« なぜ?スバルの走りは"違う"のか | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(2.1.1) »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの感想(ネタバレ無しのつもり)

はい、そろそろ感想を書いて良いですかね。良いですね?

一応、ネタバレをしない様に書かせて頂こうとは思ってますが、ポロリもあるかと思いますのでご容赦を(笑)

先々週のレイトショーに紛れ込んで観て来たのは、ご来訪頂いている皆様にはご存知のの通りです。まあ、圧倒的な情報量に押し流されて帰って来たのは事実なんですが、実はもう一つ感じる事が有りました。

「庵野監督め、またやりやがった」

・・・ですね。映像表現としてのヱヴァ:Qは申し分無し、演出も悪く無い、十分に楽しめる物です。ただ一つ、庵野監督はまた逃げやがったと強く感じた訳であります。ヱヴァの楽しみ方の一つに、映像の後に隠されたメッセージや、ストーリーを想像して補完すると言うのが有るのは、この作品について少しでも触れた事が有る方なら、理解されているかと思います。しかしですね、破まではエンターテインメントとして、圧倒的な映像表現で十分に楽しめていたのですが、Qまで引っ張って来たモノを完全に切り捨てて、観客をまた劇場に置いて行きやがりました。私はこの庵野監督の考えているこの作品に関しての考え方の、実に姑息で、猫騙し的な嫌らしい部分が鼻に付きました。

その昔、X-FILEというアメリカのドラマシリーズが有った事をご存知の方も多いかと思います。ヱヴァはこのドラマシリーズと全く同じ手法を使って、観客を引きつけているだけの様にしか思えなくなってきました。つまり、散りばめられている「謎」に関しての答えは決して明かされる事が無いまま、話は監督主導でドンドン進んで行く。明かされない謎については、各人のコミュニティの中であーだこーだと議論する。まあ、言わばコレの繰り返しの訳ですわ。これに気付いてしまうと、この作品に関しての評価は、圧倒的な映像表現に対する評価だけになってしまう訳ですな。Qまで観て、この部分が有る意味での確信に変わり、圧倒された割には、熱くなれずに帰って来たと言うのが正直な感想です。まあ、よく考えてみれば、ことヱヴァという作品の手法については、庵野監督は前科二犯。TVシリーズでも旧劇場版でも、監督としてきちんと説明する義務を放棄しています。まあ、そういう作品だと言う事で理解すると言うのが、この作品への接し方で有る事は間違いのない事実でしょう。今回も広げ過ぎてしまった大風呂敷はFINALで畳みきれるか、いや、多分、畳むつもりもないでしょうね。その分、またいろいろと議論する機会が増えると言う事で、ファンは大歓迎でしょう。エンターテインメントとして、十二分な表現力で楽しめる可能性が有ったのにも関わらず、とても勿体ない事です。

2、3年後、今回のシリーズの最終章のFINALが公開された時、どんな気持ちで劇場に向かい、どんな感想を持って帰って来るか、この部分に関してはとても「楽しみ」で有ります。まあ、ココまで付き合ってますから、最後までは看取ってやろうかと言う気持ちではいます(笑)

なお、この記事に関するコメントはクローズしておきます。私は間違いなくヱヴァのファンでは有りますが、仔細な事をあーだこーだと議論するのは時間の無駄だと考えていますので(笑)

【追記】
面白いのでこれ、貼っときますね(ネタバレを含みます)
http://www.moe2p.com/archives/54285408.html

|

« なぜ?スバルの走りは"違う"のか | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(2.1.1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/56235278

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの感想(ネタバレ無しのつもり):

« なぜ?スバルの走りは"違う"のか | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(2.1.1) »