« 2013年、フルモデルチェンジの新型レガシィの企画、開発、生産を米国先行に | トップページ | 彩雲號、ドアのウェザーストリップを交換 »

富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」

新しいモデルがどんなスタイリングになるのか、一つのヒントになる記事ですね。質実剛健なスタイリングにも魅力はありますが、それで愚鈍なスタイリングになってしまったら「良く走る」スバルの車の本質的な性能を遡及できなくなってしまいますから、デザイン部門の腕の見せ所と言った所でしょうか。ふふふ < なんだそれ

「見せてもらおうか、スバルのデザインの実力をやらを!」(C)三倍速い男

-----転載開始-----
富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」

富士重工業(スバル)は8月8日、都内でマーケティングや商品戦略のメディア向け説明会を開いた。出席した小林英俊常務執行役員は、走行性能やデザインなど4領域で、スバル車ならではの独自性を追求する方針を示した。

スバルグローバルマーケティング本部副本部長を兼ねる小林常務は、4領域として走行性能やデザインのほか「ダントツの安全性能」と「カテゴリートップの低燃費」を挙げた。

4領域のうち、デザインについて小林常務は「幅広いお客様を店頭に誘導するうえでも一見した時の印象が大切」とし、ブランド認知度が決して高くないスバル車の顧客層を広げるためにも重要な要素と指摘した。そのうえで、「たとえば車体の高い剛性感が伝わるような、われわれのクルマの機能を表現したデザインに取り組んでいる」と述べた。

4領域の独自性追求を具現化した最初のモデルは、2014年に投入予定の「新コンセプトカー」や、開発中の次期『レガシィ』シリーズになるという。
《レスポンス 池原照雄》
http://news.livedoor.com/article/detail/6837043/
-----転載終了-----

【自転車屋始めました】自転車専門店 〜 トレック・ワン

|

« 2013年、フルモデルチェンジの新型レガシィの企画、開発、生産を米国先行に | トップページ | 彩雲號、ドアのウェザーストリップを交換 »

」カテゴリの記事

コメント

まぁ、いくらトヨタの資本が入ったからと言っても、『スバルはスバル』ですからね。
大きく(悪い方に)変わる事はないと信じています。
T社やN社やH社のような、なんの魅力も感じないデザインになる事はないでしょう。

投稿: chiharu_legacy | 2012/08/11 17:28

chiharu_legacyさん
いやー、スバルのデザインのアレさ加減をなめちゃ行けませんぜ。
SVXの様な何年経っても色あせないモデルを生み出すと思いきや、反面、相当にアレなモノも沢山作ってますからね。
二代目のインプレッサの迷走っぷりを観れば、どの程度のセンスなのかは想像が付きます。(コイツの裏事情は知ってます)

機能面では全く文句は無いのですが(苦笑)

投稿: Algernon | 2012/08/11 17:51

あるじゃさん。
SVXも、アレなモノも、二代目インプも、全てひっくるめてスバルじゃないですか~f(^^;

投稿: chiharu_legacy | 2012/08/11 20:05

chiharu_legacyさん
アレなものには、ハッキリとNO!を言ってやらないと、解らん会社なんですよ。スバルって会社は(苦笑) 過去には何処でどんなリサーチをしてデザインしたのか解らない様なモデルもありましたし。
前のトピックになりますが、今度は日本のユーザーの声を聞かなくなるみたいなので、余計に心配です。

投稿: Algernon | 2012/08/11 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/55399740

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」:

« 2013年、フルモデルチェンジの新型レガシィの企画、開発、生産を米国先行に | トップページ | 彩雲號、ドアのウェザーストリップを交換 »