« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

今年最後の更新となります。ありがとうございました。

我が家では、来年のお正月は2つの理由で無いのですが、私がマシンの前から外れますので、これにて年末の挨拶に代えさせて頂きます。

今年は公使共々、いろいろな事が有りました。お越しいただいている皆々様のお陰で、こんなネットの辺境の地にあるBlogでも、どれだけ心の支えになった事か。本当に有り難うございました。

そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(5)、仕様キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

お騒がせしております。iPhone5のノイズ問題の続報です。

本日の時点では、エンジニアからの新しい情報は無かったのですが、AppleCareシニアアドバイザーから「仕様かもしれません」という言葉が出てきました。

ハードウェアやソフトウェアの開発経験のある方なら、裏事情が汲み取れると思いますが、Appleはこのノイズの問題についての落とし所を「仕様」としたがっていると読み取れました。

ネットを検索しても、他に同様の事例は出てきませんし、これから推察するに騒いでいるのは私一人、もしくは極少数と観られますので、封殺するつもりなのでしょう(ーー;)

いよいよ来たって感じですね。

こりゃ、ネット上にノイズのデータを公開するしかないかな?

関連記事:iPhone5のノイズ障害発生中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルの「ぶつからないミニカー」が大量に走りまくるムービー

我が家にも二台ありますが、これは思いつかなかった。なんだか凄い事になってます(笑)

minicar music player.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい歳したオッサンが・・・

私もいい歳をしたオッサンですが(笑)

このいわゆる「団塊」と呼ばれる世代の、自己中心的且つ無責任な癖して頭数ばかりいる連中には、毎度、様々な事で怒りを覚えるのですが、やっぱり巡回先のBlogのオーナーもその一人だったという事が確認されて、ああやっぱりなと。以前のある発言で「コイツは本物ではない」と言う肌感覚をもったのですが、やっぱりその通りでした。

話題や言葉の選び方には注意した方がいいですね。その人の普段の思想や考え方が漏れ出てくるものですから。

これは、自戒の意味を含めて。

-----
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

- マザー・テレサ
-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ 5年ぶり新型クラウン発売

スバリストの小生からしてみれば、クラウンという車はもはやどうでもイイものになってしまってますが、このピンクのアスリートにはぶっ飛びましたね。モリゾーさん、色んな意味でやりますなぁ(笑)

でも、クラウン自体は新しいとか古いとかと言う議論以前に、何代も前から既に完成されているモデルだと思ってますので、新しい事をするのはとても大変な事だと考えてます。ホントにモデルチェンジは難しそうですね。

トヨタ 5年ぶり新型クラウン発売

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パワーサポート アンチグレアフィルム for iPhone5PJK-02

iPhone5は未だノイズの問題で、Appleと駆け引き中ではありますが、個人で何とかなる問題ではないと判断されるフェーズに移りましたので、使い回しの画面保護フィルムでは無く、買い置きしておいた新品のフィルムを貼ってみました。今回は「パワーサポート アンチグレアフィルム for iPhone5PJK-02」です。

今までは「パワーサポート AFPクリスタルフィルム for iPhone5PJK-01」という光沢有りのものを使っていたのですが、アンチフィンガープロテクション付きと言えども、やはりかなり指の後が付くので今回はアンチグレアを導入してみました。

するとどうでしょう! 嘘の様に指紋が付きにくいです。心配していた画面のにじみも殆ど無く、ディスプレイもガラスが無くなった様に見えるほどクリアです。こんな事なら最初からアンチグレアにしておけば良かったなぁと(笑) いやはや、これは盲点でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199第四章 冒頭10分

この穏やかな年末年始にアレな話題は無粋と言う事で(笑) ガミラスは彗星帝国ともやり合ってたのですね。ドメル将軍がカッコイイです。

宇宙戦艦ヤマト2199第四章 冒頭10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞の“安倍内閣叩き”が酷すぎると話題に

いやはや、これは酷いですね。悪意に満ち満ちております。
安倍内閣 名づけるなら・・・

「改憲」
「極右」
「国防軍」
「逆戻り」
「ネトウヨ」

・・・だそうです。えーと、ネトウヨと言う言葉を使うのは、某所ではあの国の土人と特定されてますので、編集者に土人でもいるんでしょうかね。

重要参考画像
中日新聞紙面 紙面特報 2012/12/27
(画像はクリックで拡大します)
201212281

そして、小林よしのりのこの絵。コイツも最近、脳みそが相当にヤラレてる様ですな(笑)
201212282

まあ、左側に寄せ過ぎて脱輪してしまった前政権と比べれば、確かに安全な右側を走っている安倍政権では有りますが、マスコミはよほどビビってる様で(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【自動車】スバルと三菱自動車、韓国から撤退へ

本件、関係者は肩を落としているかもしれませんが、あの国のあの法則から考えて、撤退はスバルにとって、良い方向になると考えています。まあ、こう言っちゃ身も蓋もないですが、民度の低い朝鮮土人には、スバルの良さなんて理解できないのでしょう(笑)

スバルも三菱も大日本帝国軍の軍用機を作っていたメーカーですから、こんな所で儲からない商売はしない方が得策だと思います。

-----転載開始-----
【自動車】スバルと三菱自動車、韓国から撤退へ[12/27]

日本の自動車メーカー、富士重工のブランド「スバル」が、12月31日から韓国での販売を停止すると26日発表した。三菱自動車も韓国市場から事実上撤退する見通しで、日本の中小自動車メーカーの韓国からの撤退が相次いでいる。競争の激しい韓国の輸入車市場で不振が続き、結局撤退を余儀なくされたわけだ。

スバルは韓国進出から3年での撤退となる。同社の韓国法人「スバル・コリア」は2009年末、高麗製鋼が100%出資して設立。中型セダン「レガシー」、中型SUV(スポーツ多目的車)「アウトバック」「フォレスター」の3車種を販売した。販売初年の2010年には384台、昨年は664台が売れたが、今年は11月末現在で累積販売台数が558台にとどまっている。

スバルの撤退は日本本社の事情も影響している。韓国法人は販売価格の引き下げが必要と判断していたが、事情の苦しい本社側は値上げを求めていたという。スバル・コリアの関係者は「今冬以降の追加輸入を停止した。最近になって在庫がほとんどなくなったため、自然に販売停止という状況になった」と説明した。

一方、三菱自動車の韓国販売代理店「CXCモータース」も近く販売中止を決定するという。準中型車「ランサー」、中型SUV「アウトランダー」「パジェロ」などを販売しているが、今年初めから11月までの累積販売台数は61台にとどまり、事実上の「開店休業」状態だ。


業界関係者は「「2013年式モデルの輸入がほとんどなく、来年は正常な販売が不可能な状況」として「100台ほど残っている在庫がなくなれば撤退すると聞いている」と語った。


スバルと三菱の撤退は、このところ韓国で輸入車の販売状況に偏りが生じていることに伴う自然淘汰との見方が強い。今年に入り、輸入車市場はBMW、ベンツ、アウディー、フォルクスワーゲンなどドイツ車が70%を占めている。中小メーカー各社は販売不振と収益悪化により業績がひどく低迷している。業界では日本の中小メーカーの撤退をめぐり、来年にも起こる輸入車業界の構造再編の序章にすぎないとの分析も出ている。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/27/2012122700373.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アザゼルさん (PVC製塗装済み完成品)

今日は、なんとなく、魂の声がこれを貼っとけと(爆)

あー、メリークリスマス <= って、おま、アザゼルって悪魔だろ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(4)

金曜日に、本件についての中間報告の為に担当様より電話が有ったのですが、あいにく留守中と言う事で電話に出られず...orz 昨日になっても電話が鳴らないので、中間報告を聞く為にAppleCareサポートにこちらから電話しました。ご担当様、お休みを取られていらっしゃる様で。まあ、そうですよね、滅多に無いクリスマス連休ですから(笑) 他のアドバイザーが対応して下さいまして、中間報告を聞く事ができました。

・AppleCareサポートのラボでも、ノイズの発生を確認。<= ココ、最も重要!
・現在、このノイズがiPhone5の仕様内のモノであるのか、仕様外のモノであるのか、本国に確認中。
・仕様外のモノとなった場合は、私のiPhone5がサンプルとして本国に行く可能性有り(爆)

とまあ、こんな具合になっているとの事で、道理でモノが帰って来ない訳でございます(笑) 今回はこれに友人が再現テストをしてくれた内容を追加として報告させて頂いて、電話を切りました。この友人の情報というのも、かなり確度の高い情報ですので、障害の原因究明のヒントになる事でしょう。

しかしながら、AppleCareサポートは本当に素晴らしい対応です。本当に親身になって対応して頂いております。私自身、トラブルで迷惑がかかってる筈なんですが、それでも不思議とファンになってしまいました(爆)

 ・・・・・・

まあ、なんだかんだで一週間、ケータイの無い生活を送ってる訳でありますが、ココでは書いていないイロイロとアレな話意外は、特に不便も有りませんねぇ。オフィスにも我が家にも高速回線がありますので(笑)

「ネットが無いと死ぬ」かもしれませんが、ケータイの無い生活は意外とイケるかも知れません(笑)

つーか、10年前はこれが当たり前の生活だったんだなぁと、しみじみと感じている訳であります。LINEやらFacebookやらtwitterやらに四六時中、書き込んでいる皆様は、ほら、空を観てごらん・・・・・なんだ今日は曇ぢゃないか(爆) <= 何か悟ったような事を書いてるぞ、コイツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【IIHS衝突安全】スバル レガシィ、ワゴンとセダンに最高評価

またまた、衝突安全性で最高評価を得る事ができましたね。EyeSight Ver.2の性能を考えると、もはやスバルは世界で一番安全なモデルを提供しているメーカーと言っても過言では無いでしょう。

-----転載開始-----
【IIHS衝突安全】スバル レガシィ、ワゴンとセダンに最高評価

201212222米国IIHS(道路安全保険協会)は12月20日、スバル(富士重工)の『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)と『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)を、「2013トップセーフティピック」に認定すると発表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで行う。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというものだ。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも実施。総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック」に認定し、衝突安全面でのお墨付きを与えている。

レガシィ のテスト結果は、前面衝突ではダミー人形の頭/首/胸/右足/左足と、全ての部位への傷害レベルが最小限。GOOD(優)評価と認められた。

側面衝突も、運転席のダミー人形、後席のダミー人形ともに、頭、首、胸、足と全ての部位へのダメージが最小限。GOOD(優)評価を得た。また、ボディの安全構造に関しても、前面衝突と側面衝突ともにGOOD(優)評価。

さらに、追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストも、GOOD(優)。その結果、レガシィは総合評価が最高のGOOD(優)となり、トップセーフティピックに認定された。

この結果を受けて、スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール副社長兼COOは、「IIHSのテスト結果は、スバル車の安全性に対する高い信頼の証」とコメント。なお、このトップセーフティピックは、2012年8月以降の生産車に適用される。
《森脇稔》
http://response.jp/article/2012/12/21/187579.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針

巡回先のBlogでは「安倍さんがヘタれた」という論調のモノが少なく無かったですが、私はそうは思っていません。

安倍さんの目標の一つに改憲が有ります。この為には、ねじれている参院を選挙でなんとかしないといけません。安倍さんが総理大臣に就任する事で、南朝鮮に対しての大きな抑止力になることも踏まえると、南朝鮮の新しい土人酋長就任をひかえた来年の2月22日をターゲットとするのは、得策ではないと言う判断でしょう。物事には優先順位が有り、これが理解できないのではマジでアレですよ。

安倍政権の本格始動は「参院選以後」です。ここをお間違えの無い様に。

-----転載開始-----
竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針

 自民党の安倍晋三総裁は、竹島を日本に編入した日にあたる来年2月22日に政府主催の式典を開くのは見送る方針を固めた。自民党の衆院選の政策集では政府主催の式典実施を明記していたが、竹島問題で悪化した日韓関係の修復を重視し、首相就任早々に開催する必要はないと判断した。

 安倍氏はまた、韓国大統領選での朴槿恵(パククネ)氏の当選を受け、日韓議員連盟幹事長の額賀福志郎元財務相を総裁の特使として21日にも韓国に派遣する。額賀氏は朴氏に、「両国は戦略的利益を共有する」として早期の首脳会談を呼びかける安倍氏の親書を渡す予定。

 2月22日は島根県が「竹島の日」として毎年式典を開催。朴氏側は日本政府主催となるのを懸念し、実施されれば同月25日の大統領就任式への首相招待は困難との見方が強かった。

http://www.asahi.com/politics/update/1221/TKY201212201011.html
-----転載終了-----
【追記】
本記事、やはり、アカピッてました(爆)
http://www.hoshusokuhou.com/archives/21474154.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジョブス尊師の1/6ご神体

信者としては、やはりー尊、入手しておくべきでしょうか(爆)
20121222

お布施はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU BRZがオーストラリア「Wheels」誌のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

オーストラリアは、独自の自動車メーカーが一社しかないので、海外のブランドでも正統に評価される環境が有りそうな気がします。まあ、なんにしても嬉しいNEWSですね♪

-----転載開始-----
SUBARU BRZがオーストラリア「Wheels」誌のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

SUBARU BRZが、オーストラリアの自動車専門誌「Wheels(ホイールズ)」が主催する「2012年 Wheels カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。* 本賞は、オーストラリアの自動車に関する賞で最も権威があるものとされ、毎年対象となる新車について、機能、技術、燃費、安全、価値といった項目を評価し、最も優れた自動車1台を選出します。50回目となる今年は、選考対象となる27モデルの中から、SUBARU BRZが本賞を獲得しました。スバルとしては、1994年のリバティ(日本名レガシィ)、1998年のリバティワゴン、2000年のインプレッサに続き4度目の受賞になります。

本発表を受け、スバルオーストラリアのニック シニア社長は「Wheels カー・オブ・ザ・イヤーの受賞は、スバルの優れた技術力を証明するものです。SUBARU BRZは世界中の自動車ファンの注目を集め、トップクラスの刺激的な走りを競合車の数分の一の価格で提供する点が高い評価を受け、各国で数々の賞を受賞しています。」とコメントしました。今回の賞では、かつてないほど身近に走りが愉しめるクルマである点や、魅力的な価格、特筆すべき走り、燃費、安全性、そしてトヨタとスバルのコラボレーションにより実現できたクルマである点が評価されました。

SUBARU BRZは、「Pure Handling Delight-新しい次元の運転する愉しさ」をコンセプトに、誰もがクルマを操る愉しさと悦びを体感できる、水平対向エンジンFRレイアウトのスポーツカーとして世界各国で高い評価を受けています。

・ 日本 2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員特別賞 *
・ 米国 2013 Ward’s 10 Best Engines
・ カナダ 2013 Auto123.com Sports Car of the Year
・ オーストラリア 2012 Carsguide Car of the Year *
・ ドイツ 2012 Vehicle Dynamics International Car of the Year *
・ フランス 2012 Echappement Sports Car of the Year *
(* トヨタブランド車との共同受賞)

http://www.fhi.co.jp/news/12_10_12/12_12_19_86500.html
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「トリモロス!」安倍氏CMは自民党の自信作だった〈週刊朝日〉

はいはい、乙、乙。
ヒジョーにくだらない揚げ足取り来ました(爆)

少なくとも私の巡回しているネットワークでは、こんな事を言ってるアレはどこにもいません。
この程度しか取れる揚げ足が無いと言う事でおk?

-----転載開始-----
「トリモロス!」安倍氏CMは自民党の自信作だった〈週刊朝日〉

 12日間に渡る選挙戦期間中、お茶の間では安倍晋三総裁(58)が出演する自民党のテレビCMが話題をさらっていた。

 安倍氏の台詞は、自民党の衆院選キャッチフレーズ「日本を、取り戻す。」。だが、この「取り戻す」が、どうにも「トリモロス」に聞こえてしまうというツッコミが、ネット掲示板やツイッターで大盛り上がり。

〈安倍さんのCM何を言っているのか分からない〉
〈滑舌が悪すぎ〉
〈何で撮り直さなかったんだw〉

 という声の一方で、

〈舌足らずを冷笑し、熱意を軽んずるのは如何なものか?〉

 などと党派を超えた論争になっているのだ。

 自民党広報部によれば、「資金不足であまりたくさんCMを流せないなか、『力強い』と評判は上々です」という自信作だったらしいが……。テレビコラムの連載を持つライターの吉田潮氏が言う。

「短いセンテンスを何度も繰り返すCMの場合、その文言が聞き取りづらいというのは致命的でしょう。私には『トレハロース』って聞こえました(笑い)」

※週刊朝日 2012年12月28日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121220-00000005-sasahi-pol
-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』

いよいよヤマト2199も4幕、折り返し地点です。
はいー、野暮なネタバレはしません。これはイロイロと熱いですね。

『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【画像】 週刊朝日の表紙がひどいと話題に

流石は「安倍総裁の葬式はウチで出す」が社是と言われるアカピの事だけはあります(爆)
以下、巡回先から転載。

2009年
201212191

2012年
201212192

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本の「右傾化」に韓国危機感 「竹島の日」が焦点に

いやー、想像以上に効いてますね(爆)
敵が嫌がる事ですから、安倍総裁がやろうとしている事は正解って訳ですね(笑)
-----転載開始-----
日本の「右傾化」に韓国危機感 「竹島の日」が焦点に

 衆院選で自民党が政権奪還を果たしたことを受け、韓国メディアは16日、同党が公約に掲げた国防軍を明記する憲法改正や、集団的自衛権の行使容認により「日本が右傾化に突き進みそうだ」(ソウル新聞)と危機感をあらわにした。

 19日に大統領選を控える韓国の当面の懸念材料は、島根県が制定した2月22日の「竹島の日」に政府主催の式典を開くとの公約も自民党が掲げていることだ。

 韓国では3日後の2月25日に次期大統領が就任する。自民党の公約が守られれば、大統領選の結果にかかわらず、就任式に日本の首相は招かれなくなり、両国の新政権の間で緊張が高まることは確実とみられている。

 自民党の安倍晋三総裁が、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直しに言及していることにも韓国内では反発が強い。メディアは、中国の習近平新指導部との摩擦も避けられないと見通している。(共同)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20121217/frn1212171040001-n1.htm
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(3.2)

iPhone5をAppleに渡したからそれで終わりって訳ではないのが、私の執念深い所(笑)

友人のApple関連本に記事を書いているライターさんに、本件に関するデータと発生条件を伝えて、再現テストを依頼してしまいました。この方のiPhoneに関する知識量と経験はハンパでは有りません。ただし、この友人のiPhone5はソフトバンク阪。

さてさて、どんな結果が帰ってくるのか楽しみです。
結果によってはauに凸るぞ(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス

・・・某SNS内での事。

私も迂闊だったと言えばそうなんですが、絡んだ相手はかなり「左巻き」が予想されていた友人。

昨日の祭の事で、てんで的外れな事を呟いていたので、見るに見かねてツッコミを入れてやりました。

そしたら、買えって来た言葉が・・・

「自分の日記でヤレ」

・・・・と。
201212172
あのさ、ソーシャルメディアって、自分のボケに突っ込まれるのを期待して書くのが普通じゃないの? だからBlogなんかと違った面白さが有るんじゃないの?

あんまりの的外れな言葉に唖然。私は自分の発言を全て削除して、とっとと退散してきました(呆)

これだから左巻きは始末におえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計、戻っちゃいましたね(爆)

「時計の針を昔にもどすのか、それとも改革を進めるのか(C)野田総理」

時計の針はやっぱり戻っちゃいましたね。ってか、野田総理、貴方の見ていたその時計、狂ってましたが(爆) 國民としては、狂っている時計より、古くても確実に動いていた時計の方が良かったと、そういう事になりますかね。

古い時計ですが、これからが正念場です。
3年3ヶ月でぶち壊された國の形を元の形に戻してからのスタートになりますので、大変な苦難が待ち受けています。國民みんなで支えて行かないといけないと考えます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さてと、ぶちかまして来ますかね

私の一票で、國の転覆を目論む連中の一票を相殺できるなら、それだって十分に良いじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約束の日

政治(保守)系の巡回先のBlog、「夕刻の備忘録」様、今日のエントリーはかなり熱いです。
投票に行く前にご一読頂けると良いと思います。

約束の日(夕刻の備忘録様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル XVが「オートカラーアウォード2013」でグランプリを初受賞

個人的に良いなぁと思っていたデザートカーキがグランプリを受賞しましたよ(笑) スバルはこのカラーアワードの常連さんだったのですね。いやー、知らなかったです(笑)

-----転載開始-----
スバル、インプレッサ XVが「オートカラーアウォード2013」でグランプリを初受賞

201212163富士重工業のスバル・インプレッサ XV(外装色:デザートカーキ、内装色:ブラック)が、12月13日に開催された「オートカラーアウォード2013」(主催:一般社団法人 日本流行色協会 JAFCA)において、グランプリを受賞した。本顕彰制度で、スバルがグランプリを受賞するのは初めて、受賞は3年連続7度目となる。

オートカラーアウォードは「Good Color for Good Car いい車は色が美しい」をテーマに、優れた色彩の自動車デザインを表彰することによって、優れた製品が社会に普及することを目指し、1998年から毎年実施されている顕彰制度だ。

インプレッサXVは「Urban Adventure」をコンセプトに、何気ない日常を冒険に変える、新しい価値を提案するクルマ。外装色のデザートカーキは、ユニークでタフ、使い倒せる道具らしさを演出しながらも、都市に映えるモダンなソリッドカラーで、「Urban Adventure」を表現したインプレッサ XVの専用色だという。

今回のグランプリ受賞にあたり、審査員からは「ソリッドカラーだが立体感、豊かな表情を創出している。プロテクターの黒とあわせる色として出てきたこの色は、とてもインパクトがあり、ボディと樹脂パーツのコーディネートの新しい可能性を感じた。今までクルマでは見たことのない新鮮な色味。クルマのキャラクターに合った色、時代性もある。」など、高く評価されている。

外装色のデザートカーキは、同モデル全9色の中で14.0%(11月末時点)を占める、人気の高いカラーだとのこと。
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士重工、汎用エンジン累計生産台数3000万台を達成

FA20に触れたなら、この名機「ロビン」エンジンにも触れなくてはなりませんな(笑)
このエンジンは、その昔、エコランレースにも参加して好成績を納めた実績のある素晴らしいエンジンです。
-----転載開始-----
富士重工、汎用エンジン累計生産台数3000万台を達成
201212162富士重工業は、2012年11月に、同社の前身となる富士産業での生産台数を含め、汎用エンジン累計生産台数3,000万台を達成した事を発表した。

富士重工の汎用エンジン生産は、1951年2月に同社の前身となる富士産業 大宮製作所で生産を開始したガソリン汎用エンジン「M6型」を起点とし、富士重工となって以降の1956年5月に発表した「ロビンKD11」を経て1985年7月に生産累計1,000万台、2003年3月には2,000万台を達成した。今回は2,000万台達成から9年8ヶ月での記録達成となる。

また、累計生産3,000万台達成を受け、12月13日に汎用エンジンの生産を行っている産業機器カンパニー埼玉製作所において記念式典が開催された。
http://www.carview.co.jp/smartphone/news/2/177963/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル BRZ のエンジンが米10ベストエンジン賞を受賞

確かに気持ちのいい吹け上がりのエンジンでしたね。総合評価として受賞していると言う事ですから、素直に喜ぶべき事でしょうhappy01
環境性能重視と言われているF*型エンジンのシリーズでも、こうした賞を受賞できたというのは、新しい可能性が見えて来た印象です。FA20のDITなんてリッター150馬力ですからね。
-----転載開始-----
スバル BRZ のエンジンが米10ベストエンジン賞を受賞
20121216スバル『BRZ』に搭載されている「FA20」型2.0リットル水平対向4気筒エンジンが、米国の自動車専門メディア「ワーズ オートワールド誌」において2013ワーズ「10ベストエンジン」賞に選出された。

スバルとしては、2003年、2009年に「EJ25」型2.5リットルターボエンジンが受賞して以来、3年ぶり3度目の受賞になる。

FA20型エンジンは、超低重心パッケージングにより優れたハンドリング性能を実現した、SUBARU BRZの運動性能を実現するため専用に開発された軽量、コンパクト、低重心が特長のエンジン。高回転まで気持ちよく吹けあがるスポーツエンジンとして、ボア×ストロークは86mm×86mmのスクエアに設計され、さらにトヨタ自動車の直噴技術「D-4S」を組み合わせることで、自然吸気エンジンでありながら1リッターあたり100馬力の出力と優れた燃費性能を両立した。また今回の受賞では、BRZが装備の充実したモデルでも約2万5000ドル(約207万円)で購入できる点も評価された。

ワーズ10ベストエンジンは毎年米国で販売される量販車に搭載されているエンジンの中から選出され、販売価格が5万5000ドル(約456万円)以下の車両に搭載されていることが条件。選考委員は、エンジンの出力、技術、燃費、振動、騒音、競争力などについて評価を行う。
http://www.carview.co.jp/smartphone/news/2/178005/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB48とAK47の共通点

これは(爆) ミリオタじゃなくてもAK47くらい知ってますよね。

知らない人の為に下にwiki、貼っときますね。
AK-47
(親切あるぢゃ)

-----転載開始-----

1.発明者の想像を超えた流行
2.地下活動等のどんな劣悪な環境でも作動
3.スペアパーツの入手が容易
4.分解も容易
5.1発あたりの命中率が安定しない
6.下手な鉄砲も数打てば当たる
(以上、詠み人知らず(爆))

-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(3.1)・・・現時刻を持って

ケータイの無い、10年前の生活に戻りました(笑)

シリーズ化して、当Blogで書いておりました「iPhone5のノイズの問題」で、Appleがやっとこさ本気で調査する気になりまして、私のiPhone5をお召し上げになりました(笑)

まあ、イロイロとアレな話もあるので、正直、ケータイが無いのは些か不安な所も有りますが、1週間程度ならなんとかなるでしょう。

ここで私の生活の中で、ケータイが本当に必要なモノなのかがハッキリする訳でありますな(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

皆々様、投票先はお決まりですか?

ああ、苦節三年、どんなにこの日を待ち望んだ事か(T^T)
堪え難きを耐え、忍びがたきを忍び(ry

事実上、今回の選挙は「次の総理大臣を選ぶ選挙」と言っても過言ではありません。こんなに重要な選挙は未だかつて無いと言えると思います。国内では経済オンチが日本の舵取りをしてしまったお陰でデフレの泥沼から抜けられず、アレのお陰で東日本大震災の復興も全く進んでおりません。外に目を向ければ柳腰外交のお陰で、日米同盟は破壊され特ア、露助に好きに領土、領海を毎日の様に侵犯されています。これを書き始めると、一晩中になりそうですのでこの辺りで止めておきますが、次の4年間の日本の舵取りをしっかり任せられる「プロフェッショナルな政治家」を選ぼうではありませんか。

-----転載開始-----

【戦前・戦中・戦後の選挙スローガン】
●選ぶ人正しければ 選ばれる人正し(昭和二年)
●投票の一瞬は 国家の百年(昭和二年)
●国政は船のごとく 一票は櫂(かい)のごとし(昭和二年)
●善政も悪政も 一票から(昭和二年)
●裏も表も 明るい人を(昭和三年)
●軽く選ぶと 重い荷を負う(昭和三年)
●投票は 主義と主張を 聞いてから(昭和三年)
●投票買いの 良心売り(昭和三年)
●嫁と議員は 調べた上で(昭和五年)
●政治は 国民の色に染まる(昭和五年)
●政治の明暗 この一票(昭和十年)
●金で選ぶな 心で選べ(昭和十年)
●売るな魂 捨てるな一票(昭和十一年)
●義理は禁物 人物本位(昭和十四年)
●人をよく見て よく選べ(昭和十六年)
●国思う一票 国思う人に(昭和十七年)
●世界が見ている この選挙(昭和十七年)
↓ ↓ ↓70年後↓ ↓ ↓
◎ちょっとまて その無所属は 民主かも(平成23年)
◎ちょっとまて その維新は 元民主(平成24年)
◎ちょっとまて その緑は言ってる事が ワケわかめ(平成24年)<-今ココ

-----転載終了-----

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メルルのアトリエ アーランドの錬金術士3 メルル (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

魂がこれを貼れと言っている気がしたので、貼っときますね(笑)
まあ、なんてメルヘンチックな彩色なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(3)

データ送付から一週間、Appleからの音沙汰が無いのでどうしたかなぁと思っていた所に、ご担当様から電話が入りました。

「引き取らせて頂いて、調査させてください」

・・・との事。やっとこさココまで辿り着きました(笑) 個人的にはいろいろと言いたい事も有りますが、今回は最後まで大人の対応で(爆)

友人のご厚意で音声の波形観測を行った事、窓機でリカバリーを行った事、先日発見した新しいノイズの発生のさせ方を告げて、後はAppleのエンジニアに任せる事にしました。

さてさて、私のiPhone5はきちんと直って帰ってくるのか、続きは待て次号でございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日の夕方の話

隣町の青空マーケットに遊びに行ったカミサンから電話。

「人身事故で電車が動かない(/_;)」

既にこの時点で、40分くらい電車が止まった状態。この後も30分は軽くかかるだろうとの事で、隣町なら・・・と言う事で彩雲號で迎えに出ました。

もしやというか、やっぱしと言うか、道路は大渋滞。結局、家に戻ったのは8時ちょっと前。人身事故の方はまた漏れ達の世代のアレかと思ったのですが、今日になってヌースをみて愕然。なんともまあ、とんでもない話で有りました。

よりによって、速い方の特急だったようです。事故の有った駅では(以下、自粛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田首相応援も真紀子文科相に猛吹雪…新潟5区

このヌースのツボ所は赤字にしてあります(爆)

しかし、今回のこの選挙戦、実に面白いですね。左巻きでお花畑な民主党が更にお花畑な未来やら、維新やらに翻弄され、本来、中道右派の自民党が完全に右派に見える構図(笑) 元々アレなので、対立軸も作れないで今週一週間を足掻き通すと思うと、もうそれだけで面白くて(笑)

ああ、私がどこに投票するか? そりゃ、こんな帰化人だらけのアレ集団になんて國の舵取りを任せられないし、アレ集団の民主党より遥かにアレな第三極なんて論外(笑) とすれば、少しでも政治に興味を持っていらっしゃる方ならお察し頂けることでせう(笑)

-----転載開始-----
野田首相応援も真紀子文科相に猛吹雪…新潟5区

 田中真紀子文部科学相(68)と自民党の長島忠美氏(61)との激しい前職対決が注目される新潟5区。8日は、野田佳彦首相(55)が応援のため現地入りし、吹雪のJR長岡駅前で必死で支援を訴えた。対する長島氏は真紀子氏が民主党の方針に反して環太平洋連携協定(TPP)参加に反対の姿勢を示している点を「政策の不一致」と猛批判。「真紀子さんはあきられた毒舌タレントみたいなもの」という日本維新の会の米山隆一氏(45)も猛追している。

 気温セ氏1度。雪起こしの雷が鳴り響き、みぞれが降りしきる中で、真紀子氏とともに街宣車上に立った野田首相は、約1000人の長岡市民を口説き始めた。

 「魚沼産のコシヒカリ、とてもうまい! コメがうまいから酒もうまい。吉乃川も、八海山も、越乃寒梅も、久保田の千寿も萬寿も。新潟の農業を前に進めるためには馬力がある人が必要なんです!」と訴え、拍手が起きると「拍手だけじゃ心配だ。16日に投票してくださる方は手でマルを作ってください」。前方にいる聴衆が顔を見合わせ、戸惑いながらも手でマルを作り出した。

 先立っての真紀子氏の演説ではヤジが多かった。持ち前の毒舌で「未来の党は必ず分裂します」「(日本維新の会の)橋下(徹代表代行)さんは選挙の後でポイされる」「(自民党の)安倍(晋三総裁)さんは岸(信介元首相)さんのお孫さんだから戦争をやってみたくてしょうがないのよ! そんな自民党がいいと思う人がいたら手を挙げてください」。すると「ハイ!」「ハイ!」と次々と手が挙がり、街宣車上から「どうしてよ!」と絶叫した。

 父親の故・田中角栄元首相から受け継いだ強力な地盤が揺らいでいる。真紀子氏のファミリー企業で支持母体である越後交通のグループ企業での従業員整理などを巡り、不協和音が生じ「組織として推す必要があるのか」という反発の声が出始めたという。これまでの当選ラインは約10万票。危機感を感じた真紀子氏は前回09年の衆院選では「労働組合は嫌いだから」と選挙間際に断った連合の支援も受け入れた。

 応援に来た夫の田中直紀前防衛相(72)も「家内が大変苦戦していると聞きまして…」と苦境を隠さなかった。かつて真紀子氏の秘書を務めていた60代の男性は「角さんみたいに越山会のような強力な組織があるわけではない。受け継いだ支持層はあっても、集会の度に支援者とぶつかって自分から敵を作っている。角さんの娘だから、と票を入れて来た人までも離れてしまう」と話した。

 投票日は角栄氏の命日。真紀子氏は「(街宣で)お父さんが通った道を私も通ってきた」と支援を訴えた。拍手も起きたが「お前は何をしたんだ!」「父が泣いています!」とのヤジも飛んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121209-00000046-sph-soci
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARU 相似形 ショートフィルム篇 "Similar Figures" SUBARU XV / FORESTER

私には兄弟がいないので、こういうものなのかなと思っていますが、私の父の気持ちはこんな感じだったのでは?と思って観ていました。この動画もとても心を打つ作品ですね。

SUBARU 相似形 ショートフィルム篇 "Similar Figures" SUBARU XV / FORESTER

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバル BRZ に STI…自然吸気で230psレベルか

ちょっと前の記事ですが、備忘録としてクリップ。
NAで230馬力ですか。スバル製の直噴を使えば、正直もう少し叩き出る気がしますが。まあ、なんにしてもいろいろな意味で気持ちの良さそうなチューニングになりそうなので、楽しみですね。

いろいろと事情が無ければ、今からディーラーに予約を突っ込んでおきたい所でございます(爆)

-----転載開始-----
スバル BRZ に STI…自然吸気で230psレベルか

20121208_2スバル(富士重工)の新型FRスポーツカー、『BRZ』。現在開発を進めていると見られる高性能バージョン、「STI」に関して、興味深い情報がもたらされた。

これは11月22日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「『BRZ STI』のエンジンパワーは、自然吸気で230psレベル」と伝えたのだ。

現在発売中のBRZには、2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は200psを引き出す。プラス30psのパワーは、どのようにして得られるのか。

同メディアによると、吸排気系を中心にチューニングを実施。レブリミットも7500rpm以上へと引き上げられる。ターボチャージャー化が困難な理由は、インタークーラーを収めるスペースがないからだという。

もちろん、STIを名乗るに相応しいモデルにするため、サスペンションやブレーキを強化。同メディアは、BRZ STIのデビュー時期について、「2013年の春」とレポートしている。
http://www.carview.co.jp/news/2/177145/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートソック(AutoSock)という選択

私の住んでいる所は、毎年、雪が積もるのはせいぜい1、2日。しかも雪が降った時は、彩雲號は原則的にお休みです(笑)

AWDなら言うまでも無く4輪スタッドレスが最強なのですが、この程度の頻度ではスタッドレスはコスト面で割が合いません。せいぜい溝が無くなる前にゴムを硬化させるのがオチです。里も雪が降るのは同じ様な頻度、幹線道路は少しだけ待てばきちんと除雪してくれます。そんな訳で、SNS内で友人に教えてもらったこのオートソックという製品を購入してみました。北欧はノルウェー生まれのインド産です(爆)

私の彩雲號はVTD-AWDでVDC & ABS付きですから、こいつを前輪に履かせて速度を落として走れば、ちょっとした雪道や凍結路は抜けられるでしょう。でも、速度制限は50km/hですよ。これなら攻< 駄目だってば

AutoSock(AllAbout)

20121208

★ご注意:車のタイヤのサイズを確認した上でご購入ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2.3.1)

私よりも遥かに耳の確かな愛娘にも確認してもらいました。彼女の耳でも確かにノイズは乗っているとの事。

実はもう1パターン、ノイズが連続で発生する事象が発見できたので、こちらも音声データに落として送付いたしました。こちらは一定の条件下での音楽の再生、停止の連続操作で再現させられるので「仕様通り」と言う申し開きができない性質のものだと考えます。

さてさて、どんな回答が帰ってきますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2.3)

本日、AppleCareサポートのご担当様から電話有り。Appleでは現象は再現していないとの事。こんな事も有ろうかと、ノイズを録音しておいたデータファイルをAppleに送信いたしました。

また1週間程度、時間が欲しいとの事。

音楽データのどこでノイズが乗るのかまで、タイムスタンプをメールに詳しく書いたので、どれがノイズだと言っているのか、先方でも確認できるでしょう。

続きは待て次号です(笑)
「仕様通り」なんて言って来たら、今度はホントにブチ切れるぞ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだか・・・・

また、ホントにいろいろ有った一日でした・・・って、また、アクセスログがとんでもない事になってるでござるよ(´・ω・`) 迂闊な事は書けない状況なので、今夜はそっと寝る事にします(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2.2)

昨日、4台目のiPhone5が届きました。

大方の予想通り、コイツでもノイズが乗りました。AppleCareに必ず聞かれるので、新しいiPhoneとして復元してみましたが、現象はやっぱり変わらず。

ここまで来ると、完全にロット不良、もしくはau版iPhone6 64GBの設計不良ではないでしょうか?

朝にAppleサポートに連絡、夕方にあるぢゃのトラブルの担当様から電話が有りました。1週間ほど時間をくれとの事。まあ、こちらは打つ手が無いので、お任せするしか無いです。

au版iPhone6 64GBを持っている方にお願いがあります。こちらのシークエンスに則って、再現テストをしてみて、結果をコメント欄に書き込んで頂けると嬉しいです。

【12月4日 追記】
あるかなぁと思って、ケーブルの山を探していたら、いつも使ってるスピーカーに雄雄のオーディオケーブルががが(笑) トラブルが発生した時の音をしっかりと録音できました。
さてと、これをネタにAppleを攻めてみますかね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹子トンネル事故で主人を救ったインプレッサWRX

謹んで災害で犠牲になられた皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。

SNS内で古い友人の呟きで、笹子トンネル事故を間一髪で避ける事ができたインプレッサWRXが居る事を知り、その古い友人のBlogで、知る人ぞ知る、中津スバルの社長のBlogで中津スバルのお客様であった事を知りました。

今回の事故は、様々な憶測や邪推、責任の転嫁等々が行われていますが、極めて稀で、不運な事故であったというのが、私の意見です。

まずは、以下のリンクをご覧下さい。

横からの衝撃に強くて加速性能が世界一、トンネル崩落事故から脱出に成功した“インプレッサ WRX STi ”に「さすがスバル」との声

笹子トンネル事故で頑張ったGC8(夢日記@みんカラ様)

インプレッサよ!よく頑張った。(中津スバルの濃いスバリストに贈る情報様)

このインプレッサWRXは、本当に幸運だった・・・だけでは、済まされないでしょう。
これだけの大きな損傷を受けながら自走できた事。咄嗟の判断で走り抜ける事を判断したドライバー、それに答えた整備の行き届いたインプレッサWRX。どれが欠けてもこの奇跡は起こらなかったでしょう。

中津スバルの社長の言葉と同じになりますが、私も車には「魂が宿る」と思っていますので、このインプレッサWRXは、その身を挺して主人を救ったのだと思います。こんな風に「車に愛される」様なスバリストになりたいものですね。

【2014年5月22日追記】
このインプレッサWRXですが、しっかりと復旧した様です。
笹子トンネル事故で主人を救ったインプレッサWRX、復活!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人類滅亡の危機? 来年3月、小惑星が地球に直撃する

あるぢゃは、この小惑星の質量が0.000012~0.000004%重い事を切に祈っております。別にいいじゃん、国土は広いんだし人口も沢山だし(爆)

-----転載開始-----
人類滅亡の危機? 来年3月、小惑星が地球に直撃する

マヤ暦・人類滅亡のXデーである2012年12月23日に、人類が本当に滅亡するかについては諸説あるが、仮に2012年を乗り越えても、それは人類滅亡の危機を乗り越えたことには決してならないという。迫りくる新たな脅威は無数にあるのだ。

***

昨年、ウィーンで開催された国連の科学技術部会のセッション中に、とんでもない緊急議題があがった。それは「2014AZ5」と呼ばれる小惑星が現在、地球に向かっており、最悪、来年の3月にも地球に激突する可能性があるというのだ。
2014AZ5は、昨年1月に発見され、その質量や組成構造は現在のところ不明。わかっているのは、幅が約290mほどだということだけ。同程度の幅の小惑星の衝突例としては、1908年にシベリアで起こった「ツングースカ大爆発」などがあり、地球に激突した場合、被害の規模は最低でも、落下地点から半径30km以内にある建造物が跡形もなく吹き飛ぶという。もし、これが東京に落ちたとすれば首都圏は壊滅だろう……。

これについて欧州宇宙機関(ESA)ソーラーシステムミッション部門のクアミ・ロイモ氏は、「2014AZ5の最接近は、2013年3月。それ以上のことは、現段階では不確定要素が多くて回答不能。現在、世界中の政府と連携を取り合っているところだ」と多くを語っていない。
だが、全米各地のスパコンをフル動員した、北米小惑星調査プロジェクトのシミュレートによると、2014AZ5は来年3月17日に125分の1の確率でカリフォルニア州南部に激突するという結果を導き出しているのだ! ただ、この計算には、2014AZ5の正確な質量が入力されておらず、一般的な質量である場合と仮定されている。

実は小惑星は質量が小さく、ほかの天体の引力の影響を受けやすいために軌道計算が困難。質量の大小で、軌道が大きく変化し、地球最接近時の軌道は、1週間程度前でないとわからないのだという。
同プロジェクトによると、小惑星の質量が0.00001%軽いと地球への衝突を免れ、0.00001%重いと日本に、0.000012~0.00004%重いと中国に衝突するとのこと。
全米の研究者たちが皆、小惑星が予測よりも重いことを祈っていることはいうまでもない……。

(取材・文/近兼拓史)
http://news.livedoor.com/article/detail/7194739/
-----転載終了-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2.1.1)

友人のソフトバンク版iPhone5では障害は発生していない。
それでは、ウチの娘のau版iPhone5ではどうなのか?と言う事で、しっかりと確認をさせてもらいました。

結果は明確でした。アイドル中の操作でも小さなノイズの乗る小生のiPhone5とは異なり、完全に無音状態。音楽を聴くまでも有りません。LCDの色むらも私のモデルより軽微です(ーー;)

これでまた少し、現象を絞り込む事ができました。娘のiPhone5は32GBモデル、私のは64GBモデルです。後は外装色が違うだけ。

明日か明後日に手元に届く4台目のiPhone5で、障害が発生しない事を望むのみでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの感想(ネタバレ無しのつもり)

はい、そろそろ感想を書いて良いですかね。良いですね?

一応、ネタバレをしない様に書かせて頂こうとは思ってますが、ポロリもあるかと思いますのでご容赦を(笑)

先々週のレイトショーに紛れ込んで観て来たのは、ご来訪頂いている皆様にはご存知のの通りです。まあ、圧倒的な情報量に押し流されて帰って来たのは事実なんですが、実はもう一つ感じる事が有りました。

「庵野監督め、またやりやがった」

・・・ですね。映像表現としてのヱヴァ:Qは申し分無し、演出も悪く無い、十分に楽しめる物です。ただ一つ、庵野監督はまた逃げやがったと強く感じた訳であります。ヱヴァの楽しみ方の一つに、映像の後に隠されたメッセージや、ストーリーを想像して補完すると言うのが有るのは、この作品について少しでも触れた事が有る方なら、理解されているかと思います。しかしですね、破まではエンターテインメントとして、圧倒的な映像表現で十分に楽しめていたのですが、Qまで引っ張って来たモノを完全に切り捨てて、観客をまた劇場に置いて行きやがりました。私はこの庵野監督の考えているこの作品に関しての考え方の、実に姑息で、猫騙し的な嫌らしい部分が鼻に付きました。

その昔、X-FILEというアメリカのドラマシリーズが有った事をご存知の方も多いかと思います。ヱヴァはこのドラマシリーズと全く同じ手法を使って、観客を引きつけているだけの様にしか思えなくなってきました。つまり、散りばめられている「謎」に関しての答えは決して明かされる事が無いまま、話は監督主導でドンドン進んで行く。明かされない謎については、各人のコミュニティの中であーだこーだと議論する。まあ、言わばコレの繰り返しの訳ですわ。これに気付いてしまうと、この作品に関しての評価は、圧倒的な映像表現に対する評価だけになってしまう訳ですな。Qまで観て、この部分が有る意味での確信に変わり、圧倒された割には、熱くなれずに帰って来たと言うのが正直な感想です。まあ、よく考えてみれば、ことヱヴァという作品の手法については、庵野監督は前科二犯。TVシリーズでも旧劇場版でも、監督としてきちんと説明する義務を放棄しています。まあ、そういう作品だと言う事で理解すると言うのが、この作品への接し方で有る事は間違いのない事実でしょう。今回も広げ過ぎてしまった大風呂敷はFINALで畳みきれるか、いや、多分、畳むつもりもないでしょうね。その分、またいろいろと議論する機会が増えると言う事で、ファンは大歓迎でしょう。エンターテインメントとして、十二分な表現力で楽しめる可能性が有ったのにも関わらず、とても勿体ない事です。

2、3年後、今回のシリーズの最終章のFINALが公開された時、どんな気持ちで劇場に向かい、どんな感想を持って帰って来るか、この部分に関してはとても「楽しみ」で有ります。まあ、ココまで付き合ってますから、最後までは看取ってやろうかと言う気持ちではいます(笑)

なお、この記事に関するコメントはクローズしておきます。私は間違いなくヱヴァのファンでは有りますが、仔細な事をあーだこーだと議論するのは時間の無駄だと考えていますので(笑)

【追記】
面白いのでこれ、貼っときますね(ネタバレを含みます)
http://www.moe2p.com/archives/54285408.html

| | トラックバック (0)

なぜ?スバルの走りは"違う"のか

当Blogにいらっしゃっているお客様には「釈迦に説法」なビデオですが、基本的なことが解りやすくまとめられているので、掲載しておきましょう。

なぜ?スバルの走りは"違う"のか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、感じている事

ここの所、マジでいろいろ有り過ぎて、てんてこ舞いさせられながら日々を過ごしているのですが、その中で一つ、今まであまり実感として感じていなかった事が頭をよぎる様になってしまっています。

何かというと

「私は、どこまでこの世界を見続けられるのだろうか?」

・・・と言う事です。まあ、もっとストレートに書いてしまえば、自分自身の老いや死というものに関して、今までよりも身近に感じていると言う事になりましょうか。

7月末に他界した父の事、Facebookで再開した友人のお兄さんの死を知った事、子どものころにとてもお世話になった方が他界した事、母と接していて感じる老い、これらの事が大きく影響しているのは間違いは無いのですが、私に残された日々はあと何日残されているのだろうかと言う事を、切実に感じてしまっています。先日、ヱヴァ:Qを観て「ああ、続きがあるんだな、でもFINALを私は観られるのだろうか?」とか、まあ、そんな感じです。

私が、個人的に尊敬して止まない、故スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学でのスピーチの一節にこんな言葉が有ります。

-----引用開始-----
「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。そしてその答えがいいえであることが長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。
https://sites.google.com/site/himazu/steve-jobs-speech
-----引用終了-----

この言葉が、やけに心の隅に引っかかっています。毎日の様に、私の心をかき乱すいろいろな事柄が起きているからこそ、引っかかっているのかもしれません。でも、冷静になって考えてみると、明日の朝、今朝と同じ様に無事に目を覚ませる保証など、どこにも無いんですよね。後悔の無い生き方をしているだろうか、これについては「NO」。このまま「NO」が続く日々を過ごし続けていいのか? これも「NO」です。

金太郎飴の様でもあり、トンネルの様でもある私の生き方に、果たして終止符を打つ手段は有るのでしょうか。今日も考えて、多分、明日も考えるでしょう。何故か奇妙な焦燥感に駆られ続けています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2.1)

平日だと長電話ができないので、今回納品されたiPhone5の不具合をまとめてAppleCareに連絡しました。

夕方に私の面倒を見て下さっているご担当様と話をする事ができました。さぞかし煩い客だと思っていらっしゃるとは思うんですが、そこはそこ、Appleの対応はとても手厚いですね。とても心強いです。

後は、このトラブルが早期の収束する事だけを祈るのみでございます。

この場ではこうして記録の為に書かせて頂いておりますが、Apple相手に喧嘩を吹っかけている訳ではございません。とても良好な関係の元、ご対応を頂いておりますので、勘違いなさいません様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本太郎が新党結成 衆院選出馬へ

だめだ、コイツ、完全に頭がベクれてる(爆)

-----転載開始-----
山本太郎が新党結成 衆院選出馬へ

 俳優山本太郎(38)が1日、都内のニコニコ動画の本社で新党結成会見を行い、新党名を「新党 今はひとり」と発表した。

 山本は脱原発を訴えつつ「国会の中ではっきり言う人が必要。日本は地震活動期、こんなことしてる内に、次に活動が起こる。自分が1人で立つ。政党として認められていない。自民、民主にいる人で脱原発なのに、押し殺して立候補する人、一緒に戦ってくれるなら5人集めたら政党要件満たす。日にちがない」などと訴えた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121201-1054121.html
-----転載終了-----

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【デトロイトモーターショー13】日産 スカイライン 次期型、デビューへ

もはや、GT-Rが別車種となったスカイラインはスポーツセダンなどと名乗れる資格なんてないんですけどね。日産はこの気の抜けたヌルいビールの様な、野暮なスタイリングをいつまで使うんでしょうか。もはやFUGA(フーガ)とも全く差別化ができてないと思うんですが。

好きにして下さいな(爆) < もはや何も興味は無いらしい

20121201

http://car.jp.msn.com/news/【デトロイトモーターショー13】日産-スカイライン-次期型、デビューへ-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SUBARU BRZ」が 2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会特別賞を受賞

SUBARU BRZが日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会特別賞(トヨタ自動車「TOYOTA 86」との共同受賞)を受賞したとの事。大変喜ばしい事でございます。

しかし何ですかね、この受賞理由は。
「この時代に、クルマを「運転する」あるいは「所有する」ことの楽しさを追及し、トヨタとスバルというメーカーの枠を越えて生まれた86/BRZは、水平対向エンジン+FRレイアウトの低重心パッケージにより、環境や時代のニーズに応えた新時代スポーツカーという点を評価。」

まるで時代錯誤のモデルにお情けで特別賞を与えたみたいな、持って回った言い回しです。「この時代に」ですよ、「この時代に」です。大事な事なので、二度書きました。

-----転載開始-----
「SUBARU BRZ」が2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会特別賞を受賞

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、富士重 工業がトヨタ自動車との共同開発車として本年 2 月に発表した「SUBARU BRZ」が「2012-2013 日本カー・オ ブ・ザ・イヤー 実行委員会特別賞」を受賞*1 しました。
「SUBARU BRZ」は、「Pure Handling Delight ― 新しい次元の運転する愉しさ」をコンセプトとし、水平対向エ ンジンをより低い位置に搭載した FR レイアウトのスポーツカーとして、世界トップクラスの「超低重心パッケー ジング」による優れたハンドリング性能を実現。 また、トヨタ自動車との共同開発車として、運転する愉しさをより多くのお客様へ伝えたい、という両社の想い のもとにスバルの水平対向エンジンとトヨタの直噴技術「D-4S」(燃料噴射システム)を組み合わせるなど、相 互の技術ノウハウを活かして開発を行った、両社のアライアンスにおいて大きな成果となるクルマです。
■「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会特別賞」の概要
2011 年 11 月 1 日から 2012 年 10 月 31 日までに日本国内で発表または発売された全ての乗用車の中から、 年間を通じて最も優秀なクルマを選考委員が選出する本賞とは別に、実行委員会による投票でその年に特 別なインパクトを与えたクルマに対して与えられる。
*1:トヨタ自動車「TOYOTA 86」との共同受賞

http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_85978.pdf
-----転載終了------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPhone5のノイズ障害発生中(2)

私の手元に届いた全てのiPhone5から、ノイズが出ているという事で、親しい友人のiPhone5に現象が出ているかどうかを確認してもらいました。

条件が違うのは、住んでいる土地が違う事、彼のキャリアはSoftbankで有る事。

このBlogの前回の記事を参照してもらって、現象の再現テストをやってもらいました。

彼の所には、密閉型のヘッドフォンがあった様で、より正確な再現テストができました。

結果は

「現象は発生していない」

彼の情報によると、iPhone5のサウンドチップは2種類存在しているとの事で、そのどちらかに依存するようなら、再現性は50%になる可能性があるのではと言う事です。まあ、au版のモデルにどちらか、相性の悪いチップが搭載されているなら、100%再現という可能性も捨てきれません。

月曜日にこの事をAppleに伝えて、絞り込みの手がかりにして頂こうと思います。
ちなみに今回の個体では、液晶の色むらも出てます。バッテリーの消費も私が使っていたiPhoneより確実に早いですし、なんだかイロイロと疑心暗鬼になって来ています┐(´∇`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の事まで・・・

ぶっちゃけ、いろいろ有り過ぎて、余裕が有りません。

でもねぇ・・・明日の事まで気を回し過ぎて、思い悩む事は止めておきましょう。こっちの精神が持たない。ただでさえアレなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボティクス・ノーツ

はい、シュタゲに続いてこのアニメ、ハマっております。実に良質なSFのかほりがします。
ヒロインの瀬乃宮あき穂ちゃんが、またいい味を出してて好きなんですよねぇ(笑)
萌えより、むしろ燃え(爆) 作品をご覧になってる方は解ると思います < 敷居をあげんなゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »