« 政経塾、再開! | トップページ | NHK・Eテレ特集“イーハトーヴ交響曲” »

レーダー照射の中国艦、政府が動画など公開方針

はい、支那、これで完全に詰みましたね。

謝って済む問題じゃないですが、これで支那という国がどんな国なのか、国際的にきちんと認識されることになります( ̄ー ̄)ニヤリ

-----転載開始-----
レーダー照射の中国艦、政府が動画など公開方針 

 政府は9日、中国海軍艦艇が海上自衛隊護衛艦に射撃用の火器管制レーダーを照射した問題で、護衛艦が撮った中国艦艇の動画や写真などの証拠データを公開する方針を固め、調整に入った。


 中国政府が照射の事実を否定していることから日本の主張の正当性を裏付ける根拠を示す必要があると判断した。今後、方法を詰めた上で中国側の出方も踏まえて対応する方針だ。

 小野寺防衛相は9日の読売テレビの番組で、データ公開に前向きな考えを示した。都内で記者団には「火器管制レーダーが一定期間ずっと(自衛隊の)船を追いかけていた証拠がある。視覚的にも証拠として、『なるほど』と多くの方がわかる内容だ」と語った。

 中国政府は「艦載レーダーで自衛隊艦艇の監視をしただけ」と主張している。しかし、通常の艦載レーダーは回転して警戒監視をするのに対し、火器管制レーダーは照射対象に向き続けるため動きが異なる。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130209-OYT1T01330.htm
-----転載終了-----

|

« 政経塾、再開! | トップページ | NHK・Eテレ特集“イーハトーヴ交響曲” »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 しかし、言うに事欠いて火器管制レーダーでは無かったとは。まぁ、漁船衝突事件の時と違って今の政権は動画を公開すると行っているので、あるじゃさんの仰る通り、中共は追い詰められるでしょう。

投稿: 夢の助 | 2013/02/10 22:19

夢さん
世界中で「日本と支那のどちらが嘘つきか?」と聞いてみれば、大多数の人が「支那!」と答えると予想される上に、動画の公開と来れば、支那の国際的な信用にかなりの打撃が期待できるでしょう。
「舐めてかかると痛い目に遭う」という教訓を、仮想敵国に認識させるだけでも十分です。

投稿: Algernon | 2013/02/11 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/56735236

この記事へのトラックバック一覧です: レーダー照射の中国艦、政府が動画など公開方針:

« 政経塾、再開! | トップページ | NHK・Eテレ特集“イーハトーヴ交響曲” »