« 富士重工の快走止まらず、中国展開の出遅れが幸い-日米販売が好調 | トップページ | 次の衆院選で投票先に困っている方へ »

宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.3

少しでも時間のある時にと思って、手元に届いていたVol.3を視聴しました。

Vol.3は、ヤマトの太陽圏離脱から、サルガッソー座礁のエピソードまで。

いよいよ、2199のオリジナルのエピソードが入ってきました。こんな風にアレンジされてリメイクされるなら、旧来からのファンも納得できるでしょう。今までのリメイクしていた話とも実に奇麗に繋がっています。新しく追加されたキャラクターも動き始めまして、ドラマに今までに無い深みも出てきました。視聴後の気分も上々です。この調子でいけば、近年に稀に見る良作になる可能性も出て来た感じです。

ちょっと比べるのもどうかなとも思うのですが、無理に中二病的な難しい言葉を使わなくても、謎は謎としてスッキリと表現できていて、且つストーリーが解りやすく「心に響く」と言う意味では、巷で席巻中の「アレ」より出来が良いんじゃないかと思えるくらいです。アレはアレとして嫌いじゃないんですけどね(笑)

|

« 富士重工の快走止まらず、中国展開の出遅れが幸い-日米販売が好調 | トップページ | 次の衆院選で投票先に困っている方へ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/56183705

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199 Vol.3:

« 富士重工の快走止まらず、中国展開の出遅れが幸い-日米販売が好調 | トップページ | 次の衆院選で投票先に困っている方へ »