« 竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針 | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(4) »

【IIHS衝突安全】スバル レガシィ、ワゴンとセダンに最高評価

またまた、衝突安全性で最高評価を得る事ができましたね。EyeSight Ver.2の性能を考えると、もはやスバルは世界で一番安全なモデルを提供しているメーカーと言っても過言では無いでしょう。

-----転載開始-----
【IIHS衝突安全】スバル レガシィ、ワゴンとセダンに最高評価

201212222米国IIHS(道路安全保険協会)は12月20日、スバル(富士重工)の『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)と『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)を、「2013トップセーフティピック」に認定すると発表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで行う。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというものだ。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも実施。総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック」に認定し、衝突安全面でのお墨付きを与えている。

レガシィ のテスト結果は、前面衝突ではダミー人形の頭/首/胸/右足/左足と、全ての部位への傷害レベルが最小限。GOOD(優)評価と認められた。

側面衝突も、運転席のダミー人形、後席のダミー人形ともに、頭、首、胸、足と全ての部位へのダメージが最小限。GOOD(優)評価を得た。また、ボディの安全構造に関しても、前面衝突と側面衝突ともにGOOD(優)評価。

さらに、追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストも、GOOD(優)。その結果、レガシィは総合評価が最高のGOOD(優)となり、トップセーフティピックに認定された。

この結果を受けて、スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール副社長兼COOは、「IIHSのテスト結果は、スバル車の安全性に対する高い信頼の証」とコメント。なお、このトップセーフティピックは、2012年8月以降の生産車に適用される。
《森脇稔》
http://response.jp/article/2012/12/21/187579.html
-----転載終了-----

|

« 竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針 | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(4) »

コメント

日本でも、後突テスト義務付けて欲しいですよね。

あっ、でもそうすると軽は作れなくなるか?

投稿: chiharu_legacy | 2012/12/22 20:50

chiharu_legacyさん
まあ、受賞はあくまでも客観的な価値の定義ですから、日本に無くとも「絶対的」に安全なら問題は無いかと。

しかしながら、以前、代車で借りたダイ●ツのプレオは走り出した瞬間に「死ぬる」事を実感いたしました(笑)

投稿: Algernon | 2012/12/23 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【IIHS衝突安全】スバル レガシィ、ワゴンとセダンに最高評価:

« 竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針 | トップページ | iPhone5のノイズ障害発生中(4) »