイブリッドにしている」と強調する。

増田執行役員は「先行メーカーのハイブリッドは燃費を最重要開発テーマにしているが、スバルの商品が評価されているのはAWDであり、乗用車をベースとしたポテンシャルの高いSUVなので、SUVとしてのポテンシャルは一切我慢することなく、さらにハイブリッドで燃費という環境性能を付加した商品がベストだろうという考えのもとに開発した」と語る。

その上で「今回のモデルの競合車として具体的なものはないと思う。ハイブリッドという括りでいくと『プリウス』があるが、必ずしもスバルの持っているポテンシャルプラスハイブリッド、といったコンセプトの車ではない。お客様が比較する上では様々な車があると思うが、私どもの中ではある意味、現存するハイブリッドはそれをひとつのガイドラインとして、そうではない方向で特徴のあるハイブリッドにしている」と説明した。
《小松哲也》
http://response.jp/article/2013/03/29/194704.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミ・マキネン@FORESTERLIVE 実証映像#5 フランス チュリニ峠

新型フォレスターで世界中の道を10万キロ制覇するというこの企画。注目していたのですが、当Blogで取り上げるのは初めてです。
今回は、あのトミ・マキネンがラリー・モンテカルロの名所、チュリニ峠を攻めています。面白いですよ。

FORESTERLIVE 実証映像#5 フランス チュリニ峠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SUBARU] SUBARU WRX CONCEPT "The Never-Ending Experiment"

いやー、実にアグレッシブです。近年のスバルのコンセプトモデルの中で一番のお気に入りです。
このモデルが出る時に、出せるものが出せるでしょうか(爆)

[SUBARU] SUBARU WRX CONCEPT "The Never-Ending Experiment"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つながりやすさNo.1へ。< 嘘こくでねぇ(笑)

ああ、禿バンクがこんな広告を必死に打ってますな。

つながりやすさNo.1へ。
http://mb.softbank.jp/mb/special/platinum_bands/extra/

えーと、それならなんで、あのぶっといJRの駅が有る私のオフィスで、電波難民になるわけですかな?

私は、仮に繋がりやすくても、後が真っ黒な禿バンクなんて使いませんよ(爆) 政商、孫正義は大嫌いですし。速いのは評価しますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック SERIES No.009 ジャイアントロボ

むう、海洋堂は、どうしてこうもヲヤヂの琴線に触れる様な商品を発売するのか(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年ニューヨーク国際自動車ショーで公開される?! 次期スバルWRX-STI

えーと、何が書いてあるのかサパーリ解らないのですが、2013年ニューヨーク国際自動車ショーで公開されると思われるハイパフォーマスンスモデル(次期WRX-STI?)の画像が流れて来ました。この他の画像はリンク先で。

まあ、これが飛ばしじゃないと仮定すると、このモデルにはちょっとした確定情報もあるのですが、これは待て次号と言う事で(笑)

しかし、獰猛なスタイリングですねぇ。こんなスタイリンングは近年、見た事が無いです。サイドビューなんてまるで「風を切り取った」様です。

20130327
http://www.autoforum.cz/predstaveni/subaru-wrx-2013-koncept-prvniho-samostatneho-wrx-predcasne-odhalen/

【追記】
トバシでもガセでも無く、公式の画像の様です。こりゃ〜びっくりですなぁ。
http://response.jp/article/2013/03/27/194535.html
http://www.roadandtrack.com/car-shows/2013-new-york-auto-show/nyias13-2013-subaru-wrx-concept-leak

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間

ううむ、これはどう見るべきか。
益々目が離せなくなって来ました。

宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZ / TOYOTA 86 GAZOO Racing 納車

我が家にSUBARU BRZ / TOYOTA 86 GAZOO Racingが納車されました。
ええっと、ご覧の通りのサイズですが(爆)
201303242

黒い方がBRZ、派手な方が86です。

また下らぬモノを揃えてしまった...orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんまり調子に乗るなよ

特定の宗教を信じている人は、むしろ心の拠り所があって羨ましいと思っている位なので、勧誘に来てもできる限り丁寧な対応をさせてもらってますが(ーー;)

ちと勧誘の回数が大杉ではないですかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腕時計を修理に出す

先日、うっかり落として壊してしまったウェンガーの腕時計。新しいモノを買った方が安いかもとか思ってもみたのですが、やっぱり愛着があるので修理に出す事にしました。
この際ですから、傷がついてしまったガラスも交換して貰おうかと思っています。

以下は、いつもお世話になってるお店。対応も丁寧ですし、腕も確かです。以前にもご紹介していますが、もう一度、書いておきますかね。うっかりミスが痛い出費になりましたが(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

陸上自衛隊14音楽隊 女々しくて 演奏

どこが女々しいのか全く理解できません(爆) いやはや、カッコ良過ぎです。

陸上自衛隊14音楽隊 女々しくて 演奏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南鳥島近海で大量のレアアース発見、中国では「南鳥島はわが領土」

支那人は日本人の笑いのツボが解って来たらしいですな(笑)
-----転載開始-----
南鳥島近海で大量のレアアース発見、中国では「南鳥島はわが領土」

 海洋研究開発機構、東京大学の研究チームによれば、小笠原諸島の南鳥島近海の海底から高濃度のレアアース(希土類)堆積物が発見された。同発見は中国でも大きな注目を集め、中国新聞社をはじめ、各メディアが報じた。

 報道によれば、2013年1月に南鳥島近海の海底から採取した堆積物の試料を分析したところ、最大6500ppmという高濃度のレアアースが含まれていることが確認された。同海域海底には、日本の使用量の230年分に相当する約680万トンのレアアースが存在する可能性があるという。

 中国のレアアース輸出量は世界の9割以上を占めているが、中国にある陸上鉱床のレアアース濃度は300−500ppmほどとされる。南鳥島近海の海底には中国産レアアース鉱石の10倍から20倍も高い濃度のレアアースが存在することになる。

 中国メディアの環球時報が、南鳥島近海でレアアースが発見されたと報じると、同記事には中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられた。「南鳥島は日本領ではない」、「南鳥島は中国領だ」といった主張のほか、「日本でレアアースが大量に見つかったならば、わが国はもう日本にレアアースを輸出するべきではない」などといった反発の声があがった。(編集担当:及川源十郎)
20130324
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1739637

-----転載終了-----


| | コメント (2) | トラックバック (0)

オタク川柳大賞1位は「生活の レベルを下げて レベル上げ」に決定

ついに、個人的にも「とても痛い」川柳の1位が発表になりました。私が押していた「これほしい オタノミクスに デフレなし」は三位に入賞ですた(笑)
-----転載開始-----
オタク川柳大賞1位は「生活の レベルを下げて レベル上げ」に決定--上位10作品はミニドラマ化も
ブロードバンド接続サービスなどを提供するインターリンクは、「第8回あなたが選ぶオタク川柳大賞」の各賞を発表。その結果、グランプリに輝いたのは「生活の レベルを下げて レベル上げ」(LV28さん・20代)となった。同作品には「ネ申」の称号と賞金10万円が贈られた。
20130322
今回で8回目を数える「オタク川柳大賞」は、昨年11月1日より作品を募集し、集まった5,350作品の中から最終選考ノミネート20作品を選出。2月12日から一般投票を開始し、7,225通の投票によって各賞を決定した。

投票の結果、グランプリに輝いたのは「生活の レベルを下げて レベル上げ」(LV28さん・20代)。同作品は投票開始から独走状態で、他の作品に大差をつけた。2位は、1位に続く根強い人気があったという「『お仕事は?』『自宅警備と 狩り少々。』」(みゆみゆさん・20代)、3位は、「これほしい オタノミクスに デフレなし」(なるさん・30代)だった。

そのほか、今大会より新設された敗者復活枠(Twitter のリツイート数を参考に過去応募作品から選出)のノミネート作品「人情と 妹だけは 義理がいい」(モニタの中の人さん・30代:第7回応募作品)は、第9位にランクインした。

なお、Twitter 内で評価が高かった応募作品「腐女子腐女 腐妻腐母経て 腐老腐死」(腐母なうさん・40代)、「ダァシェリエス ゴチュウイクァダサァ ダァヒェキイェス」(車掌王に俺はなるさん・20代)、「くぁwせd rftgy ふじこlp」(vaienさん・10代)、の3作品は、惜しくもベスト10入りを逃した。だが同社は、「よりコアな方向に進むオタク川柳を盛り上げてくれた作品に間違いない」と健闘を称えている。

「第8回あなたが選ぶオタク川柳大賞」のトップ10は以下の通り。数字は得票数、カッコ内はペンネームと年代。

1位 954 生活の レベルを下げて レベル上げ (LV28さん・20代)
2位 652 「お仕事は?」 「自宅警備と 狩り少々。」 (みゆみゆさん・20代)
3位 505 これほしい オタノミクスに デフレなし (なるさん・30代)
4位 485 おかあさん 昔はマチルダ 今はドム (威伽路主さん・10代)
5位 414 ぱみゅぱみゅと トイレの中で 言ってみる (粟井双仙さん・70代)
6位 401 萌えキャラも 母の名前じゃ 萎えキャラに (ダイコンマンさん・20代)
7位 386 にわかヲタ リア充よりも 気に障る (うさぎみみさん・20代)
8位 369 ツンデレは 2次元までだ 覚えとけ (ウメハラ画面端さん・20代)
9位 351 【敗者復活枠】人情と 妹だけは 義理がいい (モニタの中の人さん・30代)
10位 346 密林で ネコや飛脚と 顔馴染み (アマゾンライダーさん・40代)
(抜粋)
http://japan.internet.com/busnews/20130322/4.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GAINAXとスバルのアニメプロジェクト「放課後のプレアデス」再始動

えーと、私はようつべで配信されている「放課後のプレアデス」を観て、恥ずかしくて鳥肌が立ったクチなんですが、ツイートに張り付いている画像を見ると劇場版が作られている様にもとれますね。
-----転載開始-----



GAINAXとスバルのアニメプロジェクト「放課後のプレアデス」再始動



http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/21/news090.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル初のハイブリッドはスバルXVで。年内発売予定は未定(爆)

プレスリリースが出たので、もういいでしょう。

勘の良い方は、既にお気づきかと思いますが、スバル初のハイブリッドはフォレスターではなく「スバルXV」で発売される方向で進んでいます。
詳しいスペックはまだ不明ですが、燃費を稼ぐだけのハイブリッドではないという事だけは確定だそうで(笑)

まあ、何故、インプレッサにDITが無いかって辺りが、この証拠になるでしょうか。ちなみに国内のインプレッサ系のハイエンドモデルになるそうです。詳しい発売時期等は、そろそろディーラーさん辺りなら知ってるのではないか思います。各自、突いてみて下さいな(笑)

しかし、この色を温存してたのは、こういう思惑が有ったからなんですなぁ(^-^) 納得でっす(笑)

-----転載開始-----
2013年ニューヨーク国際自動車ショー 出展概要

20130321

富士重工業は、米国ニューヨークにて開催される2013年ニューヨーク国際自動車ショー(3月27日~28日プレスデー、3月29日~4月7日一般公開)に、スバル初のハイブリッド車である「スバル XV クロストレックハイブリッド」(米国仕様)を世界初公開として出展します。また、パフォーマンスモデルのコンセプトカーも合わせて世界初公開します。プレスブリーフィングは、3月28日(木)11:05(現地時間)からスバルブースにて行う予定です。

スバルグローバルサイト(http://www.subaru-global.com/ms2013/ny/)では、本日3月20日22時より専用サイトを開設し、「スバル XV クロストレック ハイブリッド」の画像をはじめ、今後、プレスカンファレンスの情報などを配信する予定です。

http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_87411.pdf
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腕時計を・・・

うっかり落として壊してしまったでござるよ(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かが始まったようです。

なんかイロイロキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
http://www.epochtimes.jp/jp/2013/03/html/d22337.html
http://www.47news.jp/FN/201303/FN2013032001001207.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年、近くの公園の桜

昨日仕事でカメラを使ったので、サクッと近くの公園に桜の様子を観に行って来ました。

急に暖かくなったので、急に開花した様です。一気に7~8部咲き位でしょうか。
201303201

桜の花はいつ見ても可愛いですね。
201303202

ほのかなピンクが写真に撮れる様になりましたヽ(´ー`)ノ
201303203

201303204_2

この桜の木は一気に満開です(笑)
201303205

この週末が恐らく見頃だと思うのですが、天気はどうでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜よ ~大好きな日本へ~ SAKURA yo Paduan Suara 500 Mahasiswa Indonesia untuk Jepang

インドネシアのみんな、ありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。

桜よ ~大好きな日本へ~ SAKURA yo Paduan Suara 500 Mahasiswa Indonesia untuk Jepang

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こらぁ〜、楽天〜!

20万円近くもするズームレンズをリコメンドしないで頂きたい(`・ω・´)キリッ < 藻前がリンクを踏んでるからだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル WRX-STI【スクープ!】 : 2013/03/14

いやはや、某X。 流石は自動車雑誌界の東スポw 相変わらずトバしてますねぇ。CGの出来はなかなか良いですが(爆)
もっと確定的な情報を掴んでおりますが、まだ、ネットに書くのは早過ぎます。ええ、私は知らない事になってますので(笑)

次のレガシィがどうなるか、WRX-STIがどうなるか? もうちょっとお待ち下さいね(笑)

----転載開始-----
20130319
スバルが元気だ。新興国での販売が好調なことに加え、最重要市場としていたアメリカ市場で狙い通りの成果を得た事も大きい。2011年度から2015年度までの経営計画「モーションV(ファイブ)」がスケジュール通りに進んでいるといえる。

次期WRX-STIは、ワゴンがベース!?

経営計画「モーションV」では今後の新規車種の投入計画も明らかにされている。2011年のインプレッサXV、2012年のBRZは予定通りに投入された。スケジュールとしては、2014年中に新コンセプトのモデルがデビューする予定だ。実は、これこそがスバルのフラッグシップを担う次期WRX-STIだという。

WRX-STIといえば、インプレッサのハイパフォーマンスバージョンというイメージだが、次期型はインプレッサではなく、インプレッサ派生ワゴンをベースに開発されているようだ。

ただし、ワゴンとはいってもショートワゴンに近く、ちょうどインプレッサ5ドアの前身であったスポーツワゴンに近いコンセプト&ルックスとなるだろう。2011年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー「アドバンスドツアラー」が新型ワゴンの予告編だったといえば、イメージがつかみやすいだろうか。

なぜ次期WRX-STIはワゴンベースとなるのか。その答えは欧州市場にある。ヨーロッパでは現在、コンパクトワゴンが売れ筋のトレンドとして急浮上している。フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントやプジョー 308SW、フォード フォーカスワゴンはもちろん、日本勢もホンダ シビックやトヨタ オーリスにワゴンを追加し販売台数を増やそうとしている。スバルもこのカテゴリーを放っておきはしない。WRX-STIをワゴン化し目玉とするようだ。

パワートレインは、トレンドにのっとり1.6Lにまでダウンサイジング。ただし、車名に恥じないパフォーマンスはキープされる。もちろん直噴化とターボチャージャーにより、燃費性能も追求される。組み合わされるトランスミッションは独自のチェーン式CVTとなるだろう。今後、どんな車を出してくるのか。スバルの今後が楽しみだ。

※2013年3月14日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません
http://www.carsensor.net/contents/newmodel/category_1133/_21739.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Sweet Song by 梶浦由紀

先日、Yuki Kajiura LIVE vol.#9 “渋公Special " のBDが届いて、MCで梶浦さんの言葉がなんとも私の琴線に触れる所がありまして。今さらながら、歌詞を読み返して涙ぐみました。
。・゚・(ノД`)・゚・。

この曲、しっかりと作者の気持ちが届いているなぁと思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【New York】スバル=「スビー」? ニューヨーカーに愛好家が増殖中!

アメリカ人なら解ってくれると思っていました。この際、スビーでもスバリストでも良いじゃないか、拙者は大歓迎でござるよ。(個人的には「スバラー」と言う言葉だけは看過できないが(笑))
-----転載開始-----
【New York】スバル=「スビー」? ニューヨーカーに愛好家が増殖中!
20130316

 米国内でSUBARUの売り上げが好調だ。

 富士重工業によれば、2012年の米国での売り上げは、33万6441台。前年比26%の販売台数となり過去最高を達成したとのこと。5年連続で前年売り上げを更新し続けているとのことだが、そのデータは米国国内を走る車を見ても明らかだ。

 日産、トヨタ、ホンダ。米国の高速道路を走っていて、その大半を日本車が占めているのは感慨深いものがあるが、ここ数年で、そこにSUBARUの姿が加わった。

 米国北部など、降雪が多い山間部に住む人々にはもともと定評のあったSUBARUだが、ニューヨークやコネチカット、ニュージャージーなどの都市やその近郊にも人気がじわじわと浸透してきたようだ。

 日本国内では「スバリスト」と呼ばれるSUBARU愛好者(関連記事)だが、米国では愛車のSUBARUを「subie(スビー)」といった愛称で呼び、愛車自慢を展開している。

 今回は米国内での好調の理由を、ニューヨーク在住のSUBARUオーナーのライフ・スタイルを通して探ってみた。(抜粋)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130311/1048039/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中山なりあき氏】一部のマスコミが捏造してでも私を叩くらしい

やはり、相当にこの質疑は「特定勢力」にとって都合が悪い様ですね。中山成彬先生の勇気と行動力に敬意を表し、当Blogは中山先生を全面的に支持いたします。

2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑

衆議院 予算委員会で使用したパネル(pdfファイル)
1.社会インフラ
http://nakayamanariaki.com/pdf/01panel.pdf
2.創氏改名
http://nakayamanariaki.com/pdf/02panel.pdf
3-A.慰安婦関連
http://nakayamanariaki.com/pdf/03a_panel.pdf
3-B.慰安婦関連
http://nakayamanariaki.com/pdf/03b_panel.pdf
4.尖閣・靖国神社
http://nakayamanariaki.com/pdf/04panel.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤ、電動RCカー SUBARU XV を発売

この上、ラジコンなんて始めたら、休みに休めなくなってしまいそうですが、これはちょっと良いですね。
その昔、RCのタミヤのスバルブラットを買いましたが、完成させられなかったです(^^;)

-----転載開始-----
タミヤ、電動RCカー SUBARU XV を発売
タミヤは、1/10電動RCカーシリーズの新製品として、『SUBARU XV(XV-01シャーシ)』を3月30日ごろより発売する。

新製品は、スポーティーでファッショナブルなフォルムをポリカーボネートで実感たっぷりに再現している。シャーシは防塵性が高く、フラットダート走行にも対応したフロントモーター・ベルトドライブ4WDのXV-01を採用。タイヤはトレッドパターンもリアルなレーシングラジアルを装着する。

使用プロポはエクスペックGT-I 2.4G(電動RCカー用セット)。価格は2万9190円。20130315
http://response.jp/article/2013/03/15/193663.html
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Reader難民

なんでも今年の7月でサービスを終了するとか。

サイトの巡回で、どこに居ても同じ情報が入手できると言う事で、便利に使っていたのですが(´・ω・`)
幾つかのサイトで、引越し先をリコメンドしてくれていたので、2つ程、触ってみた感想です。

http://www.feedly.com/
プラグインでアクセスするので、どこでもって具合には行きませんが、iPhoneでもクライアントが有る所が良い感じです。ページも見やすくデザインされてるので、一番お気に入りです。

http://feedspot.com/
一覧性と、iPhoneのクライアントが無い点では、feedlyには劣りますが、使い慣れた感じのI/Fが好感触です。まあ、これは補助と言う感じですかね。

肝心のGoogle Readerからの引越しは、それぞれのページからGoogleのアカウントにログインするだけで完了。あっけない程簡単でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Colin McRae & Subaru Legacy RS - with pure engine sounds (Tour de Corse 1993)

つべをうろうろしてたら、こんな動画をリコメンドされました。
もう、かれこれ20年前の映像になるんですね。ヂヂイになる訳です(トホホ)

Colin McRae & Subaru Legacy RS - with pure engine sounds (Tour de Corse 1993)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトグラファーは体力だ(爆)

仕事で写真を撮るのに、新しい機材を担いで出かけて来たのですが、いやはや想像以上に重い(爆)
以前の上司が「フォトグラファーは体力だ!」と言ってた意味がやっと解った感じです(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中韓代表、追悼式出席せず【震災2年】

追悼式典は静かに祈る場所です。
こういう不逞の輩は来て頂かなくて結構。
-----転載開始-----
中韓代表、追悼式出席せず【震災2年】

 11日開かれた政府主催の東日本大震災2周年追悼式に、中国と韓国の代表は出席しなかった。理由は明らかになっていない。このうち中国について、日本外務省幹部は「中国側の判断だ」としている。
 一方、政府は追悼式で、国や団体の名前を読み上げる「指名献花」の対象に台湾を加えた。昨年の式では台湾を指名献花から外した野田内閣(当時)の対応が批判を浴びたため、今年は各国の国名を読み上げた後、在日米軍、パレスチナ常駐総代表部と並べて「駐日台北経済文化代表事務所からもご出席いただいている」と紹介。席も民間団体と同じだった昨年の場所から移動させ、「外交団・国際機関等」向けの席を用意した。(2013/03/11-20:02)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013031100832
-----転載終了-----

【追記】
東日本大震災追悼式典にて献花していただいた国々
ihttp://togetter.com/li/469810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・・と、のんきな日記を書いていますが。

・・・3月11日は今だにいろいろと来るモノがありましてね。
あの金曜の事は、一生忘れる事は無いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yuki Kajiura LIVE vol.#9 “渋公Special "

しまった、うっかり見つけてしまった。
ポチッとな(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【民主党】原口一博オリジナル曲「誰も救われない」

酷いもんを見ちまったでござるよ。
謝罪と賠償を要(ry

【民主党】原口一博オリジナル曲「誰も救われない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹子トンネル事故で主人を救ったインプレッサWRX、その後

笹子トンネル事故で主人を救ったインプレッサWRXが、その後、どうなったかが中津スバルさんのBlogに掲載されています。

インプレッサは待っていた!(中津スバルの濃いスバリストに贈る情報)

損傷していたのは、車体左側だけではなかったという事が解ります。本当に奇跡的に危機を走り抜けたんですね。

中津スバルさんが迎えに来たと言う事は、オーナーさんはどうやら修復して乗り続ける事を決められた様ですね。最新のスバルは最高のスバルではありますが、こうした個体は生涯の友となるでしょう。中津スバルさんなら、その意地を賭けて修復して下さる事でしょう。

【2014年5月22日追記】
このインプレッサWRXですが、しっかりと復旧した様です。
笹子トンネル事故で主人を救ったインプレッサWRX、復活!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[SUBARU] SUBARU VIZIV CONCEPT "Next Adventure"

このSUBARU VIZIV CONCEPTのPV、カコイイです。

[SUBARU] SUBARU VIZIV CONCEPT "Next Adventure"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「中国刺激するな」 野田政権の尖閣での消極姿勢また判明

どうせ、イオン・オカラの仕業だと思っていましたが、予想通り過ぎの展開に、呆れ果てて何も申し上げる事は有りません。
-----転載開始-----
「中国刺激するな」 野田政権の尖閣での消極姿勢また判明

20130306 昨年9月11日の尖閣諸島(沖縄県)の国有化後、周辺海域で挑発を繰り返す中国海軍艦艇への対処について、野田佳彦前政権が中国に過度な配慮をした指示を出していたことが4日、分かった。海自艦艇は中国軍艦と15カイリ(約28キロ)の距離を置き、中国側が近づくと後退するよう命じていたほか、領海侵犯の恐れがあっても先回りして警戒するのを禁じた。複数の政府関係者によると、こうした指示を出したのは岡田克也前副総理が中心だったという。

 国有化以降、中国海軍艦艇が尖閣北方海域に常時展開するようになった。これを受け昨年10月3日、当時の野田首相は岡田氏や藤村修官房長官、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相を集め尖閣に関する関係閣僚会議を開き、対応を協議した。

 政府関係者によると、その際、岡田氏は「中国を刺激しないように」と発言。中国軍艦に海自艦艇を15カイリ以内に近づかせないことも求めた。この距離では目視は困難でレーダーによる監視に頼らざるを得ず、領海侵犯を未然に防ぐための措置も遅れかねない。

 岡田氏は次いで、中国軍艦の領海侵犯を黙認させるような対応も命じた。他国軍の艦艇の領海侵犯に備えるためには先回りして領海内で待ち構えるのが常道だが、中国軍艦が領海に入るのを確認するまでは海自艦艇も領海に入らず待機するよう指示していた。

 「領空侵犯措置」でも過度な自制を求めていた。

 中国の海洋監視船「海監50」はヘリを搭載可能で、国有化直後から再三にわたり領海侵犯していた。侵犯時に搭載ヘリが飛び立てば即座に領空侵犯になる。

 このため領海侵犯と同時に空自戦闘機による緊急発進(スクランブル)を準備する必要があるが、岡田氏は「軽微な領海侵犯だから中国を刺激するな。海上保安庁に任せればいい」と準備を認めなかった。

 昨年12月26日に発足した安倍晋三政権は、防衛省や外務省から野田政権の対応について報告を受け、領域警備で対抗措置の強化を検討するよう指示。海自は中国軍艦との距離を約3キロまで縮め、中国軍艦が領海侵犯する恐れのある場合は領海内で待ち構え侵入を阻止する態勢に改めた。ヘリ搭載艦船が領海侵入した場合にはスクランブルの準備に入るようにした。

 こうした事実関係について、岡田氏は産経新聞に「いずれも事実に反する」とコメントした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130305/plc13030508500009-n1.htm
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバリストはどこの國でも(笑)

いやはや、とってもクレイジーですん♪ (笑)

Subaru Impreza shows us a cool new way to overtake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重工業 2013年ジュネーブモーターショーで 「SUBARU VIZIV CONCEPT」を世界初公開

ううむ、想像していた以上に「Vapor Model」でした。
本当に有り難うございました。・・・ってそれだけかいっ!

えーとですね、書ける範囲で書きますね。モデルのスペックはかなり「アレな感じ」ですが、これはあのモデルを占うという面では意味があります。個人的にはSUVのデザインスタディとしたのは、フェイクだと思っています。(裏読みして下さいな)

-----転載開始-----
富士重工業 2013年ジュネーブモーターショーで 「SUBARU VIZIV CONCEPT」を世界初公開

富士重工業は、本日、スイスで開催中の2013年ジュネーブモーターショーにおいて、「SUBARU VIZIV CONCEPT(スバル ヴィジヴ コンセプト)」を世界初公開しました。
20130305
「SUBARU VIZIV CONCEPT」は、スバルブランドを将来にわたり高めていく新デザイン、新技術の方向性を示し、「安心と愉しさ」という価値を表現した、次世代クロスオーバーコンセプトです。モデル名にある「VIZIV」は「Vision for Innovation」を語源とする造語で、革新のための未来像として、ブランドの方向性を示すコンセプトカーであることを表現しました。
スバルグローバルサイト(http://www.subaru-global.com/ms2013/geneva/)では、専用サイトを更新し、「SUBARU VIZIV CONCEPT」の画像をはじめ、プレスカンファレンスの映像等を配信する予定です。
(抜粋)
http://www.fhi.co.jp/news/13_01_03/13_03_05_2_87288.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原口一博「私は1977年に未来に行き、原発事故の恐ろしい光景を既に見ていた」

流石は光の戦士。またの名を「小物界の重鎮」、原口一博議員(爆)

-----転載開始-----
1 名前: マヌルネコ(福岡県):2013/03/04(月) 18:58:24.30 ID:y6FHZdyi0 ?PLT(12072) ポイント特典

民主党の原口一博衆議院議員(53)が、過去に自作した詩をFacebookで公開している。その詩は昭和52年(1977年)4月に書かれたもので、原口氏が学生だったころのもののようだ。

「その霞の中から赤い炎が刺すような光を放っていた黒い煙がその赤い炎を覆っており死臭がそこから漂ってくるのだった」(一部引用)

と綴られており、原口氏は「恐ろしい事故のイメージ。核と共存できない世界」を詠ったものだと説明。

また、この詩の着想について、「昭和52年の僕は、未来に行って、この光景をみていた」と綴っており、チェルノブイリ原子力発電所事故もしくは福島第一原子力発電所事故のことを指しているようだ。「あまりにも暗い、そしてどこにも救いのないイメージ。赤い炎。見たこともないような禍々しい閃光。黒い煙」だとそのイメージを改めて説明している。

また詩の冒頭で「彼は戦いに行った」と綴っているが、ここに登場する「彼」が原口氏のことを指しているのかは定かではない。

http://yukan-news.ameba.jp/20130304-297/
-----転載終了-----

まさかと思ってfbを開けてみたら!!
リィーディングシュタイナーは私だけでは無かったのか?! (爆)

-----転載開始-----
誰も救われない

彼は戦いに行った

朝日は彼のもの中いっぱいにひろがっていた
蝶々がふんわりふんわりととびかい
あたりには蓮華の甘いとろけるような匂いがたちこめていた
遠くには菜の花なのだろうか
地平線いっぱいに黄色い帯が流れ
どこかで牛が啼いたような気がした
ふと後ろを振り返ると山なみが霞んでおり
その霞の中から赤い炎が刺すような光を放っていた
黒い煙がその赤い炎を覆っており
死臭がそこから漂ってくるのだった
彼の渦巻管は先程からある周波数の振動を繰り返し繰り返しキャッチしていた
ちりちりというその音は彼の脳髄を黒い網でおおい
じわじわと押し潰すかのようであった
キリキリと骨と骨がまわされ
彼の脳は耳から出てしまうかにみえた
あたりには蝶々がふんわりふんわり舞っていた
蓮華は広い台地を一面覆い尽くしていた
一匹の蜂が赤い炎の方へ飛んでいくのが見えた

                    昭和52年4月 
                    原口一博作

 恐ろしい事故のイメージ
 核と共存できない世界
 昭和52年の僕は、未来に行って、この光景をみていた。
 あまりにも暗い、そしてどこにも救いのないイメージ
 赤い炎 見たこともないような禍々しい閃光
 黒い煙
http://www.facebook.com/kharagucih/posts/571594782858997
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本の反動層の不法非道な弾圧行為は必ず高価な対価を支払うだろう

目利きのその筋の先輩から。
いや〜、怖いですね、怖いですね。読んでるだけでガリガリとSAN値が下がりますよ(違)

20130304

-----転載開始-----
1 : ヨーロッパヤマネコ(愛知県)[] :投稿日:2013/03/03 19:44:43 ID:TkAutyXN0· BE:2045286465-PLT(14072) ポイント特典 [1/1回]

在中朝鮮人チョンリョンハプフェ、 「日本の反動層の不法非道な弾圧行為は必ず高価な対価を支払うだろう」


在中朝鮮人団体チョンリョンハプフェは19日、日本政府による一連の総連策動に対して次のような糾弾文を発表した。在中朝鮮人は、朝鮮総連に対する日本当局の横暴非道な政治的弾圧蛮行に、民族的怒りを禁じえずにいる。
報道されたように、最近の日本国首相・安倍は朝鮮の第3次地下核実験が行われるやいなや「圧力を強化しなければならない」と騒ぎ立て、追加制裁だのと訴え、総連中央常任委員会副議長の祖国訪問を目的に日本を出国した場合、朝鮮人に(日本への)再入国を許可しない措置をとった。


さらにこの日、保守団体で(朝鮮人にとって)悪名高い「在特会」をはじめとするチンピラは総聯中央会館の前で「朝鮮人は日本から出て行け」と口走っただけでなく、時を同じくして、(右傾化した)神奈川県と埼玉県など日本各地の自治体では朝鮮学校への補助金支払いを停止させる蛮行を敢行した。


特に安倍の卑劣な妄言は、反総連をもっとも悪辣に表わしている。
朝鮮総連は在日同胞の民族権利と利益を擁護する合法的な海外公民団体であり、日本人民との親善を図る外交代表の役割を担当している。
日本人が行った行為は、これらの高い尊厳、総連と在日同胞に対する弾圧であり、容認できない主権侵害行為となる。


私たちは、日本当局がすべての不当な制裁を解除することと同時に、在日同胞の安定した生活を保証することを強く要求する。


もし日本人が私たち朝鮮民族の度重なる警告にもかかわらず、朝鮮総連に対する弾圧を拡大していくならば、それからもたらされるすべての後遺症について日本人は全面的に責任を負い、高い代価を支払うことになるだろう。


ソース朝鮮新報 (注意:韓国語、愚民文字) 2013/2/26
http://chosonsinbo.com/2013/02/0226yh/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル、次期WRX-STIはインプレッサ派生ワゴンがベース、1.6LターボでミッションはCVT

私のところに有る極めて確度の高い情報によると、必ずしもこのニュースは正しくないとは言い切れません。つまり、裏から読むと本当の事の陰が見えてくるんですが(笑)

エンジン、トランスミッションについての詳しい情報はまだ有りませんが、今のスバルの流れを見てると、この可能性は高そうですね。

これは中津スバルの田代社長が明言しちゃってるので、ハッキリ書いてしまいますが、WRX-STIの2013年の発表は有りません。コレだけは確定です。

-----転載開始-----
スバル、次期WRX-STIはインプレッサ派生ワゴンがベース、1.6LターボでミッションはCVT

次期WRX-STIはインプレッサ派生の新型ワゴン車がベース車両になる

スバルは前回2011年の東京モーターショーでスバル アドバンスド ツアラー コンセプトを出展していた。このボディデザインをベースにしたインプレッサ派生ワゴン車が開発中である。
そして、この派生ワゴン車は、次期WRX-STIのベース車両になる見込みが強まった。

現行インプレッサは、セダンのG4とハッチバックのSPORTがラインアップしている。将来的には、これらにワゴンが加わることになるわけだが、これは欧州市場においてワゴン需要が高いことが背景にある。
日本市場では軽自動車やBセグメントカーといったコンパクトな車種、あるいは多人数が乗車できるミニバン車種へ人気が二分化する傾向が強い。
一方で各メーカーの欧州向け主力車種はコンパクトなステーションワゴンをラインアップすることが定石となっており、最近ではトヨタがオーリスのワゴン版を投入したばかりであった。
インプレッサ派生ワゴンの投入は、まさにこういった欧州市場の要望に応えたものと言える。

ただし、次期WRX-STIがこのインプレッサ派生ワゴン車がベースになるということには違和感を持つファンも多いはず。前身となるスバルアドバンスドツアラーコンセプトを見てみると、フロントは現行インプレッサとは大きく異なる顔つきであることから、新デザインの採用となるだろう。リア周りはツアラーと名乗っているだけにボリューム感もしっかりで、これまでのWRX-STIの印象とは大きく異なるものだ。
シャシーは基本的に現行インプレッサと共通になる見込み。パワートレインは1.6Lの直噴ターボとリニアトロニックCVTの組み合わせになると予想される。

http://car-research.jp/subaru/wrx-sti-3.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つもりちがい十ヶ条

SNSの中から。
いやー、思い当たる事が有り過ぎて...orz

つもりちがい十ヶ条
高いつもりで低いのが教養
低いつもりで高いのが気位
深いつもりで浅いのが知識
浅いつもりで深いのが欲望
厚いつもりで薄いのが人情
薄いつもりで厚いのが面皮
強いつもりで弱いのが根性
弱いつもりで強いのが自我
多いつもりで少いのが分別
少いつもりで多いのが無駄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

区が無報酬デザイナー募集…抗議殺到、計画中止

私もインハウスではあるものの、同じ肩書きを持っている訳ではありますが、こう言っちゃなんですが、デザイナーと言う職業程、胡散臭いモノはありませんよ。はい、保険屋の次位に信用できません(爆)

同じ業界人だからこそハッキリ書きますが、気位ばかり高くて、仕事のできないアレが大杉ます。だから、こういう「業界をなめた様な求人」が後を絶たない訳で。

まあ、この天王寺区の募集は、働いてくれた人に対する報酬を払わないと言う時点で、こういった業界の内情以前に「労働者をバカにしています」が。

-----転載開始-----
区が無報酬デザイナー募集…抗議殺到、計画中止
 大阪市天王寺区は1日、区のポスターなどを民間デザイナーに手掛けてもらおうと、「任期1年、無報酬」の条件で募集したところ、プロのデザイナーらから「業界をバカにしている」などと批判が相次ぎ計画を取りやめた、と発表した。

 従来、区制作のポスターやチラシは職員がデザイン。昨年8月に就任した元NHK記者の水谷翔太区長が、「民間の力を生かしてよりよいものを」と発案した。

 ところが、2月4日に募集を始めたところ、電話やメールで抗議が殺到。6日にはアマチュア限定に変更したが、「業界への配慮を欠くことに変わりない」「正当な対価を払うべきだ」などの意見が続いた。

 結局、28日の締め切りまでに4人が応募したが、区は「これだけ批判を浴びると理解が得られにくい」と計画を断念。4人には事情を説明するメールを送った。

 水谷区長は読売新聞の取材に、「業界に対する認識が足りなかった」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130302-OYT1T00306.htm
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ、開閉式ルーフを備える「86」オープントップ仕様の画像を公開!

トヨタさんは、噂通り86のオープントップのコンセプトモデルを公開しましたね。オープントップの楽しさは友人のロードスターで体験済なので、私なりには理解してはいますが、このモデルはあまりスタイリッシュに感じないのはどうしてでしょう・・・と考えてみて、ハタと気付きました。

そう、しっかりと後席が有るんですよね(^^;) 個人的な思い込みが強い考え方なのですが「オープントップは2シーターだ!」と思っていますので(笑)
このスタイリングだったら、私はオープントップは選ぶ事は無いでしょう(´・ω・`)

-----転載開始-----
トヨタ、開閉式ルーフを備える「86」オープントップ仕様の画像を公開!
20130303
トヨタは、3月5日に開幕するジュネーブ国際モーターショーに出展する「FT-86 Open concept」の画像と概要を発表。人気のFRスポーツカー「86」をベースに、開閉式ルーフを備えたコンバーティブル・モデル(のコンセプトカー)だ。
ちょうど1ヶ月前の2月1日に、デザイン・スケッチのみが発表された86のオープントップ仕様。その後、南アフリカのケープタウンで実車が目撃されたという情報もあったが、どうやら今回正式公開された写真は、そこで撮影されたものらしい。屋根を開け放って海岸沿いの道路を走る姿からは、"オープンカー" の魅力がストレートに伝わってくる。一般公開される今回のジュネーブではコンセプトカーとしての出展だが、近い将来には市販化されるのではないかという見方が濃厚だ。
(抜粋)
http://jp.autoblog.com/2013/03/01/toyota-ft-86-open-concept-pics-unveiled/
-----転載終了-----

そいえば、先日帰省して来たのですが、スバルのお膝元だと言うのに異様に86が走っていました。BRZの納期の長さに堪え兼ねて、従業員が86を買ってるんじゃないかと(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フルCGのオードリー・ヘップバーン

このADの彼女、なんと、フルCGだそうです。
ここまでできちゃうと、もう役者さんは3Dモデルだけ取れば、必要ないかもしれませんね。

Galaxy - Audrey Hepburn


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »