« 富士重工小林常務「軽のスバルらしさは大きな課題」 | トップページ | 富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」 »

2013年、フルモデルチェンジの新型レガシィの企画、開発、生産を米国先行に

現行の5代目レガシィも、事実上はアメリカ市場を中心にして開発されている様子が伺われるので、何をいまさらという所もありますが、益々マッチョでデカイ車になりそうですね。

私は余程の前のめりになるスタイリングにならない限り、今後、レガシィを買う事は無いでしょう(苦笑)

-----転載開始-----
「レガシィ」の企画、開発、生産を米国先行に 富士重工業

 富士重工業は8日、主力車種「レガシィ」について、次期モデルから米国での企画、生産を先行させることを明らかにした。これまでは日本で企画、開発、生産をし、生産開始1年後をめどに、米国でも生産する体制だったが、レガシィが米国主体のモデルになったことから、米国先行に切り替える。

 対象となるのはレガシィとレガシィのSUV(スポーツ用多目的車)タイプ「アウトバック」。平成21年発売の現行モデルでは、それまでの日本を基準にした設計をやめ、車幅を従来よりも広げるなど、米国の中型セダン、ワゴンとして改良した。

 これまでは企画、開発、生産立ち上げも日本で行い、品質問題などをすべてクリアした段階で、北米向けのレガシィの生産を米生産拠点である「SIA(インディアナ州)」でも生産を始めていた。しかし、米国で企画担当者を拡充したほか、工場での品質管理を大幅に強化したことで、米国での生産を日本より先行できるようになるという。

 次期レガシィは平成25年に全面改良する予定で、それに向け、現在、米国先行の準備を進めている。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120808/biz12080816100011-n1.htm
-----転載終了-----

【自転車屋始めました】自転車専門店 〜 トレック・ワン

|

« 富士重工小林常務「軽のスバルらしさは大きな課題」 | トップページ | 富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」 »

」カテゴリの記事

コメント

私は現在、BRレガシィに乗っていますし、このサイズになったからこそ、レガシィが選択肢に入ってスバル車オーナーになりましたが、次期型がこれ以上に大型化されたら、選択肢から外れてしまうでしょう。
よって次は、アドバンスドツアラーコンセプトの市販バージョンが出たら、そのクルマが候補になるでしょう。
期待してまっせ~♪

投稿: chiharu_legacy | 2012/08/11 17:22

chiharu_legacyさん
私は基本「小さくて速い車」が好きなので、BM/BRが出た時点で、乗り換える車が無くなったと。・゚・(ノД`)・゚・。

次はインプレッサが最右翼です。
ってか、お手頃な6発カムバーック!! (笑)

投稿: Algernon | 2012/08/11 17:47

確かにボクサー6は魅力です。
私もBRにEZ30型エンジンがあったら、買っていたかも・・・
でもなかったし、アウトバックもEZ36になっていたので、ちょっとでか過ぎる。
だからEJ25になってしまったんですね。

投稿: chiharu_legacy | 2012/08/11 20:02

chiharu_legacyさん
一度、あのシルキーな六気筒の吹け上がりを知ってしまうと、なかなか手放せないという所がありまして(^^;)
かといって、EZ36は同じ六気筒でも別物のエンジンですからね。フラットトルクでとても乗りやすいんですけど、ちょっと色気に欠けるかな(笑) アウトバックにはピッタリですが。

投稿: Algernon | 2012/08/11 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/55399684

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年、フルモデルチェンジの新型レガシィの企画、開発、生産を米国先行に:

« 富士重工小林常務「軽のスバルらしさは大きな課題」 | トップページ | 富士重工小林常務「剛性感が伝わるデザインを」 »